令和3年次 4月朔日参り布薩の日

<このブログに出てくる広告は、立正佼成会とは、一切関わりがありません> 

 教会の境内の桜も、今年は例年より早く満開を迎え、見事に咲き私たちを楽しませていただき、そして学生・就職の方の新スタートのお祝いもしてくださっているように感じます🌸

 しだれ桜の枝ぶりが見事で、寒い時に壮年部さん方が雪釣りをしてくださったお陰さまを感じさせていただきました🎶

 

 4月、朔日参り・布薩の日式典をご本部式典に合わせ、担当支部・健幸行で行わせていただきました。読経供養では、舞鶴では1月~3月までコロナ感染者が出ず、創意工夫をして、更に信者さんと心が繋がり合えた感謝と降誕会の月、自らの命の尊さを自覚し、思いやり・慈悲の心でコロナ収束を願い布教伝道、菩薩行実践のご供養をさせていただきました。

 

 会長先生のご法話を通して、教会長さんより次のことをかみしめていただきました。

  

佼成会は「生活の仏教」「実践の仏教」。

学者を作る場ではなく、教えを生活の場に実践をして、いかにありがたい結果を出して行くかが大事!

 

それには、三毒→貧・瞋・痴を滅すること😓

三毒の中でも一番の元締めは貪欲。それを、無くすには、どうしたら良いか?

人さまの為に、お導き・お手取りや健幸行・法座・御命日等々、自分のことはさておいて、ご法を優先するということが、そのまま貪欲を捨てること。

それを、コツコツ続けて行ったら、いつの間にか「諸苦の所因は貪欲これもとなり」というように、貪欲がうすれてくる。その結果、身体の中にインターフェロンが一杯出て、色々なものに新鮮さを感じたり感動する心になれる🎶

 

 会長先生ご法話2013より、「人が変化に順応するのは、新たな出会いによる刺激や環境の変化の影響を受けて自分を変えることです。それは、より創造的に生きるということであり、人間的な成長をうながすとともに、人生において大事なことを発見するチャンスでもあります。では、日常の小さな変化を見つけたり、出会いを成長や喜びに変えるには何が大切なのでしょうか。そのコツの一つは、素直になることです。」と示していただいている。

 会長先生が今日「信仰している人はボケない」と言われたのは、何ごとにおいても日常の小さな変化を見つけたり、出会いや成長を喜びに変える自分になること。

 素直に感動する心が備わっているかどうか。

 四季折々の花にも、芽が出ては感動・咲いては感動と一つ一つ感じているかどうか。今日の会長先生のお言葉を生かし、日常の小さな変化に反応しなければ、もったいない。

様々な出会いを宝物にできるコツは素直!

何でも素直に受け取ると、常に新鮮に感じとれる。

触れるもの、見るもの全部自分の栄養にし、感謝のできる人に!

 

 私たちも釈尊と同じように、みんな素晴らしい可能性を持っている→だから、どうすれば良いか→法に素直になる・教えに素直になること。

 いつも、開祖さまや会長先生から教えて頂いている、「していただいて、ありがたい・させていただいて、ありがたい」という思いで日々生活させていただく。そんな人が一緒にいたら、いつも新鮮でありがたい😂

 教えを学んだら、家庭においても素直になって、拝み合っていける私達になっていけば、間違いなくお互い様幸せになれます。

       と、教えていただきました。

 

 

 先日も教会境内の奥のプラムの木に花が咲いている事を教えてもらって、初めて気がつきました😓  満開に咲いてくれていたのに、気がつかない自分にも、ビックリでした。そんな身近な事に気づかないのに、お手取りに行って「どんな花を育てておられるのか」「何に関心を持っておられるのか」キャッチ出来ないはずと内省しました(-_-)

 わが家も母が様々な花を咲かせてくれていますが、来て下さった方が褒めて下さると嬉しいですし、何も気づかず帰られると、少し寂しいです。逆に、そんな思いを掛けさせた方もあった事と思います。

 

