2007年03月08日

stop-rokkasyo Tee

 最近、lowbrowでヤンチャ系なアイテムのご紹介が、多かったので、
今日は、社会的にも貢献度・大!!かつ、デザインもGood !!!
アナタにも、地球にも優しいオーガニックコットンのbodyを採用したTシャツと
そのTee-shirtsに関してのコンセプトのお話を!!久しぶりの社会派 rivetデス!
坂本龍一さんらが、青森県六ヶ所村核燃料再処理工場の危険を世界に知らしめる為に始めた活動
一日に、普通の原発から出る放射能1年分が、ここから出るんだって!
そんなアホな!というのが正直な反応。
でも恐いのは、ほとんどの人がそれを知らないこと。
だから、stop-rokkasyo、始めました。             by 坂本龍一
stop-rokkasyo Art work by 326
stop-rokkasyo
音楽家・坂本龍一さんらが、青森県六ヶ所村核燃料再処理工場の危険性を
インターネットと、音楽やアートを通じて、世界に知って貰う為に始めた活動
です。
活動内容は、アーティストに写真、グラフィック、音楽など作品提供を呼びかけ、
公式サイトや、ポッドキャスティングを通じて著作権フリーで配信。
より多くの世界中の人に、この問題を知って貰うことを目指しています。

例えば上記のイラスト、メッセージは、イラストレーター326さんの作品なんですが、
こんなアート作品なんかを、stop-rokkasyo official websiteで楽しめますヨ!
stop-rokkasyo T / CLUB KING /T-shirts as media
stop-rokkasyo T
 このstop-rokkasyoに賛同したCLUB KINGが、デザインを寄付してくれた
アーティストと共に、stop-rokkasyo T を企画、販売する事に!
尚、販売金額の30%の売り上げを坂本龍一さんを中心とした
NO NUKE , MORE TREE(植木を目的とした)運動へ寄付する
との事!!!

また、stop-rokkasyo Tは、クラブキングが展開するTシャツ・プロジェクト、
T-shirts as mediaとオーガニックコットンメーカー green teaが共同で開発。
肌にも、環境にも優しい、インド製のオーガニックコットン100%、
skallの認証を取得したボディーを使用しています。

rivet buyerの感想
Tシャツをメディアとし、メッセージを伝えていくという、コンセプトで展開する
CLUB KINGのT-shirts as mediaと、坂本龍一さんのstop-rokkasyo が
コラボなんて、素晴らしすぎる!オーガニックコットンを採用したbodyの売り上げの
一部を、植木を目的とした運動へ寄付するなんて、良い事づくし!!!
勿論、そんなコンセプトだけで無く、Tシャツのデザインもばっちり、カッコイイんで、
4月下旬からのリリース楽しみデスネ!!
聞きなれない言葉が幾つか出てたので、簡単な解説です。

green tee?
最終消費者が”オーガニックコットン製”という前向きな選択ができる機会に
少しでも多く巡り会えるようになることを目的としています。そのため、売る側、
供給側(小売り業者さん、ブランドやメーカーさん等)が従来のコットン製のものから
オーガニックコットン製のモノ作りへと推移するお手伝いが、green teeの役割です。
オーガニックコットン製のものの需要が増えることにより、結果、持続可能な農業や
環境を支持し、土、水、空気の質を少しでも高く保てることを望んでいます。

Skal(スカル有機生産物検査証明機関)?
IFOAM(国際有機農業運動連盟)に登録されている機関で、1985年に設立された
オランダの非営利認証団体です。Skalは、3年以上農薬及び化学肥料を一切
使用していない農地で有機栽培された綿および糸、生地の製造工程を証明

生地を染色する場合もSkalの認証基準に基づき、「アゾ」という発ガン性が疑われる
化合物(海洋汚染のおそれがあるとも言われている)を使用しない「アゾ・フリー」で
染色します。また自然環境のみならず、製品を作る上で働く人々の環境も忘れては
いません。フェアトレードの精神に沿ったかたちで取引しています。

フェアトレード
寄付や援助とは異なり、対等なパートナーシップに基づいた取引によって、
途上国の人々が正当な報い(働く環境、時間、賃金)を受け、ビジネスを通して
自立することを共に目指した貿易のことを言います。
RSS

この記事へのトラックバックURL