2012年10月13日

Tumblr 前編 re-re-re-re Tumblr 始動!タンブラーの楽しみ方?

re:re:re:re:tumblr
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
tumblr タンブラー?
失敗しました。
re:re:re:re:rivet のニュー・プロジェクトとして、Tumblrを、始めました 〜!




rivetで、取り扱うアイテム、ほぼ、全ての商品に対して 全力で愛情を込めて、
好きな物ばかりだし、そんな気持ちを、みんなに伝えたいと、写真撮影や、
コメントを、書いているんですが、このブログで紹介する時の頭の言葉、




アメリカで購入した○○○を、upしました。

アメリカで集めた、□□□□upしました。って、ワンパターンな文章の出だしに対して

自分で、自分に、「お前は、アメリカで購入した、○○を、upしました。病 かと!



出鼻を、くじかれる思いをする上、今後も、半年位は、アメリカで集めた
アンティーク物の雑貨や、古着の紹介が続くと思うのでを、気分転換と、
新たな表現方法を求めて、Tumblrを実験的に立ち上げた訳ですが、

アカウント名は、re-re-re-re.tumblr となるので、タンブラーして居る方は、
是非、フォローして下さい。タンブラーをしやってていないい方も、このプロジェクトに
巻き込まれて下さい!という気持ちを込めて、tunmbrに関する思い出と、
タンブラーの始め方や、楽しみ方を、書いてみました!


このblogも継続しますが、re-re-re-re.tumblrと、合わせてチェックして貰えると
嬉しいです。

rainbow bar

<re:re:re? >


re:re:reっていうには何?っていうと、第三期のrivetって事や、

rebirth(再生、復活)、retry(再挑戦)、recycle(リサイクル)、remake(リメイク)、
renovation(リノベーション)、reconstruction(再構築)、rethink(再考)

など、よちよち 状態ながら、rivetを再始動させようとする僕の思いや、
311以降 価値観の変換した、今の時代に、必要な考え方の言葉が多いと思い
最近、使い出してる言葉です。

re-re-re-re tumblrのサブタイトルは、今のトコ、ReBlog Remix Report


re:re:re: rivet manifesto

rainbow bar

<Tumblr タンブラー? >


タンブラー?って方に、簡単に説明すると、テキスト、写真、イラスト、引用、リンク、
動画、音声などパソコン、携帯電話から、閲覧、投稿が出来る、Mix Media Blog、
Social Bookmarkといわれるサービスです。

最大の特徴は、ReBlog(リブログ) という投稿方法で、タンブラーに参加している
他の人がPostした、テキスト、写真、動画などのポストを、1 clickで自分の
サイトに投稿できるというサービスです。

ツイッターのRT(リツイート)とよく似た機能な上、サービスの開始時期も
twitterが、2006年6月、Tumblrが、2007年3月と、約半年しか、変わらないのに
爆発的に人気が出た、ツイッターと比べると、まるで、アングラ・サイトかと思う程、
長年、日の目を見る事のない存在だったように思いますw

あまりにも簡単に、写真やテキスト等のWebコンテンツが、投稿、転載出来る、
タンブラーならではの問題として、他人から、タンブラーに投稿された、イラストの
作者が、無断転載されたとして、著作権の関係で起こった論争があったという事や、
転載された文章が、リブログされていくるうちに、切り取られ、本来のメッセージと
異なった形で、伝達されていく事なんかには、確かに問題があるのかな?とは
思いますが、それは、使う人の問題で、むしろ、タンブラーの優れた機能が浮き彫りに
なる話だと思います。(少し位、nagativeな点も触れておこうと、荒探ししてこの程度。)

rainbow bar

<Tumblrを知ったきっかけ?>


僕自身、最初にtumblrを知ったのは、2008年頃で、誰かが、このrivet blogの写真を
タンブラー投稿し、その写真が、タンブラー内で、受けたのか、ドンドン ReBlogされた為、
RSSリーダーに凄い件数の、トラックバックの通知が届くといたのが、きっかけでした。

その件に関して、無断転載されたなどと、一切、不快感は、無かったものの、なんだ?
この怪しいサイトは!と、Tumblrや、ReBlogという概念を理解していない時に、初めて
感じた、不気味な印象は、覚えています。

