釈迦牟尼仏御命日(布薩の日)・第53回青年の日

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは、一切関りがありません。>
釈迦牟尼仏御命日(布薩の日)
第53回青年の日~大河の一滴になろう~
キャプチャ
 
 クレマチスの花が咲き誇る5月15日教会にて釈迦牟尼仏御命日及び第53回青年の日の式典をさせてい頂きました。

ご供養 (002)

 会長先生のご法話では「ものの見方」のお話から、“幸せ”と感じるのは、その人にそう感じる心があるからで、幸せを感じた人にのみそこに存在する、感じた人にのみ幸せが生まれる。同様にどんなに恵まれた環境にいる人でも、本人が不幸だと思えばそれは不幸なことになります。逆に状況や環境が他の人から見て酷いものであっても本人が幸せを感じていればそれが幸せになる。幸も不幸も存在しない。その人自身の心が決めているのですと教えて頂きました。

 婦人部副部長さんの体験説法では、会員教育や教師入課教育の研修に入らせて頂く中で、自分のすべての経験を振り返り、苦を見つめ、人生には意味があり受け止め方次第でその後の人生が変わる、そして自分の使命について考えることができた。また法華経や家庭教育も学びながら一人でも多くの方の心の拠りどころとなれるよう、家庭の中が常に幸せで心やすまる場所となれる家庭が一つでも増えるようお手伝いができる自分にならせて頂きたいと決意を述べられました。
DSC_5959 (002)


 舞鶴市教育委員会の教育長さんから舞鶴市の教育について
 教育の目的とは、人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者として必要な資質を備えた心身ともに健康な国民の育成を目指して行われなければならない。
 また「おおきな木」の物語から、与えるばかりが教育ではない、与えるばかりで貰い続ける人をづくるのが教育ではないということをお話頂きました。

 教会長さんの説法では、「仏性礼拝行に徹せよ」一人ひとりみんな素晴らしい持ち味、個性を持っている訳だから、それを比べるのではなく、一人ひとりの可能性を引き出していく教育の在りよう、それを仏教用語では「仏性開顕」と教えて頂いている。すべて縁起の法則によって、どういうご縁になるかで人格が形成されていくと教えて頂きました。

DSC_5969 (002)


 人格完成を目指し、会員・部員としての使命を理解し・自覚に立ち、社会貢献できる青年が増えるよう、善いご縁を結ばせて頂きます。


合掌

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは、一切関りがありません。>  

 



令和4年降誕会

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは一切関わりがありません>
看板


IMGP3526

 満開に咲きほこり、たのしませてくれていた桜も、地面をピンク色に染め上げています🌸

48日、降誕会式典は本部式典に参加させていただき、お釈迦さまの誕生をお祝いすると共に、尊いいのち・尊い教えをいただいたことの感謝と、今なお続くロシアのウクライナへの侵攻早期終結を祈念し、ご供養をさせていただきました🙏

教会長、説法

 教会長さんの説法では、

★お釈迦さまがお生まれになった時に七歩あるかれたという意味は六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上)から一歩抜け出して、聖なる四つ(声聞・縁覚・菩薩・仏)へ行くということ。

だから、六道から一歩先に行くよう七歩あるかれたことを、会長先生から改めて噛みしめていただきました。

 

★私達もわが家においては、六道が当たり前のようになっていますが、自己中心やわがままな心から「人さまの為に」「人さまと共に」ともう一歩、踏み出すことが大事です。

日常生活に於いて、洗顔する時でも何でも、水を大切にすること、会長先生の奥さまから教えていただいたように、買い物の時も、今日使う食材は賞味期限の近いものを選び、次の人にも良いものを選んでもらうよう心がけることなど、みんなが助け合い、喜んでいただけるよう自分の生活を整えることが大切です。日頃の生活そのものが仏道であり、それが七歩あるかれたことと同じ意味です。

 

★会員綱領にある「仏教の本質的な救われ方」とは、私たちがすでにいただいている幸せに気づき、「ありがとう」と感謝の心で受けとること、自分がすでに浴している恩恵に気づくことが、そのまま本質的な救いである(会長先生2011年ご法話)と教えていただいてます。

ああなれば、こうなれば幸せというのでなく、今このままがありがたいと思えることが幸せです。嬉しい事や色々言ってくれる人、教会に来て素晴らしい仲間と出会えた事も、ありがたい🙆

諸行無常と諸法無我を活用させていただいたら毎日がありがたい。

夜、寝る時にこのままがありがたいと休めたら、最高の幸せです。🙏

日々、そうした感謝の生活を送れたら本質的な救われがわかった人です。

 

★今日の降誕会を通じて、この春爛漫のよう、心も嬉しくありがたくなるよう、一歩踏み出して、よき縁を結べるよう精進させていただきましょうと教えていただきました。

 

