りすの鼻息

伊豆や千葉の海で魚を採って飼ってます

南伊豆に行ってきました

9/22(金)の日記

干潮がお昼すぎなので、朝は西伊豆の漁港をいくつか見ました。
ソラスズメいっぱい。でもセグロどころかハタタテもな〜んもいない…。

南伊豆について10時頃から海中へ。
砂がまきあがってて少し視界が悪い。
海の中まで強い雨音が聞こえてきます。

潮が引いてくると視界がクリアになってきました。
去年まで増えてきていたイソギンチャクはほとんどありません。
そのかわりサンゴだらけになっていてビックリ!
視界一面サンゴの緑で山の上を飛んでいる気分になることも。
毎年この勢いで増えてったら、もう数年後はサンゴで埋め尽くされるんじゃないか…

サンゴのまわりには大小のトノサマダイが無数にいます。
チョウチョの数はトノサマ>>アケボノ>>ナミ>フウライ>トゲ。
他のポリプチョウは見つけられませんでした。
トノサマダイは隠れてもすぐ出てくるので、かんたんに採れます。
台風で崩れた瓦礫サンゴに逃げたらサンゴごと網で挟んだり。

アケボノの群れに大きめのニセフウライが。
サンゴのあいだに小さなセグロもいました。
他にはツノダシやトラウツボ、コガネキュウセンなど。

チョウ










海






帰りは磯料理を食べて、
足柄SAの炭酸泉に入って帰りました。

シモフリスズメ

昨日の朝、ゴミ捨て場の横にいました。
翅のふちの模様とかかわいい。
シモフリ

南房総に行ってきました 今季2回目

9/8(金)の日記

今回も元昆虫研究会のGussyさんときいちくんと行ってきました。
海に行く途中、20年前にみんなでイモリを採った池へ行ってみました。
雨上がりでぬかってるので、池を遠目に見てすぐに退散。

漁港についたら、トイレにヤマビルがいます。
「なぜこんなところに…?」
と話していると、
なんだか僕のサンダルの中がグチョグチョ…
脱いだら足が血だらけでした
さっきのヒルが自分についてたものだとわかるまで
少し時間がかかりました。
もう片方の足にも指の間にヤマビルがいました。
血が止まらないのでグチョグチョのまま漁港をみましたが、
採りたい魚はとくに見つかりませんでした。


磯ではまず、サンダルを追い出し棒でゴシゴシ洗いました。

海に入ると、ナミトゲフウライは大きくなってます。
ナミはところどころちびっこいのもいました。
ツキっぽいのはいないなあ…。
チョウハンはごく浅いところの岩穴でよくみました。


先々週と海の雰囲気はあまり変わってません。新着はいないみたい。
サザナミヤッコはこの前いた場所にはいませんでした。誰か採ったかな。
カノコベラくんは前からそこにいたね。

クラカケモンガラがいたけど、うちにムラサメがいるので採りませんでした。
でもクラカケのほうが模様がかわいいかも。

きいちくんは大きめのサザナミヤッコ、Gussyさんはキリンミノを採ってました。

帰りは珍しく温泉に入ったのですが、露天風呂に大きな蚊がたくさん飛んでて
まったくゆったり入れませんでした…

〜〜〜〜

今回テンション低めで写真がまったくないので、
うちのペットの写真を載せます。

カエル1

もち、ケロスケ、
デカ、きなこ…

水槽を洗ってるのでバケツにいます。




カエル2

一番大きいデカです。
デカだけ鳴かないのでメスなのかな…

南房総に行ってきました 今季1回目

8/25(金)の日記

今年初めての採集は南房総にしました。

磯の水はぬるいくらいだけど、沖からの冷たい水とまざって
視界が歪みます。ちょっと波があって濁ってるのでさらに見えません。
これはちょっとつらかった…。

魚たちはたくさんいました。
チョウチョウウオはナミとフウライがほとんどで、ごく浅いところに小さなトゲがいて
チョウハンを探して穴を見てるとたまにツキがいました。
僕は見つけられなかったけど、チョウハンやアケボノもいたそうです。
ときどき穴に大きめのサザナミヤッコもいますが、
つながった穴の中を移動して採れません。
ツキとも格闘しましたが、なかなか体が動かなくて採れません(汗)。

ベラはカノコベラを見ました。
スズメダイはミヤコキセン、ネズ、メガネなど。ソラスズメも少なくてこれから増えていくかんじ。
のんびりムラサメモンガラが泳いでたので、追いかけて小さな穴に入ったところを小枝でつついて捕まえました。

採集魚









海






夕方には大きい漁港に寄りました。
セグロがいたそうできいちくんとGussyさんががんばりましたが採れませんでした。


ひさしぶりの海は超スッキリしました〜。
次回はがんばるぞ!

