麻雀動画配信・ネットラジオ

2010年06月27日

サンマ初段RTA サンマとか慣れていないけど大丈夫か

明日の昼からニコ生で予約枠をとって配信をします。
今回はサンマ初段RTAをやります。
ヨンマ上卓RTA、ヨンマ初段RTAときて、最後はサンマ初段RTA。麻雀RTA三部作完結編です。



ひょんなことからサンマ初段RTAに参加することになったので、久しぶりにサンマを打って練習しています。
天鳳では、つきあいで個室で数回打ったのみで、段位戦はまったくやっていませんでしたから、慣れるのにすごく苦労しています。

普段慣れていないサンマで、はたして理想雀士は並み居るサンマ打ちを蹴散らして、誰よりも速くゴールできるでしょうか?
というわけで、RTAクリアまで応援してくれる方、クリアをいっしょに祝ってくれる方、ラスをひいてm9(^Д^)したい方はぜひ見に来てね。


risoujansisisi132652 at 03:17|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年06月23日

上卓RTAファイナル 感動のラストが待っている

明日の昼から夕方まで、ニコ生で予約配信をやります。
はい。また同じ企画です。だって終わらないんだもんw 
前回の予約枠で終わる予定で台本を作ったのだけれど、あと少しが届かない。



現在15時間40分経過時点で、2級20pt。
ついに、あと3回トップでクリアです(ラスのマイナスptは考えない)
今までの経緯については、ニコニコ大百科を見てください。
理想雀士とは (リソウジャンシとは) - ニコニコ大百科

予約枠は6時間あるから、さすがに終わるでしょ。
ここ最近の配信では、麻雀の笑いの神様が光臨しすぎなので、自重してくださいw
しかし、こんなに長くなるとは思いませんでした。
見てる人も同じだと思いますけどねw

これが終わったら、さすがにしばらくはRTAはいいや。
まあ週末には別のRTAがあったりするのですがw

というわけで、RTAクリアまで応援してくれる方、クリアをいっしょに祝ってくれる方、ラスをひいてm9(^Д^)したい方はぜひ見に来てね。


risoujansisisi132652 at 14:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年06月17日

そろそろ上卓RTAを終わらせたいのだけれど

明日の昼から上卓RTAをやります。
この企画は予約枠で3回目です。またかという人もいるでしょうが、上卓RTAはそれくらい時間がかかっちゃうものなんです。

以下、初段RTAの参考時間と対戦数です。本人の了承を得ていないので、いちおう名前は伏せておきます (理想雀士調べ)

時間       対戦数
14:16:43  51  
18:37     67  
18:42:58  53  
19:04:27  67  
24:31:18  101 
24:45
27:26

私の場合は上卓RTA=1級なので、100pt分(東風戦トップ4回分)少なくて済むので、もう少し短くてすみますね。
それでもまあ半日くらい、下手すると1日かかる計算になります。
正直ちょっとなめてましたねw 最初の6時間でいけるとはさすがに思っていませんでしたが、半日もあればいけると思っていました。

前回までの配信時点で、10時間20分経過、3級30ptです。
最速でもあとトップ7回は必要になります。まあさすがにこの6時間予約枠でいけるでしょう。
ぜひ応援に来てくださいな



そういえば、RTAは通常は中断なしなんですね。私の場合、おもいっきり中断してるんですけどw
だから正確にはRTAではなくて、TAですね。いまさらですがw


risoujansisisi132652 at 21:50|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年06月13日

RTAの基本戦略をふまえ予約枠で挑戦してみる

明日の昼から、ニコ生で予約枠をとって配信します。
以前にやった上卓RTAに挑戦します。
興味のある方はぜひ見に来てください。



RTAはほとんど経験ありませんが、配信で経験者にいろいろとアドバイスをもらって、いくつか気づいた点があるので書いておきます。

まずタイムを競うものであるため、基本はどれだけ時間を短縮できるかです。
まあ当たり前のことですねw
これを徹底することを常に意識しましょう。

具体的な戦略としては
・打牌をなるべく速くする
・鳴きやリーチなどの判断をなるべく速くする
・点数に余裕があったら、親以外に差し込んで局をすすめる
・もうポイントを増やすのが無理だと思ったら、差し込んで局をすすめるか飛ぶ(ラスってもポイントが減らない般卓など)
・他家が考える時間を減らす(リーチしない、高い仕掛けをしないなど)

ほかにも、
・対局の予約と局の開始をスムーズに
・休憩は基本的に取らない(食事やトイレは済ましておく)
・結果に一喜一憂しない(失敗しても後に引きずらない)

こんなところでしょうか。
ダマで高い手や、1フーロ程度の安そうに見える仕掛けでアガリを重ねてトップを取るのが理想ですね。
また気づいた点があったら、そのうち記事にまとめたいと思います。


risoujansisisi132652 at 17:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年06月12日

