平成29年9月1日  朔日参り・布薩の日ご命日式典

<このブログに出てくる広告は 佼成会とは、一切関係ありません>

朝夕とても涼しくなり、吹く風にも、虫の音にも秋の気配が感じられる頃となりました。

 

 9月スタートのこの日、朔日参り・布薩の日式典に於いて野田頭教会長導師のもと、近畿ダーナ大聖堂団参50名、青年幹部会、地区秋季彼岸会の成就を真心から祈らせて頂き、さらなる精進をお誓いさせていただきました。


DSC_0055

DSC_0054

次に、宮津加佐支部の会員さんの功徳の発表から学ばせて頂きました。

 その会員さんは、組長さんと主任さんに車で連携して、教会まで連れてきて頂いたこと、久しぶりに教会の門をくぐり参拝させて頂き、今日このような大役で胸のどきどきが最高潮であること、数年前、団参の帰りに左足が動かなくなり、立つことも出来なくなってから教会が本部だと思って参らせてもらうことにしたが、それも足が遠のいていたこと、1年前、宮津の連絡所をお手配頂き、また、団参に参らせて頂くという気持ちになり感謝の気持ちでいっぱいなっていることを話されました。

また、会員教育では、教務員さんに優しく、分かりやすく、楽しく教えて頂き、支部長さんや会員さんが車で送迎してくださって温かなお慈悲をかけてくださったお陰様と感謝と布教の決意を発表されました。

 

宮津連絡所ができた意味はとても大きく、宮津連絡所の包括地区に住んでおられる方々にとって、とても嬉しく、有り難く、心の支えとなっていることを改めて、学ばせて頂きました。

 

 

また、この式典では、野田頭教会長さんの先輩に当たる姫路教会の教会長などを歴任された古賀延昌さんに説法をいただきました。

 

古賀さんは、40年ほど前、舞鶴に2ヶ月間、教務員として布教に来られました。この度、舞鶴教会に来られ、私たちに野田頭教会長さんとの思い出や、ご自分の尊い修行をお分けくださいました。

 

お説法の中で、ご自分の娘さんの病気を通して、色々なことがあってもああだこうだ言わずに全て「はい」受けさせて頂きますという実践をされたことをお話しくださり、最後に次のようにお教えくださいました。

 

佼成会の教えは拝み信仰ではない 正しい教えに基づいて、本当に根本的に救われていくためには、根本原因をつかんでその原因を取り除く修行をさせて頂く、そこに私たちの本当の救われがある。

法華経の教えの中に説かれている根本仏教をしっかりと学ばせて頂き、諸法実相、十如是の法門、そこまで辿り着いていく修行をするためにご縁があって私たちは佼成会に入会させて頂いている。このご法門を何度も何度も、繰り返しこの身体の中に染みこませていくことが私たちの修行ではないか。

私たち一人ひとりが、正しい教えに基づいて、人様に喜んで頂ける私たちにならせて頂く。素直に「はい」と受けると心の中がすっときれいになって、心に余裕ができて、笑顔が出てくる。にこにこしながら、「ありがとう」となっていくと、早くしあわせな毎日が送れる。教えをしっかりとつかんで、教えに触れてよかったという一日が送れるよう、笑顔が溢れる毎日が送れるよう共に修行して参りましょうとお説法くださいました。

 

 

最後に教会長さんから、開祖さまご法話「肩を揺さぶってお導きを」と、佼成9月号にある会長先生のご法話「人に『伝える』ということ」を次の5点によって、かみしめて頂き、9月の信仰生活の指針とさせて頂きました。


DSC_0059

 

  1. 元の無いものはない。古賀さんから、信仰の一番大事なところをお説法いただいた。今月は、今まで救われてきたことを振り返りながら、いよいよ「肩を揺さぶってお導きを」して参りましょう。

  2. 具体的に、お彼岸の法要に於いては、

  ・先ず、身近な「家族に肩を揺さぶってお導き」していく。お彼岸の法要の場にお誘いする。(家族の見えないはたらきに気づかせて頂き、生活の場に於いて、そのことをきちんと分かって、感謝の心でさせて頂くと、心田が豊かになる。)

