RIZAP/ライザップ ☆60日間の糖質制限食の記録☆

*アラフォー会社員が2か月過ごしたRIZAP DAYS。体重-7kg、ウェスト-17cmを達成した食事とトレーニングの記録です。*

ダイエットをするとき、お酒はダメという記事はよく見ます。

でもその理由はけっこう曖昧なような・・・。

・お酒はカロリーや糖質があるから?

・おつまみが高カロリーだから?

・酔ってタガが外れてドカ食いするから?

では少量ならいいの?とか、おつまみに気をつければいいの?とか思います。

ライザップでも減量中はお酒はNGでした。

本当の理由は、代謝機構を壊すからです!

脂肪の分解とか、筋肉の合成とか、ダイエットに大切なプロセスに向けられるべきパワーが、

お酒の分解に割かれてしまうので、ダメなんですって!

ということは、本気なら少量もダメということになります。


IMG_7092
 たまにならいいけどね☆

秘策ではなく事実なのですが、知らない人にぜひ伝えたいことがあります。

「お腹すいた―!!!」となる我慢できないほどの空腹感。

あれは、炭水化物がもたらすものです。(たぶん血糖値の乱高下)

猛烈な空腹感は我慢できるものではありません。

これを我慢するのがダイエットだと思っている方に朗報!

タンパク質でお腹を満たすとあの空腹感は来ません。本当です。


低糖質の食事、すなわちタンパク質多めの食事だと、

満腹:胃がずっしり
空腹:胃がずっしりしていない

という感覚です。

↓豪華海鮮丼(ごはんなし)。胃が物理的に満たされます。
IMG_8394


糖質が多い食事、たとえばがっつりパンや白米を食べる食事だと、

満腹:お腹いっぱい―(と頭で感じてる)
空腹:お腹すいたーーー(と頭で感じる)

というイメージです。

↓ピザパーティ~♪ これで満たしたら、あとで急激な空腹感がきます。
pz


「ダイエットで我慢はしていません」というフレーズ。

仙人みたいで怪しい気がしますよね?

しかし本当に空腹感が来ないとしたら、我慢を強いられる瞬間が来ないとしたら、こんなに楽なことはありません。

低糖質生活を続けられる理由は、我慢の必要がないからだ、としばらくしてから気づきました。^^




ライザップを卒業してから4年!

筋トレと低糖質は生活習慣の中に組み込まれているので、リバウンドなく過ごせています。

やり方を知っているだけで、我慢とか苦労なく、中年体型から逃れられるのは、ありがたいことです。

それでもこの1年は1kgほど体重が高止まりして、また以前ほど簡単に体重コントロールができなくなってきている気もして、4年の歳の重みを感じています。
4anv

 やり方ってどんなやり方?

こちらが平日の食事です。ワンパターン過ぎてエサモードって呼んでます。

でも決してエサではなく、毎食おいしい~☆って満足しています。

朝:4年間、ササミブロッコリーとプロテインヨーグルト。
最近はビタミンいるかなと思って、キウイをプラス。
(最近、朝食の写真撮ってないなー、てなわけで昔の写真ですみませんー)
IMG_6036

昼:定番の居酒屋ランチ。ご飯は基本ナシ。
ご飯をつけたり、おかずを追加していたときもあったけど、ここ最近はやめてます。
(なんか雑な撮り方ですみませんー)
IMG_8843

夜:ゆで玉子とチキン。
最近は片手で食べられるコンビニチキンが増えました。最近はもっと軽いチキンを選んでいます。
ちょっと野菜不足であまり褒められたメニューではないですね。
IMG_6429

3食の他に10時と16時にヨーグルトプロテイン。

小腹がすいたら、ナッツや黒豆をつまんでいます。

お菓子はだらだらつまみませんが、おやつとして食べることはあります。

これでだいたい1800kcal。

そして食べるときは食べます!メリハリが大事!

IMG_8678

トレーニングは週3回くらいです。

本当はもっとやりたいけど、気持ちが続かず、かろうじて、

脚の日 → 背中の日 →胸肩腕の日

でまわしています。^^;

↑このページのトップヘ