2005年05月11日

★かたりべの部屋引越し先のご連絡

blogかたりべの部屋は、本日、FC2ブログに引っ越しました。
 
もし旧ブログ(ドリコム)お気に入りなどに登録いただいていた場合は、
お手数ですが、ブックマークの変更をよろしくお願いいたします。
 
 
なお、ここ【別宅】は、これからも緊急連絡用として使用します。
新しいblogのリンクにも登録してあります。
何かトラブルがあったときはこのブログに書き込みます。
 
旧かたりべの部屋は、ログ集となり、基本的に更新はありませんが、閲覧はできます。
記事・いただいたコメントのログは少しづつ別の場所に保存・移行します。
 
これからもよろしくお願いいたします。
 
5/5 〜9 までのここでの記事は、新ブログにも同日登録で転載してあります。
  

2005年05月09日

急須だった!

昨日のカツケンコントで、佳乃さんがどかせたのは、おっきな急須でした!(ヤカンじゃなかったです、ごめんなさ〜い(^^; )
  
Posted by roba33 at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

か、かつけん(笑)

スマスマ、恋に落ちたらのリハに登場のカツケンコント、最高でしたね(*^▽^*)
今ビデオでまた見直してます。
 
いやぁ、笑った、笑った、真似されて嬉しそうな皆、特にもちろん山コーさんが嬉しそうでしたねー(笑)
 
それにしても、カツケン登場直前の山コーさんのショット、色飛びしてる!
顔の表情見えない、カメラさんしっかり光量調整してっ、
いや、山コーさんが白すぎるのかっ、わぁーいステキっ!
なーんてつっこみを入れつつ、楽しんだ数分間でした。
 
その他、歌い終わりに、カトリくん、山コーさんとアイコンタクトしてた?とか、
パソをタンスから出すとき、さりげなく副長フォローしようとした?とか、
そんな事ばっかり考えてしまう私は、昨日の余韻と疲労で壊れ気味?(笑)
 
 いやそれだけじゃなく、カツケン登場時に、さりげなくヤカン、じゃなくおっきな急須でした(見間違えてたっ(^^;) をどかせた佳乃さんがステキ、とか、
 
 あのリコーダー、さすがに局長の口でも痛そう(^^;おまけにすべってカワイソ、とか、
 
 あの空気でシリアスシーン再現した剛くんはやっぱりただ者じゃないよ、とか、
 
 ちゃんと普通にも(?)見てましたよ〜。
 あぁ、楽しかった(*^▽^*)
  
Posted by roba33 at 23:30Comments(4)TrackBack(0)TVドラマ

決心!

やっぱり引越しします。
土地は借り済みです。家の準備中です。
水曜(明後日)あたりには…。5/11、土方さんのご命日ですね。
(ログ移行は後回しで、と思ってるので)
準備できたらまたここにお知らせします。
 
それにしても、おまつりに行った昨日は夢のような一日でした、でも起きても足の痛みは取れず、週明けで寝すぎのいいとも局長のような顔だったので、やっぱり夢じゃなかったよ、としみじみと(笑)
 しかし使い物にならんかった、午前の私。
なんとか午後はしっかり仕事しようっと。d(@^∇゜)/ファイトッ♪
  

2005年05月08日

やっぱりけっこう期待してしまう

あいたたたた…足が痛いです。
今日は「ひの新選組まつり」に行ってきました。初めて行ったのですが、3日分くらい歩いたり立ったりした感じです。こういう時、日頃の運動不足がたたりますね〜(^^;
 
 パレードももちろん初めて肉眼で見ましたが、隊士の方々、あんなに大勢とは、予想以上でした。で、いっさい私語無し、でさすが統率取れた隊士の皆様でした。
 
 土方さんは馬上でかっこよく、左之助も大河の太郎くん衣装でかっこよかったです(ちょっと寒そうでしたが、若いから大丈夫ね!)、観柳斎も大河風メガネでしたよ(笑)やっぱり大河の影響が色濃い演出でした。で、局長は歩いてた…副長は馬上なのに(^▽^;)まぁ、日野ですからね。
 
 詳しくは日野宿本陣文書検討会にて。(アップが早いなぁ、いつもながら、管理人さんはいいお仕事なさってますぅ)
 
 そして、トークショーに山本土方さん登場故、芸能人イベント(?)というものに、ほぼ初めてトライしてきましたが。。。。うわさには聞いていましたが、すごい人気にびっくり\(◎o◎)/!早朝からどこからこんなに人が(自分もなんだけど)!
 それでも、なんとか入れて、初めて遠方からですが生身の山本さんを見、お話も聞けて、よかったです(゜ーÅ) ホロリ ほんとにかっこよかったです〜o(TヘTo)
 
 色々お話はしてましたが、当然(?)やっぱり局長のお話は出てまして、例のケイタイ番号話を詳細にまた話してました、うれしそうに?(笑)というか、この流れの話題は会場も異常に盛り上がる、いわば副長局長を総見守り状態の心境だったのでは?(いいすぎか?(^^; )
 
