AIKA エイカ

MTエンジョイでございます。 弊社は「安全・安心・安価」をモットーに営業を行っております。

タルタロス-TARTAROS-RMT 通貨販売は用意しております。

タルタロス-TARTAROS-RMT 通貨販売は用意しております。

ゲームへhttp://www.rmt-on1.jp/gameshow.asp?id=86

RMTインジョイチームより

2010.1.15

★RMTエンジョイは安全安心取引を第一に!!★ www.rmt-on1.jp

◆━━━━━━━━◆
RMTエンジョイ
◆━━━━━━━━◆

当サイトでは業界価格No.1を目指し安心、丁寧、迅速なまごころ対応を努めております。
スポンサーサイトとなっておりますので詐欺がご心配なお客様、初心者のお客様も歓迎致しますのでぜひ1度ご来店下さい。
従業員一同心よりお待ち申し上げます。

※該当サーバーの現在の在庫数、価格、キャンペーンにつきましてはサイト内をご確認下さい

http://www.rmt-on1.jp

【 支払い方法 】
e-BANK ウェブマネー 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行

営業時間 9:00~24:00

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
当店HP→http://www.rmt-on1.jp
メール→rmt_on1@yahoo.co.jp
MSN→rmt_on1@hotmail.com
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

『ドラゴニカ-Dragonica-RMT』オンライン通貨の販売価格、従来より値下げいたしました!

『Dragonica ドラゴニカ』オンライン通貨の販売価格、従来より値下げいたしました!
ゲーム詳しいへhttp://www.rmt-on1.jp/gameshow.asp?id=83

ゲーム新聞へhttp://www.rmt-on1.jp/news-164.html

                       RMTインジョイチームより
                       2009.1.10

★RMTエンジョイは安全安心取引を第一に!!★ www.rmt-on1.jp

◆━━━━━━━━◆
RMTエンジョイ
◆━━━━━━━━◆

当サイトでは業界価格No.1を目指し安心、丁寧、迅速なまごころ対応を努めております。
スポンサーサイトとなっておりますので詐欺がご心配なお客様、初心者のお客様も歓迎致しますのでぜひ1度ご来店下さい。
従業員一同心よりお待ち申し上げます。

※該当サーバーの現在の在庫数、価格、キャンペーンにつきましてはサイト内をご確認下さい

http://www.rmt-on1.jp

【 支払い方法 】
e-BANK ウェブマネー 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行

営業時間 9:00~24:00

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
当店HP→http://www.rmt-on1.jp
メール→rmt_on1@yahoo.co.jp
MSN→rmt_on1@hotmail.com
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

『ドラゴニカ-Dragonica-RMT』オンライン通貨の販売価格、従来より値下げいたしました!

『Dragonica ドラゴニカ』オンライン通貨の販売価格、従来より値下げいたしました!
ゲーム詳しいへhttp://www.rmt-on1.jp/gameshow.asp?id=83

ゲーム新聞へhttp://www.rmt-on1.jp/news-164.html

                       RMTインジョイチームより
                       2009.1.10

ドラゴニカ RMTのオープンβテスト www.rmt-on1.jp

ネクソンは,サービス予定のオンラインアクションRPG「ドラゴニカ」のオープンβテストを,本日(1月6日)より開始する。

ゲームへhttp://www.rmt-on1.jp/gameshow.asp?id=83

本作は,戦士,魔法使い,弓使い,盗賊といった4職業からキャラクターを選択してプレイできる,横スクロールの3DアクションRPGだ。それぞれの職業ごとに,独特のスキルを組み合わせたコンボ技を駆使して戦っていく。短時間で楽しめるインスタントダンジョンが充実しているのも特徴となっている。

そんな本作が,本日よりオープンβテストを開始する。OBTでは,レベル20での1次転職に加えて,レベル40までプレイ可能となっており,一定条件を達成するとプレゼントがもらえるイベントも開催される。
そのほか,OBTについての詳細は以下のとおりだ。




「ドラゴニカ」先行プレイレポートを読む

≪『ドラゴニカ』1月6日 オープンβテスト概要≫

■オープンβテスト実施予定期間
2010年1月6日(水)~2010年1月20日(水)
※テスト開始時刻並びにオープンβテスト用クライアントの配布につきましては公式サイトにて告知させて頂きます。

