2008年07月31日

現代音楽とテクノと民族音楽との融合 NATA 1st Album fronteiers

rivet blog
ディジュリドゥ NATA 1st Album frontiers
ディジュリドゥ NATA 1st Album frontiers
ディジュリドゥ NATA live photo
ディジュリドゥ NATA live photo
ディジュリドゥ NATA live photo
ディジュリドゥ NATA live photo
ディジュリドゥ NATA live photo
 数ヶ月前に、友人のミカミ君が、今度、ディジュリドゥのNATAさんを呼んで
松阪でPartyをやります。って話がありました。

そこで、今回、ご案内するNATAさんの1st Album fronteiers
僕に、プレゼントしてくれたんで、店でチョコチョコかけてたんですが
思いの他、大好評で、お客さんから、CDの事をよく尋ねられたんで
その事を伝えた所、今回の入荷となりました。

昨年リリースされたアルバムなんですが、流行に左右される訳でも無く
民族楽器という枠に縛られる訳でも無く、沢山の人に触れて欲しい音楽なんで
本日は、このNATAさんの1st Album fronteiersをご紹介!

以下、コピペ。。。

NATA?
オーストラリア・聖地アーネムランドにてアボリジニからディジュリドゥの伝統的な
演奏法を学ぶ。そこで学んだ自然との関わり合い方などに 深く共感し、
現代の日本人としての在り方を模索する中で、富 士山の麓で陶器の
ディジュリドゥを製作。能楽堂で和楽器との 共演やパイプオルガンのある
クラッシックのホールや数万人規 模の野外フェスティバル、インドネシアや台湾での
公演など、 常に楽器の新しい可能性を求め続け、現代音楽では世界で初めて
精密に楽譜になったディジュリドゥソロの作品を演奏した他 、電子音楽、映像などの
ジャンルを超えた音楽家やアーティス トとの交流を持ちながら国内外で活動中。
一本の筒から低音の持続性と均等な倍音の配列を、呼吸、感覚 、想像力などで
変化させ、色彩豊かな音色を醸し出す演奏スタイルは、多くのオーディエンスを
魅了している。
2006年には自身が参加している民族楽器中心のトライバル・ ジャムユニット
「Earth Conscious」のアルバムをリリース。
翌年、待望のファーストアルバム「fronteiers」をリリース。 その他、フランスの
ドキュメンタリー番組へのサウンド提供や 様々な音楽家のアルバムレコーディング
にも積極的に参加している。

frontiers

現代音楽とテクノと民族音楽との融合!! ファーストアルバム待望のリリース。
タイトル「fronteiers」が示すのは、現代音楽、テクノ、ロック、エスニックなど、
様々なジャンルの音との出会いから、表情を変えるディジュリドゥの音色が
生み出す、新境地だ!

「大都会のような音楽シーンに何かを投げかけ、波紋を生み出すことのできる
CDだと思う。NATAが歌うディジュリドゥは、心に響く演奏です。」
                                 (作曲家:Masashi Yamamoto)

Jacket Design:Koji Nishimatsu(HanadasunkaJimusho)
Jacket Photo:Motonari Endoh

NATA fronteiers Track List

1.Metamorphosis of life
2.DIDGEINO
3.3rd Intermission
4.Out Of Control
5.Children Briceks
6.RITA-NIA
7.DIDGEINO another part
8.5th Scape
9.Digeridoo
10.Dreamweaver Part 2

http://www.myspace.com/natacentreofmusicでも視聴出来ます!

民族楽器ディジュリドゥという固定概念をなくし、デジタルの世界でこの楽器の
新しい可能性を追求しながら自分の音やジャンルに対する柔軟性にゆだね
多種多様な音楽の中で製作していきました。(NATA)

NATAさん自身の言葉や、コンセプトが、聞き手にしっかりと伝わるアルバムで、
民族楽器であり、世界最古の管楽器といわれる、ディジュリドゥと、ダンスミュージック
の融合を見事に果たしたオススメの一枚。 詳細はrivet select CDで!!
GOMAちゃんや、Dachamboとは、また異なったディジュリドゥの音を
楽しみたい方も必聴!!!!