西伊豆に行ってきました

9/18(日)の日記

今回はGussyさんが海外旅行に行ったので、きいちくんと二人で西伊豆へ行きました。

天気は雨が降ったりやんだり。
道中富士山が一度も見えません。

干潮時刻がお昼過ぎなので、9時半ころから海に入りました。
水はあたたかいけど、チョウチョウウオの姿がない!
期待はずれです!
ソラスズメはたくさんいますけど。ハギもまあまあ。
磯全体が台風のせいか砂利で埋まっているように感じました。

でもよく探すと、たまに小さなトゲ、大きめのナミ、ごくごくたまにごく小さなフウライ。
あとは大きな岩の周りをミゾレがグルグル回ってます。
ミゾレは前回採ったので、他を探すことにしました。

昨シーズン最後にみつけたイソギンチャクポイントにいってみると、
クマノミは大中小何匹かいました。キンチャクダイの幼魚もいます。
キンギョハナダイもたくさんいましたが、かわいいサイズはみつかりません。
キンチャクダイに何度か挑戦したけど、ゴロタの下にすぐ入ってダメでした。

きいちくんに貸してもらったフィンが性能よくて、
いつもより泳ぎまくってクタクタになりました。

結局僕はいけす空っぽ。
ホンソメちょっと採りたかったなあ…
ヤドカリ持ち帰るかな…(今回はやめました)。
きいちくんはミゾレとクマノミを採ってきました!

ミゾクマ









帰りはみかんを買ってうどんを食べて帰りました。

魚関係なく海入っただけで結構満足してます…

南房総にいってきました

9/3(土)の日記

今年最初の海水魚採集です!
Gussyさんきいちくんと南房総へ行きました。

干潮時刻が11時半なので、朝は漁港を見にいきました。
先日の台風で酸欠になってるかも…と期待しましたがいたって普通の港です。
ただチョウチョの姿はまったくありません。オヤビッチャやニシキベラばかり…。


漁港










Gussyさんはクロホシマンジュウダイをたくさん採ってました。
僕はヨウジウオを採りました(持ち帰んないけど)。


ヨウジウオ










ここでは流れ藻をすくってる採集家さんに会って、ソウシハギを見せてもらいました。

次の大きな漁港では、いつもツノダシが群れてるポイントを見たけれど
ここにもなんにもいませんでした。

やっぱり磯だ!磯へ磯ゴー!


海の水はあたたかかったです。
浅いところにはチョウチョウウオがいっぱい♪
数は、ナミ=フウライ>チョウハン≫トゲ≫アケボノ。
今年はチョウハンがたっくさんいます。
なぜかトゲが少ないなあ。
レアを求めて、波のあるところまで捜索範囲を広げてみたけど、
こっちはチョウチョが少ないので、浅いところを探すことにしました。


隙間のたくさんある、魚のマンションみたいな岩のそばに、
たくさんの魚にまじってミゾレチョウがいます。
でも近づくと穴に入り、奥でつながっている穴から穴へと逃げまくります。

…何十回とチャレンジして、ひとつの作戦を立てました。
1. 逃走経路の一つの穴に網を置いてふさぐ。その状態で追い出し作業をする。
2. 魚はいままでの逃走パターンを崩され、違う行動を起こす。
3. 外へ出てくればこっちのもの。
この作戦がなぜかドンピシャ(?)で、後ろの穴からよその岩へ逃げたところをキャッチしました。


