皆さんPingというと、煽りPingが思い浮かぶのではないでしょうか・・・


それか、私だけですかねw


というのは置いといて、敵を失った際のMiaPingやワード支持の匿名Ping、下がってほしい時のBackPingなどいろいろありますが、これらを説明しましょう。


レーナーの場合

・MiaPing(敵を見失うPing

レーンであれば対面がいない場合に自レーンにMiaPingを出してあげることが第1です。

しかしながら、これを死んだ味方の上に出したり、失敗した味方に出すプレイヤーがいますが、

そういったプレイヤーは基本的に無視しましょう。

そういったことに惑わされないように試合に集中してください。


・BackPing(後退Ping
 
味方に敵が寄っている時に使われやすいですね。

・Careping(危険Ping

主にはここにJGがいるよーなどの危険を知らせるPingですね。


基本的にはこの3つがメインになるはずです。


しかし、実際Pingをどうやって実践して出すか、となると人それぞれ変わったり足りない部分が多く感じられます。


ですので、1例として対面がいない場合のPingの出し方を説明しましょう。



まず、

1.相手のレーナーが消えた際、自レーンにMiaPingを打ちます。
  ↑だいたいレートが低い方などはこれだけで済ます傾向があります。なおMiaPing1回だけ等

ここからが重要
2.リバーにCarePingを打ちます。ここに敵がいるかもって合図ですね。ワードで映ればなおさらです。

3.味方レーンにBackPingを鳴らしましょう。
これが非常に大切です。且つ相手の画面に映るように、出来るだけ味方の足元に出してあげるのが最善です。


無題

こんな感じでしょうね!


これに足してPingはフルで使いましょう。正直うるさいと思われても良いくらいバンバン鳴らしてあげても良いくらいだと思います。


レーナーはCSやダメージトレードに集中していると中々気づかないものです。



だからこそ、うるさいくらいが私にはちょうど良いと思ってます。



逆に1回2回出したところで、「いや俺Pingだしたんだけどwwww」なんて言われても、あまり関心はしません。


味方の為にと思うならどこまでもしつこくです。


ジャングルの場合(Gank時)

基本的にGankする場合はレーナーからです。もしくは同時、相手のスキル等を使った場合です。


これは以前のブログにも書きましたよね。


それを踏まえてですが、Pingの鳴らし方はこうです。



1.事前に相手のレーンへomwPingを出しておく

2.相手のところまで行ったら、当たってもらうよにFocusPingをだす



よくいるJGは何もPingを出さずノシのしとやってきて、オイなんで当たらねーんだよなんていうのがいますが、


それはあなたが分かりやすいPingを出さないからです。自己中的な判断はやめましょう。



皆さんに覚えてほしいのはほんの単純で簡単なことなんです。


この3つを実践してください。これができていないプレイヤーが実に多すぎます。


こういった細かい事をするだけで、レーナーの意識ってのはすごくかわるんです 。



Groupしてほしい時やタワーを狙ってほしい時、そんな些細なことでもどんどんPingは有効活用していきましょう。


※中にはPingの一つや二つ自分で聞き取れって、聞いてないやつがそもそも悪いんだろっていう方も当然いらっしゃいますが、人にされて嬉しい、助かることを考えるとそれ一つでは満足に言えないから、私はこういった使い方を推奨します。