紬唄-tsumugi uta-

荒咲りゆがプレイしたゲームのレビューをひたすら書いていきます。

カテゴリ: ゲーム製作



Giggle。シリーズ。
有名な方に実況していただいたこともあって

「Giggle」と打つと予測変換に「解説」や「ネタバレ」のような言葉が出てきてニヤニヤします。
色々考察してくださるって嬉しいですね。


基本的に完全な解説はしたくないです。
公式が公言してしまった以上、それ以外の可能性が否定されることになるので、
色々と考察してほしいかなという気持ちもあります。
実際、「なるほど、そういう解釈もありだな!」なんて思うこともありました。


ただずっと答えがわからないモヤモヤを抱えるのもなーという気持ちがあるので、
なんとなく解説をここにつけておきます。
第二弾の「ひそひそ」には解説がついているので、「くすくす」を中心に。



既に何度かツイートしたりしてるかもなので、まとめだと思ってね。
ネタバレしかないから、プレイしてから見てくれよな!





「Giggle。くすくす」


1.頷く

タイトルで瑛一を交通事故に見せかけて殺した犯人はわかるよね。
何で彼女が林に入ったのか。→「証拠隠滅」を図ろうとしたからです。

何で瑛一を殺したのかは、彼女にしかわからない。
幼少期に何かあったのかもね。
好きと憎いは紙一重かもね。
もともとサイコパスなのかもね。

十年以上殺意を持ってるってすごいね。




2.祝福の花束を添えて

解説いる?
1つ補足をするなら、
「紐でつながった2人の足首」ですが、これは「離れないように」するためです。
2人にとって最高の幸せは「1つに混ざり合うこと」だったからね。


あと、「テレビである芸能人夫婦が...」って下り、ちゃんと元ネタの芸能人夫婦がいるよ。
実況のコメント欄で知ってる人いて嬉しかった笑



3.Small type bear

そもそもこの話は別の企画に投稿する予定の話だったのですが、その企画のコンセプトと合わずに没になったので、
これを供養するために生まれたのが「Giggle」です。
この話は単に「古賀たくま」の言葉遊びから生まれたよ。

たくまは「泣き虫のちーちゃん」しか知らないので、大人になって冷めた子になった彼女=ちーちゃんってわからなかった。
だからもしかしたら、「泣いている君を抱きしめる」ことで、この子がちーちゃんってわかるかもね?

最後をあえて明言しないことで、どうなったかわからないってちょっと怖いよね!



4.2度、生まれる

これも解説いらんね?
とりあえず娘のゆきとお父さんの掛け合いですが、
お父さんの返事がゆきには聞こえていなくてもちゃんと成り立つように気をつけた。

タイトルつけるの結構悩んだ。
でもあえて「生まれる」にしたよ。





「ひそひそ」シリーズ。

ゲームにある解説以上のことは聞かれない限り基本的には言わないよ!


1.は解説要らないな.._(:3 」∠)_

2.は考察して欲しいが強いからあんま公言したくないんだよね。
解説の最後の“あの子”が誰で、どうしてあの日からずっとドアが開いているのかを考えてみてほしい。


3.ついてくる
ストーカー説が多いのだけど、ストーカーというより
”あの夜、何か見られてはいけないことをしていた女“なんだよね。
だから男に見られたかも、と思って
憑いて...ではなく、ついて(付いて)(突いて)きたんだよ。

ちなみにインターホンの背景素材は私の自宅です。


4.も5.+解説あるからこれ以上は要らないね。
奈凸さんのタイトルコールの切なさがやばすぎたね。




これくらいっかなー_(:3 」∠)_
いろんな人の考察や感想がきけてとっても楽しいし、

Giggleは千文字喫茶を意識して作ったのでどのお話も千文字前後なんだよ!
お陰で話を短くまとめるの上手になった気がする。笑


また息抜きにGiggleやむいむい。みたいなゲーム作りたい_(:3 」∠)_



おしまい



基本的に赤い選択肢を選ぶと黎牙√へ、青い選択肢を選ぶと蓮都√に入ります。
選択肢は3つずつ。

黎牙√に入ると残りは一本道。
蓮都√に入ると、そこからさらに3つ選択肢が現れて√分岐します。
 (青い選択肢で蓮都ED2、赤い選択肢で蓮都ED3です)




おすすめ攻略順は黎牙→蓮都の順番です('ω')!


+++完全攻略+++

===============================
◎ED1 黎牙√(赤い選択肢)

黎牙に見てもらう→うまく誤魔化す→黎牙と乗る


===============================
◎蓮都√(青い選択肢)

蓮都に見てもらう→正直に言う→蓮都と乗る

◎ED2(青のみ)
→抱き着く→握った→理由を尋ねる

◎ED3(赤のみ)
→お礼を言う→はぐらかした→沈黙する

===============================

既読スキップやセーブロードを駆使して頂けたらと思います。



title
 
祝!第14回ふりーむ!コンテストブラウザ部門銅賞~~!
(/・ω・)/わーぱちぱち!


こんばんは荒咲りゆです。
平成の最後に素敵なお祝いを頂いてとっても幸せです!!!
ありがとうございます!!




