スターオニオンズライブからサマーカーニバル終了まで

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
スターオニオンズライブ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

バリスタロワイヤル決勝戦も終わり・・・。
残すはライブ。
既に19:30で残り30分ですが、マイケルサイトではある意味ここからが本番!
むしろコレを見に来たんだアアァァァッッ!!


舞台が回転すると、既にメンバーがスタンばってます。
ままままままいこーーーは?
まいこーは!?暗くてよく見えん!!ギターの関戸さんと被ってよく見えん!!


しかし、メンバーお揃いの白いTシャツに、黄色い帽子を被っているアレがマイコーかッ!?


と・・・おもむろにドラム人間がスティックを叩いて、ワン・ツー・スリー




マイコーーーーーーだアアァァァァアア!!!



オープニングの曲はCD未収録の
『Yuhtunga Jungle(ユタンガ大森林)』

ドラムの力強い音によって、テンションがかなり上がるような
アレンジになっていて、これ普通にCD入れてくれよ!!!マジデさ!!
な出来。

それにしても・・・

マ、マ、マイコー!!(;゜д゜)
うまいじゃん!!(;゜д゜)そんな隠しスキルがあったとはッ!!!
カ、カッコエーーーーーー!!!(*´д`*)


だんだん冷静ではなくなってきます。
落ち着け俺!!


ユタンガが終わり、キーボードの谷岡さんがちょっとご挨拶。

谷岡:「バンドのメンバーは30過ぎなんですがね、30過ぎには騙されないようにしてくださいよ!」


次は『ロランベリー耕地』。これはほぼCD通り。
やるわぁマイコーー(*´д`*)



さて次に続けて『モグハウス』のようです。


タンタンタンタン
べーんべーんべーん
べーんべーんべb



ブツンッ


えーーーー!?(;゜д゜)



タンタンタンタン
ボーンボーンボーン



ギターとキーボードの音が消え、ドラムとベースの音だけになりました((((゜д゜;))))





演奏中にイレギュラーが発生!!

これはヤバイぞ!!どうする!??




この間、数秒。
谷岡さんや関戸さん困惑。
マイコーと水田さん(ベース)はいきなり止めるわけにもいけないので
続けてますが・・・・!?


カメラがなんとなくマイコーに向き、スクリーンにマイコーが大写し。


すると・・・!?




マイコーが、やってらんねーよ!!!(というようなパフォーマンスで)


ダダダンドドドンジャンジャンジャーーーーン!!


アドリブで締めちゃいました!!(;゜д゜)



コレには会場爆笑&拍手


(*もちろん演出ではなくトラブルです)



谷岡さんもマイケルおいしいねー!とか言ってます!
しかし、すぐには直らないので間が・・・



谷岡さんが『マイケル、何か面白い話してよ』
という無茶なフリを!!!



するとマイケル。
『暑いのでちょっと着替えます!!!』
とおもむろに服を脱ぎ出し・・・?


下からオレンジのTシャツがッ!!??
これはこれはまさかッ!!!!









ク○ボーーーーーー!!!ヽ(´∀`)ノ






下に着てたとはやってくれるぜ・・・ッッ!





マイケル、ク○ボーTシャツを掲げて、

カメラに向かって斜め45度から
両手でグッジョブ!







会場爆笑&拍手。




『マイコーーーーーー!!!』




やべ('-';;;)思わずシャウトしちゃった('-';;;)



すると




誰かの声:『マイケルーーーーーーーーー!!!』


女の子の声:

『マイケルーーーーー!!!』





マイケルシャウトが会場に!!!


くそッ何て羨まs、いや素晴らしいんだ!!





谷岡:「マイケルそれ他社の・・・!」

マイケル:『え?SQUARE-ENIXじゃナイノ?』

谷岡:「いやそれは!」

マイケル:『え?買収したんj(ごにょごにょ』






マイコーーーーォォ!!!


それは
『タイトー』だよオオォォォ!!!




そんなこんなでイキナリ会場をかっさらっていきましたが、
なかなか直らない。

そこでメンバー紹介を先にすることに



SQUARE-ENIXの社員でBlackMagesのメンバーでもある
PTAことギターの関戸さんから。


108のネタを持つという関戸さんですが、この事態にも非常に落ち着いています。

関戸:『・・・この回転する舞台を見てですね、8時だよ!を思い出しましたね』

会場笑

(*この日本青年館大ホールではその昔『8時だよ!全員集合』を収録していました)

関戸:『朝起きて電車乗って会社行ったんですよ。・・・会社には小さい扇風機があるんですがね。
何かいつもより涼しかったんですよ。・・・で、よく見てみたらチャックが開いてましてね・・・そこから・・・。』

会場笑

関戸:『これは涼しいと思ったんで、いろんな角度から検証してみましてね・・・』

会場笑


さすがです!!


