白馬日和♪

高木律子の白馬発おでかけ日記。大好きな白馬の魅力をがんばって伝えます♪

2016年12月

賑わうゲレンデ♪栂池高原スキー場

さすがは年末!
ゲレンデはとても賑わってました♪
賑わう栂池高原スキー場の山麓
雪は少ないけど山麓まで滑走OK。でもブッシュや段差にはよく注意してネ。
ゲレンデでの衝突にも注意です。
滑り出すときは前後左右を確認、止まる時はゲレンデの真ん中ではなく、はしっこの方でね。


ちなみに朝9時過ぎのゴンドラリフトは長蛇の列。リフトで乗り継いだほうが早いかもしれません?
朝のゴンドラは長蛇の列!(9時すぎ)


〜おまけ〜
ゴンドラ中間駅にあるレストラン・イエティの「シラスと春菊とトマトのパスタ(1,250円)」が超おいしかった!
シラスと春菊とフレッシュトマトのパスタ♪栂池イエティにて
ディルという香草も使われていて、良い香り〜。
しかも注文を受けてから、シェフがパスタを茹でてソースを作るという本格派。
香り好きにはたまりません、ぜひお試しあれ♡



ガイドの休日♪アイス合宿編

 2日間、ガイド仲間でアイスクライミングに行ってきました。
今回は川崎拓兵ガイドのリードのもと、南八ヶ岳の峰の松目沢(みねのまつめさわ)に。
メンバーは川崎さんの他に佐藤玲奈さん、杉本晴美さん、安倍仁、私の計5人。

私のようなアイス不慣れな者にも比較的やさしい、でもチャレンジしがいのあるコースでした。
晴美さんonアイスReinaちゃんonアイス 氷が薄いよぅ〜
CTのバイルを初おろし♪(photo by 川崎拓兵さん)広さがある峰の松目沢
峰の松目沢 最後の滝

川崎尊師のリードの様子です。
   ↓   ↓   ↓



最後は懸垂下降で下りて、急ぎ赤岳鉱泉へ。もう日没〜っ。
小屋でホッとひといき、美味しい夕食と今日の山行にカンパイ!!
赤岳鉱泉の晩餐♪川崎さん、みなさん、今回もありがとうございました!
おかげさまでクライミングテクノロジー(CT)のアイスバイル縦爪アイゼンの初おろしが出来ました。
次回もよろしくお願いいたします☆



今日の白馬三山 ’16年12月25日

山が雪をかぶると、青空とのコントラストが強いですね。

ちょっと雲がかかってたけど、今日の白馬三山は輝いてました。

写真は大出公園の展望台から。
今日の白馬三山 ’16年12月25日
今日はクリスマスだけど、ふもとには雪がないから、まるで晩秋のよう。

ホワイトクリスマスが当たり前の白馬にあって、今年はいまいち実感がわかないなぁ。




お別れの会

先日、田部井淳子さんのお別れの会に行って来ました。
受付を手伝って、「ふるさと」を一緒に歌い、献花をしました。

田部井さんとは数年に一度、山やイベントでご一緒する程度。
ちょくちょくお目にかかっていた訳ではないので、何というか、実感がわかない。
今どこか遠くの山に登っていて、留守なのでは?
と感じてしまいます。

田部井淳子さんの著書「再発!それでもわたしは山に登る」。
帰ってきてから、深夜まで一気に読んでしまいました。
病気の再発時から8月までを綴った、日記形式。
他界した母や私自身とも重なる部分があり、わかることがあるなぁ。

本の最後に、夫の田部井政伸さんが「淳子のこと」を書いてらっしゃいます。
このあとがきあって、本が完結してるんだなと思いました。
政伸さん、はぁ〜すごい方でした。
この政伸さんにして、淳子さんありかと。

世界的記録を残し、いつも活動的で、人生をはつらつと大いに楽しみ、そして皆のお手本となった人。
本当に、偉大な偉大な女性と思います。

お別れの会にて手土産にいただいた柏屋さんの薄皮饅頭
送る会には一般献花の方々も含めて1,300人程度がいらっしゃったと思います。
柏屋さんの薄皮饅頭は、お別れの会で出すようあらかじめ田部井淳子さんが決めていたそうです。
私たちには食べる時間がなかったでしょうからと、お土産として準備されていました。
田部井さん、いただきま〜す。

この会場で嬉しいことがありました。
北村さんと江本さんと、久しぶりに会ってお話しができました。
MJリンクのサポーターのみんなで、ファミレスで乾杯もできたし。
これでいいんですよね、田部井さん(*^^*)

ありがとうございました。
安らかに休んでくださいね。



ガイドの休日♪スキー合宿編

 12日〜13日で、志賀高原にスキー合宿に行って来ました。
いつもはゆる〜い感じの山行だったけど、今回は"合宿”らしい濃い内容になりました。
佐藤玲奈先生のおかげです(≧▽≦)♪
熊の湯ゲレンデの上部からは北アルプスの展望♪石の湯ホテルの朝食♪
志賀高原 一の瀬ゲレンデにて
今回のメンバー☆ゲレンデの樹木についたもっさり雪

まさか自分がフォーメーションで滑る日が来るとは思ってなかったし!
 