岐阜県代表として恥ずかしい試合は出来ないのだ

今日の夕方からニコ生の大会、地域対抗団体戦に出場します。
これは、県ごとに5人1チームを作り地域対抗の団体戦を行う大会です。



去年の冬にも出場したのですが、そのときは岐阜県が3人しか集まらなかったので、近隣の他県と合同でチームを結成し出場しました。
残念ながら、力及ばず予選落ちでしたね。

今年も岐阜県は5名集まらなかったので、他県と合同で参加します。
まあ、1つの県で5名も選出できるところなんてそうないわけですよ。北海道と関東圏、関西圏の1部くらいなものです。
だから、岐阜が特別田舎ってわけじゃないですよw


予選は、東南戦を各チーム各員3回打って総合点上位8つが通過になります。
参加チームが20チームあるので、40%通過になります。
ぜひとも明日の本戦に勝ち残りたいです。


余裕があったら、自分が打つ番とかで配信するかもです。
興味がある人は、ぜひ見に来てくださいな。


risoujansisisi132652 at 13:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年06月10日

ニコ生コミュが1000人を突破しました

私のニコ生のコミュニティ「麻雀放送」が、ついにコミュ人数1000人を突破しました。コミュに参加してくれているみなさん、本当にありがとうございます。



思えば、去年の9月頃にニコ生に興味を持ち、3ヶ月ほどかけて、ニコ生とはどんな場所で、どんな人が、どんなことをやっているのかを見て回りました。

そして、満を持して去年の12月頃に配信を始めました。
段位戦や個室配信をはじめ、様々な麻雀企画をやってきました。
ニコ生で行われたたくさんの麻雀大会に参加してきました。

そうした中で、ニコ生天鳳界のたくさんの生主さんやリスナーさんと、出会い、交流し、共に成長できたのではないかと思います。


コミュレベルやコミュ人数が、そのまま配信者の力量や配信のおもしろさを表しているわけではありません。
ですが、ひとつの目安にはなります。

当然のことながら、増えていけばうれしいし、配信のモチベーションがあがります。逆もしかりです。

長いこと配信を続けていくうちに、少しずつコミュレベルや人数が気にならなくなっていくのかもしれませんね。
現状の私にしてみれば、正直気になりますね。


まあ、あまり気にしすぎてもどうなるわけでもありません。
自分もリスナーも楽しい配信を続けていけば、自然と人は集まってくると思いますので、現状に満足せず、これからもより楽しい放送を目指してがんばっていきたいと思います。

これからもよろしくおねがいします。


risoujansisisi132652 at 12:11|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年06月08日

上卓RTAに挑戦してみる

今日の昼過ぎから、ニコ生で予約配信をします。

今回は、上卓RTAに挑戦です。
RTAとはリアルタイムアタックの略で、プレイ開始からクリアまでに実際にかかった時間の短さを競うプレイスタイルのことを言います。
詳しくはこちら⇒リアルタイムアタックとは?

今回は、上卓まで(1級まで)の時間を競います。


最近では、ドラクエ、FF、風来のシレンなどのRPGのRTAが流行っているらしく、個人だったり、数人で競い合っている配信をよく見かけます。

それなら麻雀でもということで、麻雀RTAはひとつのジャンルとして確立しているとのことです


実際の配信では、まずチャレンジする垢を、アンカとアンケートで決定します。
そのあと、ひたすら打ちます。
上卓(1級)までの最短試合数は、計算したら東風戦20回でした。
全部トップをとれば予約延長の6時間枠で終わる計算ですね。


はたして時間内に無事終わることができるのか!?
終わらなかった場合は、その後どうするのか!?

こうご期待!




risoujansisisi132652 at 06:33|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2010年06月07日

ぱぱらじ第2回にゲスト出演します

今夜22時から、ぱぱ☆vipさんのぱぱらじ第2回目の配信にゲスト出演します。
凸ストリームチェッカー ぱぱ☆vip配信

ぱぱ☆vipさんは、凸ストリームチェッカーの配信者です。
関連:凸ストリームチェッカー配信者wiki - ぱぱ☆vip


配信者wikiを見てもらえば分かるように、けっこう下ネタが大好きな人なんですよねw
ちなみにぱぱさんの配信に、女性アシスタントも参加するのですが、彼女も下ネタが好きみたいです (*´ω`*)
ですから、そのあたりの話も少しはするかも。

基本的に私は、たまに軽い下ネタを使う程度で、好んで下ネタを使いません。もともと下ネタをガンガン使うようなそんなキャラでもないですし。

麻雀の話をふられたり、軽くプライベートの話をするくらいならいいですが、過度の下ネタをふられないか少し心配だったりしますねw まあ話せる範囲でがんばりたいと思います。


それと、配信のゲストというのは久しぶりなので、少し緊張するかもしれません。
そんないつもとはちょっぴり違う私と、ぱぱさんのトークを聞きたい方は、ぜひ来てくださいな。


risoujansisisi132652 at 10:55|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年06月01日