♥どんなことも、祈りつつ行動し、行動しつつ祈る大切さを教えていただいてますが、毎日朝夕のご供養でロシアのウクライナ侵攻への早期終結、世界平和を祈念させていただきながらも、迷いの六道に、すっぽり入っている自分があり、特に家庭では反省もしばしばです。😅

 

85才になる母が病院や友人宅に行く時に約束の時間になると「行こかー」と言う言葉に「行ってくれるかー」なら、わかるのに!ととらわれ、心の中は、面白くありませんでした。
 そのことを教会長さんに聞いていただく機会がありました。教会長さんは「あなたは赤ちゃんの時に、お乳を飲ませてもらった時、おむつを替えてもらった時、11回お礼を言ってきたの?」と質問されました。そのひと言で自己中心な自分から目が覚めました。自分の記憶にない、1番大事なおかげさまをすっかり忘れていました。
 今、そのお返しをさせていただける事がありがたい事なんだと、気づかせていただきました。
 迷いの六道(地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天国)から聖なる四界(声聞・縁覚・菩薩・仏)へ行くには、常に自分の心にご本仏さまを勧請し、主任さん・支部長さんに求道して、善き縁に触れ、真心込めて実践することが大切だと思います。

 

降誕会を機にお陰さまの心を忘れず、自己中心の心から常に1歩踏み出して、人さまの為によき縁を結ばせいただき、かけがえのない尊い命を輝かせて行けるよう精進させていただきます

                            合掌

 


<このブログに出てくる広告は、佼成会とは一切関わりがありません>

令和4年4月朔日参りと花まつり地域布教

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは、一切関わりがありません。>
さくら45
(青空に映える境内地の桜)

 4月に入り、今年も境内地の桜が、花を見事に、満開に咲かせてくれました。
 毎年、決まった時期に、芽を出し、花を咲かせ、私たちの心を和ませてくれる境内地の花々に感謝です。

 4月朔日参り・布薩の日の式典では、教会長さんより、 
★会長先生より「心」が大切と教えていただきました。また、佼成4月号の開祖さまご法話では、
「釈尊のご一生をしのんで」というところで、「4月8日は、お釈迦さまの降誕会であります。(中略)出家なさった原因については、いろいろなことがいわれていますが、その最も大きなものは平和への願いであったとする学者もあります。ほんとうにこの世を平和にするには、個人個人の心を改造し、大多数の幸福のためには自分の利益を犠牲にできるような人間をふやしていくよりほかはない。遠回りのようではあるけれども、これが平和のための真の大道である―というお考えのもとに、その道をおえらびになったというのです。」と開祖さまが教えてくださっているように、「ほんとうにこの世を平和にするには、個人個人の心を改造し、大多数の幸福のためには自分の利益を犠牲にできるような人間をふやしていく」というお役が私たちにはあるのです。

★4月になって、いよいよ春爛漫な時に入ります。心身共に、体調に気をつけ、世の中の動きにも対応していき、心豊かに過ごさせていただきましょう。それには、学ばせていただいたことをコツコツと実行させていただくことを続けて行くことが大切です。お釈迦さまのお誕生の月ですので、皆で楽しく、大らかに努力精進させていただきましょう。
と教えていただきました。

会員綱領にあるように「家庭・社会・国家・世界の平和境建設のため菩薩行に挺身することを期す」と願っている私達ですので、「同悲同苦」の心で、朝夕のご供養の中でウクライナの情勢が平和的に解決することを祈らせていただき、募金など今できることを精一杯させていただきたいと思います。

 また、4月8日、降誕会には、誕生仏さまに甘茶をかけて、お釈迦さまの誕生をお祝いする「花まつり」をさせていただきます。
 今年は、一足先に地域の「花まつり・桜並木の歩行者天国」で、春を喜び誕生仏に甘茶をかけてお祝いする花御堂を出させていただきました。コロナ禍の中で、2年間、途絶えていましたが、今年は、再開が決まり、出させていただきました。
 センター

あまちゃ
 多くの方々が、足を止めてくださり、甘茶をかけるために行列をつくってくださいました。
「懐かしいわ」と言って、甘茶をかけてくださる年配の方や、甘茶のかけ方を教えてもらいながら潅仏(仏さまに甘茶をかけること)をしてくださる子どもさんなど様々でしたが、みなさまに喜んでいただくことができ大変、ありがたい「花まつり」となりました。ありがとうございました。合掌

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは、一切関わりがありません。>
ギャラリー
  • 釈迦牟尼仏御命日(布薩の日)・第53回青年の日
  • 釈迦牟尼仏御命日(布薩の日)・第53回青年の日
  • 釈迦牟尼仏御命日(布薩の日)・第53回青年の日
  • 釈迦牟尼仏御命日(布薩の日)・第53回青年の日
  • 令和4年降誕会
  • 令和4年降誕会
  • 令和4年降誕会
  • 令和4年4月朔日参りと花まつり地域布教
  • 令和4年4月朔日参りと花まつり地域布教
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