バックカントリースキーでも活かせるかな??

な、わけないか(^^;)。



今日の白馬三山&五龍岳 16年12月12日

今朝の6時50分ころです。
image
image

↓パノラマ撮影なので、ちょっと歪んでますが。
image
素晴らしい時間でした。


初すべり♪白馬五竜スキー場

いよいよ初滑りしてきました!@白馬五竜スキー場にて。
まだ上部のみの営業なので、ゴンドラで上山&下山なのですが。
雪質も良くて、充分に楽しめましたよ♪
今年からゲートは白馬山域スキー場の共通システムになりました白馬五竜スキー場のアルプス平ゲレンデ
今シーズンもディナフィットの“マナスル”を使わせていただきます村男契い醗貊錣泡
今日はちょっと視界が悪くて、雪面が見えづらい時間帯があって。
なんでミラーレンズのゴーグルしてっちゃったんだろう、私?(←反省)

明日からスキー合宿で志賀高原です。
足慣らしになって良かった〜。
スモークレンズのゴーグルも荷物に入れたし、準備OK。

ま、つまり今日はコソ練だったわけですな(^^;)。





朗報♪白馬エリアスキー場OPEN!!

白馬は夕べの降雪で、少しまとまった雪が積もりました♪
image
image


というわけで、各スキー場、待望のOPENです!!
↓ ↓ ↓

●12月8日(木)〜
栂池高原スキー場
ハンの木高速ゲレンデ

白馬八方尾根スキー場
パノラマゲレンデ

●12月9日(金)〜予定
白馬五竜スキー場
アルプス平ゲレンデ


まだ一部だけですねどね。
今後どんどん滑走エリアは増えると思います(*^^*)。
早く初滑りしたいな〜♪



忘年山行♪筑波山’16

今年も「山男の歌」さまの忘年山行に行って来ました。
皆さまにお目にかかるのは10月の涸沢以来。
今回の場所は、恒例の筑波山。
この忘年山行だけはガイドをするのではなく、完全なプライベート参加です。

車窓から見えた筑波山の雄姿。尖っていて格好の良い山ですね。
image

まずはじめは山麓に集合、筑波山神社にお参り。
その後は歩いて登った人、ケーブルを使った人それぞれで、山頂直下の「たがみ」さんに直行です。
imageimage

そして昼間から盛大な飲み会! 恒例のラーメン鍋を美味しくいただきました♪
下山も歩く人とケーブルを使う人に分かれて、山麓へ。途中のカエデに陽が差してきれいでした。
imageimage
もちろん宿泊した山麓のホテルでも、宴会→二次会→部屋飲みは続きます。
¥中締めと称する“三々七拍子”で盛り上がったのでした☆

皆さま今年もお世話になり、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします!




心がざわざわしました

昨日の山岳ニュース、積丹岳での「遭難救助に過失」の記事。

最高裁で北海道警察の過失が認められ、約1,800万円の賠償とのことでした。


正直、心がざわざわしました。

亡くなった方も、ご遺族も、救助側も、私も、

いろいろな立場からのいろいろな考え方があると思うけれど、

結果なんだか、みんなが悲しいです。


私は救助隊の一員として出動したことはありませんが、
白馬地域で山岳救助がある場合のほとんどは、白馬交番や大町警察署の担当者と、民間の遭難対策協会(略して遭対協)メンバーが組んで出動しています。
公務で訓練したスキルを持つ警察官と、地形や気象を熟知している地元民の組み合わせというわけです。
そして白馬遭対協は、白馬山案内人組合所属のガイドで組織されています。

つまり、地域の警察官と、先輩ガイドたち(あるいは夫)が救助に向かうのです。
人命救助にベストを尽くし、結果賠償責任を問われたとしたら…。

今後の救助はこれまで以上に慎重に。
出動するかどうかは、もっとシビアに天候の見極めをして、天候の回復を待ってから出勤しても良いのではないかと思ってしまいます。


そして山に入る側は、自己救助(=セルフレスキュー)が必須ですね。
安全管理されていない場所に自らあえて行くわけですから。
厳しい山岳には厳しいなりの、お気軽ハイキングにはお気軽なりの、セルフレスキューがあると思うのです。

自分のスキルを踏まえた冒険をする。
常に心がけたいです。



Profile
レポートが掲載されました
ストックメーカー
SINANOさんのHPに
レポートが掲載されました

「立山室堂
バックカントリーレポート」


どうぞご覧ください♪


ドイター 女性用製品のご紹介
私が愛用している
バックパックブランド
"ドイター"

この記事にて
女性用バックパックの
紹介をしています

どうぞご覧ください♪


【白馬岳〜鑓温泉コースガイド】     ※音声も流れます
ウェザーニュース

Archives
このブログのQRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