白馬日和♪

高木律子の白馬発おでかけ日記。大好きな白馬の魅力をがんばって伝えます♪

2017年10月

高瀬渓谷

台風が過ぎて、ようやく穏やかな天気になりました。
そんな中、今日は仕事で大町市の高瀬渓谷へ。
紅葉と落ち葉が思いのほか綺麗で、のんびりめに歩きました。

入山口の七倉(ななくら)へは大町市街地からマイカーで約20分。
七倉山荘さんより奥は一般車通行止めなので、徒歩かタクシーで入ることになります。
平日ですが七倉にはツアーバスも来ていて、いつもより活気がありました。
高瀬ダムへの玄関口・七倉山荘ロックフィル方式の高瀬ダム

ちなみに高瀬ダムは176m、日本で2番目に高いのだとか…。やっぱりタクシーがおススメですな。
雪は堰堤上部の日陰にて。台風がここでは雪をもたらしたのですね、約1,300mと標高も高いわ〜。
ダム堰堤近くの日陰では雪が!標高約1,300m落ち葉を踏みしめる音がします

今回は湯俣コースを歩いたのだけど、高瀬川の流れが本当にきれいでした。
振り向くと、冠雪した不動岳(左)や針ノ木岳(右奥)。
ダム湖上流から不動岳(左)と針ノ木岳(右奥)を望む

木漏れ日のなか、落ち葉を踏みしめる音が心地よく感じました。
木漏れ日が心地良い道を進む
紅葉と景色を見るだけなら、ダム堰堤から片道30分くらい歩くだけでも充分に楽しめますよ。

奥にある山小屋「晴嵐荘(せいらんそう)」さんは今シーズンの営業を終了しています。
七倉から奥はdocomoは圏外です。
この時期は特に事故の無いように行ってらしてくださいね。

あ、熊も出るらしい・・・。



インタープリテーション実習 その2

投稿内容が前後しますが。

先週27日(金)に行われた、国際自然環境アウトドア専門学校(i-nac)での実習の様子をアップします。
戸隠エリアでのインタープリテーション実習の2日目。実習1日目とは別の4名を担当。
初日に引き続き、学生さんが各自で作ったミニプログラムをガイドしてもらいました。

戸隠神社中社からスタート。ガイド役はリレー形式で務めてもらいます。
完成度の高さは学生さんそれぞれだけど、そこはさておき。
戸隠神社中社の鳥居戸隠神社中社で解説するガイド役の学生さん
この日も、意外性があったり、そう来たかと思わせてくれたり。
やっぱりこの実習の面白いところは、個々人の性格がよく出ることですね。
プログラム中に発表する参加者役の学生さんたち戸隠森林植物園を歩く
鏡池の横の芝地から久〜しぶりにスケッチしました!
今回2日間で私が一番笑ったのは、スケッチで学生さんが描いたのがスニーカーだったこと。
この絶好の青空の鏡池で、なぜスニーカーに目が向く?
理由を聞いたら納得だったけど、期せずして想定外の感情が引き出されるのも面白いこと☆
みんなのインタープリテーションを充分見せてもらいましたよ。


写真は10月27日の鏡池。ずっと眺めていたいくらい、静かできれいでした。
鏡池から望む戸隠連峰
昨年のNHK大河「真田丸」のオープニング映像にこの場所が使われていました。
今回の台風22号で紅葉はだいたい散って、季節が進むんじゃないかな。

いま戸隠は新蕎麦の季節です。
平日でも周辺は車や人で賑わっていました。
人気のお蕎麦屋さんに行く際は、念のため予約した方が良いかもですよ。



飯縄山

昨日は個人のお客さまと一緒に飯縄山(いいづなやま)に登ってきました。
飯縄山は学校登山でも登られていて、長野市の方々にとっては一番親しみのある山。
台風の影響を避けるため、黒斑山から変更しての登山でした。