採集魚

















この磯では5年前にもミゾレを採っています
うちで飼ってるのはまったく可愛くなくなったけど
なぜか娘のお気に入りです。

Gussyさんときいちくんはサザナミヤッコを採りました。
(僕は見つけることもできなかった…(><))
きいちくんはニジハギも採ってました。


ひさしぶりでクタクタでしたが、
次回は体力をつけてもっと楽しもうと思います。

もう夏ですね

6/24

ベランダのたらいの金魚が全部いなくなってた…
カラスの仕業っぽい。
睡蓮とかいれようと思ってたのになあ。

血圧のせいか毎日ぐったりしてますが、
海に行きたくなってきました。

西伊豆に魚採集にいってきました 今季6回目

11/13(金)の日記

Gussyさんと西伊豆のホーム磯にいってきました。
この場所は今季4度目(…日記だいぶサボってました)。
海はフードベスト+5mmウエットでまったく冷たくありません。
入ってすぐに大きな岩の下で結構大きめのサザナミヤッコを見ましたが、
岩が大きすぎてすぐあきらめました。
チョウチョウウオはだいぶ少なくなってましたが、
フウライ>トゲ>ナミ>チョウハン>アケボノの順に定番5種はいます。
みな大きく育ってるけど、水温のせいか逃げ足がにぶい感じです。
今日はとにかくレアを探すため、いつもより遠くまで泳ぎました。

泳いでいると中がネオンみたいに光る美しいクラゲがたくさんいます。
水の透明度が高いので、景色を見ながらいつもより沖側を泳いでいたら、
かけあがりのところで魚がたくさん集まっているのを見つけました。
そこはイソギンチャクが狭い範囲に密集してて、水温が少しあたたかいです。
イソギンの上にはソラスズメダイやキンギョハナダイが大から小まで無数にいて、
かけあがりの下にはハタタテダイやツノダシ、キンチャクダイなどがいます。
そしてイソギンにはクマノミが何匹か…わーこんな場所もっと早い時期に知りたかった!
今回はカメラを持ってこなかったことを後悔しました。
何度か潜水(2mくらい)してイソギンの上のチビキンハナを採ります。
キンハナはイソギンの中にはもぐれないので、わりと簡単に掬えます。
反対にクマノミはドンくさそうだけど、すぐイソギンにむぐっちゃってダメでした。
ここでGussyさんはスミツキトノサマダイを採りました

↓Gussyさんの獲物から

キンギョハナダイ
キンハナ









オトメベラ
オトメベラ









スミツキトノサマダイ
スミツキ










そのあとは僕は波打ち際でゴマチョウを見たくらいで、
持ち帰りは結局キンハナだけ。
帰りにGussyさん行き着けのダイビングショップに立ち寄って、
お茶をいただいて魚の話をして帰りました。

まだ余力はありますが、魚も少なくなってきたし今年はもう満足です

西伊豆へ魚採集にいってきました 今季3回目

9/25(金)の日記


Gussyさんときいちくんとまた西伊豆の同じ場所にいってきました。
ほんとは南伊豆か外房に行きたかったんだけど海況がいまいち。
ここも波で上下に揺られて気持ち悪かったです。

それでも魚はたくさんいます。チョウチョも普通種はたくさん。
先週採れなかったゴマチョウが同じところにいたので、
Gussyさんに報告すると「え?いなかったよ」とのこと。
すでにきいちくんが採ってました。

僕はここで5年ぶりにニセフウライを見ました。
しかしなかなか石の下から出てこなかったり、サッとよそへ移ったりで
採れません。5年前から全然技術が上がってないなあ…
くたくたになっていると、近くの石の下でキリンミノ発見!
ニセフウをあきらめてそちらを採りました。とてもきれい。
あとオレンジ色に白いラインの入ったかわいらしいベラがいたので
採りました。

今回は海の写真や動画がありません…
ビゼンクラゲ(ドッチボールくらい)がやってきたので、
写真を撮ろうとしたら電源が入らない!
海中でカメラのUSBのふたが開いてました。頭まっしろ。
このカメラはふたが二段ロックになっているのに、
触っているとわりと簡単にロックがはずれてしまいます。
あまりにショックだったので、カメラのことは仲間には内緒にしてました。


家に持ち帰ったのはとキリンミノとベラとフウライ(ニセじゃない…)。
かわいいベラは調べたらコブダイの幼魚でした。
↓10/6撮影
コブダイ








コブダイはチョウ水槽に入れるとして、キリンミノはどうしよう?
餌は生餌みたいなのでカエルアンコウ水槽に一緒に入れました。
カエルアンコウよりも大きいし食べられることはないだろう…たぶん…
部屋に戻ってくるとカエルの体が2倍以上にふくれていました(泣)。
つっついて吐き出させようとしたけど無駄でした。

心身ともとても疲れた一日でした。
(10/3 カメラはメーカーに修理に出したら無料で交換してくれました!)

