昨日は日帰りでバックカントリースキーに出かけてきました。
栂池高原スキー場から入山して白馬乗鞍スキー場に下山する、通称「裏ひよどり」コースです。

まずは栂池のゴンドラとリフトを乗り継ぎ、最上部ゲレンデへ。
スタート時は風が強くて寒かった〜〜。
栂池高原スキー場の最上部から見た北アルプス方面つが第2ペアリフト終点の風

ハイクアップを終えて滑り込んだコースは、ラッキーにも穏やか。
新雪がけっこう積もっていて、コンディションは抜群!
タップリの新雪を楽しみました♪

動画だとこんな ↓ 感じ♪  ※スローモーションではありません。


シーズンの初めとあって、雪はまだ全体的に少ないようです。
地形の凹凸が出ていたり、穴が埋まっていなかったりするので、慎重に。
雪はまだ全体的に少なく、凹凸もあります土木堰堤の中をくぐり抜ける
深雪ノートラックが苦手な私…、途中で何度もビビッて腰が引けましたが。
的確なアドバイスをくれ続けた玲奈先生のおかげで生還できたよ☆今回もありがとう!


白馬乗鞍スキー場に下山した後は、徒歩約20分ほどで栂池高原スキー場へ帰ります。
山岳スキー用のブーツは歩きやす設計されているので、さほど苦になりません。
白馬乗鞍スキー場から徒歩で栂池高原へ帰る栂池観光協会となりの「憩(いこい)」で反省会
反省会は栂池観光協会のお隣にある「憩(いこい)」にて。
今日もお疲れさまでした〜。

ブログをご覧下さっているみなさま、今年もお付き合い下さりありがとうございました。
良いお年をお迎えください(*^^*)♪


〜おまけ〜
クライミングテクノロジー(CT)のピッケル「アジッレ」と専用のショベル
クライミングテクノロジー(CT)のピッケルとスコップ組み立て式です
組み立て式ですが、結合部分はカチッと止まってブレが無い。
軽いので携行性抜群。雪堀りでも、思ってたより使いやすくて良かったー。
手にグローブを装着した状態で使う前提でしょうね。