ましろのおと(20)  大好きな漫画



 三味線の天才だった爺様が亡くなって
 東京に出てきた雪が
 最初に優しくしてもらった美女がユナさんです

 その後、高校で部活として三味線を弾き
 民芸酒場で三味線を弾き
 大会に出場して競い合い
 現在、友人たちと4人組ユニットを組んで活動開始

 

 
ましろのおと(1) ましろのおと(2) ましろのおと(3) ましろのおと(4) ましろのおと(5) ましろのおと(6)
ましろのおと(7) ましろのおと(8) ましろのおと(9) ましろのおと(10) ましろのおと(11) ましろのおと(12)
ましろのおと(13)
ましろのおと(14)
ましろのおと(15)
ましろのおと(16) [ 羅川 真里茂 ]
ましろのおと(17) (講談社コミックス月刊マガジン) [ 羅川 真里茂 ]
ましろのおと(18) (講談社コミックス月刊マガジン) [ 羅川 真里茂 ]
ましろのおと(19) (講談社コミックス月刊マガジン) [ 羅川 真里茂 ]
ましろのおと(20) (講談社コミックス月刊マガジン) [ 羅川 真里茂 ]



ましろのおと(20)  あらすじ



 STCの全国ツアーはいよいよ佳境へ突入。

 雪の故郷・青森市へ!

 舞が合流しフルメンバーとなったSTCだが、
 その前座として、雪の実父・神木流絃が登場。
 祖父・松五郎の「じょんがら」演奏を雪に見せつける。
 それに対し憤る雪は、どんな音を奏でるのか?

 一方、若菜は「日本有線大賞」発表という大きな転機を迎え、
 STCもメジャーデビューに向けて動き出すーー!






ましろのおと(20)  ネタバレ



澤村 雪(さわむら せつ)津軽三味線の名手
澤村 若菜(さわむら わかな)雪の兄

澤村 松吾郎(さわむら まつごろう)故人
澤村 梅子(さわむら うめこ)
ビューティー業界の会社「梅丸」の女社長。子育ては父の松吾郎に丸投げ、毎月100万円の生活費を送る。
伴奏(三味線に合わせて歌う事)の達人。津軽三味線甲子園「松吾郎杯」を開催。

緒方 洸輔(おがた こうすけ)
名取名は神木 清流(かみき せいりゅう)。

神木 流絃(かみき りゅうげん)
本名「田沼源造」。緒方洸輔の師で、総一と舞の父親。雪の実父。総一と舞は養子。
田沼 総一(たぬま そういち)
田沼 舞(たぬま まい)

荒川 潮(あらかわ うしお)・福岡から上京して竹の華で修行中
梶 貴臣(かじ たかおみ)・大阪から大学進学兼ねて上京して、竹の華で修行中

立樹ユナ・元グラドルで今地元でアナウンサーで雪が恋している相手


新ユニットSTC(スクウェア・ザ・サークル)・雪、梶、荒川、舞

76~79話

 雪の父は神木流絃です
 ママは、あのエステ会社の社長さん
 どういう展開で、雪が生まれたかはいまだ謎ですが
 流絃が、松吾郎じっちゃまの曲をチームの前座で弾いたので
 雪が怒り狂いますね

 で、一曲だけきかせて父は去り
 チームの演奏が始まりますが
 舞が入って、一段と腕があがり
 それを、さらりと雪が褒めるので
 天然たらし、って梶たちは思ってます

 一方若菜は、日本有線大賞をとりました
 若菜くん、どんどんかっこよくなるの~

 で、チームの初ライブツアーは終了
 リルフィーレコードって王手からのオファーも来ます

 打ち上げには、神木清流も来たりして
 ま~、いろいろ入り組んでます

 で、梅子がじいさまの曲の著作権を押さえてまして
 実の娘だしね
 権利はあるけど
 雪は、兄の若菜と弾きたかったのね
 あいかわらず、母子関係はこじれてます

 で、チームのデビューが決まりますが
 その発売日に、梅子は今、人気絶頂の若菜の新作発売をぶつけてきます

 さぁ、どうなるか!!

 ってとこで次巻へ


ましろのおと 20巻

ましろのおと 20巻

ましろのおと 20巻

[著]羅川真里茂




 訪問、ありがとうございました。
 記事がお役に立つとうれしいです
 良い一日でありますように  \(^0^)/



読んだよ、の代わりにクリックして下さるとうれしいです。
別窓で開きます。 m(_ _)m






コミックはネットオフでも安く買えます。


大好きマンガを合法的に安く買う方法 ←はこちら


ベテランママはマンガ大好き。のトップは←です。

★★白泉社の漫画 で、おもしろかったのを紹介中
★★集英社の少女漫画 で、おもしろかったのを紹介中
★★外国が舞台の歴史漫画 で、おもしろかったのを紹介中
  ↑
 クリックで、別窓が開きます。

 スマホの方は、PCモードで読んでいただくと
 右サイドにレビューした本の、タイトル一覧が出ます。
 1000冊以上読んで、あらすじ&レビューしてますので
 読みたい漫画、の参考になるとうれしいです。(^^)