昨日は雨のため、山歩きを変更して白馬村内の散策に行って来ました。
JR白馬駅裏手の「詩の小径」からスタートし、日常の暮らしと、昔からの風情、その両方が見られる大出(おおいで)地区を歩いてきました。

大出には湧き水があり、源には水神さまが祀られています。
集落の方々はこの湧き水で野菜を洗ったり、漬けた野沢菜を冷やしておいたり、積もった雪を流したりと、昔から生活と結び付いていたそうです。
湧水の源には水神さまがお祀りされている湧き水が流れる水路各家庭で利用されている湧き水

田んぼの様子や日本式の家屋などに、皆さん興味津々の様子。
途中で出会ったガイド仲間のMakkkoさんは藍染の様子を見せてくれました。ありがとうございました♡
暮らしと風情が感じられる大出地区収穫した稲の「はざ架け」

ランチは、「大出の吊橋」のすぐ近くにある「かっぱ亭」さんにて。
地の食材を使った野菜多めのヘルシーな盛り合わせに、かぼちゃスープと食後のドリンク付き。
豚か魚を選べたのですが、私は魚にしました。
「かっぱ亭」さんのランチ♪ 魚を選びました「かっぱ亭」さんの店内から外の様子
皆さんこの笑顔♪ 散策もお食事も楽しめたようで良かったー☆
「かっぱ亭」さんの前で集合写真♪
この↑写真はかっぱ亭さんのフェイスブックに載せていただきました♪

フィンランドの皆さまにも嬉しい想い出になりましたね(*^^*)。