白馬日和♪

高木律子の白馬発おでかけ日記。大好きな白馬の魅力をがんばって伝えます♪

2017年08月

唐松岳&五竜岳

唐松岳と五竜岳に登って来ました。
下山日の今日こそ雨に降られましたが、前半はバッチリのお天気。
展望と岩場を堪能しました。

初日は八方尾根を登り、唐松岳へ。
途中で、先日一緒に登った白馬岳が見えて、お客さまが喜んでらっしゃいました♪
image
空気がカラッと乾いていて視界が良かったです。お花の種類はだいぶ秋っぽい近い感じ。
タカネマツムシソウウメバチソウ

カライトソウ越しに、五竜岳(右上)と、鹿島槍ヶ岳(中央奥)。テンション上がる〜。
カライトソウと五竜岳(右上)&鹿島槍ヶ岳(中央)
唐松岳頂上山荘さんミヤマリンドウ
ウラシマツツジ唐松岳山頂(右)と剱岳(左遠方)

翌日は五竜岳へ縦走。
いま稜線では、夏の終わりと秋の始まりが一緒にやって来ています。
トウヤクリンドウコケモモの実

山は雲に覆われてたけど、時おり歩いてきた縦走路が見えました。チラリズム!
五竜の稜線から見た唐松岳
五竜岳への岩場五竜岳の山頂標識
3日間大変お疲れさまでした☆


ところで山、急に涼しくなりましたよ。
久しぶりに山小屋でダウンジャケットを着ました。
今後はフリースや「薄手のダウンジャケット、ニット帽や暖かい手袋など、防寒具を携行してね。



白馬大池

クラブツーリズムのお客さまと一緒に白馬大池に行って来ました。
この週末は久しぶりの好天に恵まれ、素晴らしい山行になりました♪

白馬乗鞍の大斜面の雪渓はだいぶ小さくなっているのでアイゼンは必要ありません。
ナナカマドの実が色づいて、山はもう秋の気配でした。
白馬乗鞍岳の大斜面の残雪は少し色づくナナカマドの実

白馬大池で夕景。
ピンクに染まった空にしばし見とれてしまいました。
白馬大池の夕景

宿泊した白馬大池山荘さんの前では今朝うっすらと霜が。
山荘の支配人さんが、今シーズンの初霜だと教えてくれてました。
白馬大池山荘さん霜が降りました

白馬大池に映った“船越の頭”、素晴らしかった〜。
お客さんたちに「ぜひ見るべきです!」と声をかけて、わざわざ湖畔まで来てもらったくらい。
素晴らしい景色にみなさん喜んでらっしゃいました♪
朝の白馬大池

皆さまお疲れさまでした!
また来シーズン以降も企画したいと思いますので、次は季節を変えてご参加くださいね。


〜おまけ〜
今回の下山ルートは蓮華温泉さん。露天風呂めぐりはお客さんにも大好評でした♪
(写真は「仙気の湯」)
蓮華温泉「仙気の湯」

しかも今年から、最上部の「薬師の湯」が女性優先になっいてました!
女性が入っているときは、男性はご遠慮いただける仕組み。
今年から「薬師の湯」が女性専用に♪
いや〜、おかげさまで外湯も満喫できました♡



高瀬ダム

先日、所用で高瀬ダムの周辺を歩いて来ました。
ロックフィル式のダムにせき止められた水面は、いつもエメラルドグリーン色をしています。
image

不動沢の吊り橋と、滝。
imageimage
高瀬ダムに来るには、大町市の七倉というところからタクシーか、徒歩約1時間半くらい。
急登で知られる登山道'ブナ立て尾根'の入口でもあります。
この日は何組かの登山者とすれ違いました。

徒歩で来るにはなかなかの秘境感がありますね。



ツリフネソウが咲いてました

久しぶりに近所を散歩してきました。

いつの間にか、ツリフネソウが咲いてる♪

この花が咲きだすのを見ると、盛夏が過ぎたなぁと感じます。
水辺に咲くツリフネソウツリフネソウの花

すぐ横のせせらぎには、バイカモも咲いていました。
ちっちゃい花です。直径1cmくらいで、水面からちょうど顔を出して咲きます。
バイカモの花(直径1cmほど)水面に揺れるバイカモ
今日の白馬、山にはガスがかかっていて下界から山は見えなかったです。
稜線は雲海の上でしょうね(^^)。

夜はだいぶ涼しい空気感になってきました。
よく「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、白馬では暑さはお盆まで。
短い夏も終わったかなー。



