白馬日和♪

高木律子の白馬発おでかけ日記。大好きな白馬の魅力をがんばって伝えます♪

2016年07月

山男の歌@涸沢フェスティバル

2年ぶりに開催された涸沢フェスティバルに行って来ました!

このイベントはもう「山男の歌」さまの恒例行事です。
当初は涸沢まで行く予定でしたが、朝からの大雨で皆さまのモチベーションが下がりまくり…、
急きょ徳沢までとなりました。
涸沢フェスティバル徳沢会場
その分、徳沢の出展ブースをじっくり回ったり、各セミナーに参加したり。
徳沢会場をいつになく満喫できました♪ 
賑わう出店ブーステント中央のイベント風景
夜には田中陽希さんのトークイベントがあり、大盛況でした。 モチロン内輪の大宴会もありました!
田中陽希さんは人気者!30°スマイル!!
今日の帰路では明神岳をバックに、10°、20°、30°スマイル!(↑東京都知事選の某立候補者のネタ)
コース変更をしたなりにも、満喫の2日間でありました。


…まぁ、また山に登らなかったなぁ(^^;)。




雨あがりの上高地

全国的な予報はおおむね晴れですが…、
上高地は雨に煙っています。
image

しっとりと、ひんやりした空気感も気持ち良いかな。

「にっぽん百名山 常念岳」ロケ後記

昨日まで、NHKBS「にっぽん百名山 常念岳」の撮影に行っていました。
この番組では常念岳は2回目。
別のガイドさんが案内した1回目とは、ルートを変えての撮影です。

山に上がった日程では、とにかくカラッとした青空に恵まれました。
稜線の花畑は今が盛り♪お花畑の前で♪
私がこれまで常念岳に登った中でも、No,1の大展望♪
ここから見えるほぼすべての山々を見渡せたと思います。
常念小屋さん越しに常念岳を望む
番組を見ると、きっとこのコースに行きたくなるのでは!
常念岳山頂!大展望♡

そしてディレクターの小谷松(おやまつ)さん、撮影の小林さん、音声の小泉さんの仕事ぶり。
分野は違うけれど、プロとしてのこだわりや意識などが垣間見えて、とても刺激になりました。
大展望に笑みがこぼれる音声の小泉さんと夕景

歩荷の立場で来てくれた、セブンサミッターの鄭(てい)さん、アルパインクライマーの三戸呂さん。
そしてi-nacでガイドの勉強をしている鎌ちゃん。
大変お疲れさまでした、ありがとうございました!
一応ポーズを付けてくれる三戸呂さん(左)とテイさん(右)重い荷物でも笑顔の鎌ちゃん

オンエアは10月予定と聞いていますが、まだ正式ではないようです。
分かり次第またお知らせしますね!
お楽しみに♪


常念夕景

すばらしい白暮。
image
常念小屋さんより。

明日は常念岳の山頂に向かいます。

燕岳夕景

番組のロケで、燕山荘さんに来ています。

合戦尾根の登りでは雨に降られちゃったけど、夕方に雲が切れ、美しい夕景が見られました。
image
うっとり…。

今回は合戦尾根から燕岳を登り、常念岳を目指すコース。
明日からお天気に恵まれますように。


長野県での登山に関する取り組み

いよいよ夏山シーズンですね!

長野県では、昨年に制定された“登山安全条例”に基づいた取り組みがされています。
以下に紹介しますね。
登山の参考になさってください♪


●「信州 山のグレーディング
  信州各地の山を、体力度と技術度応じてレベル(グレード)分けした表。
  山梨県、静岡県、新潟県、岐阜県が、同じようにグレーディング表を作っています。
  参考になりますよ!

