行って参りました、日本青年館。



注意:ネタバレです!!!
一字一句覚えてるわけではないので、表現や細かい意味合いが異なっている場合が
多々あると思います。 それでも見たいぜ!という方のみ閲覧してください。
致命的な間違いはないと思いますが
あった場合はお知らせ下さい。勘違いしてても怒らないでね(ノ∀`)
ちゃんとしたレポートが見たい方は、ちゃんとした人のサイトを見るか
11月発売予定のヴァナ通信サマーカーニバル号をご覧下さい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
おー日本青年館ってあれかー!結構目立つなーという感じで歩いていたら、
背中にデカデカと『ぎふ』と書かれたTシャツを着た少年がッ!!??

彼も参加者なのか!!??と思いきや、隣の競技場でやってた
小学生交流陸上大会の見学者のようでした('-')


少し早めに会場に着くと、既に100人くらいが待っていました。
会場は思ったよりも古く、昭和の大劇場のような風合いでした。
加山雄三コンサートでもおかしくない感じ。


さて、開場すると入口の物販にはいきなり人が殺到。
Tシャツ・特典付きのCD(缶バッチ?)・マンドラ・ゴブ人形等が売ってました。
イベント限定商品の黒マンドラとか、シャントット時計があるかと思いきや
なかったような感じ。

(*後にイベント中で明かされましたが、白マンドラベレー黒マンドラベレーを製品化したらしく、
既に物販の人が白マンドラベレーを被っていました。来月の東京ゲームショウ2005で売るそうです。)


客層は様々。
男性7.5:女性2.5くらい?
ネコ耳を被ったお嬢ちゃんを連れた家族連れや、アベック・・・アベックは古い!!!
カップル(多く見受けられました)・LSで来てるっぽい人たち・イケメン・それなりな人
おっさん・熟女・黒人・ソロで突撃してるらしき人。ゴスロリな人に、白AFの女の子とかも
いました。さすがにミスラはいねぇ。
まぁいろんな人々ですよ。

FFコンサート2004と比べると、男性陣多め。


ホールは1000人くらい収容のそこそこな広さ。
最初はガラガラで、どうなることやらヽ(;´д`)ノと思ってましたが、
後の話では、1階席(900人)で足りるかと思いきや、スタッフ席の2階席も開放したらしく
結局1-2階のほぼ全部が埋まってました。1000人くらい?



さぁ16時。開演です。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
開演
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

夏真っ盛りだぜー!なビビキー湾で撮ったポップな
映像がスタートに流される。



司会者が2人登場。
男性は去年のプロマシアイベントと同じ人?
FFアナウンサー?として登場した超ミニの(*´д`*)な女性は、何とFF11プレーヤー。
カーバンクル在住で、実は『Lv75ジョブを3つ(?)持ってます!』とのこと
会場全体から驚きの声。
そりゃアンタ!俺ですらまだ75ジョブ無いのに!!!(゜д゜)
と思ったところ、

『でも廃人じゃないですよ!』

と必死に主張。会場笑。
この方、この後も要所要所で素晴らしいツッコミを見せ、
会場が大いに沸くがそれは追い追い。



トークセッション開始の宣言。



すると舞台の床からおもむろに白い煙が!!!
火事かアアァァァア!!???やっぱ古いからかアアァァァ!!??
と皆がざわざわと戸惑っていると、


ファミ通編集長・浜村さんと
FFXIプロデューサーの田中さんが

下から、スモークに包まれながら登場!!(゜д゜)


舞台装置だったのかアアァァァ!!??


感嘆の声と割れんばかりの拍手。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
トークセッション
(注:個人の発言は一字一句覚えているわけではありません。
なのでアバウトです!!!
発言者が違ったり、順序が異なったりする場合があります。)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

浜村:「いやぁ、舞台の下の方は何かムバルポロスみたいになってましたね!」

田中:『30分くらい前からいましたね』


舞台袖からディレクター・バトルプランナー・デザイナー等が登場。



浜村:「プロマシアも完結しましたけども、次のバージョンアップはいつごろになるんでしょうかねぇ?」

田中:『うーんまぁ・・・(言葉を濁す)』

浜村:「9月とか・・・10月とかかな?どうなんでしょうかねぇ?」

田中:『(明言しない)』

浜村:「まぁ秋口ですかね!」



(*こっから順番が曖昧になります(´д`))

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
浜村:「拡張ディスクは製作されてますか?」

田中:『えぇもちろん、鋭意製作中です。もうちょっとしたら発表できると思います』

(*東京ゲームショウ辺りか?)

