2024年05月18日

春の収穫と作物など

こんにちは

買っておいたジャガイモから芽が出てるね
じゃあ埋めようか
そんなノリで芋を幾つか植えたら

A

割と大豊作

B

成長見てるのが楽しかっただけの豆が
収穫出来るような豆になって・・

C

ネギは種から育てられると驚いてる間に
あれよあれよで収穫時
ネギの種までアメリカアマゾンで買える今日この頃
便利だな

D

キャベツも種から育てました
モンシロチョウがひらひら飛んでるなあ
春だなあ
キャベツは茎が地面からこんなに離れて
ほとんど宙に浮いた感じでキャベツは育つんだと
感心しっぱなし

IMG_20240517_112448459_HDR

スイカとカボチャとメロン(Cantelope)の密集地帯
そして、ぴょこぴょこ芽が出てきたのは
とうもろこし
その近くでは
ビワも最近頑張って
あらこんなところにバラが成長しているという

夏が待ち遠しいような庭です



それではまた



rnstudent at 03:23|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

デンマーク村のホテルや博物館など

こんにちは

来週から仕事始めで嬉しいような
朝寝出来る生活ともおさらばと思えば
まだダラダラしたいような気になります
曇り空が続くと余計に
そんな時には旅行写真貼ろうかと

1

ホテルの名前コレ
フランス語かと思えばそうでもなく
読み方は?と聞けば
コルク、だそうです

ええあのワインの蓋してるコルク
ワインボトルが逆さまで吊ってるのは
コルク外して飲んだ後だからという
飲んべえ御用達ホテルのような
ロビーにワイン自販機があるのにびっくりです

2

プールに面してるものの
静かな部屋です
水晶の玉、コレ本当に何だったんだろう
部屋で占い師~とか出来るよと言う客室サービスなのだろうか

3

浴室の風呂が・・でかい!
風呂に入りたい!入ってはあーとやりたい!という
入浴欲が満たされるような風呂です
アヒルもついて遊べるよと

4


紳士なリスもワイン好き

5

アンデルセンの博物館は
本屋さん横にちょっと間借りしてますという
こじんまりとした博物館

6

日本の本屋さんも
昭和の頃はこんな感じだったなと思っていると
コレは昭和以前だなというのを発見!
余談:手書きから印刷機への移り変わりは
かなりの技術革新だったというのは習っていましたが
実際に見るとコレがそうかと
何だか感慨深いような気もします

7

至る所にあるアンデルセンの像
ウィリーワンカを彷彿とさせます
そこから

8

また別な博物館へと
バイキング博物館はダンナ大喜び
何だか博物館独特の匂いに加え
形容し難い匂いがありました
これはもう一度行ってアレは何だったのか形容したいです

9

狂戦士と書いてバーサーカーと読む
そんなのを最近習いましたが
その意味とは何だろうと言えば
元はクマを被る者というような意味だったようで

その昔、クマの毛皮を被ることの出来るのは
クマを仕留めることの出来る人と
ほぼ限られていたことを思えば
・・二瓶さん、猟師で戦士だったのか

10

これはテレビで放映されてたところを
この博物館で譲り受けたそうです
しんと静まり返ったところに
ずーんとこんなん立っていると
取って食ってやるという迫力あるのなんのって

11


ダンナがデンマーク村への道行きを書いていたはずの紙
・・・コレは何ですか画伯とダンナに尋ねると
よく分からない内に書いていた!そうで
酔っぱらうのと戦士が混在できる地域には
とても合ってる気がします


それではまた

rnstudent at 03:00|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

2024年05月12日

デンマークの旨いものなど

こんにちは

アメリカは広大ですが
パンケーキと言えば全米どこも一緒と思っていました
小さなデンマーク町に行くまでは

1

パンケーキが、ほぼクレープ
そして一緒についてきたソーセージも
デンマーク風

それが・・今までダイナーで食べてきたような味ではなく
ハーブの色々入った味

IMG_20240509_190419937

そしてフォークを入れると
じゅーっと汁がこぼれる程のジューシーさ!
その上、店によって少しずつハーブ配合が違っても
やっぱり美味しいソーセージ

IMG_20240509_132551542_HDR

甘くないパンケーキミックスや卵牛乳などを
タコ焼き器で焼いてから粉砂糖まぶした上に
イチゴソースを添えて

・・(これだけはサーターアンダギーに勝敗上がりますが
アメリカ美味しい基準は余裕で突破してます)