少し、荒咲りゆ自身と、ゲーム制作について語らせてください。


2年半くらい前に、ゲーム制作を始めて、最初は色々と拙いことばかりで
当時の関係者の方にはいろいろとご迷惑を多々おかけしたと思います。

誰も知り合いのいない、たった一人で始めたゲーム制作。
まずは自分を知ってもらおうと色々と奮闘した覚えがあります。
若干の黒歴史感が否めませんが、それを超えて今の自分がいるのでまあよし…笑


そんな一人だった自分が、今やたくさんの方と出会って、お祝いしてもらえて…
本当に幸せなことだと感じています。
「荒咲りゆ」は、自分で1から作り上げた世界なんです。


先日のM3で、「●●さん(フォロワーさん)や××さん(フォロワーさん)は本当に人気だよね~」なんて話をしていた際に、「りゆさんも周りから見たら人気者だよ!?」って言われました。
何気ない一言だけど、それがとっても嬉しかったんです。
人気者になりたい、とかではないのだけども、
「自分が客観的に評価してもらっている」ことがとても嬉しかったんです。


他にも「この人なら安心できる企画者」にとっくになれていると教えてもらって、
頑張ってきてよかったなあ、と思いました。

ゲーム製作者として、企画者として成長できたと感じています。




ゲームに関してもですが、
Giggle。くすくすだけではなく他のゲームでもたくさん感想を頂けて本当に有難うの気持ちでいっぱいです。


「死神のKISS」は一番イラストを描いて頂いているかも…!
初めての短編だったので、この作品で荒咲りゆ作品に触れたって方も多い気がします。

塩路ハルさんとの合作「7日目の花嫁」もノベルゲームコレクションのティラノフェスで入賞することができて、とてもうれしかったです。


レビューとしては「永3-Eimin-」が一番感想を頂いている気がします。
前にも言った気がしますが、「この話わたしの妄想2000%だけど大丈夫??」って公開までずっとヒヤヒヤしていたので、面白かったと言っていただけて嬉しかったし、妄想2000%が評価されたことで凄く自信を持つことができました。


そして、Giggle。くすくす。
これは有名実況者のポッキーさんに実況して頂いたことで爆発的に広まった気がします…
それ以前からたくさん実況もして頂いたり、感想も頂いていたのですが、実況者効果すごいね…!!
もはや恐怖すら感じたよ!

この作品に関しては、イラストがないので自分の文章で勝負。という要素が強かったため
今回銅賞を頂いて本当に自信につながった気がしますし、評価して頂いて嬉しかったです。
まあ普段私が作っているジャンルじゃないんだけど!!!笑



とまあ、こんな感じで
「荒咲りゆ」という人間と、「作ったゲーム作品」が
最近目に見える形で評価して頂いているのが嬉しいよってお話です。

もちろん、ネガティブな言葉も見てきました。
一人だったらその言葉にやられてゲーム制作続けられなかったかもしれません。
皆様がいるから、今の自分がいるんだなあと強く感じて感謝の気持ちでいっぱいです……!!
お陰様で自分の成長を日々感じてます!!!
ありがとうございます。


これからもよろしくお願いします('ω')!



+++++++++++++



ついでに今後のお話も。



そんな銅賞を頂いた「Giggle。くすくす」ですが、



な。な。ななんと!


第2弾が完成し、現在ノベコレさんにて申請中です!!!!!!!!!!


前作からより進化?したGiggleを是非お楽しみください!!!
今回もフルボイス!

ちなみに関係者の方から「前作より怖い」という声を頂きました。
自分でもそう思います。笑




それから、ずっと製作中のたそがれユヴァスキュラ。
こっちは乙女ゲームですね。

製作進捗度としては、
・本編スチルが最後の1枚、あと1キャラ描くのみ
→もしかしたら追加で描くかもなぁ…
・本編スクリプトは残り3シナリオ分組み込むのみ
といった感じなので、完成が見えてきました。


少しだけ弱音を吐きますと
最近ちょっとモチベーションが落ちていたんです。

1月に終了予定だったボイス収録が未だにご提出頂けてなかったりとか、
イラストを描くペースが遅くなりすぎてイラストに取り組むまでの腰が重すぎるとか、
子供が成長するにつれて製作時間がとれなすぎるとか…
色々と要因はありますが、それもあって進捗が芳しくなくて。

でも、M3の日の夜に同業者であり、もはや友達である梨麦ななめちゃんと
同人乙女ゲームやゲーム制作について熱く語り合ったおかげで
早く完成させて、表に出したい!!!!という欲が強まりました。
こういう時に良き理解者である彼女に感謝でした…。

GW中は製作時間が殆どとれないので、明けから気合いれて頑張るぞーー!!!
完成したら、ぜひイラストの成長度も合わせて楽しんでください笑



あとは、秋M3参加したいなと前々から考えていて
少しずつ始動しております☆!

他にも合同製作のシナリオも進めたり…と、
やりたいことたくさんのりゆさんです。



令和になってもよろしくお願いします。





荒咲りゆ

↑このページのトップヘ