 生活の仏教・実践の仏教と教えていただいたように、教えていただいた事を素直に実践し、まずは人さまの心でコツコツ菩薩行に励み、色々なものに新鮮なものを感じれる心になって、感激・感謝の日々が送れるよう精進させていただきます。  合掌


【4月8日降誕会】
IMGP1347 (2)

IMGP1349

IMGP1379 (2)

IMGP1414 (2)

IMGP1424 (2)


<このブログに出てくる広告は、立正佼成会とは、一切関わりがありません>

令和3年次 3月朔日参り・布薩の日

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは一切関わりがありません。>

 桜並木道を歩いていますと枝先が心なしかピンク色になって、待ち遠しかった春がそこまでやって来ているのを感じます。

 おひなさま
 やよい三月、朔日参り布薩の日式典をご本部の式典に合わせて、担当支部と健幸行の方々で行わせていただきました。

教会長さんよりお役者の心構えとして

 【人生の先輩として後輩に人の道を教えてあげなければいけない。躊躇する必要はない。「こうするんだぞ」「ああするんだぞ」と教えてあげないから家庭が整っていかない。それには、お釈迦さまのお徳の一つに「応供(おうぐ)正偏(しょうへん)()明行(みょうぎょう)(そく)善逝(ぜんぜい)世間(せけん)()無上士(むじょうじ)調(じょう)御丈夫(ごじょうぶ)天人師(てんにんし)(ぶつ)()(そん)」とあるように、

応供(おうぐ)=供養をうけるにふさわしい人。あらゆる意味での尊敬を受けるに値する人。という意味。そういうことが先輩として大事なこと。ご縁を結ばせて頂いて「こういう教えをいただいてこんなに幸せになりました」「こんなにありがたくなりました」という結果を出さなかったら応供にはなっていかない。

理屈で幸せになれるのではなく一緒に出来にくいことを出来るように慈悲かけして、慈悲かけして、実践して実践して初めて結果がついて回ってくるものだから、そういう意味で誰に遠慮することもなく「こうしていこう!」「ああしていこう!」と、いかに実践していくかが大切なありようになっていきます。

事をする時は、自分の考えでしていくのではなく、お通しをして場を設定して順序次第を作くること。教えの方向に合わせていける自分づくりをしていくことが幸せになる(もと)だから、自分の思い通りにやっていくのではもったいない。】というご指導をいただき、お役を通して自分づくりをしていく大切さを教えていただきました。

読経供養では、2月もコロナ感染者が一人も出ず、あの手この手で工夫し信者さんと温かいつながりを持たせて頂けたことに感謝し、3月も創立83周年や彼岸会に向けて、布施行・菩薩行に励ませていただくことをお誓いさせていただきました。

 

朔日参りと佼成3月号の会長先生ご法話を通して、教会長さんより次のことをかみしめていただきました。

あたりまえと思えるようなことがすべてありがたいと受け取れたらありがたい日が送れます。朝、顔が洗えた。水が出た。瞬間、瞬間にありがたいと思えたら幸せ。それがあたりまえと思っていたらもったいない。

・法句経に「人の生を享はかたし 今命あるはありがたし」とあるように、

何が足りているとか足りていないとかではなく今、人間としていることがなかな

か難しい 今、いのちあるはありがたい。その心がどれだけ強いか、深いか。その命をどう使うかが大事になってきます。

だんだん年と共に行動範囲や意欲も減ってくるし、切ない思いも味わうこともあ

るけれど、昨日をさかのぼっても見えない。明日のことはわからない。今、何を考えてどういうことをしようかというその積み重ねが大事です。

 朔日参りにご本仏さまにお参りさせていただいて自分の生き方を整えていこうと

思ったらいのちの使い方、運び方が、自分よがりな使い方をしていたら困ることに

なります。一人では生きていけないし、持ちつ持たれつです。どれだけ沢山の人が

たずさわって支えられているかを思い、一瞬一瞬を感謝して過ごさせていただきま

しょう。

 

 娘家族4人(娘夫婦・高校2年生(男)と中学2年生(女)の孫)が、方位除けのため60日間我が家で生活することになりました。その話を聞いた時、主人は「ふ~ん」と言っただけで他には何も言いませんでした。二人暮らしでのんびりした生活をしている私たちに受け入れができるかどうか迷っていると、