●「登山を安全に楽しむためのガイドライン
  6月末に長野県HPで公開されました。
  事故防止や遭難防止につながるように…という意義があります。
  私も検討委員として、微力ながら策定に関わりました。
  今後は詳細解説版も発行予定です。

●登山計画書の提出が義務となりました!
  指定された登山道について、登山計画書の提出が必要です。
  義務っていうとオカタイけど、これからは山の常識になるでしょう。
  御岳噴火の際、登山計画書の提出が100%でなかったことから、捜索が難航したそう。
  それを踏まえての取り組みです。

  基本的には「いつ、どこへ、だれと、どのコースで山に登るのか」を記載するものです。
  主要な登山口や最寄り駅には、たいてい提出用専用Boxが設置されています。


白馬の街は、今日はどんより曇り空。

早く梅雨が明けて欲しいな〜。


白馬岳の花々

毎年恒例となった国際自然環境アウトドア専門学校の高山植物実習、白馬編。
栂池パノラマウェイ→白馬山頂→白馬大雪渓→猿倉の2泊3日から今日下山しました。
山行の情報をアップしますね。


【白馬乗鞍岳への登り】
大斜面の雪渓は小さく30mくらいが残るのみ。
ロープが張ってありましたが通行は慎重に。アイゼンは不要です。
天狗原(てんぐっぱら)から白馬乗鞍岳の大斜面を見上げる白馬乗鞍の大斜面に残る雪渓


【白馬大池の周辺】
雪解けが進んでいて、コース上に雪はありません。残雪の量は7月下旬並みかな?
チングルマの大群落にうっとり…。
チングルマ(バラ科)と白馬大池
タテヤマリンドウ(リンドウ科)ハクサンコザクラ(サクラソウ科)
シナノオトギリ(オトギリソウ科)ハクサンイチゲ(キンポウゲ科)のアップ

テント場では学生さんが料理の腕を振るってくれます♪
ゆったりとした時間がイイね。
お湯を沸かしてくれてますみんなの自炊タイム


【稜線の様子】
お花がどんどん咲きだしています♪小蓮華山の手前から望む白馬岳
コマクサ(ケシ科)ハクサンフウロ(フウロソウ科))
アオノツガザクラ(ツツジ科)タカネヤハズハハコ(キク科)
ツクモグサはもう終わりかけ。ウルップソウはまだまだ可憐でした。
ツクモグサ(キンポウゲ科)ウルップソウ(ウルップソウ科)とミヤマキンバイ(バラ科)
ミヤマシオガマ(ゴマノハグサ科)イワウメ(イワウメ科)

ライチョウにも2回も会えて(しかも逃げないし)、たくさん写真が撮れました。ヒナがカワイイ〜♡
白馬岳直下のライチョウ親子


【稜線直下〜葱平(ねぶかっぴら)の様子】
ミヤマオダマキがキレイでした。
“お花畑”の花は咲きはじめ。もう1週間以降が見ごろかも?
ミヤマオダマキ(キンポウゲ科)シロウマアサツキ(ユリ科)の蕾シロウマオウギ(マメ科)クルマユリ(ユリ科)とオオカサモチ(セリ科)

小雪渓のトラバース(写真左)はスリップ注意!雪に慣れてない方は軽アイゼン装着がおススメ。
写真右は白馬大雪渓、赤っぽくマーキングされたルートに沿って進んでくださいね。
(写真はどちらも下山しているところを下から見上げて撮ってます)
小雪渓の様子(’16年7月12日)白馬大雪渓の通行時は落石とスリップに注意です
大雪渓の上部は、通称“秋道”と呼ばれる山肌沿いのコースになりました。(7月13日現在)
下部は、ケルンよりも5分くらい手前まで雪の上を歩けます(下りの場合)。

この大雪渓コースは雪解けとともにルートが変わります。
白馬尻小屋や白馬山荘などで、最新情報を仕入れてから歩きましょう。
モチロン落石には注意、雪渓上は長居は禁物です。


2年生のみんな、お疲れさまでした!
後半はお花に「ごちそうさま」な感じ(?)だったけど、みんなが熱心で嬉しかったよ♪
来年の実習も楽しんで行きましょう。



尾瀬日和’16Α“瀬花街道

尾瀬ヶ原と尾瀬沼を縦走してきました。
ご一緒したのはクラブツーリズムのお客さま、女性のみの14名♡
雨に降られちゃったけど、これぞ「That's尾瀬!」な雰囲気を堪能できました。

初日は鳩待峠から入山して、見晴(みはらし)にある原の小屋さんへ。
予想以上に視界が良く、お花も展望もステキでした♪
鳩待峠にある「尾瀬」看板通称“ETの木” 〜隊長に捧ぐ〜
至仏山もクッキリヒツジグサ(スイレン科)
燧ケ岳と尾瀬ヶ原