余談ですが、冒頭でご紹介した、ミカミ君、
元々、ディジュリドゥの奏者でもあったので、色々と活動を行っていたのですが
rivetで、アイヌのリングと出会い、その後、色んなシンクロにティーや、
様々な導きで、六ヶ所村ラプソディー 三重上映会に参加したり
rivetのstaff N4サヨナラPartyに出演して貰ったり、様々なPartyに参加したり
オーガナイズしてたり、Pureな目をした、素敵な活動を行う、Nice Guyなんですが
音楽の持つ吸引力って、本当、面白いナァ〜と思います。
何が言いたいの分からなくなって来たけど、今後とも、よろしくネ!

あと、NATAさんもいつか、MAX FREEMANに来て頂きたいアーティストであります。
三重近郊の方は、その辺もお楽しみに!!

関連 links

rivet select CD

rivet blog/新着 CD
rivet blog/日記

Blog Rankingに参加中
↓良かったら、コレヲ!
人気blogランキング

RSS   

Posted by rivet_blog at 14:58Comments(1)TrackBack(0)

2007年09月05日

loosejointsの予約販売に関して・・・・

rivet blog
loosejointsの予約注文に関してのお詫びloosejointsの予約注文に関してのお詫び
先日、loosejoints wearの予約に関してって事で、工場との状況と、注意事項を、
告知していましたが、大変、残念なお知らせが舞い込んで参りました。。。。。

生産工程等の問題で、今後、1枚単位での予約注文を受け付ける事が
不可能となってしまいました。。。

今後、どの様な形で、展開するか?loosejointsと、検討中ですので
しばらく予約注文は受付休止とさせて頂きます。

そんな訳で、現在の店頭在庫に合わせて、HPを更新しましたので、ご確認下さい。

loosejoints Tee01loosejoints Tee02loosejoints Tee03
loosejoints Tee04loosejoints Sweat、Parka

また、loosejointsに関して、状況が変わりましたら、blogか、
loosejoints総合menu にて、告知させて頂きますネ。。。。

Blog Rankingに参加中
↓良かったら、コレヲ!
人気blogランキング
RSS   
Posted by rivet_blog at 21:01Comments(0)TrackBack(0)

2007年08月05日

loose joints×Kensei Yabuno

rivet blog
loose joints ルーズジョインツ
loose joints S/S Tee 8月末発表 やぶのけんせい デザイン Batmobile
loose joints S/S Tee 8月末発表 やぶのけんせい デザイン Batmobile
loose joints S/S Tee 8月末発表 やぶのけんせい デザイン Batmobil

世の中の数少ないほんものの才人達と、ゆるーくジョイントしちゃって、
みなさまに ド☆FRESHに激ヤバなブツ(音、映像、文章、Tシャツ)を
お届けするべく・・・・・で、お馴染みのルーズジョインツ来月リリース予定の
Tee shirtsの新作デザインと、担当アーティストのプロフィール発表!


あと、もしかしたら、来月からloose jointsのwearの予約注文や、お取り寄せが
不可能になっちゃうかも。。。って、不安なお知らせが舞い込みました。。。。。


まず、9月頭に入荷予定の新作デザインと、デザイナープロフィール!!!

画家である、やぶのけんせいが、新作デザインのデザイナーなんですが、
写真を見て貰えれば、お分かりの様に、BATMOBILEがモチーフです。

BECKの最新アルバムのアートワークに参加したり、パリのコレットでも
ショーをしたりしている画家で、8月には日本でも個展を開催し、
秋にはロンドンのDAZED & CONFUSED Galleryでも行われます。
その個展でのキービジュアルを使ったデザインは世界でもloosejoints限定
との事です!!


