Retro Reflection


製作:梅ヶ枝きな様



Story(サイトより引用)*******

 少しの緊張と大きな期待を胸に、大学生活を過ごすべく上京して一日目。
不動産屋から紹介された場所には、見事な瓦礫の山が。
途方に暮れていた主人公(柳 未央/名前変更可)ですが、親切にも声をかけてくれた人がいました。

「お金がたまるまでの間、うちに来れば?」

最初は遠慮するものの、他にいいアイデアも浮かばず、結局なし崩しにお世話になる事に。

「なんて親切なお姉さん!」

けれど主人公は知らなかったのです。
瑞鳥ナツキと名乗ったその人は、実はお姉さんでは無く……



*******


プレイ時間:1周約45分、オールクリア1時間半(既読スキップやセーブを駆使して)




以下ネタバレ含みます。












大好きな梅ヶ枝さんのゲーム。サクッと遊べました。
私は現代モノより異世界ファンタジー系が好きなので、梅ヶ枝さんの作品なのにDLはずっと前にしているのに、全然やっておらず………


後悔しました。
何でもっと早くやらなかったのだ。


地の文がとにかく読みやすく、頭にサクサク入ってきます。
未央ちゃんが可愛い。


あらすじを読まずにプレイを開始して、まずは立夏先輩√をチョイス。




彼は、ロクスの生まれ変わりかな??
めちゃくちゃタイプ。


多分スタンダートにナツキさんから攻略するのがいいのかもしれないけど、
立夏先輩から攻略すると、立夏先輩のドロドロした感情を堪能してからナツキさんの話が聞けるので、どちらも目線が変わって面白いと思います。


最初は、チャラ男だったのに未央ちゃんに出会ってから一途な男にかわったんだ!!みたいな
チャラ男√あるあるかな、と思っていたのですが、
なんだこのサイコp……やばい人だった。
(新しい)お母さん、彼をこんな歪んだ子にしてくれてありがとう。


携帯のところなんかはゾッとしましたね。彼のやばさが最高に出てましたね。
携帯を珈琲ポチャりんさせられても「好きになったから」と気持ちの芯がしっかりしている未央ちゃんがとっても好き。
過去話でもそうですが、ちゃんと恋に恋している、ではなくちゃんと好きという気持ちをしっかり持った未央ちゃんは強いね。

あと、クリア後のおまけシナリオの立夏先輩も怖くて好き。
策士だし、なんの躊躇いもなくそういう事できちゃうの怖すぎ大好きです(
なんだろうなぁ…こう……梅ヶ枝さんの心まで囚われのある種のヤンデレというかメリバというか……蝶やアウェアネスでもあったようなそういう描写が大好きですね…。

何度も言うがこういう闇の深いいっけん軽そうな男大好きです。ありがとう……。



ナツキさん√は、どこで性別をばらすのだろう、と思っていたら割と序盤で言っていて驚きました。
で、葛藤するのかしらと思ったけど
ぐっすり眠れる未央ちゃんはやっぱり強いし、特に葛藤もなくナツキさんはナツキさん、と言える未央ちゃんが大好きです('ω')。

立夏先輩の√で彼に対する感情等は垣間見えておりましたが、なんだかナツキさん視点から見ると切ないですね。
あと、乙女ゲームやってて何度も「無理」ってフラれるのが新鮮。笑

最後の+αの部分で出た未央ちゃんとナツキさんの「  」という関係は素敵ですね。
確かに2人の関係は、恋人じゃなくて、友達でもなくて…と思うとピッタリな気がします。



星のお話も入ってきて、綺麗な世界観に闇があって面白かったです。
一気にプレイしてしまいました。ありがとうございました。




システムボタンがちょっと乏しいのだけ気になりました。
メッセージウインドウ消させてェェェ!ConfigとAutoボタンをぉぉぉ!!と…!