【タイトル】ロゼッタと小さなベーカリー~幸せを呼ぶ女神みならい~
 【企画】いろはカルタ

【あらすじ】(サイトより引用)
ロゼッタは女神みならい。
ニンゲンの住む世界で女神さまになるために"キラキラ"を集めています。
収穫祭を控えたモントーナ町を訪ねると、町にたった一つだけあるベーカリーの息子・ジョージと出会います。
「あのね! わたし、キラキラをあつめて、かみさまにしてもらうんだ!」
この物語は、ロゼッタが小さなベーカリーを中心に女神さまになろうと頑張るお話です。

---------------------------------------------------------------------------------
全11話 1話6分程度で、トータル1時間くらい。



イラストを拝見して、凄く可愛らしいタッチが印象的な作品でした。

ロゼッタが幼くてかわいいお声なのと、BGM、SE、何から何まで可愛くて、
どこか温かい、素敵な街を想像しました。


歩くたびにピコピコいうのかわいいな~。
お話やイラストのタッチも更に相まって、ボイスドラマを聴いているというより、人形劇を想像しました。頭の中でお人形のロゼッタがぴょこぴょこ動いててとってもかわいかったです。


人形劇、ではなく絵本が正しいと最後のトラックで思ったけど!!笑



女神みならいのロゼッタが「きらきら」を集めて、神様になろうと頑張るお話です。
ジョージと一緒にベーカリーで働き、お遣いの途中でも誰かのために色々と奮闘したり…笑
はじめてのおつかいを見ている気持ちになります。ロゼッタ可愛い。


アヴィとクーの魔女ペアもかわいい。
アヴィも本当は寂しいんだよね…最後もうみんなでベーカリー経営しよう?と思った。
寂しいけど、魔女になりたいという思いも本物なんだな~と。
アヴィも素直になれないけど本当は……と、近所のオバサン目線になってしまった。可愛い。
クーが、ジョージの言葉を翻訳するとき、ちゃんとジョージに寄せるの可愛すぎか。


可愛いしか言ってない。笑



実はこの作品、エキストラ役で出ているみとせさん目当てで手に入れたのですが
トラック10くらいまで聞いて「あれ、みとせさん出てなくない?私が気付かなかった??」と混乱したまま最後のエピローグトラックを聞いて、

「アアアアア~~~~~~~(語彙力の喪失)」をおこしました。


ずるいよ…
パパみ溢れるみとせさんはずるいよ。突然のパパやめてよ!!!心臓によくない!!!笑


とてもご褒美でした本当にありがとうございました………
可愛いかわいい尊いかわいい……とずっと近所のオバサンだったのに、最後の最後に悶絶死した。オギャるってやつ……いや語彙力……


面白かったです、ありがとうございました!