白馬日和♪

高木律子の白馬発おでかけ日記。大好きな白馬の魅力をがんばって伝えます♪

2017年05月

岩トレ合宿 in 物見岩

今日まで2日間、中日ツアーズの“岩トレ合宿”のご案内をしてきました。
“岩トレ合宿”とは、“岩場トレーニング合宿”のこと。
(ネーミング by ご担当者・中田岳氏)
ご参加の8名さまと一緒に、みっちりトレーニングしてきましたよ〜♪

場所は長野市の善光寺のうらあたり、物見岩(ものみいわ)というところ。
小さな岩場ですが、コースがいくつか取ることができ、登山靴で練習するのにもうってつけの場所。
今回は難易度の高い岩稜帯(イメージは大キレット)を歩く場合に備えたトレーニングです。
物見岩から善光寺平を望むフィックスロープを張った箇所を通過する練習

トップロープという安全確保をしながら登ったり、下ってもらったり。
ロープの結びの基本を覚えていただいたり。
物見岩をトップロープで登る
ショートロープで岩場を歩いた時は実践的で楽しかったですね☆

皆さまお疲れさまでした。
最後は槍ポーズでキメ!
9月の槍穂縦走コース、私も楽しみにしています♪
槍ポーズでキメ☆お疲れさまでした〜

いや〜、それにしても物見岩は暑かった。
これからの季節、たくさん汗をかく日は水分とあわせて、塩分補給もお忘れなく。
スポーツドリンクを飲んだり、塩飴をなめたり、工夫してみてね。



第51回 貞逸祭

昨日は白馬岳の開山祭、「第51回 貞逸祭(ていいつさい)」が開催されました。

「貞逸」とは、明治時代に白馬山荘を開設した、松沢貞逸氏(1889〜1926年)のこと。
最高のお天気に恵まれ、素晴らしい開山祭となりました!

場所は白馬大雪渓の入山口、猿倉です。
まずはアルプホルンの演奏で幕開け。神主さんによる安全祈願祭が始まります。
玉串奉てん、関係者のご挨拶、献杯などが続きます。
貞逸祭はアルプホルンの演奏で開幕安全が祈願され、関係者のご挨拶があります

そしていよいよ、美しいコーラスに見送られてトレッキングに出発〜!
今年は500人もの方々のご参加があったそうです。
神事の後は記念トレッキングに出発〜!白馬岳の雄姿が見えてきます
しばらく歩くと白馬岳の雄姿、その右肩には山名の由来の雪形が。。
「代かき馬(田おこしをする農耕馬)」→「しろかきうま」→「しろうま」となったと言われています。
分かるかな〜、左向きだよ、前足は小さめだよ(*^^*)。
「代かき馬=しろうま」の言われとなった雪形

それにしても、

青い空。

残雪の山々。

まばゆい新緑。

清々しい山行になりました。
大雪渓の後ろは迫力の白馬岳!

今回は「山男の歌」さまグループをご案内♪
白馬のハレの日である開山祭に合わせてお越しいただき、ありがとうございました!!
白馬岳をバックに集合写真☆まだ残雪のある部分はアイゼンを着用します
下りも慎重に。雪を踏み抜かないように、スリップしないように、下山まで油断は禁物ですよ。

猿倉ではトレッキングの下山時刻に合わせて、恒例となった山菜の振る舞いが用意されています。
山菜天麩羅をつまみにカンパ〜イ!(with松沢貞一氏)
お疲れさまでした〜!
下山後は猿倉荘さんで恒例の山菜の振る舞い♪こちらは下山後に猿倉荘でカンパ〜イ!
次からはグループソングがドイツ民謡「口笛拭いて」に代わりそうですね?

開山祭の様子は白馬村観光局のHPに動画で早速アップされていました。
映像がきれいです、こちらもご覧下さい♪
https://www.facebook.com/hakubavillage/videos/1376649589078045/
(Facebook、音声が流れます)


〜おまけ〜
今年の記念バッヂは「ミヤマオダマキ」がデザインされていました♪
今年の記念バッジは「ミヤマオダマキ」
私の好きなお花だ〜♡





市民公開講座のお知らせ

市民公開講座にパネリストとして参加します。
「第4回アジア・太平洋登山医学会/第37回日本登山医学会」の合同学術集会の一環です。
テーマは、「女性と登山」。

  6月4日(日)14:00〜16:00pm
  キッセイ文化ホール(松本市)
  入場無料

「私にとっての山」、というタイトルで4人それぞれが発表。
その後で1時間ほどのパネルディスカッションが予定されています。ぜひお越しください!
登山市民公開講座チラシ 表面 登山市民公開講座 ウラ面
講師の方々にお目にかかれる事がとっても楽しみ〜♪