  ・ご近所の人に、友人知人に「ここで、これがあるから、来てみない」とお誘いして

みる。

  ・真心込めてご縁を結ばせて頂く。9月、10月、11月と導きの行をさせて頂いて報恩感謝の実践行を法の布施、身の布施、財の布施をさせて頂きましょう。

  3. 9月の会長先生のご法話は「人に『伝える』ということ」ですから、古賀さんから頂いた有
      り難いお説法から学ばせて頂いたことを、私たちなりにできることを実行して、「肩を揺
      さぶって」お伝えする、お誘いする。「有り難いお彼岸法要があるから一緒に行ってみま
      しょう」と念じて、ご縁を結ばせて頂きましょう

DSC_0061

  1. 奉書にあるように「法を伝えることを通して心田を耕していく」「ひたすら耳を傾け学び伝えていく」ということを大切にしていけば、間違いなく自分の心田が耕され、教えが身に付くと会長先生に教えて頂いているので是非、取り組んで参りましょう。

  2. 「家庭・社会・国家」とあるように元になっているところを大事にして、まず身近な家族に喜んでもらえるような感謝の実践を捧げて、さらにその輪を広げ、友人知人にまで広がるよう、開祖さまが教えてくださっているような行いを実践することを決定して、報恩行の9月、お導きに実践して参りましょう。

     

     

     

9月も導き、手どりの修行に感謝と喜びを持って、「はい」と素直に取り組ませて頂きましょう。

先ず身近な人にお彼岸のお誘いをさせて頂く中で、相手の方の言われることにひたすら耳を傾け、学ばせて頂き、有り難いことをたくさんお伝えしていけるよう、努力精進させて頂き、報恩行に取り組ませて頂きたいと思います。 合掌                                          

 

 

 

 

 

 

<このブログに出てくる広告は 佼成会とは、一切関係ありません>

 

 

 



 



平成29年 戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日式典

<このブログに出てくる広告は立正佼成会とは一切関わりがありません>




 看板 DSC_0034

今年も815日がやってきました。今年で72回目の終戦記念日となります。日本武道館では全国戦没者追悼式が行われました。

立正佼成会でも、各教会で戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日式典を行わせて頂き、戦争で犠牲になった世界の人びとの慰霊供養を行うと同時に、平和を築く行動を起こすことを固くお誓いいたしました。


    舞鶴教会では、この式典のしおりに「日本は本気になって核兵器の廃絶を!」と明記し、平和への誓いを一人一人の胸にしっかりと刻みました。

つるひだり つるみぎ

式典のはじめに、少年部や学生部、ファミリーによる真心からの奉献をさせて頂きました。

小さな子ども達や若い方、ご家族が、色とりどりのお花やお灯明、お供え物、折り鶴を捧げて、奉献曲「ふるさと」に合わせて歩かれる姿は、今日の日本の平和そのものを表しているようで、戦争で犠牲となられた御霊もきっと喜ばれていることと思わせて頂きました。

読経

 

続いて学生部の2名が功徳の発表をさせて頂きました

専門学校生、女子の発表では、高校生リーダー教育のスタッフとして参加する中で、「開祖さまのまごころ」というビデオを視聴し、テンプルトン賞受賞の時の開祖さまの言葉に「迷わずその道を行け」とあったのが深く心に残り、私も開祖様のようになりたいと思ったこと。

縁起観を学び、アルバイト先の店長さんの叱責の言葉に「なんで、私だけ」という思いでいたのを「私に成長してほしいからきついことを言うのかな」と考えられるようになり、だんだん受け止めることが出来るようになって、今は楽しく働くことができていること。

班担当のお役もアドバイスを頂いて、何とかやり切ることができ、たくさんの方の支えがあって私は、今、ここにいるんだという気づきを発表されました。

また、8月9,10日の脇祖さまご命日式典団参にも参加し、お役を最後までやり切ることが出来、とても有り難かった。将来、ホテルで働きたいと思っているのでこういう経験ができて嬉しかった。学んだ事を生かし、ますますアルバイトや勉強を頑張り、家でも食事の支度を続けて行こうと思うと決意を発表されました。

 

もう一人の高校生女子の発表では、全国高校生トップリーダー教育「アジア高校生の翼」事後教育に参加しての発表でした。

講演を聞く中で、「自分を変えたい」と行動した勇気に感動し、どんなにバカにされ、怒鳴られても「自分で決めたことだ」と続けられたころがすごいと感動。私もそんな勇気を持てる自分なりたいと思ったことを発表されました。

