白馬日和♪

高木律子の白馬発おでかけ日記。大好きな白馬の魅力をがんばって伝えます♪

2017年07月

白馬岳

昨日、白馬岳から下山してきました。
今シーズン初の白馬登山。
雲の多い天気でしたが、大きく降られることなく下山できました。

白馬大雪渓は現在、白馬尻小屋から15分ほど上がった“ケルン”から始まっています。
ここで軽アイゼンを装着しましょう。疲労軽減になりますよ。
クレバスが開き始めていたり雪の薄い箇所があったりしますが、遭対協(民間救助隊)の方々がコースをピンクテープや赤いラインで示してくれてますので、忠実に辿って進んでくださいね。
白馬大雪渓の取りつきはケルンあたりから

大雪渓の終了点でアイゼンを外します。ここは落石を落としやすいので、作業は慎重に。
大雪渓の終了点〜落石に注意通称「秋道」は、まだ足元が不安定
雪渓が終わると通称「秋道」ですが、まだ開通したばかりで良く踏まれておらず、足元は不安定。
スリップしたり、石を落としたりしないよう進みます。ここを下る人は、特に要注意の場所です!
通称「秋道」の急勾配な箇所小雪渓はアイゼン着用を推奨します
小雪渓のトラバースは比較的短いですが、まだアイゼンの装着を推奨します。
(今シーズンにアイゼンなしで渡って滑落した方がいます)

高山植物はまだ咲き始めたばかり♪ しばらくは楽しめます。
葱平(ねぶかっぴら)のクルマユリ
今年は残雪が多かったので、ウルップソウがきれいに咲き残っていました。
稜線近くのウルップソウ
イブキジャコウソウシナノキンバイ(黄)&ハクサンイチゲ(白)ミヤマオダマキ
他にはミヤマキンポウゲ、イワオウギ、ハクサンフウロ、タカネシオガマ、チシマギキョウなど。
色とりどりでしたよ〜♡

雲の切れ間からは特徴的な白馬岳の山頂。
そして杓子岳、白馬鑓ヶ岳もチラッと姿を見せてくれました。
いや〜、やっぱり白馬の稜線は雄大ですねー。
白馬岳の山頂宿泊した白馬山荘さん
「スカイプラザ」のビーフシチュー♪(予約制ですレストラン「スカイプラザ」から杓子岳と白馬鑓ヶ岳
翌日は、未明から雨と少々の風。
栂池に下山する予定でしたがお客さまと相談して、最短の大雪渓コースを下りました。


大雨の時は、白馬大雪渓上に落石が増えたり、猿倉と白馬村内を結ぶ車道が通行止めになったりする場合があります。
下山前に、山小屋の方や遭対協の方に情報を確認すると良いですよ。

私も下山前には、白馬山荘のベテランフロントマンの奥田さんに、情報と見通しをお伺いしました。
だって、私よりもずっとずっと白馬の稜線にいらっしゃるんですもの。
奥田さん、ありがとうございました!



「にっぽん百名山 鹿島槍ヶ岳」ロケ

NHKBS「にっぽん百名山 鹿島槍ヶ岳」ロケに同行して来ました。

山を歩いた日には、典型的な北アルプスらしい景観。
ガスや雲海も程よい感じ♪
冷乗越(つめたのっこし)から望む鹿島槍ヶ岳
素晴らしい展望を得ることができました。
鹿島槍ヶ岳山頂から望む槍穂高方面

稜線のお花は咲き始めたばかり。
ハクサンイチゲ、ミヤマキンポウゲ、ハクサンシャクナゲ、コマクサ(爺ヶ岳)、ミヤマクワガタなどが目立っていました。まだまだこれから多くの種類が楽しめます。
クモマスミレハクサンシャクナゲシナノキンバイ

冷池山荘さんのテント場からの夕景。
改めて、良い山だなぁと思いました。
三戸呂拓也氏 〜冷池山荘のテント場にて
今回の出演者は、鹿島槍ヶ岳のふもと・大町市出身の三戸呂(みとろ)拓也さん。
(私は出演しません)
世界の山を登っているアルパインクライマーです。
誠実な人柄と、落ち着いた語り口。そしてキュートな笑顔と、お茶目な感じが魅力です。


以下は楽しかったロケの日々を回想・・・。
扇沢駅にて音声チェック〜何やら楽しそう!撮影の小林正英氏(左)とガイドの三戸呂拓也氏(右)
頼もしい歩荷チームの皆さん☆夕景を堪能する歩荷チーム
鹿島槍ヶ岳の山頂でインタビュー三戸呂さんとコラボ♪(撮影:小林正英氏、提供:三戸呂拓也氏)
皆さま大変お疲れさまでした!
貴重な経験をさせていただきありがとうございました。
オンエアは10月の予定です。
決定したらまたブログでお知らせしますね。お楽しみに☆