(早くパワーポイント作らなきゃ…)



オダマキが咲いてます

車庫の前にオダマキが咲いています。
咲きだしてから2週間くらい経つけど、今年は特にぐんぐん伸びて背が高いような。

きれいな紫色に、きれいな造形。

花も種も、かわいくてしょうがないの。

うつむいて咲く花なので、しゃがみこんで下から撮影しました。
車庫の前に咲くオダマキ

花は上から見るとこんな感じ(↓写真左)。角が5本生えているのですよ。
何度か書いてるけど、つくづくオダマキとツリフネソウには形の不可思議さを感じるなぁ。
見ていて全然飽きない。
オダマキの花を上から見たところ白花のオダマキ
(大家さんの)庭には白花もありますが、こっちは全体的に小さめ(↑写真右)。

特に手入れしている訳でもないのに、時期が来るとちゃんと芽吹いて、成長して、花を咲かす。
植物の生命力ってすごい。



残雪の立山バックカントリー

ICI石井スポーツ長野店・松本店さんの登山学校「残雪の立山バックカントリー」が終了しました!
ご参加は8名さま。
立山室堂で2日間のスキー三昧です。
昨年に続き好天に恵まれ、みなさん大満足でした♪

初日の20日(土)、黒部立山アルペンルートに乗車。さすが賑わっていますね。
室堂で富山側からいらした方々と合流し、宿泊する立山室堂山荘さんに向かいます。
賑わう黒部立山アルペンルート室堂ターミナルから室堂山荘まで移動します

荷物を部屋に置かせていただきがてら、高度に体を慣らすために少し休憩…。
そして、早速さぁ滑りに行きましょう!だってお天気が良いんだもの♪
出発前の準備体操暖かな陽気のなか、一の越方面へハイクアップ

立山をバックに集合写真♪ 雄山神社も写っています。いえーい☆
雄山をバックに集合写真☆

浄土山の横の斜面を滑ったあとは、大トラバースで移動。山崎カールをハイクアップします。
初日の大トラバース山崎カールをハイクアップ


そして山崎カールの“ろうそく岩”から滑走! 良く走る雪質で、滑りやすかった〜。


立山室堂山荘さんの夕食。生ビールもありますよ。みんなでカンパ〜イ!
立山室堂山荘さんの夕食♪立山の雪にカンパ〜イ!!


翌日21日(日)は龍王岳へ。
安倍ガイドの雪崩切り(なだれぎり)のあと、御山谷の大斜面に滑り込みました。
大岩の近くは幾筋もの縦溝で斜面がガタガタ。ここは滑走に苦労したなぁ。
”縦溝(たてみぞ)祭り”だった御山谷(おやまだに)を見上げる

大岩の上で疲れた足を休めます。 穏やかで暖かで、最高のランチタイムでした♪
御山谷(おやまだに)の大岩で休憩♪
皆さま2日間お疲れさまでした!
また来年もぜひスキーでご一緒しましょう。
私も撮影の腕前を磨いておきますね。
室堂山荘と立山をバックに☆

ICI長野店の堀田さんが書いた店舗ブログでも、山行の様子がアップされています♪
こちらもご覧ください。

そして株式会社アトラストレックの黒澤さんにはご手配もろもろでお世話になりました。
ありがとうござました!


〜おまけ〜
今回はライチョウにたくさん出会えましたよ。雄山とライチョウ、絵になりますねー。
オスはまだ白っぽかったです。
雄山とライチョウ
どこにいるか分かるかな(^^)?



残雪の常念岳

15日(月)〜16日(火)の2日間で、常念岳に登ってきました。
行ったのは昨年7月の「にっぽん百名山」のロケ以来です。
残雪の山を堪能できました。

登山者用の駐車場には5〜6台の車。
そこからアスファルトを歩くこと約20分で一ノ沢(ヒエ平)登山口です。スタートは10時半ころ。
王滝ベンチを過ぎるとだんだんと残雪が出てきます。
一ノ沢登山口(ヒエ平)をスタート!王滝ベンチを過ぎるとだんだん雪が出てきます

足首に雪が入らないよう途中でスパッツを装着し、さらに奥に進みます。
あ、奥に雪崩の跡が。黒っぽく見えてる。
DSC08498DSC08499

近づいてみると、ひえ〜〜。
スゴイところですね、ここは!