やぶのけんせい プロフィール

75年北海道生まれ。ロンドンのCamberwell College of Arts卒業。
帰国後、IDEE gallery、BEAMS gallery、Gallery Speak For、Rocket、
Spitz gallery(LONDON)、New Image Art Gallery(LA)にて作品を展示、発表。
『アイデア/IDEA』『SWITCH』『spectator』『VICE』(UK/JAPAN)
『Dazed & Confused』(UK/JAPAN)『APE』(UK)『COMPOSITE』『ESQUAIRE』
『ecocolo』等、国内外の雑誌上においても作品を発表しはじめる。
同時にUKのバンド、BRIDGE AND TUNNELのアルバム・アートワーク、
渋谷WOMBのDCT&ZEEBRAのステージ・バナー製作、有楽町阪急の
メイン・ウインドウのディスプレイを手掛けるなどペインティング/ドローイングと
いう枠に収まらない幅広い活動を開始。
特にcolette(PARIS)、euforia(LONDON)、BEAMS(TOKYO)等のセレクトショップで
展示、販売した手描きのTシャツ、スニーカー等が大きな反響を呼ぶなど、
そのクロージング製作は国内外で高く評価されている。
昨年のBECKのアルバム『ザ・インフォメーション』のアルバム・カバー・
アートワークに参加している。

その他、Kensei Yabuno Official Websiteでは、やぶのけんせい
製作作品なんかが見られます!!!

入荷次第、loosejoints S/S Tee shirts Vol-4にて、up予定!!

loosejoints Tee shirts/038・やぶのけんせいってデザイン名で
半袖Tシャツ/\5040(税込)で、販売します。

カラー展開は、White、Mix Gray、Black、Yellowの4色展開予定!

今回も先月の様に、予約受付を行いたいんですが、予約注文やお取り寄せが
不可能になるかも知れないので、予約注文は自粛します。。。

卍卍卍 LOOSE JOINTS Wearの予約注文に関して 卍卍卍

先日、上段でご紹介した loose jointsの新作オファーと一緒に、
不安なお知らせが、舞い込んでキマシタ。。。

取り合えず、そのまま、コピペします。。。↓↓

9月以降、過去デザインのTシャツのオーダーに関し、工場から、
ある程度まとまった枚数で欲しいという交渉をされており、
1枚からのオーダーが難しくなるかも知れません。

もし1枚でのオーダーをご検討されている場合は、今月がチャンスです。
交渉の結果はまたご報告致します。

との事でした。。。。。

今月のデザインで、デザイン数・38種類、カラー展開が平均で3色として、
S、M、L、XLを揃えようと思うと・・・・38×3×4=456。。。。
う〜ん 無理。無理。。

なんとなく工場がTee shirts1枚刷るのを嫌がるの分かります。。。
rivetが全在庫を持てないのと同じで、loose jointsが、全在庫を持てないのも
分かります。。。どうなっちゃうんだろ?

loose jointsと、工場が良い方向で折り合いが付く事を祈ります。。。
話し合い結果が分かり次第、blogにて告知します。

そんな訳で、今回の予約注文の締切日が明後日の8/7 昼12:00となりますので
それ以降にご注文を頂き、rivetが在庫切れとなっているデザインの
wear類は、納期が狂う可能性がありますが、ご了承下さい。

8/7 午前中に、ご注文を頂いたloose jointsの商品は間違い無く
8月末には、お届け可能となりますので、気になってたloose jointsのwearが
ある方は、是非!8/7 午前中迄に、お問い合わせ下さいませ!!




Blog Rankingに参加中
↓良かったら、コレヲ!
人気blogランキング
RSS   
Posted by rivet_blog at 17:54Comments(0)TrackBack(0)

2007年07月04日

loose joints 新作 Tee

rivet blog
loose joints ルーズジョインツ
loose joints S/S Tee 7月末発表 江森丈晃デザイン
loose joints S/S Tee 7月末発表 江森丈晃デザイン

世の中の数少ないほんものの才人達と、ゆるーくジョイントしちゃって、
みなさまに ド☆FRESHに激ヤバなブツ(音、映像、文章、Tシャツ)を
お届けするべく、出来たてほやほやのレーベルでございます。
今後も世界中から選りすぐった驚愕のラインアップで
お送り致しますので、おたのちみにー!Stay High !!!って、ルーズジョインツの
ブランドコンセプトは、rivet websiteに訪れて貰った事のある方には、
お馴染みかと!?