IMG_20240510_103349169_HDR

デンマークと言えばクッキー
シンプルなバター入りクッキーです
そして一緒に売ってたマカロン
国近いし美味しいから良いじゃない
これデンマークのパン屋で売ってもという
パン屋さんの声が聞こえそうな品物です


食べ物の美味しい街は
アメリカで割と稀
更にワインも美味しいところで
お得感、爆上がりなソルバングです


それではまた


rnstudent at 05:48|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

カリフォルニアでデンマーク体験など

こんにちは

カリフォルニアも北方角の小さな町
それがソルバング
ここは観光とワインが有名なところで
その雰囲気は、ほんわか
そしてこじんまりとした感じです

1

今回は下町エリア探索

2

昔からの建物をレノベーション
主にデンマークからの移民が作り上げた街は
趣、たっぷりです

3


7


風車はオランダの専売特許でもなく


8

デンマークと言えばハムレット
そしてこの隣にあるのが
ラーメン屋さんという面白さ

4


5

窓の形も色々

ウサギが粉ひいてるパン屋さんは
こちらです

IMG_20240510_103914619_HDR



11

幾何学模様な多分中東系ランプが
風車と混在していたり

13

とにかく可愛らしいもので溢れてる・・

そしてアメリカ基準でも世界基準でも街が清潔、安全
道にゴミの落ちてるのが珍しいのは
アメリカでは特に稀
この街はそんな希少なところです

14

歩き疲れたら
ワインを楽しみながらひと休み
ワインテイスティングは口に含んだら
吐き出すのが鉄則とは聞きますが
そんなん知らんわ
リストに載ってるのなら全部がーっと飲む!


静かな流水音を聞きながら
日差しの良いとこどりしたところで飲む白ワイン
店員さんもフレンドリー
街行く人々もフレンドリーで
この雰囲気の中で飲むと
とにかく美味過ぎて
・・ええ、二本も購入しました


可愛いモノ好きな人も
ワイン好きな人にもおススメな
閑静で安全な
アメリカでは希少な宝石のような街です


それではまた

rnstudent at 05:21|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

2024年05月05日

次の職場決定など

こんにちは

次の職場が決定し
やれやれ
これでしばらく休めるなと思っていると
怒涛の書類要請

syorui_yamadumi


そしてそうなると当然のように起こる
プリンターの大不調
ええ、か弱いんです


まあコレ古いからな
ついでにこの文章書いてるパソコンもビンテージだからと思い
修理に出して戻ってきました

そこから・・プリンターが動かない

うふふ
まだ書類関連こんなにあるよ
誰か私の替わりにやってくれないかな
どうしよう?新しいプリンター買えと?
あれやこれやと連絡取ったり新しいのを調べたり
3時間程をインドからのカスタマーサービスに費やしたり


しかし、今朝
パソコン起動した途端
プリンターはウイーンと動きまくっては
昨日印刷したかった書類が
どっさりわっさり、排出で
そこはひと安心なものの

健康診断の結果
とあるワクチン接種が必要な様子
そして仕事始め前に
細かな用事をあれやこれと熟すのも必要なようです

nekonote_karitai_woman


現在、何だかんだでバタバタしてるところ
それでも休みで
気力、体力ともに回復してるのを感じます


ハラスメントとは
こちらの気力をゴリゴリに削るものなのだなあと
改めて実感してるところです
とりあえず大手は大丈夫だろうと
よく分からない納得をしたまま休んでいます



それではまた

rnstudent at 05:59|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

コケにハマることなど

こんにちは

人をコケにする、というのは余りよろしくないですが
園芸店にて
「コケ(苔)にする!」というのは責任重大
だってここ砂漠気候
試される、コケ

IMG_20240504_120609431

ところでコレ、コケと言われてるものの
植物分類上ではホントのコケではなく
人々の間で
コレ何かコケっぽいからコケって呼ぼうよという緩いところ

そんなコケですが
この種類はスコティッシュモス
原産はスコットランド

そして現在、進行中なのは

IMG_20240504_114004002_HDR

アイルランド産コケ、育てよプロジェクト
毎日ちょっとずつ育ってます!


