2007年02月14日

このまま寝込んで一生おきることが無ければどんなに楽だろうか

青春も仕事も老後も全ては夢のうちに終わり、魂は無へ喫するか、また還元され新たな生命を営む魂胆となるだろう

生きるものにとって夢とは現実ではないが、生きずにいるものにとっては夢は現実よりも現実味を帯びているのだろう。

夢の恐怖は現実への安心感へ繋がるが、現実を失うものにとって夢は現実より生々しく精神を侵し、心へと絡みつく

寝込んでも一生悩み、考えるのが人間なのだろうか

無の境地などといい何も考えることがない状態にできる人間がいるのだろうか

どうやって考え新たに生み出すのだろうか

無からは何も生まれず、意識は無い

意識の無いものが悟ったなどと戯言を抜かすが、それも己の己惚れに過ぎぬのではなかろうか

この考えもおそらく己の己惚れに過ぎぬだろうが。

無の境地に達したものは、死人である

死は永遠の無であり、魂を亡き者にするか、新しい生へと返還させる

魂の残らず身体はそれこそ無の境地であり、何も生まれない

もし寝込んで一生過ごせたとする。

その一生は夢のなかでは現実と同じように考えるのではないだろうか



ここまで書いたところからクラブの人に悩みを相談しました

やはり、問題の根本はうちが何とかしなければならないし、解決にはまだ時間がかかるかもしれない。

でも、話してとても楽な気分になれました。

これからも悩んでるときは自分ひとりが考えているわけじゃないと、楽な気分で接することができるかもしれません。

本当にありがとうございました

自分のなかの微妙な部分、うやむやはどうやったら解決できるのかはまだ分かりませんが、あまり無理せず考えたいと思います

上の記事の続きは、夢でも考えて苦しいのならば、死ぬしかないのだろうか

というようなことを書くつもりでした。

別に死のうというわけじゃありません

クラメンと話すまではすこし死んで楽になりたい気持ちもありましたが

どうやれば解決できるのだろうか、と、生きていることによっての改善策を求めているのです

まだまだそれは分かりませんが、考えては逃げて、考えては泣いて、を繰り返して、他の人の意見も聞ければ、聞いていこうとおもいます

まずはテストと、趣味・・・かな

ro_ss_tw at 01:48コメント(4) この記事をクリップ!

コメント一覧

1. Posted by ジューダス   2007年02月14日 20:35
ほむむ…
ろすさんもいろいろと悩んでるんだね〜;
でもまぁ人に話して楽になるならさ
俺に話してくれてもいいよ?
俺だって一時期は死のうとまで考えた人間だからろすさんのことを少しはわかってあげれると思うな
まぁ俺はガキだし 何もとりえのないバカだけど 人の力になりたいとは心から思ってるから辛い時とか俺に相談してね?
何にもいいこといえないし言ってることわからないかもしれないけど
少しはろすさんを支えてあげるからさ
だから、俺に話せるときは話してくださいな
2. Posted by ろーす   2007年02月14日 23:15
ありがとう。
今度つらくなったときはお願いします。
ジューさんはたしかに大人ではないけどとりえのないバカではないです。
クラブでもみんなのために色々したりTWの住民に対して責任を感じて怒ったり
それが出来ない人も多いのです。出来ることがとりえでもあると思います
人は一人一人違うのだから人と比較して自分はここができないとかここがうまくいかないとか色々あるはずです
とりえは自分では逆に見えないものだったりするのかもしれません。自然とやっていることが他人から見たらとりえに見えることもあると思います
言ってることが全てわかるほうが変なのだとクラメンにも教えてもらったしね^^
こんな長い記事読んでくれてありがとう^^
3. Posted by ジューダス   2007年02月15日 13:09
うん いろいろ相談してくださいなb
俺はいつまでもろすさんの話を聞いててあげるからさb
まぁ〜俺の「とりえのないバカ」とかはどういえばいんろうな
自分自身では無力な人間はいないとかとりえのない人間はいないとわかってるんだけど
俺は自分自身を褒める事は嫌いなのよ
だから、自分を悪いように言ったりするのかな〜
自分がこのままでいいとも思わないし だから自分を悪いほうに思って自分を変えようとしてるんだと思うかな
まぁ俺の発言に自分の気持ちをいっぱい書いてくれてありがとね
まぁ長い記事でもろすさんのことをいっぱい知れてよかったと思うかな〜
お礼なんていいからね まぁ悩んだりしたら俺が話を聞いてあげて支えてあげるさ^^
4. Posted by ろーす   2007年02月15日 18:56
日本人特有の謙遜かな(笑)
まぁみんなそういう気持ちはあるのかも。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

Profile
  • ライブドアブログ