2017年02月08日

TRI≠TRY


お久しぶりです。茂山です。冬の寒さに悶えております。

2/4は京都府認定記録会に参加しました。
プログラムのスタートリストを見てびっくり、立命館大学のOBの方々を含め錚々たる選手が何人もいらっしゃり、あまり選手に詳しくない私でさえ聞いたことがある有名人が、振り返ればそこら中に。後半の組ほどレベルが高い中、私はスイムは2組、ランは1組目でエントリー。自分の競技力の無さを痛感させられました。

スイムの飛び込み練習中にハプニング。2本目で飛び込み失敗、痛む胸、ぼやける視界、左目のコンタクトレンズを失う。
胸が赤いまま始まったスイムの計測ですが、再び飛び込み失敗。今度はみぞおち辺りが痛い。侵される右レンズ、右目コンタクトレンズが危ない。とっさに右目を細め視界が悪いまま泳ぐ。後半少しバテましたが、なんとか最後ペースを上げられてゴール。ゴール直後、電光掲示板のタイムを確認。見えない。コンタクトがない、焦る、ゴーグル内での生存を祈る、発見、安堵。その後ベストが出ていたことを確認し再び安堵。
午後からのランの測定は、左手にあるタイマーが終始見ずらかったことを除けば何事もなくゴール。これまたベスト。ようやく練習の積み重ねの成果が現れてきたように感じました。

しかしまだこれで終われない。トライアスリートたるもの一日に三種目やってこそ。
そして私たちは寿司屋に足を運んだ……
昨年行われたスシスロンでは2位でゴールしたので今年は優勝を目指して参加。油っこいものを避け、ワサビなすで皿数を稼ぐ。しかし、前主将、次期監督Fさんが飛び出る。20皿を超えた辺りでFさんが失速するも、前主将のペースは変わらず追いつけない。結局30皿の大台にまで到達した前主将には勝てず23皿で2位でゴール。悔しい、胃の拡張を目指します。

レシートを確認して目を疑う。

(゜Д゜)

合計点数143点 (6人) 

そして最後の拳による戦い。
去年と同じくジャンケンに勝った2人が料金を払うのですが、見事一回生と共に勝利を収めることができました!!!
ベストも出たしジャンケンにも勝てたし、最高の一日でした!

……

めでたしめでたし。



rits_triathlon at 22:47|PermalinkComments(0)

2017年02月04日

「金銅、初めてのブログ!」

みなさん、こんにちは
初めまして、散々ブログを書くのを引きずり(先輩方すみません;)ついに書くことになりました法学部一回生の金銅です。
初めて書くので、先輩方のような創造力豊かな面白いブログを書けないと思いますが、頑張って書きます!

さて、先日2月1日は後期の試験休み明けの初めての練習でした。試験の結果と取得単位のことはさておき試験中ほぼ運動出来てなかった僕にはとても楽しみな練習でした笑
当日、久しぶりに5時半と言う起床時間に若干遅刻気味に起きて、チャリ持って外に出ると、、
「寒い??」
上4枚着込んでいても身に染みる寒さでした。
この日の練習は湖岸沿ロングライドというGUNZEから近江八幡までを往復するメニューでした。行きは7人が2つのパックに分かれて30kmぐらいでゆるゆる先頭交代の合図の練習をしながら行きました、
近江八幡に入るとまだ雪が積もっていて非常に寒かったです。帰りはAとBに分かれて帰りました向かい風に煽られ寒い寒い。
脚が全部つってダンシングが出来ずシッティングで必死にこぎました笑
結果二着目でゴール出来ましたのでいい練習になりました。

この調子で頑張って行きたいです
春休みの練習が始まったのでしっかり取り組みたいです。
読んでいただいてありがとうございます。

(終わり)




iPhoneから送信


rits_triathlon at 02:05|PermalinkComments(0)

2017年01月14日

部屋が汚いんじゃない、俺が美しいんだ

みなさん、こんにちは。成人してるのに未だに年確をくらいまくってる澤口です。2回連続かよとうんざりしている人も多いでしょう。その気持ちわかります。ただ、今回ブログを書くにあたって私は断腸の思いであったということをご理解いただきたい。一昨日、今年初の全体練習かつ、RTCの歴史に残る初のプール練習を行いました。この素晴らしき出来事をブログに書かずにいられるでしょうか?しかし、私は既にブログに関しては隠居状態。後輩に託したはずでした。しかし、いつまでたってもブログが更新されない。ここは私が一肌ぬぐしかない。となったわけであります。さてさて、つまらない小話はここまでにしましょう。

一昨日の木曜日、RTC初のプール練習が行われました。今まで、スイムが苦手だと言われてきたRTCですが、遂に光明が見えました。ただ、これで言い訳ができない立場になりました。プールがない時の方が速かったなどと言われないよう、日々努力していきます。
木曜のメインは時間があまりなかったこともあり
100×4×3 1分40秒サークルでした
因みに、私は年末年始にサボってしまったせいもありこの日はボロボロ。ここから、気持ちを入れ替えて調子を上げていきます。ランとバイクが最近調子が上がってきたので、それを維持しつつしっかりとスイムのレベルも上げていきます。
今日はバイク練だったのですが、ただただ寒い。しかし、高校生たちはセンター試験の真っ只中。ここは俺も頑張らねばとしっかり漕ぎました。そろそろ、まじでシューズカバーを手に入れなければ足が凍傷になりそうだと感じました。
この寒い冬を乗り切ればいよいよシーズンです。しっかりと結果を残せるようにランリーダーとして頑張りますのでみなさん一緒に頑張りましょう。
お粗末様でした。