■オープンβテスト実施内容
・ゲーム開始の村となる「鐘の音村」から、「悪魔の吐息」周辺までの一般フィールド、ミッションマップに進入可能です。

・レベル40までに上記マップ内で、遂行可能な英雄クエスト、一般クエストをプレイ可能です。
※特定の条件で進入できる「隠されたダンジョン」もプレイ可能となります。

・その他、パーティ機能、一部ギルド機能、カップル機能、一部PVP機能、業績機能等が利用可能です。

※PVPは「練習モード」のみの開放となります。
※オープンβテストは、不具合の発見、修正やサーバー負荷の検証、ゲームバランスの調整等、ご参加頂いた皆様のご意見を頂く事を目的としております。
※オープンβ開始時点でのレベル上限は40となります。


■オープンβテスト開始記念イベント開催
オープンβテスト期間中、以下のイベントを開催致します。

●レベル5達成で“風船”をプレゼント!
レベル5を達成したキャラクターに3種類の風船から1つをランダムにプレゼント致します。

・ドラゴン風船 最大HP+100
・ガトー風船 最大MP+100
・NEXON風船 最大HP+50 最大MP+50

●“1次転職達成”で“エンチャントアイテムセット”をプレゼント!
レベル20以上となって、1次転職を達成したキャラクターに下記のエンチャントセットをプレゼント致します。

・「武器強化パウダー」(10個)
・「防具強化パウダー」(10個)
・「ソウル」(30個)
※上記2つのイベントは各村にいるNPC「ガトー」からクエストを受ける事によって参加可能です。

詳しい新聞へhttp://www.rmt-on1.jp/news-162.html

ドラゴニカ RMT は,Barunson Interactiveが開発し,RMTインジョイで

「ドラゴニカ」は,Barunson Interactiveが開発し,ネクソンが国内運営を手がける横スクロールタイプのアクションRPGだ。ざっくばらんにいうと“3D版メイプル”的なゲーム内容で,それに加えアラド戦記のアクション性などが数多く盛り込まれている。4Gamerには,どちらかといえばコアゲーマー寄りの読者が多い気がするが,このドラゴニカは普段はメイプルで遊ぶような低年齢層向けにかなりアピールしそうだ。

ゲームへhttp://www.rmt-on1.jp/gameshow.asp?id=83
ドラゴニカのサービススケジュールに関しては,12月23日~28日の間,クローズドβテストが予定されている。今回はこのCBTの実施に先駆け,ネクソン社内にてローカライズ作業中のドラゴニカを軽くプレイさせてもらった。というわけで,本作のゲームシステムをさっそくチェックしていこう。


「ドラゴニカ」ってどんなゲーム?

まずはバックグラウンドストーリーをごく簡単に紹介しよう。ゲーム世界で封じられていた悪のドラゴン “暗黒王エルガ”の封印が解かれてしまった。それに対抗すべく,善のドラゴン“ドラゴンロード”の予言により,選ばれた勇者が戦いへ赴くといったストーリーである。プレイヤーが扮する勇者は,子供の竜“ポロン”に見出される形で冒険へと赴くことになる。


キャラクターの作成時に選べる職業は,戦士,魔法使い,盗賊,弓使いの4種類。レベル20までキャラクターを育てると,1次職へのクラスチェンジが可能となり,それぞれ二つずつのクラス分岐が生じる。それ以降は,レベル40でクラスチェンジが行えるが,そこではクラス分岐は発生しない。ということで,レベル20でのクラス選択がかなり重要となりそうだ。

アバターとしてカスタマイズできるのは,髪型,髪の色,顔つきの項目で,クラスおよび男女別にそれぞれ約10 種類前後が用意されている。スクリーンショットを見ても分かるようにアバターのデザインのセンスがよく,また武具の装備はガントレットやブーツなども含めて,かなり細かくグラフィックスとして反映されている。このあたりの雰囲気は全体的に好印象だ。



キャラクターの成長システムはレベル制で,レベルアップの際に獲得したスキルポイントを,スキルツリーに注ぎ込んでいくタイプ。習得済みのスキルのランクアップも可能だ。スキルポイントの再割り振りは基本的にできないものの,低レベル時にはステータスポイント割り振りの要素がないこともあり,それほど迷わずにキャラクターを育成できそうである。