2日目は見晴から尾瀬沼へ。沼尻から北岸をまわり、大清水へ抜けました。
雨に煙った尾瀬沼が幻想的。
幻想的な尾瀬沼大江湿原の三本カラマツ
大江湿原のニッコウキスゲは今からが見ごろです。
黄色い絨毯…とまではいかないですが、見ごたえがありました。
大江湿原のニッコウキスゲ(ユリ科)は今から見ごろ♪
皆さま2日間お疲れさまでした!
10月に企画予定の北八ヶ岳の“神秘的なコケの森”コースもステキですよ。
またお目にかかることを楽しみにしています♪


〜尾瀬情報〜
尾瀬沼のほとり、沼尻(ぬまじり、または、ぬしり)に昨年まであった休憩所は、現在ありません!
飲み水の補給もできないし、喫茶営業もないのでご注意くださいね。
公衆トイレは使用できますのでご安心ください('16年7月9日現在)
沼尻の休憩所に売店はありません


尾瀬日和’16ァ〇衒山ふたたび

昨日まで、妙高にある国際自然環境アウトドア専門学校の実習で、至仏山に登ってきました。
今回は2年生の高山植物実習。
学生さんたちが樹林帯のお花を案外知っていて、やるなーという感じでした。

今日も高天原(たかまがはら)のお花畑がすばらしい!
ホソバヒナウスユキソウの後ろに燧ケ岳。
高天原のお花畑と燧ケ岳

今回は、前回のブログで紹介した以外のお花をアップしました。
お楽しみください♪
タカネシオガマ(ゴマノハグサ科)ジョウエツキバナノコマノツメ(スミレ科)
タカネイバラ(バラ科)ホソバツメクサ(ナデシコ科)
ハクサンシャクナゲ(ツツジ科)ベニサラサドウダン(ツツジ科)
香りのNo,1はタカネイバラ。
ベニサラサドウダンの花の中身がカワイかった♡

みんなが興味を持って歩いてくれていたので、私も嬉しかったなぁ。
来週は同じメンバーで白馬実習です。
白馬の花が楽しみです♪

梅雨よ、あけたまえ〜。




尾瀬日和’16 至仏山

昨日は中日ツアーズの皆さまと一緒に、至仏山に登ってきました。
今回は私がガイドデビューした時からの仲間である、五十嵐ガイドと2人でのご案内。
梅雨まっ盛りでしたが、少しの雨で済んで良かった〜!

宿泊した至仏山荘さんを早朝に出発。
登り始めはレインウェアとザックカバーをフル装備でしたが、徐々に雨は止んでくれました。
振り返ると、尾瀬ヶ原と燧ケ岳の眺めが気持ちいい。
燧ケ岳と尾瀬ヶ原を振り返る

高山植物も今が盛り♪
特に高天原(たかまがはら)では、群落で咲くホソバヒナウスユキソウに感激!一見の価値があります。
群落で咲くホソバヒナウスユウキソウ(キク科)

お花を愛でながら高天原の階段を登れば、山頂まではもう一息。
天気予報が悪かったせいで、週末にしては入山者は少なめでした。
高天原の階段を登る至仏山山頂
下山中にもたくさんのお花に出会えます。
マルバシモツケ(バラ科)イブキジャコウソウ(シソ科)
オゼソウ(ユリ科)ベニサラサドウダン(ツツジ科)
写真に載せた以外にも、ミヤマダイモンジソウ、ジョウエツキバナノコマノツメ、タカネシオガマ、タカネイバラなどが見ごろでした。

みなさまお疲れさまでした。
花の至仏山、楽しんでいただけて何よりです。
滑りやすい蛇紋岩歩きも良い思い出(?)ですね。
次は白馬のお花のツアーでお待ちしています(*^^*)。


Profile
★番組再放送されました★
「にっぽん百名山 常念岳」
(2016年オンエア分)

11月5日(日)
NHKBSプレミアム
4:00〜4:30pm

ご覧いただき
ありがとうございました!

ロケの所感はこの記事から、
スタッフ写真はこの記事からどうぞ

ドイター 女性用製品のご紹介
私が愛用している
バックパックブランド
"ドイター"

この記事にて
女性用バックパックの
紹介をしています

どうぞご覧ください♪


【白馬岳〜鑓温泉コースガイド】     ※音声も流れます
ウェザーニュース

Archives
このブログのQRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