次回 愛するものの為に澤口、散る


p.s.題名は本文に全く関係ありません


rits_triathlon at 18:06|PermalinkComments(0)

2016年11月30日

エリートっていう響き...いいよね

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?
お久しぶりですね、世界のアモーレこと澤口です。プロ野球では、前評判を覆し広島が大躍進。アメリカではトランプがまさかの大統領。EUからイギリスが離脱。そしてPPAPという謎の曲の出現。今年もいろいろありました。そして、我がRTCの今年最後の大会が先週の日曜に行われました。カーフマン東海2016です。トライアスロンとは少し違い、ランーバイクーランで行われる種目であります。スイムがない代わりに、足の筋肉をたくさーん使うため、競技が終わるとどこで攣ったかを話し合う選手達が多い種目でもあります。今回、僕はそんなカーフマンのエリートに出場させていただきました。
当日は天気予報通りの雨。コースは水浸しでコンディションは最高でした(震え声)
スタート前はもう寒くて寒くて。しかし、スタートすれば体の震えは止まる、が足がプルプル。思うように動きません。あっという間に下から数えた方が早い位置に。他の立命館勢もどんどん離れていく...。「うわ、これ完走できるか?」(エリートは周回差がつくと失格)と一筋、いえ大きな不安が僕を襲いました。さらに途中、集団の内側で走っていると水たまりでズベッとこける。「恥ずかしやー、誰も見てないよなー」と心で叫ぶ。なんとか 第一ランの最終回に入って辺りを見渡すと前後に誰もいない。これはバイクがしんどくなる!と危機感を感じ、ラスト500mをできるだけダッシュ!前の集団と少し差を縮めると、トランジでなんと全員抜き去る!練習したかいがあったなーとしみじみしていると、後ろから抜いた集団が追いついてくる。この集団で逃げ切る!と決心し、精一杯漕ぐ!僕自身、初めてのエリートで集団走には慣れてなかったのですが、社会人の選手がうまく集団をまとめてくれたおかげで40km前後をキープしながら巡行。前にいる何人かを少しずつ吸収し、7.8人の集団で先頭集団から必死に逃げる。途中、学生女子バイク最強の人に煽られたり、雨と泥がサングラスを越して目に入ってきたりと苦しいところもありました。そして、周回するごとに「逃げろ!逃げろ!」と大きくなる声援。(つまり、先頭集団が近づいてきてる)。それでも集団の中で励ましもありなんとか最終回へ。取り敢えず、完走は決まったので、集団の人達と叫ぶ!
「やったぜ!」
そして、第二ランへ。ここでもトランジがうまくいき、集団の4番手でトランジに入ったものの1番手にランへ。寒さで、感覚がない足を無理やり動かす。すると、前方に第一ランではるか向こうにいた他の立命館勢が!これは、足の感覚がない内に追いつかなくてはと必死に追う。しかし、1km越えたあたりから感覚がなぜか戻ってくる。あれ、もしかしてきつい?と正気を取り戻してきた自分の感覚に負けペースダウン。そのまま立命館勢最下位でゴール。
エリートで完走できたことは素直に嬉しかったし、バイクも今までで一番頑張れたと思う。ただ、得意のはずのランが全然で悔しさも残った。来年の課題が浮き彫りになり、次戦へのモチベーションも上がってきた。次戦はおそらく次戦は2月。次はもっとレベルアップした姿をブログの読者の皆さんにお見せします。澤口、頑張ります!
俺たちの戦いはまだまだこれからだぜ!
ご愛読ありがとうございました。

次回「金銅、初めてのブログ!」
年内更新予定!!


rits_triathlon at 18:38|PermalinkComments(0)

2016年10月22日

はじめまして。

初めまして。ついに噂の圧力とやらをかけられ書くこととなりました、一回生の雨宮です。初めての投稿ですが、先輩方のようなクリーーンなブログを目指してがんばって書いていこうというところです。

さて、先日群馬県でスプリントが行われました。僕自身これがトライアスロンの初レースです。入部してからこれまでやってきたことを出し切ろうと意気込んで臨みました。
自分は苗字のせいか、ここぞという時に雨が降るのですが当日は見事な晴れ。改名を考えながらアップ…しようにもランシューはトランジに置いてきぼり。アップシューズがいるのですね…。次は気をつけます。

いよいよスタートです。
先輩方から、スタートのバトルはヤバイと聞いていましたが、想像を超えるヤバさ(語彙力)。負けずと意気込もうとしたところでした。なぜかめちゃくちゃ苦しい…。一回落ち着こうとリラックスするもなぜか全く泳げないくらいに苦しい。OWの恐怖なのかウェットに慣れていなかったのかアップ不足だったのか、矢田のようにウルトラマンにはなれませんでした。8割溺れながらもなんとかスイムアップ。

スイムのこの上ない出遅れでバイクはひとり旅になってしまいました。今ひとつペースも上がらず、ズルズルとランへ。ランに関しては最近伸びてきていると感じていて、リズムを掴めて走れました。

今回の大会は悔しさと課題がたくさん残る初戦となりました。なによりレース経験が大切であることに気がつきました。それぞれの種目の実力不足もはっきりと出てしまったので、これからのデュアスロンシーズンに向けて、気を引きしめて練習をしていきたいです。
帰りはまさかの大雨に見舞われ、改名は避けられそうでよかったです。

まとまらないブログになってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
次は一回生の重鎮、金銅がブログを書いてくれます。
(終わり)




rits_triathlon at 22:44|PermalinkComments(0)