格闘系を重視したキャラクターのアクション

続いてはキャラクターの操作システムについて見ていこう。
ドラゴニカのゲームジャンルは,横スクロールタイプのアクションRPGで,操作はキーボード主体で行う。
カーソルキーで移動,Xキーで攻撃,Cキーでジャンプ,Zキーでエリア移動のほか、職業によっては強攻撃(溜め攻撃)として使用する。アクティブスキルやアイテムのショートカット用のキーは,最大16個まで登録可能。ページの切り替えもできる。

マウスは主にUI関連の操作に用い,マウスホイールは画面の拡大/縮小を行う。ちなみにゲームパッドにも対応しているので,コンシューマ系ゲームの操作に慣れた人でも,パッドを使って手軽にプレイできそうだ。



操作するキー構成はシンプルだが,それらの組み合わせで多彩なアクションが実現可能だ。例えば近接武器で戦う戦士の場合,「横+X」で強攻撃,「上+X」で斬り上げ,「下+X」でダウンした相手への追い討ち攻撃ができる。このゲームではとても高くジャンプできるので,ジャンプ斬りやダッシュジャンプ斬りといったアクションはかなり見栄えがして楽しい。
また,斬り上げたりして“浮かせた”相手には,次々とコンボを繋げることが可能。そのための専用のスキルもクラスごとに用意されているようだ。

アクションとしてのテンポがよいことに加え,スキルの演出が全体的に非常にコミカルなのが好印象。スキル発動時のモーションで動物や大砲に変身したり,巨大カナヅチや巨大な仏像を落したりするのだ。女性や低年齢層のプレイヤーでも大いに楽しめそうである。

そのほかには,カーソルキーの上/下で画面の奥/手前側への移動も可能だ(つまりアラド戦記タイプ)。複数の敵と戦う際は,大きくぐるりと回りこんだうえで,敵を一か所にまとめて範囲系のスキルで一網打尽といったテクニックも使える。このあたりのプレイフィールは,アラド戦記やファイナルファイト系の横スクロールアクションそのものだ。
また,通常移動のほかに,いわゆるライン移動的に手前や奥へ大きく移動できる。マップ内の分岐が多く,一本道の構成という印象は受けなかった。




MMOとMOをミックスさせたゲーム展開

主なゲーム展開は,街やフィールドなどでNPCからクエストを受け,その目的のために冒険へと赴き,キャラクターを育成させていくという定番のパターン。

ゲーム構成に関しては,街や一般のフィールドエリアはMMO。それとは別に「ミッションマップ」と呼ばれる,インスタンス生成のMOエリアが用意されている。

一般フィールドには,それぞれ一つずつのミッションマップがあるのだが,このシステムが少々独特だ。一つのミッションマップは,同じ地形データを用いた五つの難度のゲームモードによって構成されている。具体的には4段階の難度がある「アーケードモード」と,「英雄クエストモード」(こちらは1つの難度のみ)だ。



ミッションマップに初めて挑戦する際は,最も簡単な「推奨人数一人用のアーケードモード」からプレイすることになる。これを無事にクリアすると,“推奨人数二人用の”同モードがアンロックされる。そうして2,3,4人用までをクリアすると,最後に「英雄クエストモード」へと挑戦できる。英雄クエストモードはゲームのメインストーリーを進めるために行うもので,このクリアが大きな目標となるだろう。

ゲームの全体的な流れとしては,一般フィールドでレベルアップやお金稼ぎに励み,腕に自信がついたらミッションマップへと挑戦。ミッションマップのアンロックを繰り返していき,最後に英雄クエストモードまでクリアしたら,次の一般フィールドへと向かうというパターンになる。
ワールドマップにはいくつかの街があるが,その間にには6~7の一般フィールドが配置されている。2番目の街へ到着する頃には,キャラクターレベルにして25~30くらいまでは育成できそうだ。




メイプル+アラド=ドラゴニカ?

ここまで読み進めた人にとっては,このドラゴニカは“3D版メイプル”ではないかという印象を抱いたかもしれない。しかし,単にメイプルを3Dにしただけでなく,ドラゴニカにはMMO系のコンテンツが多数取り込まれているのも大きな特徴だ。プレイ時間の都合上,隅々までは確認できなかったが,各種UIを軽くチェックしただけでも,アイテム合成,武具強化,ギルド,PvP,カップル(結婚),業績などのシステムがあるようだ。

なので,どちらかというと,“メイプル+アラド戦記+多彩なMMOコンテンツ”という,人気ゲームそれぞれのよいところをうまく取り込んでいるタイトルという印象である。ちなみに余談だが,3D版メイプルとしては,別タイトルの「カバティーナストーリー」のほうがより近かったりする(こちらは開発会社も同じ)。