アイルランドとスコットランド
文化的に近いだけに
互いをコケにすることもあるようです
ネタ的に

しかし最近
庭にお目見えしたのは
イングリッシュラベンダーとイギリスツタ

IMG_20240504_123212273_HDR


互いをコケにするスコットランドとアイルランドは
イギリスに勝利するため
手を組むことになるのだろうか?

そんな疑問をよそに

6

コケ紛争から離れたところで
楓、今日もよく育ってます

そしてこれら多文化植物の共通項
試される夏は、もうすぐです



それではまた

rnstudent at 04:31|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

ご飯記録など

こんにちは

ダンナ、好きなものこそ上手なれを地で行くタイプで
その料理センスが良いです

某アニメだと
座禅してポクポクチーンで閃いた!のがありますが
ダンナの閃き先、某スーパー
そして美味しいものを作る!ひらめき原材料、こちら

IMG_20240423_203109838

ところでインドのチーズナンの美味しさと言ったら
そしてそこにちょっとだけはちみつを垂らした時の
背徳過ぎる味と言ったら
書いてるだけで食べたくなります
しかし前回インド料理注文した時には忘れ去られていた、チーズナン
こんなにピザクラストがあるんだから・・閃いた!

ピザを横から水平に切って、または切り込み入れて
そこからチーズ流し込んだら
もうそれチーズナン(のパチモン)!

しかし、却下
無慈悲に却下された似非チーズナンの悲しみ

イタリアとインドのミックス!
その内やってみたいです
どちらからも怒られそうですが

IMG_20240423_203125325_HDR

プロシュートはスライスされたのでも
木単位でも売ってます
でもアレよく見れば、よく見なくても太もも部位など
アレはパーティにでもあったら
ぱーっと映える感じがしますが
アレは美味く切るのに(スライスするのに)コツが要りそうです

そしてその内、技術が進化して
プロシュートが地面から生えてる!
プロシュート畑、とかあったら大人のロマンが叶ってるなと

2 (1)

まだ続いてる水耕栽培
バジルがまだまだわっさりです
これがよく育つんだわさ
誰か貰ってくれないかな・・ということで
ダンナが武道教室の生徒さんに声かけてみるそうです
そんな、豊富過ぎるバジルの消費一例

3

夕食、ピザパーティ
チーズが熱々のトロトロ過ぎてもうこれだけで
チーズナン欲満たせた・・
からの

4 (1)

インターネットで
おでんが買える今日この頃

5


おでんは
ご飯のおかずになるかならないのか論争がありますが
私はコレ朝ごはんのおかずにして

IMG_20240503_112140894_HDR

これも水耕栽培なパクチーを
納豆に入れて
つぶつぶがプチプチしてるのをかけて

そんな
すぐ完成する朝ご飯も良いなあと



それではまた



rnstudent at 04:05|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

2024年04月29日

突っ込み激しいところなど

こんにちは
とりとめのない雑記を書こうかと
大丈夫な人はどうぞ



先週金曜日から今日までは
リウマチ関連のオンラインセミナーに
参加してきました

基礎的な知識はあるようなものの
診断法、テスト関連のことなど知りたいなと思い参加したところ
・・何だかえっぐいのを目撃しました

ところでこのセミナーの対象は
主にリウマチ専門家ですが
私のような専門外がひょっこりしてたり
リウマチ専攻のフェローシップやってる人が居たりします

脱線:ヨーロッパの研究結果はどうのこうのに混じって
割とよく出てたのが日本の研究結果
とある日本の教授が第一人者であるそうですが
「スキーしたいから日本に帰った」とのこと
叫びたい、カリフォルニアでもスキー出来るよ教授!

ski_crosscountry


さてそのセミナー
リウマチの専門家の
とても良い意味で化け物揃いでした

臨床やりながら第一次と第二次研究してる人の経歴
数十年など
臨床は年取って辞めたけど研究はまだしてる人
設備やテスト法にほぼ制限なく出来る人々など
アレだ狸先生(仮)が懇意にしてるような専門家たちだ