〜おまけ〜
種池山荘さんの名物のミックスピザ@1,000円が絶品です♡
パリパリの生地と、香ばしいチーズの香り。山でこんなに本格的なピザが食べられるなんて!!
ピザの営業は10:00〜13:00。おススメですよ♪
種池山荘さん ピザ&生ビール受け取り口種池山荘さんの名物♪ ミックスピザ

柏原新道から爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳(南峰)までのコースは何ヵ所かで残雪がありましたが、どこもほとんど平らな場所なので、アイゼンは不要です。



「信州の山でステップアップ!」

先月、安全登山についての座談会が長野県庁であり、参加してきました。

メンバーは以下のお三方と私の計4名。
 山田 直氏 ←横尾山荘オーナー、北アルプス南部の遭対協救助隊長
 櫛引知弘氏 ←長野県警救助隊・隊長
 川瀬秀一郎氏 ←長野県警山岳救助隊・隊員

内容は「山と渓谷」8月号(7月15日発売)の62~63ページに掲載されています。
山と渓谷2017年8月号 表紙山と渓谷8月号 62〜63ページ

立場や視点の違うメンバーの意見を、ライターの羽根田治氏が取りまとめて下さった記事です。

題して「信州の山でステップアップ!山は安全に楽しもう!」

ぜひご覧ください☆



「頂は今日も晴天なり」

ご縁があって「頂は今日も晴天なり」という15分番組に出演させていただくことになり、昨日「あずみ野FM」さんにお邪魔してきました!

番組ナビゲーターは、アナウンサーの大岩堅一氏
山登りを始めたきっかけやガイドの仕事、HNKBS「にっぽん百名山」のエピソードなど、たくさんの質問を下さいました。
打ち合わせ中番組ナビゲーターの大岩堅一さん
大岩さん、貴重な経験をさせていただきありがとうございました!
大人数で押しかけてしまってすみませんでした(^^;)。
オンエアを楽しみにしております♪

あずみ野FMさんの周波数は76.1mhz。またはホームページから視聴ができます。
ぜひ聴いてみてください☆

 【オンエア】
 8月5日(土)、12日(土)、19日(土)、26日(土)
 9:00〜9:15am

 【再放送】
 8月6日(日)、13日(日)、20日(日)、27日(日)
 15:45〜16:00pm


高山植物実習 白山編

昨日まで加賀の名峰・白山(2,702m)に行ってました。
国際自然環境アウトドア専門学校(通称i-nac=あいなっく)の、3年生の高山植物実習です。
10年ぶりの白山でした。テンションあがりました!

初日は別当出会(べっとうであい)から入山。砂防新道を登ります。むむむ、お花は少なめか…。
南竜山荘のテント場は広々として、ロケーションは抜群。
夕方と朝方は小さい羽虫・ブユに悩まされましたので、虫よけがあると良いです。
南竜山荘のテント場から見た室堂方面テント場は広々として見晴しが良い


翌日はまずエコーラインを通って白山室堂へ。
周辺は雪解け直後で、ここもまだ高山植物は少ない状態。
雪解け直後の弥陀ヶ原開山1,300年の白山神社と山頂方面
白山神社は今年で開山1,300年!白山室堂のお社は改装され、木の香りが漂っていました。


白山室堂から山頂に向かう途中では、クロユリの群落が見られます。
まだ蕾も多かったので、あと一週間くらいは見ごろが続きそう。
他にヒメクワガタ、ツガザクラ、アカモノ、ミヤマタネツケバナなどが咲いていました。
可憐なクロユリの花言葉は…、「呪い」群落で咲くクロユリ


最高峰の御前峰(ごぜんがみね、2,702m)に登った後は、お池巡りも楽しみました。
いくつかの美しい池を眺めながら歩けます。ステキ〜〜♡
白山の最高峰、御前峰(ごぜんがみね、2,702m)大汝峰とお池巡りの登山道エメラルドグリーンが美しい紺屋ヶ池
コバルトブルーの翠ケ池
お池巡りでも高山植物も見られますお池巡りの下山中にも少し雪渓を歩きます


帰路は観光新道から下山。真砂坂の辺りでは、(やっと)お花を多く見ることができました。
目立っていたのはニッコウキスゲ、ヨツバシオガマ、イブキトラノオ、ミヤマキンポウゲ、シナノキンバイ、テガタチドリなど。
ヒメクワガタが沢山見られました白山で見るハクサンフウロ
白山で見るハクサンタイゲキ良い香りのササユリ
花の名峰・白山。
今年は雪解けが遅くて開花が全体的に遅めなので、期待した量のお花は見られなかったなぁ。
白山の花の本気(?)は、今年は7月下旬以降ではないでしょうか。

でも、3年生も講師陣も行きたかった白山。
白山名物のクロユリや、初お目見えのササユリが見られたので、良しとしましょう☆
みなさまお疲れさまでした!