5月の配信や大会についてのまとめ

忘れないうちに、最近の配信や大会についてまとめておきます。


「第伍期 最高位戦Classic」特別公開対局


来場者数:33831人 コメント数:105663 
公式の生中継は、けっこう盛り上がりましたね。
これから麻雀生中継を増やしていくそうです。楽しみです。

「暴君リーチ」 従来の競技麻雀っぽくない強気リーチ 
「ナンツー」 麻雀を知らない運営が言った南2のこと
という名言が生まれました。


私はというと、無料予約チケットを使ってミラー配信しつつ、解説してみました。(アーカイブ
おおむね好評だったかな。配信後にすっごいコミュ人数が増えましたし。若干麻雀の内容から脱線した部分もw また機会があればやってみたいです。


天鳳リーグ


今月はAリーグから降級者が多く出るため、とにかく残留、あわよくば上位8人に入って決勝リーグへのポイントをかせぐことを念頭にがんばりました。
結果は11位!ポイントこそもらえませんでしたが、なかなかの成績です。

段位戦ではチャオった今、この天鳳リーグでしか俺TUEEE!できませんので、これからもAリーガーとしてがんばっていきたいです。

関連:天鳳リーグ 告知ブログ 天鳳リーグ、結果戦績


天鳳雑談スレ2500本場記念大会


予選から出場しました。
七段をチャオる前に申し込みをすればシードがもらえたのにねw

東風食いアリ赤アリ6戦、総得点上位31名が決勝トーナメント進出という条件。参加人数が100人前後ということも考慮すれば、それほど難しくありません。

最終戦にラスをひかなければ大丈夫という場面でラスをひき、ぎりぎりで通過。ほんと危なかったw

29   70.0  11.67   6  2/ 2/ 2/ 0 2.00 はがねのはりせん
30   63.0  10.50   6  3/ 0/ 1/ 2 2.33 理想雀士
31   62.0  10.33   6  2/ 2/ 1/ 1 2.17 派遣のジャック
32   62.0  10.33   6  2/ 1/ 1/ 2 2.50 ちろまっく

予選は配信オッケーだったので、らいつべで配信もしています。


決勝は東南食いアリ赤アリで、32名の上位2人抜けトーナメント(全4回戦)。
ものすごく調子がよくて、なんだかんだで勝ち上がり、ついに決勝進出。
決勝はハネマンツモで先制し、このままいけるかと思いきや、ものすごい乱打戦に。勝負はオーラスまでもつれ込みます。

そして最後の最後まで健闘するも、あと1歩が届かず3位で終了。
なかなかおもしろい対局だったので、牌譜を載せておきます。
http://tenhou.net/0/?log=2010053022gm-0009-14092-47c7f686&tw=0
1位 A:雨宮桜子(+51.0) B:理想雀士(-19.0) C:喜緑江美里(+6.0) D:派遣のジャック(-38.0)

まあこれで優勝なんかしちゃったら、調子にのって雑スレで俺TUEEE!して、住民から総叩きされていたでしょうw
最近はそれほど雑スレを見ていないし、書き込みも減ったけれど、少しは盛り上げられたみたいでよかったです。


risoujansisisi132652 at 17:57|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)

2010年05月28日

ニコ生の麻雀最高位戦Classic特別公開対局を見ながら解説してみる

明日の14時からニコ生で、特別公開対局の生中継があります。
公式の生放送で麻雀を扱うのはめずらしいですね。
最近では、鶯谷チョンボを歌った雀の対局と、福地さんのテスト対局くらいでしょうか。

今回は面子がものすごく豪華です。

ニコ生クラシック

飯田正人プロ  金子正輝プロ
井出洋介
プロ  土田浩翔プロ

この4名による「Classicルール」で半荘2回行います。
クラシックルールとは、一発裏ドラ赤なしの、いわゆる競技麻雀ルールみたいなものです。リーチの価値が下がり、打点が下がり、そのぶん手役作りが重要になってきます。

さらにノーテン罰符なし、アガリ連荘のため、攻める場面やテンパイをとりにいく場面が減り、守備が大事になってきます。押し引きのメリハリがくっきりでます。


このように、多くの人がいつもやっているルールと大きく違うので、戦略や戦術も大きく違ってきます。
たぶんボーッと見ていても、競技麻雀の知識と経験がないと、対局者が何を考えて何をやっているのか伝わりづらい、わかりづらい部分があるでしょうね。

というわけで、この対局を見ながら解説する配信をしようかなと思います。



日本を代表する麻雀プロ4人の競演を、いっしょに楽しみましょう。


risoujansisisi132652 at 22:18|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)
企画・お知らせ
・麻雀ラジオ 次回は未定
・天鳳ブログ一覧は、毎月1日と15日あたりに更新します。そのときに他のリンクも更新します。(滞っていてすみません><)
最新コメント
月別の記事
携帯QRコード
QRコード
アクセス解析カウンター