ドラゴニカは23日からCBTが開始予定だが,残念ながら参加募集の受付はすでに締め切られている。とはいえ,CBT後に予定されているOBTや,正式サービスといった展開は意外と早いペースで実現しそうな雰囲気。本稿でドラゴニカに興味を持った人,とくにメイプルやアラドをプレイしたことのある人は,定期的に公式サイトなどをチェックしてみるとよいだろう。

詳しい新聞へhttp://www.rmt-on1.jp/news-161.html

ドラゴニカ RMT 取り扱い開始!!www.rmt-on1.jp

■□■ 完全日本人スタッフのみ法人運営のRMTエンジョイ ■□■

ゲームへhttp://www.rmt-on1.jp/gameshow.asp?id=83

■ RMTエンジョイ ■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いつもお世話になっております。【RMTエンジョイ】でございます。

弊社は「安全・安心・安価」をモットーに営業を行っております。

ゲームは豊富に取り揃え、新ゲームも続々追加いたします。

法人運営でサポートもしっかり!初心者の方も大歓迎です!!

通貨購入はもちろんのこと、引退などで売却したい方もお待ちしております。

会員様限定のポイント還元システムもございます。

ワンランク上のサービスを目指し、皆様にご満足いただけますよう日々精進して参ります。

この機会に、ぜひご利用をご検討ください。

■ 弊社サイト ■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://www.rmt-on1.jp/ 

■ 決済方法 ■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

銀行振込、ウェブマネー

■ サポート ■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メール:rmt_on1@yahoo.co.jp

MSNrmt_on1@hotmail.co.jp

※MSNはメッセンジャー(チャット)アドレスです。

■ 営業時間(メールおよび取引対応時間)■ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

午前8:00~深夜24:00

※ご注文は24時間受け付けております。

詳しい新聞へhttp://www.rmt-on1.jp/news-160.html

『ドラゴニカ RMT』12月23日からクローズドβテストいよいよ開始!

本日よりクローズドβテスト用クライアントの配布を開始!

ゲームへhttp://www.rmt-on1.jp/gameshow.asp?id=83

オンラインゲーム配信事業を行う株式会社ネクソン(本社:東京都中央区
代表取締役社長:崔承祐/チェ・スンウ、以下ネクソン)は、2009年12月23日
『ドラゴニカ』のクローズドβテストを開始致します。併せて本日よりクローズドβテストクライアントを公開致します。

2009年12月23日より開始となるクローズドβテストでは、レベル30までプレイ
して頂くことができ、レベル20では、戦士、魔法使い、弓使い、盗賊、各職業の
キャラクターを1次転職させることも可能です。転職することにより、スキルも
豊富に習得することができますので、プレイしてみてください。




クローズドβテスト開始に合わせて公式サイト(http://dragonica.nexon.co.jp /)にて、本日よりクローズドβテスト用クライアントの配布を開始致しました。公式サイトでは、ゲームの紹介やキャラクターガイド、ムービーなどのコンテンツや、不具合報告やご意見を入力して頂ける専用フォームを設置致します。ドラゴニカ公式サイトは今後も定期的に更新を予定しておりますので、是非ご覧になってみて下さい。

『ドラゴニカ』では、今後もプレイヤーの皆様がお楽しみ頂けるように、様々なアップデートやイベントを行って参ります。どうぞご期待下さい。

≪『ドラゴニカ』12月23日 クローズドβテスト概要≫

<ドラゴニカ公式サイト>
http://dragonica.nexon.co.jp/

■クローズドβテスト実施予定期間
2009 年12 月23 日(水)~2009 年12 月28 日(月)
本日より公式サイトにて、クローズドβテスト用クライアントの配布を開始しました。


■クローズドβテストプレイ可能内容
・ゲーム開始の村となる「鐘の音村」から、2つ目の村「風の港 ブリーズ」周辺までの一般フィールド、ミッションマップに進入可能です。

・レベル30までに上記マップ内で、遂行可能な英雄クエスト、一般クエストをプレイ可能です。

・その他、PT結成、ギルド、カップル機能等を使用可能です。

※クローズドβテストは、不具合の発見、修正やサーバー負荷の検証、ゲームバランスの調整等、ご参加頂いた皆様のご意見を頂く事を目的としております。
※クローズドβテスト終了後、期間中に作成したキャラクターデータは全てリセットされる予定となっております。
※クローズドβテスト期間中のレベル上限はレベル30となります。