その loosejointsルーズジョインツ)の7月末発売予定の新作デザイン
発表されましたので、ちぃ〜と、気の早い話になりますが、予約受付可能
って形で、発表します。

上段2段目、3段目画像のウサギをモチーフとしたデザインをloosejointsに
提供してくれた、アーティストは、江森丈晃(Takeaki Emori)氏で、
以下にプロフィールを!
グラフィック・デザイナー/ミュージシャン/ライター/編集者(順不同・日替わり)

ソニーマガジンズ〜宝島社での丁稚時代を経て、98年、デザイン事務所
TONE TWILIGHTトーン・トワイライト)をスタート。
コーネリアスのジャケット、タキミケンジのMIXCDなどのCDジャケット、
アパレル、エディ トリアル、編集業を含む装丁、少々のwebなどを手がけ
現在に至る。また、90年代初頭から中盤まで活動していた CITRUS という
バンドのメンバーでもあったため、リミックスや楽曲提供など、ミュージシャン
としても活動。事務所と同名のインディペンデント・レーベルの代表でもある
1972年 11月14日生まれ。

入荷次第、loosejoints S/S Tee shirts Vol-4にて、up予定!!
おぉっ!グラフィティー系のデザインと思ったら、実は、ウサギの反復デザイン!
って、面白いアートワークかと思います。

loosejoints Tee shirts/036・tonetwilight /multiってデザイン名で
半袖Tシャツ/\6090(税込)にて販売します。
カラー展開は、上段2番目画像、Chacoal Gray、
上段3段目画像、左よりWhite、Light Pink、Mint Greenの4色展開で、
サイズに関しては、S:身幅 45×着丈63cm/M:身幅 50×着丈65cm
L:身幅 52×着丈70cm/XL:身幅 58×着丈73cmと、4サイズを、
予約注文を、受付致します。下段の問い合わせフォームの注意書きを
読んで、了承頂ける方は、下段の問い合わせフォームより、どうぞ!!

rivet blog内からのオーダーに関しては、発売前のアイテムという事で、
  写真とイメージが異なる、表示色と少し違う色が届いたという理由での
  返品、キャンセルは一切受け付けません。
  また入荷次第、代引き配送という形でのみの予約注文で
  お届けは、2007年7月末〜8月上旬という事をご了承頂ける方のみ
  下段のお問い合わせフォームより、問い合わせ下さいませ。
  お名前、メールアドレス、住所、電話番号は、必須項目で
  Tee shirtsのデザイン名、色、サイズを、備考欄へご記入下さいませ。

Powered by SHINOBI.JP
江森丈晃 デザイン KENJI TAKIMI 『THE DJ AT THE GATES OF DAWN II』 CD ジャケット 
江森丈晃 デザイン CORNELIUS「GUM / CUE」 7inch single
余談ながら、上記2枚の写真は、今回、loose jointsにデザインを提供してくれた
江森丈晃氏のデザインで、上段は、瀧見憲司のmix CD
THE DJ AT THE GATES OF DAWN IIのジャケット デザイン、
2番目写真は、CORNELIUS「GUM / CUE」 7inch singleのジャケット デザイン。
江森さん自身も、この冬発売の新作を控える、ミュージシャンらしいので、
その辺の動きも楽しみなアーティストです。

先日、瀧見さんの参加した、Black Creamって、パーティーに遊びに行った
ばかりなんですが、正に、的を得たデザインだなぁ!と感じてみたり、
コーネリアスのジャケットデザインでは、CHRISTIE'S、SOTHEBY'S等の
Contemporary Artに関する本を連想してしまったりで、面白いデザインを
する方だなぁと感ぢました。

最後に、もう1つ余談、このblogの最上段に、loose jointsのlogoがありますが、
先日、最新作として入荷しました。こちらは、今週中には、HPに、up出来ると
思いますので、入荷次第、loosejoints S/S Tee shirts Vol-4及び、
loosejoints 総合 menuにて、お知らせ致します!!

loose jointsに関しては、デザイン、色、サイズなど、展開バリエーション
多過ぎっ!って事で、基本的には、予約注文とさせて頂いておりますので、
毎月7日午前が、締め切りで、同月末のお届けとなりますので、今回の新作に
限らず、loosejointsが、気になっている方は、7日午前中までに
再度、ご確認してみて下さい。

Blog Rankingに参加中
↓良かったら、コレヲ!
人気blogランキング
RSS   
Posted by rivet_blog at 19:01Comments(0)TrackBack(0)