家族で鬼怒川温泉へ…

9/22、23(祝)の日記

僕の両親と家族で鬼怒川温泉一泊旅行に行ってきました。
特に観光スポットには行きませんでしたが、
橋をめぐったり、道ばたの虫を見つけて楽しみました。
息子たちとはじめて露天風呂に入って、
トンボのたくさんいる公園で遊んだのがうれしかったです。

↓次男と長男。
ふたご










↓娘とアカジマトラカミキリ。結構レアな虫なんです!
アカジマトラ

西伊豆へ魚採集にいってきました 今季2回目

9/19(土)の日記

Gussyさんと西伊豆のいつもの磯へ。
もう一人の仲間のきいちくんが、今日も都合があわなかったので近場にしました。
チリ地震の津波がきた次の日でした。

海中はにごってたけどわりとおだやか。
先月よりも多少減ったけどチョウはやっぱりたくさんいました。

↓オヤビッチャ
オヤビッチャ








波打ち際の岩のそばでゴマチョウを見つけたけど、
僕は前回採ったのでGussyさんどうぞと思っていたら、
あちらでは僕が採るだろうと思って採らなかったそう(汗)。

↓真っ赤なメガネスズメダイ
メガネスズメダイ








↓石にそっくりなサツマカサゴ。真ん中の白っぽいのがそう。
サツマカサゴ








僕の持ち帰りはカノコベラ1匹でした。

この日はたしか7時間くらい泳いでいたけどたいした成果もなくて、
くたびれて足柄SAで風呂に入って帰りました。

ハタタテダイの便秘

9/1(火)の日記

今日から新学期。静かな日々が帰ってきます。
娘はさっそく上履きを忘れていきました…


このごろハタタテダイが便秘がちです。

いつもは一週間くらいで解消してたのですが、今回は半月くらいと長く
おなかから尻のあたりがふくらんでパンパンでした。
だんだんエサも食べなくなって、ななめになってたり
もうダメかと覚悟して淡水浴15分したら、その効果か次の日に解消しました。

断続的に出る大量の○○○で他の魚から苦情が出そうでした

↓解消後。だいぶ背や胸がやせてます。
 右のナミチョウの分厚いこと…
1








↓弱ってるあいだにみんなにいじめられてボロボロです。
便秘中はうろこの艶も悪く、黄色も薄くなってました。
2








↓大きさが同じくらいになってきたナミチョウに小突かれることが多くなりました…
3








便秘の原因は、僕が一番小さなシラコダイまでエサがまわるように、
必要以上にシュアーをやりすぎたせいだとおもいます。

粒の大きさを小さくして、量も減らしてみます。

西伊豆へ魚採集にいってきました 今季1回目

8/28(金)の日記

魚仲間のGussyさんと西伊豆のいつもの磯へ。
今期初の魚採集です!

※水中カメラはソニーTX20が☆になったので(泣)、今年からオリンパスTG-4にしました。


↓海中は例年以上に魚がいっぱいいました。
奥の青いとこは急に深くなっています。
1











↓ホンソメワケベラ。僕が網で追いかけてるあいだも、
ほかの魚を次々とクリーニングしながら逃げてました。
2








毎年ここで見られるキンチャクダイはまったく見当たりません…


↓ブイのロープのまわりにはナンヨウツバメウオ。
3











↓大きなトラウツボ。口をパクパクしています。
4









↓ヒラニザ?水色できれいな魚でした。
5








今年はハギ類が充実してました。とくにモンツキが多く、
ニザダイよりもたくさん泳いでます。
ニジハギの小さいやつもよく見かけました(採れなかったけど)。


毎年チビのキンギョハナダイが採れるガンガゼ地帯に向かうと、
途中でツノダシを何匹も見ました。
僕は採れなかったけど、Gussyさんはしっかり採ってました!




ガンガゼ地帯では、強い波に耐えていたゴマチョウを採りました!