谷岡さんも生温かい反応です!『みなさんも検証してみてください』ってえー!?
と、ここで直ったようなので気を取り直して
『モグハウス』を。




これも殆どCD通りです。
途中のテンポが速くなるところもマイコーはしっかりとやっていました。
すごいなー(;゜д゜)




さて、今度こそメンバー紹介です。

キーボード2は水田さんの知り合いと言うことで、外部の方。

キーボード:『えーカプコンに勤めていました』


(;゜д゜)

(*今はフリーのようです)


モンスターハンターやデビルメイクライの音楽を作ったそうです。
かなりなメジャータイトルを。
モンスターハンター2の作曲もしているようで。


キーボード:『僕がアレンジした曲はかなり原曲と違いますけど・・・・・・
みなさん、『イメージが違う!』とかネットとかで叩かないでくださいね!
凹みますから・・・(;´д`)』


何か可哀相です(ノ∀`)
『褒めて育つタイプなので』と言ってましたので、褒めましょう(´・ω・`)ノ



谷岡:「なんだか他社の宣伝ばっかですね(笑)」



そして正式にマイコー紹介!


谷岡:「マイケル人気者でいいねー!」


マイケル:『えーこの前ラーメン屋行ったら、『ニコラ・ケイジに似てるねー』と言われたマイケルです』

マイケル:『ロシア人かッ!』


マイコーのラーメン屋という、ローカルなネタが炸裂!!



谷岡:「マイケル函館で中学校の先生をしていたんですが、何でSQUARE-ENIXに入ったの?」



マイケル:『ある日、校長先生に、えーと58歳くらいで頭薄くて??な感じなんだけど、
その人に呼ばれてえーと、校長室の茶色のソファーがえー』



谷岡:「マイケル」


マイケル:『え?』


谷岡:「時間ないし切っていい?^^^^^^^」


マイケル:『え・・・っ!あ・・・ハイ・・・ウン・・・・。』






おいしいよ!!!

おいしいよマイケル!!!!!!!





そしてギターの水田さんとの紹介。
FF11のメインコンポーザーです。

キーボードの谷岡さんは闇の王の作曲で有名です。
10月?に出る、コードエイジというゲームの作曲もしているそうです。





続いて・・・というかラスト!!

ドラムがチェンジするようです??
え?誰に?マイケルは??



あッ!!!羽入田さん(ハニー)だ!


羽入田さん:FF11宣伝担当の頂点。BlackMagesの凄腕ドラマー。
よく『羽生田』と名前を間違えられる。
よく見たらファミ通のヴァナ・ディール通信バス号でも『羽生田』になっている。





ハニーーーーー!!とのシャウトが聞こえます。

人気者です。





マイコーはサブに回りました。
退場じゃなくてよかった(;´д`)




そして『闇の王』。

音響設備があまり良くなかったんですが、
さすがに生で聞くと迫力があります。
ハニーさんも乱舞してかっこええわー(*´д`*)

割れんばかりの拍手。
自然にアンコールを求める拍手に変わっていきます。



するとやはりあったアンコール。
最後はマイコー締めです。


構成は最初に戻り、ドラムは再びマイケルに。
いつの間にかキャップを逆に被ってます。


『セルビナ』(アレ?カザムだっけ?)をやったんですが、
原曲に近い感じのアレンジでした。うーんこれはこれでステキ。


そんなこんなで、最後は浜村さんと田中さんの挨拶で終わり。
また機会があったらやりたいですねと言ってました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

行く前はバリスタメインで押して大丈夫なのかなぁ(;´д`)
と危惧してましたが、何のことはない、結構楽しめました。
行けなかった人も、これはDVD見てほしいなぁ。
文章じゃ伝えきれないところがかなりあるので。
(マイコーとか、浜さん田中さんとか司会者のねーさんとか)


浜村さんとルパンさんには、お疲れ様でしたーと言えました。
浜村さんは非常に丁寧な方で、『ありがとうございました』と
深々と礼をして下さいました。
マイコーには結局会えませんでした(´・ω・`)

やっぱ花束もって楽屋へインしないとダメかッ!
ってのはアレですが、見てくれてるはずなのでココで。



マイコーお疲れさま!!!!!!!


【よくやった!】






*覚えてる分は大体書き終えたと思います。
俺もお疲れ様でした(´―`)
あとはちゃんとした人の、ちゃんとしたレポートを参照してください。

なるべく現場の雰囲気が出るように書いたつもりですが、
文章だけでは、やはり伝え切れません。
何か興味があったり、不満があったりな方は、
11月発売予定のファミ通ヴァナ・ディール通信サマーカーニバル号を参照してください。


*あ、そーそ。時々写メールのキラリン☆がなってたけど
アレはやめよーぜッ!!おじさんも撮りたいの我慢してたからさアァァァ!