公式サイトへwww.rmt-on1.jp


■動作環境
ドラゴニカの動作環境は以下の通りとなっております。

推奨環境
CPU:Pentium4 2.4GHz 以上
メモリ:1GB 以上
HDD:3GB 以上の空き容量
OS:Windows XP
VGA:GeForce4 以上
SOUND:DirectX 互換
NETWORK:ブロードバンド環境
DirectX:9.0c
必要環境
CPU:Pentium3 800MHz 以上
メモリ:512MB 以上
HDD:3GB 以上の空き容量
OS:Windows XP
VGA:GeForce2 MX 400
SOUND:DirectX 互換
NETWORK:ブロードバンド環境
DirectX:9.0c
詳しい新聞へhttp://www.rmt-on1.jp/news-151.html

「ドラゴニカ RMT」は,Barunson Interactive www.rmt-on1.jp

ゲームへhttp://www.rmt-on1.jp/gameshow.asp?id=83
「ドラゴニカ」は,Barunson Interactiveが開発し,ネクソンが国内運営を手がける横スクロールタイプのアクションRPGだ。ざっくばらんにいうと“3D版メイプル”的なゲーム内容で,それに加えアラド戦記のアクション性などが数多く盛り込まれている。4Gamerには,どちらかといえばコアゲーマー寄りの読者が多い気がするが,このドラゴニカは普段はメイプルで遊ぶような低年齢層向けにかなりアピールしそうだ。
ドラゴニカのサービススケジュールに関しては,12 月23日~28日の間,クローズドβテストが予定されている。今回はこのCBTの実施に先駆け,ネクソン社内にてローカライズ作業中のドラゴニカを軽くプレイさせてもらった。というわけで,本作のゲームシステムをさっそくチェックしていこう。


「ドラゴニカ」ってどんなゲーム?

まずはバックグラウンドストーリーをごく簡単に紹介しよう。ゲーム世界で封じられていた悪のドラゴン “暗黒王エルガ”の封印が解かれてしまった。それに対抗すべく,善のドラゴン“ドラゴンロード”の予言により,選ばれた勇者が戦いへ赴くといったストーリーである。プレイヤーが扮する勇者は,子供の竜“ポロン”に見出される形で冒険へと赴くことになる。


キャラクターの作成時に選べる職業は,戦士,魔法使い,盗賊,弓使いの4種類。レベル20までキャラクターを育てると,1次職へのクラスチェンジが可能となり,それぞれ二つずつのクラス分岐が生じる。それ以降は,レベル40でクラスチェンジが行えるが,そこではクラス分岐は発生しない。ということで,レベル20でのクラス選択がかなり重要となりそうだ。

アバターとしてカスタマイズできるのは,髪型,髪の色,顔つきの項目で,クラスおよび男女別にそれぞれ約10種類前後が用意されている。スクリーンショットを見ても分かるようにアバターのデザインのセンスがよく,また武具の装備はガントレットやブーツなども含めて,かなり細かくグラフィックスとして反映されている。このあたりの雰囲気は全体的に好印象だ。



キャラクターの成長システムはレベル制で,レベルアップの際に獲得したスキルポイントを,スキルツリーに注ぎ込んでいくタイプ。習得済みのスキルのランクアップも可能だ。スキルポイントの再割り振りは基本的にできないものの,低レベル時にはステータスポイント割り振りの要素がないこともあり,それほど迷わずにキャラクターを育成できそうである。




格闘系を重視したキャラクターのアクション

続いてはキャラクターの操作システムについて見ていこう。
ドラゴニカのゲームジャンルは,横スクロールタイプのアクションRPGで,操作はキーボード主体で行う。
カーソルキーで移動,Xキーで攻撃,Cキーでジャンプ,Zキーでエリア移動のほか、職業によっては強攻撃(溜め攻撃)として使用する。アクティブスキルやアイテムのショートカット用のキーは,最大16個まで登録可能。ページの切り替えもできる。

マウスは主にUI関連の操作に用い,マウスホイールは画面の拡大/縮小を行う。ちなみにゲームパッドにも対応しているので,コンシューマ系ゲームの操作に慣れた人でも,パッドを使って手軽にプレイできそうだ。