うへえ
臨床のみで
コレはリウマチ専門家か
はたまた神経専門家に回すべきか
そこに加えてプライマリケアが
この専門の診断テストリクエストしても
まず保険で拒否られるよなあとか
そこに行くまでが大変だとか
2択以上あるハムレット状態で悩んでるとこと次元が違わあなと

nigaoe_shakespeare


さてそんな悩み多きところなところで

nigaoe_goethe


シンパシーを感じたのが
フェローシップやってる人々

受け持ち患者さんの症例などを挙げていきます
ずらずらと
それをふんふんと聞いている門外漢


そこへ割って入る年季の入った専門家

「そこは違う」

ばっさり切って捨てます

samurai_kettou


そこから滔々と自説が開始されました
それは臨床の経験値の差

プレゼンテーションを見ると引用がなかったので
そのプレゼンターの経験から導き出したようなことだと思います
そこから年季の入った人々が口々にアレはどうだ
コレはどうだと
プレゼンターの喋ってる暇が・・ない

せめてそこが引用だったら
これこれこの専門誌で過去5年以内の出版ですとか言えたら
立場を守れた気がしますが
年季の入った専門家たちは
経験値プラス専門誌を熟読してたり
自分でも記事書いてる人々、その集まり
(偶にご自分の出した研究結果は90年代とかありましたが)



ふと、学生時代の私のプレゼンやってたのを思い出しました
壇上からとある専門家がふんぞり返ってたのを見て
そして質問してくるので
なんだこの野郎と思っていましたが

あのリウマチ専門家に比べたら、断然優しかった
少なくとも乗っ取りしてなかったし
あれでも優しかったんだな
ごめんなあの時の某専門家さん


しかしあんなプレゼンの乗っ取りってあるんだな
(プライマリケアは専門家系セミナーに比べたら
もっとのんびりしてます)
聞いてるこっちがいたたまれない気になりました
最後まで頑張ってた人々に
拍手を送りたいです


それではまた


rnstudent at 06:00|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

2024年04月28日

小川になった雨や雪など

こんにちは

雨がひと段落すると
風の吹き抜ける涼しい季節到来です
そして期間、超限定の数週間

カラッカラに干からびてるのが常態な
南カリフォルニアでは
小川を見るのはかなり稀

1

カエルの化け物のようなのが写りこんでますが
そこらは人の脳
点がある間隔で並んでたら顔を見るというアレです
でもあったら良いなカエルのこんなデカいの
どうやって跳ぶんだろうというのは野暮

4

写真奥にひっそり写るダム的な水

5

ひょうたん発見
ひょっこりしてるのは
バケーション中と思われる、ひょうたん
どこかの誰かが作ったアート

6

カワウソいたらここ浅すぎると文句言われそうですが
これでもカリフォルニア的には深い方

そんな初夏の写真です
それではまた


rnstudent at 05:09|PermalinkComments(0) 日常ネタ 

2024年04月21日

古民家に起こりがちなことなど

こんにちは

耐震性ばっちりなリノベーション済みでも
元は古民家
偶に来るのがガタです

事の起こりは火曜日辺り
風呂から汚水、逆流ゆっくり噴射
多少の詰まり程度なら修復出来るモノと思いきや

ダンナ「こりゃムリだ」

下水道関連の専門業者を呼ぶことになりました

まずはスコープで診断して
ああそこが詰まってると掘ってみたら
下水パイプ、一部が煉瓦製と判明

renga

・・レンガ?
アレか子豚が家作ったというアレか
ソレはどうやら80年程前に作られた煉瓦製パイプ、年代物

そこへもってきて
乾燥地帯、春先はまだ良いとして
ほぼ一年を通してカラッカラな地域では
植物は水を求めて根を伸ばしていきます

煉瓦製パイプにまで触手を伸ばしてた
近くの木々
一本で終わってなかった植物の生命力
パイプの外だけではなく中まで根を伸ばして
水を啜っていたということで
そこだけ切り取って見たら
すげえなあ植物と綺麗に終わるところです

job_syokubutsu_gakusya


しかし、古民家住んでる方としては

「え・・パイプを新しいのにして
それを古いのと入れ替えて
しかも庭掘って入れるんだ、そしてその総額は・・」

小型の中古車買える金額です

ガタがきて
金は飛ぶよ藁のよう

そんな古民家に住むとあるあるネタです
多分



それではまた



rnstudent at 05:07|PermalinkComments(0) 日常ネタ 


記事検索
月別アーカイブ