また、3月に訪問したフィリピンでは、日本では経験できないような出来事にたくさん出合った。見て、聞いて、体験することができたのは、「行ってきな」と言ってくれたおばあちゃん、お母さん、身内のみんな、学生部長さんなどみんなのお陰なんだなと身を持って感じさせて頂いた。

この「アジア高校生の翼」で経験したことをこれからの人生で生かせることができたらいい。今後の目標は、優しくしてもらった分、人にやさしくできて、小さなことでも感謝できる人になる。何ごとも当たり前と思わず、どんな現象にでも心から感謝する。実践するときめたことを目標に努力したいと発表されました。

 

素晴らしい体験を通して、素晴らしい気づきを得られた学生部のお二人から私たちも、今の自分をふり返り、学ばせて頂く事がたくさんありました。ありがとうございました。


教会長説法

   次に教会長さんより開祖さまご法話「平和への一念」、開祖随感4巻「平和への近道」をもとに次の点をご指導頂きました。

 

  1. 「善人のいる家は栄えない。悪人のいる家は栄える」・・・「私は悪くない。間違っていないという家は栄えない。私が足りなかった。私が悪うございましたという家は栄える」これが一念三千ということ。

    そういう気持ちになりさえすれば世界中が平和になる。

     

    終戦時、天皇陛下は「すべての責任は私にある」と言われた。「唯我一人のみ。能く救護を為す」というみ仏さまのみ心と同じである。戦争放棄の平和憲法を承認するという天皇陛下の一念の中に、三千の国民が救われた。

     

  2. 戦争になると人間が人間でなくなってしまう。原爆は、恐ろしい。

    一念がすべてを決めていく。私は悪くありませんと突っ張っている限りは、仲良くなれない。先ず、ご法をやっている人から実践すること。

     

  3. 精神論では平和になれない。自分もその中に入れて平和の人になることが大事。

    平和は特別のことではなく、挨拶を繰り返すうちに心がつながっていくことにある。

    (明るい社会づくり運動で開祖さまが教えてくださったように:最初は会釈⇒次は、聞こえるか聞こえないかくらいの声で「おはようございます」⇒次は声を出して「おはようございます」⇒次に「おはようございます。今日は、いい天気ですね」・・・相手も返してくれるようになる)

     

  4. 仏さまの尺度で悪人になればいい。こちらが自ら実行していく。(挨拶、返事、後始末)

平和になる一番の近道というのは(今日の式典のしおりにあるように)「人が心を耕し、互いに心の垣根を取り払って話し合い、受け入れ合う心を育てることなしに平和への道はありません。それこそが遠そうに見えてじつは、一番近い平和への道なのです(開祖随感4巻)」と教えて頂いている。

フィリピンの戦争犠牲者の死を乗り越えて、これからみんなで「平和のために努力して行こう」ということでできたのがフレンドシップタワー。フレンドシップタワー建立の基金が基になって立正佼成会平和基金・一食平和基金となり青年が主となって進めている。近畿大会までに部員さんを対象に徹底して、一人ひとりお勧めしていきましょう。

 

 

謙虚に自らを省みて、みんなが心を通わせ、ほのぼのできる場を作りましょう。今日のご縁を通じて、お互いさま平和な人になるよう心掛けて参りましょう、とご指導頂きました。

 

 

先ず、自分から平和な人になる事が大切なのだと肝に銘じました。家庭で、職場で、それぞれの場でほのぼのできる場を作れるよう努力精進させて頂きます。  合掌

 

 

<このブログに出てくる広告は立正佼成会とは一切関わりがありません>

 

 

 


平成29年8月1日(火) 朔日参り布薩の日式典

<このブログに出てくる広告は立正佼成会とは一切関わりがありません>


DSC_0019の3

   猛暑日が続く中、はや8月を迎えました。8月は、広島原爆忌、長崎原爆忌、月遅れのお盆、終戦記念日と慰霊の日が続きます。

朔日参り布薩の日式典では、この大事な8月の心構えをご指導いただきました。


DSC_0022

功徳の発表の前に立花産業舞鶴出張所担当の職員さんが1名、新しく入られたので紹介がありました。日頃、立花産業の職員さん方には、私たちが病気やけがをした時も安心して生活できるように物心両面にわたって、色々と相談に乗って頂いています。「皆さんのお役に立ちたい。喜んで頂きたい」と親身になって対応して頂いていることに心から感謝でいっぱいです。