今回チョウチョウウオ類はトゲが最も多くて、視界に必ず一匹はいました。
数はトゲ>>>>ナミ=フウライ>>>チョウハン。
Gussyさんはアケボノも見たそうです。
あとは石に隠れたシラコダイを見たけど、見失ってしまいました。


↓ツマジロモンガラ(Gussyさん採集)
6








昨年クマノミがいたイソギンチャク地帯は、なぜかイソギンが減って
かわりにガンガゼが増えてました。コガシラベラがたくさんいました。




↓僕の持ち帰りはホンソメとゴマチョウ。
7








水温もあたたかく、ひさしぶりの海で楽しくて、休みなしで6時間入ってました

うどんを食べて、足柄SAでお風呂に入って帰りました。

金魚の水替えしました

11月29日(土)の日記

次男が『かんたんマイペット』を金魚に吹いちゃったので、
水飼えしました。だいぶ赤くなってきましたよ。

kin








今年の魚採りは、途中中耳炎になったり左腕がしびれたり
いまいち満喫できないシーズンでした。

本当は先週の連休、最後の魚採りにいくはずだったのですが…
僕以外の家族全員が胃腸炎にかかってしまい(泣)。
双子は先週の金曜からずっと保育園を休んでいました。
仕事もきつかった〜

今週は遊ぼうウィークにしようと思います!

外房から南房総へいってきました

10月17日(金)の日記


水中カメラが前回こわれてしまったので(泣)、今回は採集に集中しました。


朝6時。まずは外房の海水浴場。8月に娘と海水浴に来たところです。
水は陸側はひやっと冷たいけど、沖のほうはあたたかかったです。
チョウチョの数は…普通かな。サザナミヤッコは見つかりません。
シマハギやニセカンランなど小さいサイズのハギがたくさんいました。
小さいから採るのも簡単。
体脂肪の少ないGussyさんが水が冷たいとすぐに上がってしまったので、
磯は2時間くらいで切り上げて漁港にいくことにしました。

1きいちくんは穴を見ながらゴマチョウを採ってきました。








2僕はこんなかんじ。








漁港採集はまず少し北の港に行きました。でも目立った魚はいないなあ。
向こうのほうで大きな網を持った人がなにか発見したらしく携帯で電話してました。何がいたんだろ…。
ここではきいちくんはハタタテダイを採りました。

3それから南下して市街のヨットハーバーへ。
いたのはチョウハンくらい。
(画像はきいちくん提供)








4なんにもいないなあ…なんて岸壁を引き返してたら、
隙間から少し大きめのシラコダイが出てきました。
近くにいたGussyさんとはさみうちにしようとしたけど、
あまり逃げなくてわりと簡単に採れました。
(画像はきいちくん提供)







それから一時間くらい南下して、昨年台風後酸欠だった漁港へ。
でもとくに酸欠じゃなくて、ここでもセグロの姿はみられません。

次の大きな漁港には大きなツノダシがたくさんいました。だけど深くて無理。
チョウチョはここが一番たくさんいたので、キャッチ&リリースで練習して遊びました。


帰りは、海ほたるのフードコートであさりラーメンを食べて、
おみやげにピーナツを買って帰りました。
一日岸壁をのぞいてたので足がガクガクしました。

南伊豆に行きました

9/26(金)の日記

Gussyさんときいちくんと南伊豆方面に行ってきました。
毎年行ってる磯です。

海の中はソラスズメダイがいっぱい。でもチョウチョはとても少ないです。
ナミはそこそこ、たまにトゲフウライ、チョウハンは1匹だけ…
またアケボノは見られませんでした。

2
イソギンチャクは減ってましたが、
サンゴが増えていました。

サンゴの中をのぞいてみるけど、
トノサマダイはいないなあ…




3
ソラスズメの中に1匹色の違うスズメダイ。

警戒心が強くなかなか出てきません。
シロボシスズメダイというみたい。




潮が満ちてきて少しずつ魚が増えてきたところで、
岩の上で遊んでたちびっこトノサマダイを採りました。

Gussyさんはミナミハタタテダイ、きいちくんはツノハタタテダイを見たそうです。
魚の数は少ないけどいろいろ来てるのかな?


今日の収穫
4
子供受けを狙って、
小さめのミヤコキセンスズメダイと小さめのニジギンポを
採りました。
トノサマには黄色い寄生虫?が…



帰りは漁港でハタタテダイを何匹か見ました。
チョウの姿はまったく見えず…。
ハタタテ1匹採れたのできいちくんにあげました。

足柄PAで食事入浴をして、時間が遅くなってしまったので
高尾駅で降ろしてもらって電車で帰りました。

南房総にいってきました

8月29日(金)

Gussyさんと南房総のいつもの磯へ行ってきました。

まず去年酸欠になってた大きな漁港から。
条件が悪かったのか、魚の姿が見えません。
深いところでチョウチョの姿がチラッとみえるくらい。
早々に切り上げて磯へ向かいました。

