【タイトル】恋愛のすゝめ
【製作者】ぺてぃ


【あらすじ】(サイトより引用)

「信じられるのは,お金だけ・・・」

そんなことを考えていた私が,ふと目覚めると・・・
目の前にいるのは,本物の福沢諭吉!?樋口一葉!?野口英世!?

私,異世界に迷い込んじゃった?
どういうことなの?どうしたら帰れるの?

でも,どうして?この世界はとても―――

¥これは お札と私の 不思議で切ない物語¥


******************************

【プレイ時間】一人1時間~1時間30分、オールクリア5時間



ずっと完成を応援していた作品です。
製作者さんとは以前から知り合いだったため、だんだん製作が進んでいく過程をとても楽しんでおりました。
完成おめでとうございます!!

今回私はテストプレイヤーとしてご協力させていただき、他の方より先にプレイしております。
純粋に楽しみにしていた作品だったため、こうして少しでも力になれて嬉しい限りです。




いわゆるトリップものですが、ご都合主義ですませるといった風なことはないとても設定や時代背景を細かく勉強された(もしくはもともと知識が豊富か)乙女ゲームでした。
文章も読みやすく、また歴史が進んでいく中で自然に恋愛が絡んでくる…といった感じでとても良かったです。


お金と恋する、ということでよく見知った名前の方々に出会いますが、それぞれの人物周りもとても細かくて、本当に主人公がタイムスリップしてしまった!!とすっと時代に溶け込むことができます。

また、クリア後に開放されるキャラクター紹介を見ると、実はこういうことなんだよ!ということもわかって二倍エモい…え…好き……ってなることができるのでおまけまで必見ですよ!!!



値段を安い順にしよう(!?)と思い、野口さん→樋口さん→諭吉さんとクリアしました。
基本的に√選択してしまえば一本道のゲームなので、無駄な周回ストレスがないのも魅力的。
(もちろん周回必須のも2周目することで見落としていた伏線に気づいたりもするので好きです!!)


スチルも差分含めずに50枚以上で多いうえに、立ち絵もたくさん動きがあってとにかくボリュームたっぷりです。
√ごとに主人公の恰好が変わるんだよ~~!!
フリーゲームというボリュームじゃない…!!







以下ネタバレ含みます。
ネタバレしかないです。











終わり方がそれぞれ違うのも凄く魅力的だなあって思いました。
英世さんは時代に残って共に過ごしていくし、樋口さんは儚いひと時を過ごし思い出を噛みしめて別れます。
諭吉さんはその2つをちょっと違ったテイストで混ざり合ったエンディング。

過去にいろいろトリップものはプレイしましたが、大体流れって一緒なんですよ。
4人攻略対象がいても、4人とも最後は時代に残るED!とかエンディングの形は一緒だったりするんですよね。
でもこの「恋愛のすゝめ」は、エンディングによって全然結末が違くて、凄く面白いなと思いました。




まずは野口さん√から。
猫系男子いいですよね~~~~。
懐いてからが本当に可愛くて。隙あらば手を出そうとしてるところも可愛すぎるし、うま~く懐に入り込んできたよ……
最初から最後まで押し倒していたような……笑
理系っぽさが出ているのか、どうしたらミヤコが傷つかずかつ自分のやりたいことをやろうとしてるのかとか、どストレートな感じですね。なんか理屈臭くて好き。


樋口さん√は、普通に女性として進んでいくから「まさかの百合!?」と思っていたら、違いましたね。笑
マジで、あの、くすぐりからの流れ最高じゃないですか???本当にここに萌えすぎてヤバかった。いいぞもっとやれーー!!(うるさい)
樋口さんが成功する前の苦悩が色々と描かれており、また樋口さんのことを殆ど知らなかったのですがこのゲームをプレイしてwikiを見に行ってしまったくらい興味がわきました。
邦子ちゃんも可愛いし、ここで夏目漱石が登場した時に「あれ?メッセージウィンドウの色が、あの謎の声と一緒??」となってたのもすきだなぁ…
ここでミヤコと出会ったことも漱石は覚えていて、パラレルワールド的な感じで最後の隠し√に進んでいたのかな…とか色々と妄想してしまいました。



諭吉さん√は2種類。最初は1つしか選択肢は選べません。
樋口さんが最初からニッコニコか後からニッコニコかですよね。(違う)
時間の読み方も勉強になりました。笑

諭吉さん√ね……諭吉さんはもちろん好きなんだけど……周吉が……超好き……
突然きゅん死にさせてこようとするんですよね彼。何で攻略できないんだ。ぐぬぬ。

お酒に酔ってた時も可愛かったんですけど、「諭吉さんはそういう人じゃないですよ~」「俺はそういう人なんだけど」って感じで迫ってきた時は悶絶した。
樋口さんも含めて、諭吉さん√はサブキャラクターが一番光った√に感じました。

意外と酒飲みタバコすっぱすぱの諭吉さんというギャップもまた好き。
ミヤコちゃんがこの先どうなったか、の歴史を殆ど語らないようにしていたのも凄くお気に入りです。
あとお団子にしてるミヤコちゃん可愛い。



最後に開放されるED。
ミヤコの全部全部を受けて止めてくれるような、謎の包容力がある夏目さん素敵すぎ。
人物紹介を見ればわかるけども、誰よりもミヤコが好きなところいいよねえ。
こういうタイプが選択肢を間違えるとヤンデレになるんですねわかります……笑




とにかく細かい部分まで凝られている、処女作品とは思えない高クオリティの乙女ゲームでした。
読みやすい文章、シナリオ、グラフィック、システムとどこをとっても大好きでした。
ありがとうございました。