花の唐松岳

昨日まで中日ツアーズのお客さまと一緒に、唐松岳に登ってきました。
いや〜、さすがお盆!
白馬村内の各所も、登山道も、山小屋も、どこも賑わってました。

今回は登りも下りも濃いめの霧のなか。
景色が見えない分、色とりどりの高山植物が出迎えてくれました。
シモツケソウタテヤマウツボグサ
丸山付近のチングルマは今が見ごろ♪霧の中の登山

2日目のご来光に合わせた登山では、稜線は視界良好。
雲海が広がる大パノラマでした♪
日の出時刻(4:55ころ)より少し遅めのご来光だったけど、皆さんテンションアップ!
唐松岳山頂からのご来光(写真は5:08ころ)

唐松岳山頂から白馬岳方面を望む。
(写真左下、不帰の嶮(かえらずのけん)に登山者が何人か歩いてます。スケール感!)
朝日を浴びる白馬岳方面
唐松岳山頂の標識と剱岳唐松岳頂上山荘なら見た唐松岳
露に濡れたコマクサ唐松岳(左の三角ピーク)と不帰の嶮
皆さま大変お疲れさまでした。
この展望をご覧いただけて良かったー。
初日は夕刻遅めの山小屋到着で余裕がなかったけれど、翌朝の朝食後にゆっくりできたので良しとして下さいね(^^;)。
また皆さまとお目にかかることを楽しみにしています♪

お盆を過ぎると山はぐっと涼しくなってきます。
今後お出かけになる方は、暖かいフリースや手袋・薄手のニット帽などの防寒具をお忘れなく。


〜おまけ〜
八方尾根上部の登山道はますます整備が行き届いていました。
年々進化するこの石積み、もう職人技!
良く整備された道〜丸山直下良く整備された道〜桟橋の手前
整備してくださる唐松岳頂上山荘の支配人・中川さんとスタッフの皆さま、ありがとうございます。




乗鞍岳&焼岳

昨日まで読売旅行・前橋営業所のお客さまと一緒に、乗鞍岳と焼岳に登ってきました。
メインガイドは谷川岳のふもとで活動する、人気の中島正二氏。
今回も中島氏のジョークがさく裂してました〜♪

乗鞍岳はガスの濃い1日。
しかしさすが山の日、私たちを含めて多くの登山者でにぎわっていました。
ハクサンイチゲ乗鞍岳への登山道は銀座並みの賑わい
乗鞍岳山頂コマクサ
畳平周辺には高山植物もたくさん咲いていて、目を楽しませてくれました。

宿泊は上高地温泉ホテルさん。
温泉でゆっくりでき、お食事もおいしくて快適〜♡
宿泊した上高地温泉ホテル上高地温泉ホテルの夕食の一部


翌日は焼岳へ。ちょうど直前に噴気が上ったと、ニュースになったばかり。
情報収集をし、スタッフミーティングをし、入山することにしました。
ハイライトのハシゴ場では慎重に進もう人気の中島正二ガイド☆焼岳の北峰山頂
焼岳小屋では、無料でレンタルのヘルメットが備えてあります。助かりますね。
山頂では長居は禁物!
そうそうに写真を撮って、下山です。
青空と溶岩ドーム
下山中には青空が広がり、溶岩ドームの全容を見上げることができました。
2日間無事に終えて良かったー。
皆さまお疲れさまでした!


〜焼岳メモ〜
焼岳は活火山です。
入山の際は気象庁の発表をこまめにチェックして、参考になさってください。
http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/310_Yakedake/310_index.html

入山に当たっては、ヘルメットの着用が望ましい場合があります。



鹿島槍ヶ岳の遠景

昨日は早朝から鹿島槍ヶ岳の撮影のエスコートをしてきました。
大町市の山麓や高台、車窓から見える北アルプス。
久〜しぶりに、朝からきれいに見えました。
奇跡!
大町市の鷹狩山展望台にて
大町市の宮本地区から鹿島槍ヶ岳を望む
映像は、先月ロケが行われた「にっぽん百名山 鹿島槍ヶ岳」に使われます。
オンエアは10月予定。
楽しみ〜♪