田中:『ジラートやプロマシアとも全く違う物になります。』

浜村:「やっぱり・・・マップ追加というとアレですか?カザムの下にミスラだらけの島とか・・・」

会場笑

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
浜村:「プロマシアは終わってしまったんですが、その後は?」

田中:『キャラクターに関連したストーリーをバージョンアップでちょっと追加する予定(?)です』

(*後日談のようなストーリーを追加?)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
フェロー

浜村:「フェローのレベル上げは強い敵を狙えばいいんですよね」

スタッフ:『確かにそうですが、フェローは200以上の経験値が入らないようにしていますから、
あまり強すぎる敵と戦っても効率がよくないかもしれません。』

浜村:「そして好感度があるとか?」

田中:『うーんその辺は・・・(スタッフに目をやる)』

スタッフ:『たしかに好感度は・・・あります。』

浜村:「育成シュミレーションみたいになるんですかね?」

田中:『(明言を避けたものの)次のバージョンアップでまた何か追加するはずです」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
NMとかの話

スタッフ:『通常のNMは、もちろんこれからも追加していきますが、もういいかなと。
ちょっと違う物を追加したいなぁと』


デュナミスの今後

スタッフ:『デュナミスはデュナミスとして残しますが、また別にアライアンス(の人数)を超えて
入場できるようなものを検討しているところです』

浜村:「それはまた今あるマップを使ってというものですか?」

スタッフ:『それは・・・』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
白サブリガやサブリガの話

浜村:「前回のプロマシアイベントで言ってみたら、ホントに実装されちゃいましてねぇ」

スタッフ:『田中さんからの強い要望に押し切られましてねぇ^^; デザインはあったんですが
思い切って導入してしまいました』

田中:『(浜村さんの方を向いて)でもいいでしょ?アレ?』

浜村:「えっ・・・!?ちょっと・・・そういわれてもなぁ・・・^^;(困ってる)」

浜村:「(田中さんの)キャラ変わっちゃいますからあまり言わない方がいいですよ!」


ユーザーからの質問で:『サブリガ好きへ何か一言』


スタッフ:『これはサブリガの父のアイバ(デザイナー)から』

デザイナー:「(凄い良い声で)・・・声だけは良いといわれるんですよね・・・」

事実、良い声なので驚く。

デザイナー:「えー・・・・・・サブリガを愛用して頂き、誠にありがとうございます・・・」

お客様に言うような感じだったので、会場笑。

デザイナー:「僕はサブリガの話しかしてませんね(笑)」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
オシャレ装備

デザイナー:「バージョンアップで複雑なデザインの服を作れるようになったんですが、
あまり凝ったもの作っちゃうと、みんな集まった時に『チンドン屋』みたいになっちゃいますからね^^;
もっとシンプルなものも考えてます」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
海外のイベント

浜村:「海外でもイベントを行っているようで」

田中:『これはドイツ・・・(ドイツのイベントスライド) ミスラの人たちがいたりね』

(アメリカの写真でも洋ミスラの写真が)

浜村:「世界中にミスラがいるんですねー!」

田中:『スタッフに好きなやつがいましてね。まぁぜひ日本でも』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
RARE・EXになったもの

浜村:「ドロップ品はどこへ?」

田中:『長年独占状態が続いていたので、とっておきの策をね。とっておきでもないか(笑)
そこらへんは彼に』

スタッフ:『えー既存のアイテムをRare・EXにしたんですが、その元のアイテムはどこで
出るようになったのか。ちょっと纏めてきました』

(ここで、アスリン・皇帝・孔雀等の新しいドロップ先を表にして公開。会場からどよめきが)

浜村:「いまみんな、カバンからメモ用紙を出そうとしてますね(笑)」

(全てBCに移行した模様。孔雀はホルレーのLv40BC?ホルレーが3つくらい。
しかし詳細は覚えていない。)

浜村:「ドロップ確率はどうなったんでしょう?出にくかった孔雀とかは」

スタッフ:『うーん・・・出にくいものは・・・確率は大体5%ですね』

浜村:「アスリンはどうでしょう?」

スタッフ;『うーん・・・あんまり確率は・・・』

浜村:「じゃあ『何回に1回出るか』で!」

会場爆笑

スタッフ:「運がよければ1回で出ます(笑)」

会場笑

スタッフ:「まぁ・・・4回に1回・・・くらいですかね(アスリンは)」

(*アスリンはLv20BCと、もう一つのBCで出る模様)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

浜村:「まだ登場してない召喚獣はいっぱいいますがその辺は?サーバー名とかにもありますよね」

田中:『流石に全部はアレですが、まぁ歴代の有名な召喚獣などは検討しています』

スタッフ:『あとはタイミングですね』

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジョブの話

浜村:「ジョブバランスとかは今後どうしていくのでしょうか?」

浜村:「例えば・・・『俺は槍強いのに何で誘われないのかなぁ』という方とか・・・」

会場から大きな歓声が&拍手
スタッフ一斉に苦笑

浜村:「槍の強い方ねぇ」

スタッフ:『槍の強い方は、強化策を考えています!』

会場:おおおーーーー!

