2007年04月30日

今週の予告! 血統班分析

mの血統

 

 


血統班が『NHKマイルC』を分析、
                 
府中のマイルを制する3歳馬は・・・

●近年のデータを見ても主軸は内国産馬

過去5年間は連続して内国産馬が優勝している。では内国産馬を中心に馬券を組み立てればと思う競馬ファンも多くいるはず。
しかし今回のレースでは内国産勢の種牡馬は容易には絞り込めないほど多彩である。

従来血統には「距離適正」「スタミナ」「スピード」と重要視される項目があるのだが今回注目すべきは「スピード」と「スタミナ」。この2つを兼ね備えた登録馬に注目。

まずは『トウホウレーサー』。父は芝中距離路線で活躍したチーフベアハート産駒。そして昨年の優勝馬「ロジック」と同じBMS。
多くの競馬ファンが周知のとおり「サクラユタカオー」は天皇賞をレコード勝ちした実績をもつ。父母の血統からみてもマイル戦に耐えうるスピードとスタミナを兼ね備えている。

同じ条件でみると『ローレルゲレイロ』も興味深い。
父は国内の中距離路線で活躍した「キングヘイロー」。母の父「テンビー」は本質的にスピード指向。活躍馬もだしており期待がもてる。

そして『アサクサキングス』。イタリアダービー馬の父を持つ。産駒には「スマイルトゥモロー」、「シャドウゲイト」などがいる。注目すべきはジェニュインの全妹である母クルーピアスター。母系の血を脈々と受け継ぎマイル王を目指す。

血統からの予想と現在のコンディションを合わせることで、勝負馬券が割り出されてくる。血統予想だけで的中馬券が手に出来るほど競馬は甘くはない。
そしてその馬に接している者だけが知りうる情報を加味して、我々は勝負馬券を割り出しているのです。

F.P.Sでは様々な角度から高配当を出しえる馬体を絞り込み『純度』の高い情報を
提供しております。

■ 興味をお持ちの方はこちらまで ■
road_of_longchamp@orange.livedoor.com



にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ  【お役立ち情報満載】

リンクバナー 人気blogランキングへ




 



road_of_longchamp at 21:58│Comments(0)TrackBack(0)clip!研究員M | 今週の予告!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