磯のようす


(…魚がいなかったのがよくわかると思います)
ナミ・トゲ・フウライチョウチョウウオはそこそこいるけど、
穴の中をのぞいてもサザナミヤッコなんていやしません。
チョウハンも一匹しか見ませんでした。
あとはニジハギ見たくらい。

1
ケヤリムシ







2
持ち帰りはチョウハン、コショウダイ、ベラ2匹。
あとアオウミウシのエサにカイメンを
(オレンジのでいいんだろか…)。
ダイナンギンポはGussyさんちへ。

先週の外房と比べても死滅回遊魚は少ないですね。
まだ早かったみたい…

金魚の色が変わってきました

8/23(土)

早起きしたので、たらいの水替えをしました。

kin
だんだん金魚っぽくなってきました!

外房へ海水浴にいってきました

8/20(水)

レンタカーで娘と外房の海へ行きました。
朝3時頃出発して、6時にはよく魚を採ってる漁港に到着。

1
ちょうど干潮のころ。
スズメダイ?(背中が白い)がたくさんいます。
チョウチョウウオはナミ、トゲ、フウライ。
もうちょっと見たかったけど、
娘が早く泳ぎに行こうと怒るので
10分くらいで切り上げました。



2
途中のコンビニにいたオオミズアオ。
神々しくて僕はただながめてるだけですが、
娘はもふもふ触ってました。






3
7時海水浴場着。
駐車場も海もガラガラでした。







4
せっかく干潮なので娘を磯に誘いました。
シュノーケルは髪が痛くて息がしづらいそうです。






チョウチョウウオはナミ大量、トゲフウライところどころ。
数だけなら今年は当たり年です。
でもチョウハンアケボノは発見できず。
あとは10匹くらいのニザダイの群れがたくさん。
そこにモンツキハギ、ニセカンランハギが混じってます。
他にはミヤコキセンスズメダイがいました。

5
すぐに磯に飽きて、砂浜のほうへ…








6
娘は浮き輪なしで波の下を潜ったり
ハイテンションで遊んでました。
プカプカ浮いてただけの去年とはえらい違いです。





そのあともう一度磯へいき、
僕と一緒に泳ぎながら魚を探したり追っかけたりしました。
シュノーケルより使い慣れたゴーグルのほうがよかったようです。
「水槽の中を泳いでるみたい!」と結構ハマッてました。



7

娘はアオウミウシを何度も手に乗せてました。
豆チョウはフウライだけ持ち帰り…

12時には海を後にし、16時には帰宅しました。
車内では娘にラジオを止めるよういわれ、
ずっと娘の歌を聞かされました

西伊豆にいってきました

8/15(金)

今年初採集で、gussyさんと西伊豆のホーム磯にいってきました。

…が死滅回遊魚は少なくて、
豆チョウはナミ3トゲ1しか見つからない…

(あとで写真入れます。)

↓ 採れなかったけどキンギョハナダイの動画




8/19写真追加
水深1.5m以内です。

1
イシダイの子どもが寄ってきます。







2
ミヤコウミウシ







3
アオリイカ?水面近くを列を作って泳いでました。













4
イソギンチャクゾーンは、
サンゴイソギンが年々増えてきてます。






5
ニッポンウミシダ。
海中ではきれいですが、モゾモゾ動いて
腕がとれたりするので苦手です。











6
カミナリベラとコガシラベラ。
コガシラは白黒がはっきりしてて尾が赤いです。












7
トゲトサカの仲間?







8
ガンガゼ。
水色のスジが見えるのはアオスジガンガゼかな?












9
キンギョハナダイ。
生まれたときはみんなメスで、性転換するそうです。
右のはオスになりかけかも。





10
大きな石の下にトゲチョウがいます。













11



12
今日の収穫。ちょっとさびしい…
ハコフグは黄味の強いほうを連れて帰りました。

東名は行きも帰りも渋滞してましたが、
圏央道がつながったぶん早く帰れました。
Profile

さと

魚の飼育日数



カクレクマノミ 11、2年くらい

----------------------
水槽: 90OF&60上部ろ過
クーラーなし、殺菌灯なし
エサ: シュアー&金魚のエサ
塩: インスタントオーシャン
水替え年に3回くらい(汗)

記事検索
Recent Comments
  • ライブドアブログ