南登山道の入り口へは長野駅から車で約30分。広い駐車場からスタートです。
鳥居をくぐると登山道らしい雰囲気になってきます。
南登山道の入り口、「飯縄山登山口」の広い駐車場ところどころに「登山道」の標識があります

途中には石仏や祠があり、修験の道だった面影が偲ばれます。
道はだんだんと斜度を増し段差も大きくなり、。気が付かないうちに険しくなっていきます。
途中に何体かの石仏が見られるだんだんと登山道が険しくなってきます

まだ雨雲はかかってなく、浅間山や八ヶ岳、行く予定だった黒斑山も見えました。
そしてたどり着いた山頂でも大展望〜♪ お疲れさまでした! 
思いがけない大展望に♪飯縄山の山頂
山頂は風が強かった、ぶるぶる。早く下りようっと。

下山中、再度北アルプスの大展望と戸隠連峰、ふもとの紅葉が一望できました。
いや〜、素晴らしい。
北アルプス方面の展望
駐車場に戻ったのは午後4時まえ。
車に乗り込んだところで雨が降り出し、レインウェアは着ずに済みました。良かったー。

今回久しぶりに飯縄山に登りましたが、歩きやすい良い山だと再認識しました。
長野駅からのアクセスも悪くないので皆さんも行ってみてください☆


〜おまけ〜
Tomoさんからいただいた日本酒セット。
小さいグラスと桝がカワイイ〜♡
今夜は江戸の夢…いや、東京を夢みて(?)晩酌します!
グラスと桝がかわいい〜!
ありがとうございました(*^^*)。



インタープリテーション実習

今日は国際自然環境アウトドア専門学校(通称i-nac/“アイナック”)の“インタープリテーション実習(略してインプリ実習)”で、戸隠エリアに行って来ました。
2年生の各自にミニプログラムを作ってもらい、ガイド役となって実施してもらうという内容。

私からは、「戸隠という場所にふさわしい野外活動ならなんでもOK」「自分の得意なことをテーマにして欲しい」など、いくつかのリクエストを出してあります。制約とも言いますが…。

これは私がi-nacで受け持つ中で、一番楽しみにしている実習です。
戸隠神社奥社への参詣道みどりが池のほとりに向かって

なぜならガイド役でも参加者役でも、みんなそれぞれの個性が出て面白みがあるから。
双眼鏡を使って大望峠にて
蕎麦打ち体験のプログラム
テーマの発想やコース選定など、私には思いもよらない取り組みがあることも。
今日は3人の内容を見せてもらいましたが、三者三様の個性がありました。
明日も楽しみ〜♪


〜おまけ〜
学生さんの一人が実習地として選んだ大望峠。これがまた絶景!
大望峠から戸隠連峰の西岳を望む
大望峠から北アルプスを望む
戸隠と白馬を結ぶ道路沿いにあるけど、いままで素通りしてたよー。
良い場所を教えてもらいました。どうもありがとう。
大望峠から望む北アルプスの夕景
↑帰りがけに見られた夕焼けと月。



今日の白馬三山 '17年10月24日

キターッ!!

美しく冠雪した白馬三山。

今日は風も穏やか。やっと台風一過です。
今日の白馬三山 '17年10月24日 蕨平にて
↑写真は蕨平(わらびだいら)地区、白馬ハイランドホテルを少し下りた坂道から。


久しぶりの青空なので、この勢いで大出公園までお散歩に。
今日は観光の方も多く訪れていました。
大出の吊橋遊歩道の落ち葉は黄色がきれい
今日の白馬三山 '17年10月24日 大出公園にて
↑写真は大出公園の高台から。


今回の台風では特に近畿地方を中心に水害や土砂崩れがあり、自然の威力をただ見ているだけしかできませんでした…。
被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

白馬村内では、今回の台風による被害はありませんでした。
観光の方も白馬へは安心してお越しください。
ただ、日中でもだいぶ肌寒くなりましたので、防寒用のジャケットや手袋などをお忘れなく。




デナリ遠征報告会 by 佐々木大輔氏

9月にオンエアされたNHKスペシャル「世界初 極北の冒険 デナリ大滑降」はご覧になりましたか?