白馬大雪渓とは全く違った荒々しい雰囲気でした。
デブリの上も赤布のポールをたどって進みます
竹竿&リボンをたどって進みます。
ここは気温が高い日や雨上がりの日などは、雪崩や落石の危険性があるので通行注意です。

「胸突き八丁」はまだ整備前。階段は通らずにそのまま雪渓を詰め上げて常念乗越に。
「胸突き八丁」の夏道コースはまだ整備前なので雪渓上を歩きます常念乗越に向かう最後の雪渓を登る
常念乗越に到着したのは午後3時でした。

宿泊は常念小屋さん。
夕食はボリュームがあって、特になめこのお味噌汁は具だくさんで美味しかった〜♪
小屋の入り口には雪のアーチがかかってました。
常念小屋の夕食♪雪のアーチがかかる常念小屋さんの入口常念小屋の玄関先にて


翌朝は早起きして、雲海の上のご来光を見ることができました。
いま日の出時刻は4:39amころです(5月16日現在)。常念乗越から望むご来光(4:39ころ 5月16日現在)

そしていよいよ常念岳へ!標高が高いので息が上がらないようゆっくり岩の登山道を登ります。
山頂直下に少し残る残雪は急斜面なので、まだストックかピッケルがあったほうが安心ですね。
さらに登ると左手には富士山!
奥に山頂が見えてきました!山頂から(左から)八ヶ岳連峰、富士山、南アルプスの展望!

そして、
常念岳山頂に到着!
大展望!! やったー!(^^)!
常念岳山頂にて
今回もパノラマ撮影した写真をお楽しみください♪
常念岳山頂からの大パノラマ!!

一緒に行ったガイド仲間の郁子嬢(左)。下山時に見おろした常念小屋周辺の様子もアップ。
山頂にて郁子嬢と♪常念小屋の周辺を見おろす
予報よりも穏やかで、ピッケルアイゼンの良い足慣らしになりました。
郁ちゃんお疲れさまでした〜。

このコースですが、もうしばらくはピッケルと10本爪以上のアイゼンを携行した方が良いです。
スパッツ、サングラスも必携です。
使うか使わないかは、その時の雪の固さ具合や斜度、怖さ具合(←人による)でご判断くださいね。
私は冬用の靴で登りましたが、スリーシーズン用でも、底の硬いしっかりした靴なら大丈夫です。
また下界は雨でも、稜線上はアラレや雪の時期ですので、防寒対策もお忘れなく。

この時期の山は静かで、本当に美しく、今年は残雪が多めなのでもうしばらくは楽しめます。
装備を整えてお出かけください♪


〜おまけ〜
ドイターのバックパック「フューチュラ30SL」の新色です♡クランベリー×コーラル。
背中が涼しいのがこのザックの良いところ♪
ドイターのバックパック「フューチュラ30SL」新色です♡
(Photo by Ikuko Fujita氏)



戸倉山(とくらやま)

今日は糸魚川市にある、戸倉山(とくらやま 975m)に登ってきました。
いや〜、良い山でした。
行って良かった!

まずは国道148号線から「根知(ねち)」という信号を曲がり、「しろ池の森」方面に向かいます。
ほどなくして正面に小高い戸倉山も見えてきました(写真左)。
登山口のすぐそばにはトイレも完備されていて安心です(写真右の、緑の屋根の建物内)。
根知(ねち)集落を進んでいると正面に戸倉山が見えてきます車止めのゲートの先を右に行くと登山道、まっすぐ進んでもOK

ブナの新緑の中を歩きます。
ルートは全体的によく整備されていました。「戸倉山」という標識に従って進めば迷いません。
ブナ林の新緑の登山道

しろ池は、エメラルドグリーン色の静かな池でした。
一周ぐるっと遊歩道がついていて、ここまでの散策でも充分楽しめそう。
神秘的なエメラルドグリーンのしろ池

さらに先に進むと、諏訪神社のお社が。
昔々はこのしろ池のほとりで、御柱祭にまつわる神事が執り行われていたとか。
ここは塩の道の一部でもあり、さすが歴史を感じます。
諏訪神社のお社としろ池、後ろには海谷山塊登山道には残雪とぬかるみが少しあります
ルート上は残雪とぬかるみが少しあったので注意です。しっかりした靴でお出かけくださいね。

今回来て良かった一番の理由は、イワウチワがきれいに群生して咲いていたこと♪
可憐〜♡ カワイイ〜♡ 
登山道のすぐ横でたくさん見られました。
イワウチワが沢山見られました♪

いよいよ山頂へ。北アルプスが一望です!(←ちょっと雲がかかっちゃってたけど)
雨飾山もすごく近くに見えます。
戸倉山の山頂!山頂から望む海谷山塊(うみたにさんかい、左)と雨飾山(右)

北アルプスから糸魚川市街地まで、パノラマ撮影した写真↓でお楽しみください♪
山頂からパノラマ撮影してみました

他にもたくさんの山の花々に癒されました〜。
ユキツバキクロモジチゴユリ
エンレイソウ珍しい白花のジロボウエンゴサク(だと思う)フキノトウが咲くとこんなにカワイイ
秋にも行ってみたいな〜。

