パッチ7.4について、気になる部分だけ考察していきます。

※あくまで個人的主観です 。
 

チャンピオン

・Maoki
 Q - 魔紋打ち コスト ランクにかかわらず45マナ ⇒ 45/50/55/60/65マナ
E - 苗木投げ 削除太った苗木 苗木の着地時にダメージが発生しなくなりました。

現在Maokaiはドラリン2個済みでマナを捕獲し、それによるハラスがなかなか強力的な部分がありました。
そして、ファーム優先でもEで苗木を投げてフォローすることができましたが、これらによりレーンのNerfと若干Farm力が欠けそうです。

・Jhin
R - 「終演 -フィナーレ-」 スロウ効果時間 0.75秒 ⇒ 0.5 秒

一発くらってしまうとそこから抜け出しにくくなるのが少しだけ増したのでしょうか。
あまり大きなNerfではありませんか。 


・Chogath
こちらにRの変更が来ていますが、説明が長くなるため割愛します。
ですが、死亡時に捕食スタックがなくなったということは、手惑いを無くしレイトがまた強くなることでしょう。


アイテム
・妖夢の霊剣 脅威が20→15
特別大きな変更とは思いませんが、黒斧Nerfによりコアである者は若干痛手でしょうか。

・ブラックリーバー
 ファージ + キンドルジェム + 950ゴールド(合計3,000ゴールド)
体力 300 ⇒ 400
攻撃力 50 ⇒ 40

今回はこれが目玉です。特に派生アイテムがキンドルジェムに変わったことに関しては、
コアであり且つ序盤に積んでいたファイターにとってはかなりの痛手です。 
Rivenなんかもそうですが、しかし彼女は、現在のBuildが脅威Buildに移行していることから黒斧は後ろに優先されているため、なんとかなる、というのもあります。


マスタリー
戦いの律動 スタックの持続時間が増加。 スタック持続時間 6秒 ⇒ 8秒

ADCへの強化でしょうか。 ちなみに仕様もスキルでスタックしてくれるとファイターにとっても有利でしたが。。。


・渇欲の戦神 ライフスティールが減少。最大増加値 20% ⇒ 15%

これは逆にADCには痛いですね。 TrynやAatroxもそうですが。正直このNerfは適切ではなかったと思います。


その他
・トラップ看破アイテムの調整 トラップを見破るアイテムが、トラップを無効化しなくなりました。
これが今回二つ目の目玉!なんとオラクルなどでトラップが発動しないのが、なにしても起動してしまうということ。
破壊範囲が変わりましたが、これはTopShacoが楽しくなるということです。



簡単ですが、ブラックリーバーのNerfはADCで持たれたくないような仕様にしたとも言われていますが、

ファイターにとっては痛手なので、なにかもう少しファイターよりなBuffが欲しかったですね。。。