〜白山メモ〜
●展望歩道コースとトンビ岩コースは、残雪が多いため通行は推奨されていませんでした。
 (7月10日現在)

●エコーラインとお池巡りでは、一部で残雪があります。
 (7月11日現在)
 今回は雪は柔らかかったですが、日によって雪面がツルツルになる事もあるかも。
 雪に慣れていない方はストックを使ったり、雪のある場所を通らないようにしたりすると良いです。


尾瀬楽園

4日間尾瀬に行ってました。
思いがけない青空に恵まれ、まるで楽園にいるようでした。

〜大江湿原から尾瀬沼周辺〜
静かに水をたたえた尾瀬沼、揺れるワタスゲ。
いつまでもここに居たい。
そう思わせてくれる場所でした。
尾瀬沼の夕景長蔵小屋さんの玄関
朝露の大江湿原尾瀬沼と燧ケ岳
大江湿原はワタスゲが最盛期


〜燧ケ岳〜
山頂近くは高山植物が沢山咲きだしていました♪
燧ケ岳のキヌガサソウ燧ケ岳のミヤマキンバイ
柴安瑤鬟丱奪にマナイタ瑤鯏个柴安瑤了劃

残雪は、柴安瑤猟床次淵泪淵ぅ杉側)に約20m、御池コースに300m弱残っていました(7/6現在)。
下りはスリップしやすいので、慣れていない方はストック2本、軽アイゼンがあると安心です。
雪渓は300m弱ありました:御池ルート熊沢田代のヒメシャクナゲ
眼下に広がる熊沢田代
楽園のような熊沢田代ゴロゴロ岩の悪路が出てきます
また、雨上がりは登山道にぬかるみができます。
足元の泥汚れが気になる方はスパッツを付けると良いと思います。


〜三条の滝から尾瀬ヶ原〜
三条の滝は、数日前までの雨の影響で水量が多めでした。
湿原にはルリイトトンボ(青色)やハッチョウトンボ(赤色)が飛び始めていました。
三条の滝ルリイトトンボ
P7083455ツルコケモモ
カキツバタ日本最小のハッチョウトンボ(体長2cmくらい)
尾瀬ヶ原と至仏山
いや〜、きっとここが楽園なのだろうな。

尾瀬楽園。
改めて素晴らしい場所だなぁ。

ちょうど20年前、ガイドデビューした場所が尾瀬。ハイキングの案内でした。
今回の、特に後半の2日間はゆっくりと自然ウォッチングができて、初心を思い出しました。
行けて良かった〜。

ご参加の皆さま、大変お疲れさまでした!
お花と青空に恵まれ、私にとっても、とても印象に残る尾瀬となりました。
また皆さまにお会いできることを楽しみにしております。



大雨です

今日の白馬はけっこう大雨です。
夜明け前は大きな音で雷が何度か鳴り、目が覚めました。

朝から小谷村と並んで、土砂災害警戒情報が発表されています。
白馬の街中は大雨というだけで、特段の変化はありませんが、
いらっしゃる予定の方は現地情報や道路状況をよく確認なさってくださいね。

ただ、川は増水して濁っていてゴーゴーと大轟音が!
水の濁る姫川
岸辺には近づかないほうが良いですね。



Profile
★番組再放送されました★
「にっぽん百名山 常念岳」
(2016年オンエア分)

11月5日(日)
NHKBSプレミアム
4:00〜4:30pm

ご覧いただき
ありがとうございました!

ロケの所感はこの記事から、
スタッフ写真はこの記事からどうぞ

レポートが掲載されました
ストックメーカー
SINANOさんのHPに
レポートが掲載されました

「立山室堂
バックカントリーレポート」


どうぞご覧ください♪


ドイター 女性用製品のご紹介
私が愛用している
バックパックブランド
"ドイター"

この記事にて
女性用バックパックの
紹介をしています

どうぞご覧ください♪


【白馬岳〜鑓温泉コースガイド】     ※音声も流れます
ウェザーニュース

Archives
このブログのQRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