 

功徳の発表では、主任さんが日頃のお手取りの中で、盂蘭盆会のお戒名を出して頂くことと「ちゃたまつり」のおみこしをつくる折り鶴のお願いとが重なり、「たいへんやなあ」「どうしよう」と思ったけれど、させて頂こうと思い、組長さんの家を一軒一軒回って、お願いをしにいったら、気持ちよく折って頂け、「もっとないか」と喜んで祈りを込めて折って頂けたこと。

そして、その鶴を折ることを通して、盂蘭盆会のお戒名を出して頂くお手取りもできたことを喜びで発表され、そのことを通して、方便ってすごいなあ、自分がその気になったらいろんな所に方便の種が落ちているんだなあという気づきも発表されました。そして、お姑さんとのふれ合いを通して、まだまだ、いろんなことをお姑さんから教えて頂きたい。これからも元気でいて欲しいということを感謝で発表されました。

 

ご本部の「議員交流会」に行かれた胆付市議会議員さんからは、基調講演からの学びを聞かせて頂き、池田府会議員さんからは、府政の報告、近況報告を聞かせて頂きました。

両議員さんが佼成会の教えを市政や府政の中で皆さんの幸せのために生かし、活躍されていることが大変有難く感じさせて頂きました。

DSC_0026

   教会長さんからは、8月に当たって、「佼成8月号」の「開祖さま法語録」「会長先生ご法話:見えないはたらきに気づく」と今日の式典の「功徳の発表」と繋げて、次のようにご指導頂きました。

 

①お盆の法要と折り鶴の手取りから素晴らしい気づきが頂けたという功徳の発表があった。「それによって何が学べたのか。何がつかめたのか」ということが大事。体験したことを智慧にしていくことが大事。開祖さまは「お経には力がある」と教えてくださっている。しっかり信じて、行じ切ること。お経をよく読んでかみしめてみると「こうするとこうなるんだよ」と解る。

 

②宗教や信仰が「目に見えないものを見えるようにする」ということは、現実生活の上では、「顛倒の衆生(ものごとを誤って受けとったり、自分本位のかたよった見方をしたりする)」にならず、素直になることが大事。開祖さまが言われたことを先ず実行させて頂く。

 私たちは、お経文にもあるように「目を閉ずれば則ち見、目を開けば則ち失う」となりやすい。また、四顛倒(常顛倒・楽顛倒・顛倒・我顛倒)にも陥りやすい。

 

何事も心が大事。御宝前を中心にした生活ができるよう、一つ一つ信仰の基本的な行法を子ども達にも教えていくことが大切。

 

③お盆の月。「衆生 仏を憶念すれば、仏 衆生を憶念す」と開祖さま法語録にあるように、仏さま、ご先祖さまに帰依することを大事にし、開祖さま、脇祖さまとのご縁、身近な支部長、主任、壮年、青年、法輪さんなどのご縁を大切にして、心通わせ、できることをさせて頂きましょう。共々に、菩薩行に励んで参りましょう。

 

とご指導頂きました。

 

 

お盆の月を迎え、ご先祖さまへの感謝を深くし、命の尊さ、多くの人の支え、友や家族の思いなど目に見えない大切なものに少しでも思いを馳せることができる自分になれるよう精進させて頂きます。合掌

 

 

<このブログに出てくる広告は立正佼成会とは一切関わりがありません>

 

 

 


ギャラリー
  • 平成29年9月1日  朔日参り・布薩の日ご命日式典
  • 平成29年9月1日  朔日参り・布薩の日ご命日式典
  • 平成29年9月1日  朔日参り・布薩の日ご命日式典
  • 平成29年9月1日  朔日参り・布薩の日ご命日式典
  • 平成29年 戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日式典
  • 平成29年 戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日式典
  • 平成29年 戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日式典
  • 平成29年 戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日式典
  • 平成29年 戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日式典
アクセスカウンター