その頃、myspaceというサイトで、色々な国の人と、仲良くなって、変な画像交換の
コミュニケーションを、楽しんでいた僕は、一瞬で、タンブラーの虜になったんですが、
いまいち、ReBlogという概念が理解出来なかったり、何度も、今日こそは、IDを取って
tumblrを始めようと、トップページにアクセスするものの、メールアドレス、パスワード、
アカウント名のみを求められるだけのミニマル過ぎる、デザインに気圧され、
実際に、自分でアカウントを取るまでに、数ヶ月、踏ん切りが付かず、rivet blogの写真を
リブログした人や、その人がフォローしている、ユーザー達の中から、お気に入りの
ユーザーを、ブラウザのお気に入りに入れて、眺める日々が続いた事を覚えています。
web関係のメルマガで、twitterという言葉や、tumblrという言葉を見る事はあったけど、
あのアカウント登録の向こう側に、ダッシュボードの世界がある事や、その中で、
お気に入りのユーザーをフォローするという仕組みがある事も長い間、把握出来ず、
仕組みは全く分からないけど、たまに見かけるPhoto Blogのようなサイトなんだと
思っていましたw

そんな悶々とした日々を過ごした、僕も、アカウントを取ると、「あっ」 という間に、
Tumblr Addict、Tumblr Junkyになってしまい、ここまで、ハマルとは。。。。って
数年を過ごした訳ですが、当初は、タンブラー内に生息する、人の意見や姿勢は
tumblrが最高に素晴らしいサービスだと自画自賛している人がほとんどな反面、

健全な感じの、twitterやfacebookとは、ちょっとユーザー層が違う感じだし
前述のpixivとは、著作権問題等で、相性悪そうだったし、2chでは、Tumblrは
犯罪サイトのような言われ方をしていたり、2chのまとめサイトがある限り日本では
tumblrは、普及しないとか、いわれていたのに、突如、昨年辺りから、Tumblrが
Twitterを抜いた
 スライド11にTumblrの急成長の分析が載っているが、
この1年間で183%の成長で若い女性(18歳から34歳)のユーザが多いそうだ。
調べてみると『ネットの話題をスクラップできる「Tumblr」、投稿数が100億を突破』という
別の記事も見つかった。急成長する「Tumblr」、ビジュアル・マイクロブログ旋風を
巻き起こすか
など、Tumblrにとっては、景気の良いニュースが、目立ちだし、
ユーザー数の増大と合わせて、イメージも良くなって、来た模様で、2012年の今年は、
タンブラーの当り年みたいです。


個人的には、インターネット最後の秘境Tumblrって、雰囲気が、心地良く、
こそこそと、楽しんでいたかったんですが、tumblrの創業者 David Karpが、これまで、
焦らず、大切にtumblrを育てて来た事は、僕にも、しっかりと伝わっているので、
慌てて、タンブラーから逃げ出したりせず、もう少し見守ろうと思います。


既に、タンブラーの楽しみ方的なサイトは、沢山あるので、今更だな。。と思いつつも、
自分が、最初、慣れるのに苦労した部分だけでも、tumblrに恩返しの気持ちを込めて
解説を少し、書いてみました。既に、いつも以上の文章量を書いてしまっているので、
照れ隠しと、楽できるトコは、楽をしようと、リンクを張っておいたので、このブログで
書いた、タンブラーの楽しみ方と合わせて、リンク先をチェックしてみて下さい。


・・・・・・・・・と、快調に、筆が進み、 商品紹介では無く、re:re:re: rivetのnew projectとは
いえ、tumblrの紹介は、さらっ!と行うつもりだったんですが、あまりにも、tumbltへの
愛の大きさからか、長々と書いちゃいましたね。。。汗

只今、Livedoor blogに、upしようとした所、文字数制限にひっかかってしまったので、
記事を分割して、この後Tumblr後編 タンブラーの楽しみ方 に、つづく。。。。w



関連項目
rivet blog/Tumblr後編 タンブラーの楽しみ方

re-re-re-re.tumblr
Tumblr officialsite

rivet blog/面白サイト紹介
rivet blog/日記


Blog Rankingに参加中
↓良かったら、コレヲ!
人気blogランキング
RSS

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/rivet_blog/51859193