低糖質ダイエットがはやるにつれて、低糖質は危険だ、という主張も目にするようになりました。

食事は栄養バランス(タンパク質・脂質・炭水化物)が大切なので、偏ったことをするのは確かによくありません。

ただやってみて思ったのは、低糖質にしようとするくらいがちょうどよい、ということです。


糖質を摂り過ぎることは本当に簡単です。現代人、炭水化物摂り過ぎ!

ピザとバケット、じゃがいもパスタとパン、ハンバーガーとポテト、蕎麦とかやくごはん・・・

気をつけてないと炭水化物ばかり摂るようなものがまわりに多いのです。
IMG_0456


では、炭水化物の適切な量とは?

1回の食事あたり自分のグーのサイズがよいと聞いて実践していますが、とても調子よいです!

この量でおさえれば血糖値がドドンと上がることもないようで、食後のほてりや眠気はありません。

グーのサイズはおにぎり1個分くらいですね。またはおしゃれなイタリアンレストランで出てくるような少量のパスタ。
IMG_0118


数値的なところでいうと、ゆる低糖質な生活としては1日の糖質量100g前後を目指しています。


定食屋さんではごはんを少なくしてもらいますが、グーのサイズにしてもらうのはけっこう苦労します。

「ごはん半分」というと、実質はほとんど減らされずに出てくることがほとんどです。経験上「ごはん1/5でお願いします」、というと、驚かれてやっと半分くらいになります。


↓こちらはいきつけの定食屋さんで「ごはん極小」を注文したときの量。いきつけでないとこうはならないです。

お上品な二口くらいなので、ちと少なすぎではあります。^^;
グーのサイズならもうちょっと多くて大丈夫です。
IMG_3331