RIZAP/ライザップ ☆60日間の糖質制限食の記録☆

*アラフォー会社員が2か月過ごしたRIZAP DAYS。体重-7kg、ウェスト-17cmを達成した食事とトレーニングの記録です。*

カテゴリ: ダイエット徒然

ダイエットをするとき、お酒はダメという記事はよく見ます。

でもその理由はけっこう曖昧なような・・・。

・お酒はカロリーや糖質があるから?

・おつまみが高カロリーだから?

・酔ってタガが外れてドカ食いするから?

では少量ならいいの?とか、おつまみに気をつければいいの?とか思います。

ライザップでも減量中はお酒はNGでした。

本当の理由は、代謝機構を壊すからです!

脂肪の分解とか、筋肉の合成とか、ダイエットに大切なプロセスに向けられるべきパワーが、

お酒の分解に割かれてしまうので、ダメなんですって!

ということは、本気なら少量もダメということになります。


IMG_7092
 たまにならいいけどね☆

秘策ではなく事実なのですが、知らない人にぜひ伝えたいことがあります。

「お腹すいた―!!!」となる我慢できないほどの空腹感。

あれは、炭水化物がもたらすものです。(たぶん血糖値の乱高下)

猛烈な空腹感は我慢できるものではありません。

これを我慢するのがダイエットだと思っている方に朗報!

タンパク質でお腹を満たすとあの空腹感は来ません。本当です。


低糖質の食事、すなわちタンパク質多めの食事だと、

満腹:胃がずっしり
空腹:胃がずっしりしていない

という感覚です。

↓豪華海鮮丼(ごはんなし)。胃が物理的に満たされます。
IMG_8394


糖質が多い食事、たとえばがっつりパンや白米を食べる食事だと、

満腹:お腹いっぱい―(と頭で感じてる)
空腹:お腹すいたーーー(と頭で感じる)

というイメージです。

↓ピザパーティ~♪ これで満たしたら、あとで急激な空腹感がきます。
pz


「ダイエットで我慢はしていません」というフレーズ。

仙人みたいで怪しい気がしますよね?

しかし本当に空腹感が来ないとしたら、我慢を強いられる瞬間が来ないとしたら、こんなに楽なことはありません。

低糖質生活を続けられる理由は、我慢の必要がないからだ、としばらくしてから気づきました。^^




ダイエットといえば食事と運動、ですが、たまに睡眠の話もでます。

睡眠とは、脳とカラダのメンテナンスが行われる時間だそうで、となるとダイエットには大切な要素になってきます。

学術的なことはわかりませんが、睡眠の最初の3時間は脳のメンテナンス時間だそうです。

記憶の定着だったり、嫌なことを忘れる(?)ための処理。

そして脳のメンテナンスが完了したら、カラダのメンテ時間みたいです。

筋肉の修復だったり、腸のお手入れだったり、脂肪の分解だったり。これがダイエットに重要!

カラダのメンテ時間をおろそかにすると、本来分解される脂肪が貯まってしまうのかも・・

寝る直前に食べると、消化にパワーが向いてしまってよくない、とよく言われますが、おそらく本来すべきカラダのメンテナンスに支障が出るのでしょう。

ダイエットは食事が大切ですが、正しく吸収、分解されるかまで、見届けないと食事の努力が台無しになる恐れがあります!

お酒がダイエットによくない理由もこれと同じようです。

お酒のカロリーやおつまみのカロリーは話題になりますが、お酒がだめな本当の理由は代謝を崩すから、とライザップのトレーナーさんに教わりました。

RIZAPでは1日2回、朝と夜に体重を計るように言われます。

やっている人はわかると思うのですが、夜の体重は朝より重く、朝の体重は夜より減ります。

汗やトイレでOUTはあるにしろ、寝てるだけでこんなに減るんだ、と思いますが、体のメンテナンスが行われているなら納得です。

食事と睡眠はセットなのですね☆

yn
 

夜を少なくすることを重視していると飲み会は警戒しますが、危険度は飲み会のスタイルにもより、意外と大丈夫です。

<危険な飲み会>
・懐石料理
・フレンチフルコース
・旅館の夕食

一人一皿用意されてしまうスタイルは可能なら避けた方がよいです。

自分のペースを守るには残すか、人に譲るしかなく、非現実的です。

<安全な飲み会>
・和風の居酒屋
・海鮮系
・バル系(肉や野菜のメニューが多い)

自分で食べる量を調節できるスタイルならば、どんな飲み会でも大丈夫です。

自分の意志次第^^

大皿からとる分には食べる量が少なくても、周囲は気づかないと思います。

それに肉、魚、野菜がたくさん食べられるお店ならば、たまにはたくさん食べてもよいと思います。

<少し危険>
・焼肉
・中華料理
・大皿だけど、個数が明確になっているもの

焼肉は肉なのでOKなのですが、たぶん脂質が多いのかな、行くと必ず体重が増えます。

中華は基本は油を多用しているので、高カロリーになってしまいます。

またブルスケッタやピザなど、大皿だけど個数がはっきりしていると、避けずらいこともあります。

<飲み会征服のコツ>

・自分が幹事をやって都合のよいお店を選ぶ (私が幹事をしたら和食かお肉!)

・幹事にお店をリクエストしたり、食べたいものを言う (幹事さんはお店選びで悩むので、リクエストがあった方がありがたいことも。私は肉が食べたい!とリクエストします。がっつりなイメージがあって前向きです。)

・飲み会の日のお昼はお米なしにしたり、食べ過ぎないように注意する (一日合計カロリーのコントロール)

・飲み会前に間食する (夕方満たしておくと、夜のドカ食いを避けられます)

・飲み会では炭水化物はなるべく避ける

・早いタイミングで水を用意しておく

・飲み会のあとは一駅や二駅先まで歩く (酔いさましにもちょうどよいです)

・休日のパーティなら昼間や夕方早い時間にやることを提案する

・ストイックバージョン:飲み会前に早退して筋トレしてから参加する

IMG_5823

お肉と野菜が自分のペースで食べられたら最高~☆
IMG_5832

昼ならパンもありねー。お水を用意しておくと飲み過ぎ防止に。
IMG_7243


たまに少し体重が増加傾向だな、と思ったときに、小麦系の洋菓子おやつ(クッキーなど)を1週間程度完全に断つことがあります。

そして気づいたのですが、止めているときは小麦系おやつを食べたい、と思わなくなります。

糖質の中毒性に関する記事を見たことがあって、そんなことあるわけない、と思っていましたが、もしかするとあるかもしれません。

中毒というほど重篤なものではないと思いますが、一度やめてみてそれに慣れてくると、思っていたより苦しくないことに気づくと思います。

スイーツに興味がなくなった、というのはウソになりますが、少量で満足できるようになったのは本当です。

我慢はツライけど、そもそも我慢する感覚が訪れない、というのはダイエットの大きな味方では?

※ブラックコーヒーは甘いものと合います。
なんだかストイックに見えますが、試食で配られた、クッキーの小片で満足。
IMG_1889



↑このページのトップヘ