乙嫁語り(11) 外国が舞台の歴史漫画でおもしろかった漫画



 毎年一冊でてますから
 もう、10年近く続いてますね~

 待ちきれなくて、連載誌のハルタを時々立ち読みしてますが
 絵柄の綺麗な作家さんなので
 紙媒体で読むと、ほんと、ほっこりします

 では、11巻について

乙嫁語り(1)
乙嫁語り(2)
乙嫁語り(3)
乙嫁語り(4)
乙嫁語り(5)
乙嫁語り(6)
乙嫁語り(7)
乙嫁語り(8)
乙嫁語り 9巻 [ 森 薫 ]
乙嫁語り 10巻 (ハルタコミックス) [ 森 薫 ]
乙嫁語り 11巻 (ハルタコミックス) [ 森 薫 ]


乙嫁語り(11) あらすじ


 
 中央アジアを舞台に、
 さまざまな結婚物語を描き連ねていく『乙嫁語り』。

 英国人の旅行者スミスは、旅の目的地アンカラでタラスと再会したあと、
 ふたたび旅を始めることに。

 それは、もう一度アミルとカルルクの住む地域へ戻る旅……。

 新たに手に入れたアイテム「写真機」とともに、
 スミスとタラスと、案内人アリの旅路が始まる!




乙嫁語り(11) ネタバレ注意



スミス
タラス
アリ・案内人
ニコロフスキ・ホーキンスに恩を感じてしたがってる

ホーキンズ・スミスの学校時代の先輩

70話、寒中歌
71話、あれから
72話、約束
73話、湿板写真
74話、前日
75話、南へ
76話、時計
77話、アンタリヤ

70話
こたつがあるんだ~
歌ってありますが、詩ですね
素敵です

71話
スミスさんと出会った頃から、別れまでの
タラス視点のお話です
恋だ、って自覚してから、かっこいいね
再婚相手に、涙ながらに打明けたら
この相手がいい人でね~
アンカラまで一緒に行ってくれるの
待ってる間、タラスは持参金でもある宝飾品を売ります
泊まったり食事が必要だからね
でもって、なんとスミスと再会!

72話
追いかけてきたタラスは
持参金もないから下女でいいっていうけど
スミスはそういう男じゃないから
結婚前提なのね
で、写真の旅に同行することに

73話
写真の撮り方が、おもしろかった
湿板印刷って大変なのね
こののちに、乾板印刷ができて、大流行になります

74話
出発の前日です
スミス、アリ、タラスの三人で行くって言ったら
ニコロフスキが、同行してくれるって
すごい、頼もしい!
で、アリは閑なら水汲みして稼ぐし
タラスも、絹糸で刺繍して売ってお金を作ります
頼もしい!

75話
みんなでの旅です
空き家とかがあるけど
そこは、共有?の一泊所で
お金はとらないけど、鍋釜があって
使用したら、ちゃんと元にもどして
次の人が使うのね
性善説って感じの、すてきなシステムです

76話
タラスにあげた金時計ですが
タラスと破談になって、スミスは投げ捨てました
その時計が
わらしべ長者のようにめぐりめぐって
スミスのとこに戻ってきますが
スミスは、黙ってそれが、他の人の手で移動していくのを見届けます
不思議ね

77話
子猫が、往来で寝てるのには驚いた
踏みつぶされちゃうよね
アンタリアにたどり着き
タラスがブランコに乗るのが、とっても素敵でした
タラスが縫った、素敵な上着も売れましたね
刺繍の技って、女性の財産だったんだな~って思いました

って感じで11巻は終了
次巻も楽しみです(^^)


乙嫁語り 11巻

乙嫁語り 11巻

乙嫁語り 11巻

[著者]森薫




訪問、ありがとうございました。
 記事がお役に立つとうれしいです
 良い一日でありますように  \(^0^)/








大好きなマンガの新刊を合法的に安く買う方法 ←はこちら




中古本はネットオフでも安く買えます。



★★白泉社の漫画でおもしろかったの
紹介中(1)
★★白泉社の漫画で、おもしろかった漫画を紹介中(2)

★★集英社の少女漫画でおもしろかったの
紹介中(1)

★★外国が舞台の歴史漫画でおもしろかったの
ネタバレ中(1)
★★外国が舞台の歴史漫画で、おもしろかった漫画を紹介中(2)

★★完結漫画でおもしろかった漫画を紹介中(3) 
  ↑
 クリックで、別窓が開きます。

 スマホの方は、PCモードで読んでいただくと
 右サイドにレビューした本の、タイトル一覧が出ます。
 1000冊以上読んで、あらすじ&レビューしてますので
 読みたい漫画、の参考になるとうれしいです。(^^)