1

はい!!冬休み特別企画『暗黒騎士』ジョブクエストSS集
今回も続きを書いていきたいと思いまーす!!!
前回の記事にて『通りすがり』の方から、選択肢のもう一つを選んだ時の答えを
教えてくださりましたー!!本当にありがとうございます!!ヾ(*´∀`*)ノ
って事で、それでは早速中編にまいるとしますー!!

※本当は前後編の予定でしたがSS量が多すぎたので前・中・後編にしました。
 申し訳ございませんがご了承くださいませm(__)m






ffxiv drk801

冒険者の暗黒騎士の命とも言える『ソウルクリスタル』が割れてしまい、
その元凶が自分のせいだという謎の少年『ミスト』と出会う。
彼は自分には特別な『ちから』があるといい、その為にはエーテルが必要で
周囲からエーテルを借りている内に近くにいた冒険者のソウルクリスタルのエーテルも
奪ってしまったのだという・・・・

ソウルクリスタル復活のために冒険者と兄弟子『シドゥルグ』
そして、シドゥルグと行動を共にしている『リエル』と
共にミストの願いを叶えるべく動き始めたが・・・・?


ffxiv drk843

冒険者は背中に愛用の剣を背負うと『困っている人』を捜索。
簡単に見つかるものでもないと思った矢先、何やら遠くで女性の声が・・・・

ffxiv drk844

聞き耳を立てても仕方ないので堂々と近くで耳を傾ける冒険者w

ffxiv drk845
ffxiv drk846
ffxiv drk847
ffxiv drk848

何やら『像』の立て直しについての話し合いの様だな・・・・・

ffxiv drk849
ffxiv drk850
ffxiv drk851

蒼天騎士団の身内だったのか・・・・!!
冒険者の脳裏に苦い思い出が浮かび上がる・・・・
確かに国を捨てた前教皇達の振る舞いには国民も納得してないし、
秘密とは言え知っている人間も多数存在しているわけだ。
前に進み始めた現在でも旧体制との蟠りは残っているのも無理はない。

ffxiv drk852
ffxiv drk853
ffxiv drk854
ffxiv drk855

資金集めも難航し、流石に落胆を隠せない『ミユィ』
とりあえずは『困っている人』を見つけたので『ミスト』の所へ戻る冒険者。

ffxiv drk856
ffxiv drk857
ffxiv drk858

今度はミストを連れて再びミユィの所へ。

ffxiv drk859
ffxiv drk860
ffxiv drk861
ffxiv drk862
ffxiv drk863
ffxiv drk864

藁にも縋る思いなのか、ミストの案に素直に応じるミユィ。

ffxiv drk865

果たしてミストの『ちから』とは一体・・・・?

ffxiv drk866

人気の無さそうな場所へ行くとすでにミユィが待機していた。
後はミストがどうするのか・・・・?

ffxiv drk867
ffxiv drk868

接近してくる人物の姿に驚愕するミユィ。その視線の先には・・・・!

ffxiv drk869

悠然と歩いてくる蒼天騎士の姿に、冒険者の背中に冷たいものが走る!!
しかし、イニアセルは気にした様子もなくミユィに歩み寄っていく。

ffxiv drk870
ffxiv drk871
ffxiv drk872
ffxiv drk873
ffxiv drk874
ffxiv drk875
ffxiv drk876
ffxiv drk877
ffxiv drk878
ffxiv drk879

感動の再会なのだが冒険者の脳裏には全く別の情景が浮かび上がっていた・・・・


あの時の死闘が・・・・!

ffxiv drk880
ffxiv drk881
ffxiv drk882
ffxiv drk883
ffxiv drk884
ffxiv drk885
ffxiv drk886




・・・・・・



ffxiv drk887

腑に落ちない状況に怪訝な表情を浮かべる冒険者。
それを察したシドゥルグが静かに声をかける

ffxiv drk888
ffxiv drk889

確かに『蒼天騎士』の一人が戻ってきたとなると、街は大混乱するのは明白だ。

ffxiv drk890

『イニアセル』を連れて移動するシドゥルグ達・・・・

ffxiv drk891
ffxiv drk892




次回に続く!!!!