(*なぜかスタッフも浜さんも『リューーサーーーーン』とは言わずに『槍を持っている方』とか
『槍の強い方』という言い方を(ノ∀`)
かなり強い口調だったので、竜騎士には具体的な強化策を考えているようでした。)


浜村:「最近、ボク狩人上げてるんですけどねぇ・・・・・・?」


会場爆笑&拍手
スタッフ一斉に苦笑

(*これは、前回プロマシアイベントのときに忍者の空蝉が弱体されるという
情報が事前に発表され、イベント中に浜村さんが『最近、ボク忍者上げてるんですけどねぇ・・・?』
という問いをして歓声が沸き起こった。
あのツッコミが1年ぶりに帰ってきた。)


スタッフ:『遠隔攻撃は近接でも当たってパフォーマンスがちょっと良すぎたので、
ちょっと離れた所から打つと良いダメージを与えられるように変更しました』

スタッフ:『具体的には、投擲・銃・ショートボウ・クロスボウ・ロングボウの順に
もっとも良いダメージが与えられる距離が長くなっています』

会場:おおーーーー

そして司会者のねえさんもおおーーーーと思わず声が漏れたので
会場爆笑

さすがプレーヤー!!


浜村:「銃がショートボウより短いんですねぇ?」

スタッフ:『(なんか言ってたけど忘れた)』


(*狩人の強化策はなさそう・・・?)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
新ジョブ

浜村:「15ジョブありますが、16になると丁度良い感じですよねぇ。2・4・8と・・・

田中:『サポ無しを入れて16とか・・・』

浜村:「いやーまたまた。新しいジョブとかはどうなんですかね?例えば時を操る人とか・・・
敵の技を使っちゃう人とか・・・」

会場笑

田中:『(新しいジョブの導入は)何年も前から検討していますよ』

(*具体的な話はなし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
アビとかメリポとか

浜村:「新しいアビリティーとかは?」

スタッフ:『導入しようかと考えています』

浜村:「どのような形で?」

スタッフ:『メリットポイントあたりを・・・(明言せず)』

浜村:「おおー!これは溜めといた方がいいかもしれませんね!」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
謎の装置

浜村:「謎の装置のパスワードありますよね?あれって実装されているんですか?」

スタッフ:『担当者がいないので、聞いてきた情報をそのままお伝えします。
『PC名の頭文字三文字』と・・・いうことみたいです』

浜村:「うーん、よくわかんないですねぇ?」

司会のおねーちゃん:「答えじゃないですか???」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
マートキャップ(全ジョブで最終限界を超える?ともらえるスペシャルアイテム)

スタッフ:『全サーバーを調査しましたら、全レベルが75の方が4-5人いましたね』

会場どよめく

浜村:「本当ですか!?いったいどんなご職業なんでしょうかね!?」

会場爆笑

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
やりこみが欲しい。合成とかにも

スタッフ:『(クエストで?)(指定生産品で?)合成もやりこめるようなものを考えています』

司会のおねーちゃん:「ちょっと個人的な質問なんですけど、レリックって厳しくないですか?」

意外なとこからのストレート突っ込みに、会場が笑いどよめく

スタッフ:『多少きびしめに作ってますが、ちらほらと最終段階まで行った方も・・・』

浜村:「凄いですよね!いったいどんなご職業なんでしょうね!?」

会場爆笑

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
忍盾

司会のおねーさん:「ユーザーの方からの質問です。」

(*忍者のジョブスタイルがはっきりしてないですよね?
いったいどうする気ですか?のようなやや強い口調での質問)

司会のおねーさん:「この方、ちょっと怒ってるようですね!」

浜村:「忍盾とかありますけども」

スタッフ:『僕らもあんなに上手に、ユーザーが安定的に空蝉を使いこなしているのは
想定してなかったので』

浜村:「そうなんですか?」

スタッフ:『えぇ、元々、緊急避難的に使ってもらう予定でしたので』

浜村:「忍盾はどうなっちゃうんですか?」

スタッフ:『忍盾という確立されたものを除外することはありません。
(その後なんか言ってたけど忘れた)』


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

他にもあったけど現時点では忘れました。

田中さんが 『みんな、強いものを弱くすると物凄い批判するんですが、
弱いものを強くしても反応が薄いんですよね・・・』 
とポロリと小声で語ってちょっと寂しそうでした。



トークセッションが終了。
また舞台下にもぐるのか!?と思いきや



舞台が回転し始めたッ!!!???
予想外の出来事に会場がおおいにどよめく!!



バリスタ準決勝へ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


おっと忘れてた。


XBOX360版FF11の映像も公開されました。
もう最終段階だとか。
確かに綺麗で、一部から綺麗だねーと声が上がっていましたが
PC版プレーヤーからすると普通なので、田中さんもそれを分かっているらしく、
主にPS2版からの移行者を狙っているようでした。

また次世代機での新しいモンスターデザインを公開してました。
モブリンをもっとだらしなく、皮膚とかダラーンとした感じのモンスター。



グロさが非常にリアルでちょっと感動しました。
女の子からは『気持ちわるーい』とか声が出てましたが、
グロカワイイような気がしました。
一気に40体くらい見せて笑わせる場面も。
今までの倍の4000ポリゴンくらい使用していますと発言。

また、E3で流した『次世代機を使ったMMOのイメージ』の動画を
日本初公開しました。
水の反射や、光の具合がとてもリアルで、期待できます。


トークセッション、かなり盛り上がりました。
ぜひファミ通から発売される予定のDVDを見てください。
舞台効果や、浜さんのツッコミ、司会のおねーさんの食いつきっぷり、笑えます。