操作するキー構成はシンプルだが,それらの組み合わせで多彩なアクションが実現可能だ。例えば近接武器で戦う戦士の場合,「横+X」で強攻撃,「上+X」で斬り上げ,「下+X」でダウンした相手への追い討ち攻撃ができる。このゲームではとても高くジャンプできるので,ジャンプ斬りやダッシュジャンプ斬りといったアクションはかなり見栄えがして楽しい。
また,斬り上げたりして“浮かせた”相手には,次々とコンボを繋げることが可能。そのための専用のスキルもクラスごとに用意されているようだ。

アクションとしてのテンポがよいことに加え,スキルの演出が全体的に非常にコミカルなのが好印象。スキル発動時のモーションで動物や大砲に変身したり,巨大カナヅチや巨大な仏像を落したりするのだ。女性や低年齢層のプレイヤーでも大いに楽しめそうである。

そのほかには,カーソルキーの上/下で画面の奥/手前側への移動も可能だ(つまりアラド戦記タイプ)。複数の敵と戦う際は,大きくぐるりと回りこんだうえで,敵を一か所にまとめて範囲系のスキルで一網打尽といったテクニックも使える。このあたりのプレイフィールは,アラド戦記やファイナルファイト系の横スクロールアクションそのものだ。
また,通常移動のほかに,いわゆるライン移動的に手前や奥へ大きく移動できる。マップ内の分岐が多く,一本道の構成という印象は受けなかった。




MMOとMOをミックスさせたゲーム展開

主なゲーム展開は,街やフィールドなどでNPCからクエストを受け,その目的のために冒険へと赴き,キャラクターを育成させていくという定番のパターン。

ゲーム構成に関しては,街や一般のフィールドエリアはMMO。それとは別に「ミッションマップ」と呼ばれる,インスタンス生成のMOエリアが用意されている。

一般フィールドには,それぞれ一つずつのミッションマップがあるのだが,このシステムが少々独特だ。一つのミッションマップは,同じ地形データを用いた五つの難度のゲームモードによって構成されている。具体的には4段階の難度がある「アーケードモード」と,「英雄クエストモード」(こちらは1つの難度のみ)だ。



ミッションマップに初めて挑戦する際は,最も簡単な「推奨人数一人用のアーケードモード」からプレイすることになる。これを無事にクリアすると,“推奨人数二人用の”同モードがアンロックされる。そうして2,3,4人用までをクリアすると,最後に「英雄クエストモード」へと挑戦できる。英雄クエストモードはゲームのメインストーリーを進めるために行うもので,このクリアが大きな目標となるだろう。

ゲームの全体的な流れとしては,一般フィールドでレベルアップやお金稼ぎに励み,腕に自信がついたらミッションマップへと挑戦。ミッションマップのアンロックを繰り返していき,最後に英雄クエストモードまでクリアしたら,次の一般フィールドへと向かうというパターンになる。
ワールドマップにはいくつかの街があるが,その間にには6~7の一般フィールドが配置されている。2番目の街へ到着する頃には,キャラクターレベルにして25~30くらいまでは育成できそうだ。




メイプル+アラド=ドラゴニカ?

ここまで読み進めた人にとっては,このドラゴニカは“3D版メイプル”ではないかという印象を抱いたかもしれない。しかし,単にメイプルを3Dにしただけでなく,ドラゴニカにはMMO系のコンテンツが多数取り込まれているのも大きな特徴だ。プレイ時間の都合上,隅々までは確認できなかったが,各種UIを軽くチェックしただけでも,アイテム合成,武具強化,ギルド,PvP,カップル(結婚),業績などのシステムがあるようだ。

なので,どちらかというと,“メイプル+アラド戦記+多彩なMMOコンテンツ”という,人気ゲームそれぞれのよいところをうまく取り込んでいるタイトルという印象である。ちなみに余談だが,3D版メイプルとしては,別タイトルの「カバティーナストーリー」のほうがより近かったりする(こちらは開発会社も同じ)。

ドラゴニカは23日からCBTが開始予定だが,残念ながら参加募集の受付はすでに締め切られている。とはいえ,CBT後に予定されているOBTや,正式サービスといった展開は意外と早いペースで実現しそうな雰囲気。本稿でドラゴニカに興味を持った人,とくにメイプルやアラドをプレイしたことのある人は,定期的に公式サイトなどをチェックしてみるとよいだろう。

詳しい新聞へhttp://www.rmt-on1.jp/news-150.html
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