皆さまもぜひお出かけください♪
とはいっても熊注意の看板がありました。
お出かけの際は熊鈴やラジオなどで音を出して、遭遇しないように工夫してネ。




ドイターの撮影

私が愛用しているバックパックブランド、ドイター
昨日、女性用バックパックの撮影があり、私も協力させていただきました。

撮影は本格的なスタジオにて。

…と、思えるのですが、ここは白馬村役場の会議室です!
ただいまセッティング中…役場の会議室でザックの撮影
カメラマンはカネダコウジ氏(ハタケスタジオ)。プロのお仕事を見せていただきました。

ちなみに、女性用と通常のものとでは、バックパックの形に違いがあるんですよ☆
ヒップベルトの角度や背面長(背中の長さ)など、午前は比較中心の撮影でした。
すでに配信されている動画だと、↓こんな感じです。

ちょっとしゃべりがアレなので、見返すのが恥ずかしいのですが・・・。


午後はリフトに乗って北尾根高原(きたおねこうげん)へ。
昨日は強風でしたが、天気が良ければちょっとしたハイキングに気持ちいいですよ。
カネダ氏は、まだ緑になりきらない下草を見て「ツンドラ大地」とおっしゃっていました(^^;)
北尾根へのリフトが運行中♪北尾高原は雪解けしたばかり

北尾根クワッドリフトは5月28日(日)までと、7月1日(土)〜11月5日(日)の期間で運行しています。
散策路やお花畑、喫茶がありますが、夏にはさらに足湯もOPENするそうです。
北尾根クワッドリフトから山麓をみおろす


北尾根高原で撮影しきれなかった分は、木流川の親水公園でつづきを。
プリムスのガスバーナーとニーモのテントを撮影する、イワタニプリムス社の加茂さん☆
ガスストーブを撮影する加茂さん
ミニチュア風で撮ったらイイ感じになりました!(^^)!
白馬ファンの方々のために、いつか加茂さん抜きで撮ったここの写真をアップしますね〜。

ドイターのウィメンズモデルの詳細は、後日イワタニプリムスさんのHPにアップされるそうです。
5月末ころを目処とのことでしたので、アップされたらこのブログでお知らせします。



ラーメンと餃子

買ったお店で、“おかもち”に入れてくれました。

ラーメンと餃子です。

粋ですねー、おかもち!!
商品は“岡持ち”に入れてくれます「ラーメン」と「餃子」

昨日スキースクールさんで食べたのだけど、4人で取り分けるために・・・、

ちょっと考えて、器ごとカットすることにしました!

きれいな断面〜。
一刀両断! 中身はモングランケーキ♪Sweets Paradiseのレシート

ムード(?)を出すためにお箸で食べます♪ いっただきまーす♡
いっただきま〜す♡お箸で!4人分に切り分けました
ラーメンはモンブランケーキ!

餃子はアップルパイです!!

すごいクオリティーです、再現性高すぎ!

お味もイケてて、みんなでワイワイしながら頂きました♪
スイーツパラダイスさん、楽しい時間をありがとう(≧▽≦)!




ゲレンデの滑り納め@五竜スキー場

今日はうららかな陽気のなか、白馬五竜スキー場へ。
いつもお世話になっている「白馬スキークリニック」さんのレッスンに混じらせていただきました。

お天気は良かったのだけど、遠くは霞がかっていました。黄砂らしいです。
もうすっかり山麓は雪がなくなっています。
写真はコブをかっ飛ばして攻めるNara校長を、お手本としてみんなで見る、の図。
五竜スキー場にて ゲレンデの滑り納め
私もコブをご指導いただきましたが、すぐにコースアウトしてしまい…(^^;)。
これまでコブは練習した事なかったけど、3〜4シーズン後くらいに滑れるよう頑張ってみようかしら。

白馬エリアのスキー場の営業は、白馬五竜も含めて、今日で終了しました。
明日からはどこのスキー場も点検運休に入ります。

私の今シーズンのゲレンデの滑り納めは五竜になりました。
スクールのみなさま、スキー場のみなさま、お世話になりました。
ありがとうござました!




Profile
番組がオンエアされました
「にっぽん百名山 鹿島槍ヶ岳」
出演:三戸呂拓也氏

10月9日(月)
NHKBSプレミアム
7:30〜8:00pm

再放送 10月16日(月)
NHKBSプレミアム
6:30〜7:00am

私はロケに同行しました
ご覧いただき
ありがとうございました♪

ロケの所感はこの記事をどうぞ


ドイターのバックパックのご紹介
私が愛用している
バックパックの"ドイター"

「フューチュラ」
使用インプレッションを
紹介しています☆


【白馬岳〜鑓温泉コースガイド】     ※音声も流れます
ウェザーニュース

Archives
このブログのQRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