2015年12月11日

素麺など

こんばんは
瓢箪から駒ということわざがありますが
コレ、時と場合によっては料理にも当てはまるなあと
葱類全般嫌いだったりと好き嫌いが激しい上に
食事そのものに大して興味のないアメリカ人夫
そして料理の手は抜けるモノなら抜こう!という妻が居ると尚更に。

肉じゃが、ダンナが言うと
ニクジャーガ。
これはミックジャガーに似てるとのことで
今日は肉じゃがだよと言うと
ストーンズ好きなダンナは喜びます

食にそれほど興味のない人が
喜ぶようなモノだとこっちも作りたくなります、が

一番最後に肉じゃがを作った時に
手元にあったのは
ジャガイモ、肉、キノコ、薄めて使える汁、
かろうじて残ってる素麺

シラタキを買いに行こうにも
私の知る最寄の日系スーパーまで片道最低20マイル
そして渋滞も見込まれます
週一度の買い物時に買っとかないとシラタキ抜き
ダンナの好みで玉ねぎニンジン却下の肉じゃがになるなあと

肉じゃがはご飯のおかずになりますが
基本的に一品料理の夕食のため
そもそもウチではご飯のおかずという概念がなかった!
(威張ることじゃありません)
そしてダンナは麺類が好き!
(シラタキ買い忘れてごめんよ!)

なのでジャガイモを
かけ蕎麦二杯ぐらいのめんつゆと一緒に煮込み
そこにキノコも放り込み
別に茹でた素麺を投入します

それを「はい、肉じゃが!」と出すと
喜んで食べるダンナに対して痛む良心
それ、実は肉じゃがじゃないんだ
にゅうめんに肉とジャガイモとキノコ入れただけの創作料理
シラタキがあったらそれにシラタキ入れるであろう魔改造料理。

ダンナに「ホントの肉じゃがはこんなスープ状じゃないよ」と打ち明けると
「温かくて美味しい」から良いんだそうで。
ああそれなら一安心

なので
素麺を茹でてから
キノコと肉類を炒めオリーブオイルに絡めたモノが今日の夕食です
素麺、万能だなあと思います


それではまた



rnstudent at 13:52│Comments(0)TrackBack(0)日常ネタ 

 トラックバックURL...記事に関係ないTBは削除させて頂きます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