国際山岳ガイドである佐々木大輔さんが、アラスカのデナリ(標高6,190m、旧名マッキンリー)を仲間と登り、そしてスキー滑降に挑戦したのですが、番組はその内容を記録したものです。
(見逃した方、まだNHKオンデマンドでご覧になれますよ)

遠征の内容は、(私には)まぁ手に汗にぎる、別世界でした。
マジか!の連続です。

昨日、そのデナリでスキー滑降をした佐々木大輔氏の報告会が白馬であり、行って来ました。
教えてくれたのは山岳ライターの柏澄子さん。どうもありがとう!
写真はあいさつなさる佐々木大輔氏(左)、遠征メンバーの狩野恭一氏(中央)、新井場隆雄氏(右)。
冒頭であいさつする佐々木大輔氏
内容は、遠征の様子や撮影秘話、テント場での過ごし方など。
軽〜いノリで、面白おかしく話して下さいました。
何本か見せてもらった映像がもう迫力と臨場感があって、またまた手に汗にぎっちゃいました。

最後は遠征隊の集合写真で締めくくり。 みなさん良い笑顔してるなぁ!
最後は遠征隊の集合写真をバックに
いやー大輔さん、別世界を垣間見せていただきありがとうございました。
みなさんタフだわぁ。
すごい。

今後は東北、北海道、東京など、各地を巡回するようです。
佐々木大輔さんのHPにスケジュールが載っていますよ。



秋色いろいろ

雨の止み間に散歩に出てみました。

何か季節を感じるものないかな〜。

おっ、けっこうあるある♪
時期的には栗はそろそろ終わり赤く実ったテンナンショウ
彩りもいろいろですね。
宝石のような野ブドウ季節外れの蝶・ミヤマシジミ
ジョロウグモの写真も撮れたのだけど、ちょっとグロい感じがしたから掲載やめます(^^;)。


山は厚い雲に覆われてて見えなかったけれど、おととい冠雪したそうです。
紅葉は山麓まで下りてきてますね。
八方尾根では山肌の紅葉が進む
写真は奥に写っているのは八方尾根スキー場のゲレンデ。

これから来る予報の台風がちょっと心配です。
念のため、身支度しておこうかな。




八ヶ岳・オーレン小屋〜しらびそ小屋

昨日、1泊2日の八ヶ岳から帰ってきました。
クラブツーリズムのお客さま12名さまとの山歩き。いろいろな表情を見られた秋の山でした。

初日は桜平から霧雨のなか入山。歩き始めて40分ほどで夏沢鉱泉さんに到着、ここで昼食です。
オーナー浦野さんのお心づかいで全員にお茶のサービスがあり、おかげさまで温まりました。
私はハンバーグランチ@800円を頼みました♪ 付け合わせのカブが特に美味しかった〜。
夏沢鉱泉さんの玄関夏沢鉱泉さんのお箸で食べるハンバーグランチ@800円夏沢鉱泉さんのバンダナが人気♪
売店では幾何学模様のオリジナルバンダナが人気で、みなさん早速購入していました(^^)。
スタッフさんの案内でみなさんと山荘内の見学もでき、大満喫です。ありがとうございました!

外に出ると、雨はやんでました。ほっ。苔がみどりに煙って、幻想的な雰囲気…。
霧雨の登山道雨に濡れるコケたち

歩くことさらに1時間ほどで、宿泊するオーレン小屋さんに到着。
中に入ると、薪ストーブが暖かく居心地の良い談話室。
お風呂に入って、のんびりして、全員でストレッチ。小屋が空いていて、ゆったりと過ごせました。
オーレン小屋に到着!薪ストーブが暖かい談話室

