白馬日和♪

高木律子の白馬発おでかけ日記。大好きな白馬の魅力をがんばって伝えます♪

2009年09月

色づきの進む遠見尾根、五竜岳

昨日は五竜山荘から遠見尾根をおりてきました。
今年は紅葉の色づきがイイ感じですよ♪

五竜山荘と五竜岳五竜山荘と五竜岳(標高2,814m)。
今年の秋も連休中は五竜山荘を手伝いに行ってました。
中でもシルバーウィーク2日目(20日)は今シーズン一番の混雑!忙しかった〜。
部屋は1畳に2人のスペース、夕飯は7回戦でした。


ウラシマツツジウラシマツツジ(ツツジ科)
ガンコウランの緑とあわせて、赤が際立ってました。





色づく遠見尾根西遠見山近くから見上げた白岳(標高2,541m)。
遠見尾根の紅葉はいま、西遠見より上部で見頃。
これから段々と山麓に向かって紅葉が進みます。

遠見尾根はアップダウンがあり大きく曲がっているので、案外と距離があるんです。
疲れたら紅葉を眺めてひと休み。
ふぅ〜。




オヤマリンドウオヤマリンドウ(リンドウ科)
小遠見山の辺りでは、まだリンドウが咲いてました。
早く実にならないと、雪が降ってきますよ〜。

遠見尾根の紅葉は10月の連休頃まで楽しめそうです。


キレット小屋より

09d2b27c.jpgちなみに今朝のキレット小屋はガスの中。
ちょうど雲海との境目になってるみたい。

写真は小屋裏のヘリポートから。

キレット小屋より

剱岳に沈む夕日キレット小屋に来ています。
ここへ来るには、どのルートも岩場や鎖場を通る醍醐味があります。岩場好きにはたまらない!
ただ怪我をする人も多いので、通過は慎重にネ。

写真は昨日、剣岳に沈む夕日。
18時36分。

稜線の朝焼け

cae2ca9c.jpg五龍山荘に来ています。写真は5時36分。
隙間から出てきたご来光が、雲を赤く焼いてました。
今日は天気が崩れるってことかな。

絶景!八方池

6e356b1d.jpg今日の八方池は本当に美しかった!
シビれました。

連休2日目で好天に恵まれ、さすがに八方尾根はゴンドラも登山道も混みあってました。

写真は八方池と不帰キレット。

白馬マウンテンヴィラ同窓会♪

私が初めてフルシーズン働いたスキー場は、白馬岩岳スキー場でした。
今はクローズしちゃったけど、岩岳山頂にあるホテル「白馬マウンテンヴィラ」が配属先。
その頃はもっと年も若かったし、みんなとわいわい本当に楽しかったな〜。

白馬マウンテンヴィラ同窓会♪昨日はそのうちの何人かが、10年ぶりに急きょ集まることに!
私のような長野県居残り組みもいれば、アメリカに移住した人、実家に帰った人。
家族が増えたり、家や店舗を建てたり、無職で羽を伸ばしてたりと、みんなそれぞれの生活路線。


でも驚いたというか、安心したというか、人間の本質って変わらないもんなんですネ〜!
会わなかった期間を全く感じなかったデス。
見た目も変わってなくて、なぜか安心した…(^_^;)
さらに10年後の同窓会では、みんなどんな風になってるんでしょうネ!?


NPO法人ACT 訓練&交流会

昨日と今日の2日間、私も所属しているNPO法人ACTでドッグハーネス検討会&訓練&交流会があったので参加してきました。
場所は人口壁もある大町市の運動公園をお借りしてます。

救助犬スズ午前中の主役は救助犬スズ。
本当に賢い犬なんです、それに人なつこい。

ACTではヘリ救助活動の際に役立てるため、ただ今スズ専用のハーネスを改良中。
様子は朝日新聞ニュースサイトからどうぞ。

「二分の一」引き上げシステムの確認午後は各自のロープワークなどを確認。
写真右は「二分の一」の引き上げシステムの説明をするACT副理事長Nolly
ヨーロッパ登山事情に精通しているNollyは、いつも最新技術を身につけています。

引き上げシステムは滑車の原理を使い、小さな力で人間(や荷物)を引っぱり上げる技術。
「三分の一」と「二分の一」の違いを、救助現場で使った経験から話してくれました。


「二分の一」引き上げシステムを交代して試すレクチャーを受けた後は、交代でシステム作り。
日常的に習熟しておかないと、すぐ忘れちゃうのよね〜。

応用で「五分の一」や「九分の一」も出てきて、だんだん脳みそはオーバーヒート…?


空中懸垂下降懸垂下降中に「ロープの結び目を通過する」という課題。
システムを地上で確認したあと、実際に降りてみると…。
バックアップが固く締まってしまい、動かすのに四苦八苦
暖かく見守ってくれたみんな、ありがとう〜!

写真は空中懸垂する佐藤氏。楽しそう。

明るいうちから飲み会♪夕方は明るいうちから飲み会&BBQ♪
ゴーヤチャンプル、鹿肉、ジンギスカン、さんま、雑穀餅etc。
お腹いっぱ〜い+飲みすぎました!!

