平成30年4月21日 少年部端午の節句の集い


<このブログに出てくる広告は、佼成会とは一切関係ありません。>

KIMG0756

 澄み渡る青空のもと
 少年部端午の節句の集いが 行われました。
KIMG0761

教会のポーチの鉢には 冬の寒さも乗り越え
メダカや、たにしさんたちが 
いのちいっぱい輝いています
小さな卵も 見えました

KIMG0766

お供養


KIMG0774

KIMG0773

KIMG0772

少年部長さんの導師で 少年部さんが脇導師や司会のお役をさせて頂き
ご先祖さまや両親に感謝をし
佼成少年少女の誓いを実践させて頂く
お誓いの祈願供養をさせて頂きました

子どもの健やかな成長を願うとともに
柏の葉は 新芽ができたら葉が落ちることから
継承、繋がり、子孫繁栄と意義を教えていただき 
私たちも 親から子、
子から孫へと 尊い教えを日常生活の中で ごく自然に
伝えていくことの大切さを感じさせて頂きました。

親子で みんな和気あいあい 
あったかいふれ合いができ、幼年部さんは 
自分から手を挙げて「楽しかったです」と 
発表され、青少年育成がますます有り難く
楽しみになりました  

また、家の御宝前に、お供え用の柏餅のお土産も
用意され家に帰って
また、家族と喜びを分かちあえたら
素敵だな♡と
思わせて頂きました                 合掌




KIMG0765

 境内地のすすらんと 紅葉

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは一切関係ありません。>

3月24,25日 少年部春季リーダー練成会


 <このブログに出てくる広告は、佼成会とは、一切関わりがありません>

DSCN1374

      25日 早朝の 雲海☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
DSCN1393
 
       雲の上のゲストハウス☆★☆★☆★☆★
くつ
三つの実践を実行!!

  3月24、25日、少年部春季リーダー練成を加佐、西方寺平の「雲の上ゲストハウス」でさせていただくことができました。

放流


 自然豊かな場所で、薪割りをしたり、釜戸でご飯を炊いたり、サケの放流をしたりさせていただきました。
4年たったら、放流したこの場所に返ってくることを、学ばせていただき感動!と共に、いのちの尊さ、生きる力を
体験させて頂きました。

Dうし

BB

地元 西方寺の地鶏を 頂きました  鶏さん いのちをありがとうございます

包丁


たこやき


いろり

教会長さんのお慈悲のもと
多くのかたのお慈悲かけのおかげさまで
 早朝には、雲海を眺めることができ、子どもも大人も楽しみながら、普段味わうことのできない経験をさせていただくことができました。準備や送迎など、お世話になりまして、本当に有難うございました。                                                                   合掌

<このブログに出てくる広告は、佼成会とは、一切関わりがありません>

平成30年 降誕会式典

<このブログに出てくる広告は佼成会とは一切関わりがありません>


hm2061 おちごさん

   お釈迦さまがお生まれになった日、降誕会。

舞鶴教会では、万世を貫く人生の大指導者・釈尊のご生誕をお祝いしてお稚児さん達、18名のにぎやかな献花で式典を始めさせていただきました。白象を引きながら大勢のかわいいお稚児さん達の行列に参拝者も思わず笑顔がこぼれ、笑顔いっぱいの、感謝に溢れた、降誕会となりました。

聖壇や司会、功徳の発表も学生部の子ども達がさせて頂き、明るく、希望に満ちた式典ともなりました。

ちごさんたんぶんkannbutu        

ご供養後、男女2人のお稚児さんが、み仏さまの前で稚児讃歎文を詠み上げさせていただきました。一生懸命詠み上げる姿から、仏縁に触れることの有り難さ、特に小さいうちからこのように仏縁に触れることの有り難さを感じさせて頂きました。そして、私たちが本気になって苗代となり、多くの豆菩薩さまを育成していくことが大切なのだと感じさせて頂きました。
 
   功徳の発表では、「全国トップリーダー卒業生の集い」に参加させて頂いた学生さんに、学んできたこととして、これから高校に進学するけれど、夢を持って、(友達づくりが苦手な自分だけれども)自分から声をかけていって友達の輪を広げていきたいという決定をお話し頂きました 

seppou 

最後に教会長さんから、外の桜はほとんど散ってしまっているが、今日の象の桜の木は、昨年の雪吊りの時からどの枝が合うだろうかと準備し、栄養剤を入れて今日一番きれいに、命いっぱい咲いています。花御堂の花も種を蒔くところから育ててくださり、美しい花を咲かせてくださいました。

今日の功徳の発表も素晴らしかったですが、これも、教会でのきめ細かなお手取りや親御さんの応援があってこその事。少年部の子どもたちが教会で春と冬のリーダー練成会を8年間、何度も経験して、ご本部のトップリーダー練成へとつながっています。“人を植える”人材育成がいかに大切かということです。

 今日、大勢のお稚児さんがお釈迦さまのご生誕をお祝いして、お花を捧げ、誕生仏に甘茶をかけてお祝いさせていただくことができました。これからの日本を、そして世界を背負って立つ子どももたちです。この尊い教えをしっかりと子どもに、孫に伝え、継承していく事が私たちの大切な役目です。と教えて頂きました。


 降誕会を機に私たちは、それぞれ自分にしかできない役割・使命を持って願ってこの世に生まれ、かけがえのない尊い「いのち」を頂いて生かされていること、どんな人も「仏性」という仏さまと同じ、あたたかく優しい心を持っているということを改めて胸に刻んで、日々、努力精進させていただき、菩薩を育てる苗代とならせて頂くよう、さらに精進させて頂きましょう。                      合掌



 

<このブログに出てくる広告は佼成会とは一切関わりがありません>


































ギャラリー
  • 平成30年4月21日 少年部端午の節句の集い
  • 平成30年4月21日 少年部端午の節句の集い
  • 平成30年4月21日 少年部端午の節句の集い
  • 平成30年4月21日 少年部端午の節句の集い
  • 平成30年4月21日 少年部端午の節句の集い
  • 平成30年4月21日 少年部端午の節句の集い
  • 平成30年4月21日 少年部端午の節句の集い
  • 平成30年4月21日 少年部端午の節句の集い
  • 3月24,25日 少年部春季リーダー練成会
アクセスカウンター