ここの夕食は、馬肉を使った桜鍋。ごはんが進む美味しさです。
今回は食後のデザート付き♡ イケメンスタッフさんがラム風味のチョコレートケーキを、ネパールのスタッフさんが“カプシー”というネパール風かりんとうを作ってくださいました。チョコケーキが絶品〜!
名物♪さくら鍋の夕食今回はイケメンスタッフさん手作りのスイーツ付き♡

小屋のおやじさんは、何度かネパールに通ううち、今はネパールの支援もしているとのこと。
現地の話をしてくださり、全員に「カタ」というストールも下さいました。ありがとうございました。
「カタ」をかけてくれるおやじさん透かし文様が美しい「カタ」

翌朝ー。
木々も葉も、樹氷がついて真っ白になっていました。さむっ。
オーレン小屋の朝は氷ついていました前日の雨が凍ったシャクナゲの葉っぱ

はじめの登りは日陰で寒いままだったけど、夏沢峠まで来ると日なたになり、やっと暖かに。
ここは今ツアーの最高所、標高2,430m。硫黄岳の展望もバッチリ!
登山道も霜がついてます見晴しの良い夏沢峠

夏沢峠からは下りになります。前日の雨が一転し、気持ちの良い青空でした。
木漏れ日の中を降りる唐松が多くなってきたら本沢温泉は近い

写真は黄葉した唐松と、硫黄岳の爆裂火口。カッコいい〜。
DSC09094

本沢温泉さんで休憩をした後は、1時間半ほどでみどり池へ。湖面が、まさにみどり色。
本沢温泉さんの前で休憩稲子岳とみどり池

そして、しらびそ小屋さんの前から見る天狗岳。今回も絶景です!
DSC09116

ここでランチタイム♪ 今回はカレーライスとコーヒーのセット@1,000円です。
少し酸味の効いたトマトの入ったカレーに、珍しい青トマトの漬物がよくマッチしていました。
しらびそ小屋さんの玄関ランチで頂いたカレーライス&コーヒーセット@1,000円
ランチだけじゃ滞在が短いなぁ。
やっぱり、しらびそ小屋さんは泊まりでゆっくり来たい山小屋ですね。

最後は“みどり湖入口”へ向けて下山。この夏に整備し直したコースを歩かせていただきます。
昔のトロッコ軌道の上を歩く、雰囲気の良い道に仕上がっていました。
この夏に整備したコースを歩くトロッコ軌道の風情がある道を進む
今回は東側から西側へ抜けるコースで、バリエーション豊かに山旅を堪能できました♪
通過した山小屋巡りも、それぞれ楽しみがありましたね。
皆さまお疲れさまでした!
来シーズンも北八ヶ岳の山小屋を一緒に巡りましょう♪


今日、しらびそ小屋の若旦那・タカさんより以下3枚の写真をいただきました。
朝は雪だったそうです(*_*)!
雪の舞うみどり池今日のみどり池と天狗岳
あ〜良かった、昨日がお天気に恵まれて♪
若旦那のタカさんと
タカさんお世話になりました!ありがとうございました(*^^*)


〜おまけ〜
バスを降りたあと、無事に電車に乗れました@松原湖駅にて。
皆さまご心配下さりありがとうございました〜。
松原湖駅にて☆



オーレン小屋さんより

クラブツーリズムのお客さまと一緒に、八ヶ岳のオーレン小屋さんに来ています。

歩きはじめは霧雨でしたが、夕方から天気が回復。
夜にはオーレン小屋さんの前で、天の川の流れる星空が見られました♪
image

明日は夏沢峠から、しらびそ小屋さんを経由して下山します。
(今回はなんと、ピークらしいピークに登らないコース!)