夜は各々車中泊などして、今朝片づけをして流れ解散。
みんなお疲れさまでした、ありがとう!
ちなみに今日の我が家の夕飯は、このとき残ったさんま



2つの山岳事故に思う

(気づくと山岳関係者側の視点になってます。個人的な気持ちとして読んでください。
ブログってそういうものなのでしょけど…)


岐阜県防災ヘリ墜落 操縦士ら3人死亡のニュースは衝撃的でした。
救助活動中の事故で、要救助者も含めて4人がお亡くなりになった。
これまでヘリ救助の武勇伝を聞く機会は多かったし、現場に居合わせた経験もあります。
今の時代、ヘリは救助活動のメインであり、迅速で、いわばヒーローのように思ってました。

でも今回の事故で、ヘリも万能ではないということを、当たり前ですけど再認識です…。
少しずつのタイミングが全て合わさったこの事故、ご本人達にとっても想定外の受け入れがたい結末だったと思います。さぞ無念でしょう…。

でもね、救助活動はまず、わが身の安全があってこそ出来るもの。
救助者が事故をおこしてるようじゃ、助かるものも助からないじゃないですか!
「命がけ」じゃ、ダメでしょ!!
それでも、人を助けたい、と救助に向かう人たちがいる。
こういう方たちのおかげで、これまで山から生還してこれた人がいるのですね。
故人のご冥福を心からお祈りします。



また同じくらい衝撃的だったのは、09年9月11日付け
<救助作業事故>そり滑落で遺族が提訴 北海道積丹岳の遭難のニュース。
救助中にそりを流してしまい、そりに乗ったままの要救助者は翌日に亡くなって発見された。
1月にこれを聞いたときは「こんな手違いがあっていいのか!!」と憤慨したけど、私の周りの何人かの救助経験者は「吹雪の中、精一杯だったんだな…」と、理解を示していました。

これが救助活動をした現場経験がある者と、ない者の違いです。
私は遭難救助の現場、経験ないので…。

そもそも山への入山は自己責任です。
自己責任とは、有事の時には「セルフレスキューする=自力解決する」、ということです。
管理されてないエリアに入るので、スキーパトロール員も救急車も来れません。

では「セルフレスキュー出来ない=遭難した」ら、どうする?

そこで出動する、してくれるのが救助隊です。
白馬の場合は県警と民間の混合チームで遭難救助に向かうことが多いです。
(地元民のほうが、その土地や地形に精通している場合があるので)
でも悪天候下での出動が多く、常に思うような活動ができるとは限りません…。

白馬では民間人の出動費用は、後日ご本人(もしくはご家族)に請求されます。
出動費用とは、リスクに対する対価と危険手当、傷害保険代などです。
取れなかった自己責任を、対価を払って解決するとでもいえましょうか…。
ただ警察が出動した分は、長野県では現在ヘリフライトも含めて費用請求はありません。
全て県税で賄われています。(他県は分かりません)

なので遭難とは、多くの人に迷惑をかけ、リスクを与え、また公益に沿わないともいえる。
そりを流してさえいなければ、生還していたかもしれないー。
ご家族も、救助者も、悔やまれますよね。
でも、そもそもの原因はなんだったのか、と思ってしまうのです。

もし今回の提訴で、救助隊員が罪に問われることになれば…どうなるの?
今後は救助に行く人が減るのでは…。

それでも、この人を助けたい、と救助に向かう人たちはいるでしょうね。
なんか医療事故と似てるかも…。
明日はACTで訓練があるので、メンバーとよもやま話をしてきます。
私も遭難事故を起こさないようにしないと。


今日の白馬三山 09年9月14日

さ、寒い…。
この秋はじめて、朝すぐには布団から出られなかった!

今日の白馬三山 09年9月14日よく晴れたので冷え込んだのでしょうネ。
昨日の撮影がこんな天気だったら良かったなー。

写真は木流川沿いの春木場(はるきば)にて。
稲穂が実って頭を下げてました。
空気が秋っぽいな〜♪

「BE-PAL」11月号取材

今日はアウトドア雑誌「BE-PAL」11月号(10月10日発売)の取材を受けました。
3回目のお付き合いになるのはフリーライター倉本健介氏、遠い白馬までカメラマン高橋氏と来ていただきありがとうございました♪

BE-PALの取材風景今回は「山で飲む暖かい飲み物」企画。
6人が登場し、こだわりの(?)飲み物を披露するそうです。

撮影場所は白馬駅から車で3〜4分の木流川(きながしがわ)親水公園になりました。
手入れされた芝生が気持ち良〜い場所なんです!

ちなみに私は風吹大池でおいしく飲んだ、某アルコールを選んだのですが。
 倉本氏 「特別なレシピがあれば教えてください」
 律子   「いや、特には…? 砂糖やはちみつを入れるだけなんです」
 倉本氏 「他のアルコールよりも、特にコレを山に持っていく理由ってありますか?」
 律子   「え、いや、特には…? ただ好きだから、かなぁ?」

スルドイ質問の数々に気の利いたコメントもできず、ごく平凡ですみません…( ̄▽ ̄;)。
でも山で仲間とワイワイ飲むお酒って、おいしいです!
他の方のお茶道具や飲み物レシピ、どんななのかな?
紙面楽しみにしてますよ〜♪

Profile
番組がオンエアされました
「にっぽん百名山 鹿島槍ヶ岳」
出演:三戸呂拓也氏

10月9日(月)
NHKBSプレミアム
7:30〜8:00pm

再放送 10月16日(月)
NHKBSプレミアム
6:30〜7:00am

私はロケに同行しました
ご覧いただき
ありがとうございました♪

ロケの所感はこの記事をどうぞ


ドイターのバックパックのご紹介
私が愛用している
バックパックの"ドイター"

「フューチュラ」
使用インプレッションを
紹介しています☆


【白馬岳〜鑓温泉コースガイド】     ※音声も流れます
ウェザーニュース

Archives
このブログのQRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