そして今日は山の日!
今日もお天気に恵まれますように☆


妙高山&火打山

昨日までクラブツーリズムのお客さまと一緒に、妙高山&火打山に登ってきました。
このふたつ、とても近いのに個性が全く異なります。

妙高山は、
ゴツゴツした段差の大きい登山道で、難易度が高め。

火打山は、
たおやかな湿原を従えた、癒しの雰囲気。

久しぶりにご案内しましたが、改めて、どちらも名山ですね〜。


入山は燕温泉から。
称名の滝や鎖場、そして溶岩帯歩き。このコースの醍醐味を堪能しながら、まずは妙高山へ。
称名の滝ハイライトの鎖場
妙高山南峰への最後の登り妙高山山頂(北峰)

山頂からの下りに難儀しながらも、お花や展望に励まされます。
大倉乗越に向かう途中で少々残雪があったけれど、もう軽アイゼンは必要ありません。
ヒメシャジン大倉乗越への登りで妙高山を振り返る

宿泊は高谷池ヒュッテさん(現在改装中につき定員少なめ。要予約です)
2階のテラスから火打山を望むことができ、ここは特等席でした。
宿泊した高野池ヒュッテさんから見た火打山

翌朝、火打山を目指して出発。
天狗の庭周辺では、例年より残雪が多かったおかげでハクサンコザクラがまだ多く見られました♪
高野池と高野池ヒュッテハクサンコザクラ

他にはワタスゲ(実)、ウサギギク、ミヤマキンポウゲ、ヨツバシオガマなどが見ごろ。
湿原とお花に癒されつつ、火打山に到着です。
高山植物の合間を縫う登山道火打山山頂
天狗の庭からみた火打山

皆さま大変お疲れさまでした!
夏のこの時期、とってもお暑い山域なのですが…、やっぱり暑かった〜(汗)。
がんばりましたよね、私たち。
またご一緒することを楽しみにしています☆





北岳&間ノ岳

昨日まで中日ツアーズの皆さんと一緒に、南アルプスに登って来ました。
北岳(きただけ)と間ノ岳(あいのだけ)を登る、3日間の山行。
大きく降られることもなく、お天気には恵まれました。良かったー。

とは言っても、初日は時おり小雨の降る、蒸し暑〜〜いお天気。
広河原から歩き出してすぐに大汗をかきました。初日は白根御池(しらねおいけ)小屋に宿泊。
大樺沢(おおかんばさわ)コースを登るガスに煙る白根御池(しらねおいけ)
白根御池(しらねおいけ)の水面もガスで煙り、どんよりしてます…。


が、2日目は予報通りの好天!
白根御池(しらねおいけ)には、北岳が美しく映っていました。
(昨日と同じ池とは思えない!)
白根御池(しらねおいけ)に映る北岳

急登の草すべりコースを登り詰めると、素晴らしい展望の稜線歩きが待っていました♪
夕方に雷雨の予報が出ていたので、あまりのんびりせず進みました。
甲斐駒が岳をバックに稜線歩き♪北岳山頂の標識

北岳を登頂後は、間ノ岳へ。雲がだんだん湧いてきましたが、まずまずのお天気。
南アルプスも雄大だなぁ〜。
北岳から間ノ岳方面の縦走路

途中ではたくさんの高山植物に出合えました。
北アルプスではあまりお目にかからないお花もたくさんあって、写真撮りまくりです♪
タカネグンナイフウロミヤマハナシノブハクサンイチゲ(白)とシナノキンバイ(黄)
キンロバイチシマギキョウチョウノスケソウ
クモマミミナグサムカゴユキノシタヨツバシオガマ(紫)とハハコヨモギ(白)

3日目の朝、宿泊した山小屋から見た富士山。
肉眼で剣ヶ峰がクッキリ見えて、富士山が近いなぁと思いました。
北岳山荘さんから未明の富士山

皆さん3日間お疲れさまでした!
高標高の稜線歩き&急登で、なかなか登りごたえのある山行でした。
北岳南側の急登の階段北岳山頂近くの稜線にて
下山時の皆さんの、ちょっと疲れたけど充実した表情が印象的です♪
またご一緒できることを楽しみにしています。





Profile

高木 律子

白馬村のスバラシさに魅了され、移住して20年弱。
北アルプスや八ヶ岳、尾瀬などを中心に登山ガイドをしています。

今年でガイド歴20周年!
最近は筋トレに夢中。

JMGA認定登山ガイド
信州登山案内人
尾瀬認定登山ガイド

ドイター 女性用製品のご紹介
私が愛用している
バックパックブランド
"ドイター"

この記事にて
女性用バックパックの
紹介をしています

どうぞご覧ください♪


【白馬岳〜鑓温泉コースガイド】     ※音声も流れます
ウェザーニュース

Archives
このブログのQRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