山行の様子は後日アップします。

下の廊下

昨日まで「下の廊下(しものろうか)」というコースのアシスタントガイドで、黒部川流域を歩いてきました。
主催は中日ツアーズさん。
お天気に恵まれ、紅葉と渓谷美、そしてスリルを味わってきました〜。

この道は残雪が多いために毎年整備が必要で、通れるようになるのは秋以降。
今年は体育の日の連休に合わせて開通しました。
登山道の状況は、阿曽原温泉小屋さんの登山情報を参考になさってくださいね。
渓谷美の中を進む高巻きのハシゴを登ったり下ったりします

今回ルート上は通過に問題ありませんでしたが、黒部別山谷の雪渓はとても固かったです。
黒部ダムから歩く場合は下りになるので、雪が得意でない方は軽アイゼンがあると安心です。
黒部別山谷の雪渓はかなり固めでした皆さん余裕の笑顔!

コース上の渓谷には白竜峡、S字峡、十字峡などの名前がつけられていて、かなりの高度感。
もし転落したらこの世の人でなくなってしまうので、安全確保をしながら進みました。
もちろんヘルメット推奨です!
白竜峡の近く

ロッジくろよんさんを未明に出発してから約11時間半ー。 
やっと阿曽原温泉小屋さんに到着。お疲れさまでした〜♪
夕食のカレーはちょっとスパイシーなおいしさ。おかわりできます。
阿曽原温泉の露天風呂はここから降りてゆく阿曽原温泉小屋の露天風呂阿曽原温泉小屋の夕食はスパイシーなカレー♪
ここの露天風呂は夜8時半までは、1時間ごとの男女入れ替え制。
それ以降の時間は混浴になるのですが、露天風呂からは満天の星空。超おススメです!!
暗い中だとしても混浴時間帯に脱ぐのを躊躇する女子には、足湯も良いですよ☆
お風呂からの登り返しがちょっとしんどいですが(^^;)。


最終日も、滝やトンネル、スリルある桟橋やアップダウンなど、お楽しみ(?)がたくさん。
見上げた木漏れ日がまぶしい☆折尾の滝
最後まで通る人を安心させない飽きさせないコースです!
最終日のハイライト・大太鼓付近いくつかトンネル内を通過します

この日は季節外れの暖かさで、汗をかくくらい。長いコースなので終盤になると疲れも出てきます。
そんな頃、稜線を見上げると白馬岳や鹿島槍ヶ岳、唐松岳の頭が次々と現れてくれました。
励まされる〜!
白馬岳と旭岳が中央奥にうっすらと!欅平から黒部峡谷鉄道に乗車♪
急坂を慎重に下り、最後は欅平に到着。ふぅ〜。
ここから黒部峡谷鉄道のトロッコ列車に乗って、帰路につきました。

みなさん大変お疲れさまでした。
いつもの登山とはちょっと雰囲気の違う、歩け歩けの長丁場。
足をいたわって、また次の山行にお出かけ下さいね。


このコースは距離が長く、熟練者向けの上級コースです。
当日朝のトロリーバスに乗車して入山する方は、阿曽原温泉到着が遅くなる傾向があるようですが、明るいうちには到着できるようにがんばって歩きましょうね。
(ヘッドライトは必携品ですよ。この時期は夕方6時には真っ暗になります。)
ちなみに阿曽原温泉小屋の周辺は、docomoは圏外です。




Profile

高木 律子

白馬村のスバラシさに魅了され、移住して20年弱。
北アルプスや八ヶ岳、尾瀬などを中心に登山ガイドをしています。

今年でガイド歴20周年!
最近は筋トレに夢中。

JMGA認定登山ガイド
信州登山案内人
尾瀬認定登山ガイド

★番組が放送さました★
「15分でにっぽん百名山 常念岳」
(2016年オンエア分)

7月23日(月)
NHK BS1
4:30〜4:45pm

ガイドとして出演しました。
ご覧いただき
ありがとうございました!

ロケの所感はこの記事から、
スタッフ写真はこの記事からどうぞ


ドイター 女性用製品のご紹介
私が愛用している
バックパックブランド
"ドイター"

この記事にて
女性用バックパックの
紹介をしています

どうぞご覧ください♪


【白馬岳〜鑓温泉コースガイド】     ※音声も流れます
ウェザーニュース

Archives
このブログのQRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