「一年365日の60日間なんて刹那だ」と仏さまの声が聞こえてきました。

狭い部屋で4人が雑魚寝状態で、お風呂や洗面所を家族みんなで譲り合っての生活が始まりました。

 そんな生活の中で私にできることは、「おいしいご飯を作ること!」そう心に決めて毎日献立を考え、6人分の食事をお鍋いっぱいに作ってみんなの帰りを待つ毎日です。高校生の孫は「おばあちゃん美味しいわ。ご飯おかわり!」と言ってパクパクと食べてくれます。1か月が経ったころ、「僕は体重が3キロも増えた」と驚きと喜びの声を聞かせてくれました。

中学生の孫は「おばあちゃん行ってきます!」と言って元気に登校します。そして、教会長さんからこの60日間は修行だから、家庭でできることをさせるようにご指導いただき、トイレ掃除をすることを伝えました。学校、クラブ、塾と忙しい中、時間を見つけて掃除をしています。

持ちつ持たれつ沢山の方々に支えられていることが少しでもわかり、人さまのためにお役に立てる人間に育ってくれるよう、ご法を伝えていきたいと思わせて頂きました。ありがとうございました。  合掌


<境内地のももの花>

もも

もも2
 

 

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは一切関わりがありません。>

 

令和3年次 節分会

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは一切関りがありません。>
さんしゅゆ
(花が咲き始めた境内地のサンシュユの木)

2月も下旬に入り、春のような暖かい日やぐっと冷え込む日が繰り返し、一歩ずつ春に近づいていることを感じるこの頃です。
せつぶんかんばん
お陰さまでこの2月も三密を避けながら、最小限の人数で、節分会をさせて頂くことができました。


22お供養

節分会には、各支部のお手取りのお陰さまで年男、年女、厄年、還暦の方々、106名の方の名前をお供養の中で読み上げ、祈願をさせて頂くことができました。

年男の方々には、「開祖随感」(開祖さまご著書)を、年女、厄年、還暦の方々には,お(たすき)に今年の会長先生のお書初め「燈明・省心」の意味を添えて、幸せな人生を送っていただきたいとの願いを込めて進呈させていただきました。

 

DSCN2388 (2)
 

教会長さんからは、今年の「(かのと)(うし)六白金星」の星の動きについて次のように教えていただきました。

・「辛」は、つらい。辛抱を強要される年。思いがけない辛い思いをする年回り。

 1本、棒を入れると「幸」になる。

・「丑」は、肘を表す。束ねる、一つにするという意味もある。みんなで力を合わせていきましょうという年。

 

一白から九紫までの星の動きについて、それぞれ、よい年にするために、気を付けて心がけることを教えていただいた後、方位は縛られるものではなく、活用するもので布施行・菩薩行をさせてもらえば因縁は変わるとも教えていただきました。“ちょっと”の行いを実践して、「幸」を実感したいものです。

また、福豆に精進くじとして開祖さま、会長先生の言葉を届けさせていただき、「私にぴったりの言葉やわ。」と大変喜んでいただきました。

 

「佼成」2月号の会長先生ご法話では、神力とは、人を思う真心であり、そのはたらきが生む力(行動)を言うと教えていただきました。3月は、創立記念日、春季彼岸会の月です。お互いさま、「〇〇さん、幸せになっていただきたい」の心でお手どり、お導きに励ませていただき、しっかり布施行、菩薩行をして臨ませていただきたいと思います。合掌

 


<このブログに出てくる広告は、佼成会とは一切関りがありません。> 

ギャラリー
  • 令和3年次 4月朔日参り布薩の日
  • 令和3年次 4月朔日参り布薩の日
  • 令和3年次 4月朔日参り布薩の日
  • 令和3年次 4月朔日参り布薩の日
  • 令和3年次 4月朔日参り布薩の日
  • 令和3年次 3月朔日参り・布薩の日
  • 令和3年次 3月朔日参り・布薩の日
  • 令和3年次 3月朔日参り・布薩の日
  • 令和3年次 節分会
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