 で、コーディネーターを務めた、大河ドラマ時代考証の山村氏がおっしゃってましたが、噂に聞いてた大河続編、ほんとに具体的企画はあるようですね、
 といっても山本さん本人が具体的にそういう途中経過状況を逐一把握してるとか、いうわけじゃなかったし。。。まぁないかも、って事でしょうが、そこまで期待されてるんだからやって!(という、拍手が会場に鳴り響いてました)
 
 それにしても、色んな映像でみていたように、彼はほんとに気さくで、気配りができる優しい感じの方とお見受けしました。(我ながら、表現が硬いなー)
 とにかく、益々ファンになりました、って事で。
  続きを読む

2005年05月07日

すごくうれしいお話を読みました!

先ほど訪れたblogウエストコースト日日抄さんで、
 
 そう、続編の企画が。。!と、いうお話です(後は大河ファンの方なら、わかりますよねー。)
 
 詳しく書きすぎると、伝言ゲームみたいに元情報が曲がっちゃうと恐いので、興味ある方はウエストコースト日日抄さんの記事をどうぞ。(更に元の情報源もちゃんとリンクがはってありますので)
 
 正式発表がないうちからあまりに喜ぶのも…と思いつつ、できるなら夢で終わりませんように!と願ってやみません。
 
 といいつつも、山本土方さんで実現できたとして、他の隊士の方々とか一体どうなるのか…特に、会津で活躍の斉藤さんのオダジョさんとか…出れるのか。。。はしょって、いきなり函館っていうのもちょっと。。。。とか、色々心配が。。。NHK的に予算はどうなの?ちゃちいセットじゃいやよ、とか。
 
 あぁ、捕らぬ狸皮算用って、こういう事をいうんだろうな。
 
 というわけで、やけに高揚した気分のまま、おやすみなさい。(*´0)ゞファァ~~♪
  

加納さんでしたか!

 「恋に落ちたら」一昨日の第4回放送後、
みみぃさんのblog(5/5付)で、まり子の職場の彼氏が、大河ドラマ新選組!で、加納さんを演じた方、と読んだので、え??気付かなかった〜〜〜とびっくり。 
 やっと今日録画を見返せたのですが、確かに!!
 
 加納さん好きだったのですが、ぜんぜん気付かなかったわ。かつら取ると印象変わるなぁ。。。でも声聞くと、確かにあの紳士然とした加納さんでした(でもこの役では、不倫してたのか…)
 他のblogさんでも話題になってまして、皆さん鋭いな、と感心しきりでした(^^;
 
 今回は龍太が的外れなアドバイスで大活躍!(笑)
 駆け回って、茶の間・ヒルズの畑(違 ・病院、と、色んな所(シーン)に出没していたので、それも楽しかったし、泣いちゃう所も見れたし、けっこう満足度が。
 
 耕史くんはあいかわらず色んな物食べてましたねー、佳乃さんも(^▽^) この二人の息があってて、コンビ組んでるが如しなのが、下町チームの強みですよね。
 
 まり子もあんな一途な龍太にほだされたりはしないいんだろうか〜?頑張れ龍太!
  ↑最初のアップでここの文、抜けてました。(^^;
 
 で、龍太は聞きたくない時は耳をふさぐんだな…かわいいな(笑)
 
 ドラマの内容としましては、まぁ、ビジネスの方のストーリー展開については…ちょっと浮世離れしていて、あららでした。
 
 放送時は、一生懸命、龍太君を見ていたため(笑)、あまり気にならなかったんですが、見返したらだんだんと…。
 
 島男くん、仕事中に携帯はマナーモードでしょう?それもクラシック界の人の前で鳴らすとは。。。それだけでもピキッときちゃいそう(^^; 
 行くにしても、理由もいわずに去るなっ、去るならクビ覚悟で行けっ、とかつっこみをいれつつ見ちゃいました(笑)
 
 今回はさすがに、高柳社長や神谷氏が気の毒になっちゃったなぁ。胃が痛くなりそうだ。
 神谷氏の、いやみ言うも、社長に怒られる島男を見る時の薄笑いも、同情票を集めて(私の)、可愛く見えてきたなぁ〜(^▽^;)
 
 現実的に頑張ってる社長さんも好きだわ。ちょっと余裕がなさすぎるので、後々辛い状況が待っているでしょうけれど、そこは、まぁ桐野さんが支えてくれそう?
 
 でもミケーレさんとはわかりあえて、何とかなってよかったね、島男君。
 
 桐野女史役の和久井さんが、ちゃんと今日の要点をしゃべってくれるので、色々ありましたが丸く収まってよかったです、というラストでした。
 
 でもなんだか、今回の男性の描かれ方、ミケーレも島男も龍太も神谷さんも高柳社長も、すんごく子供っぽい感じが…。
 で、女性陣が皆して、母性本能全開な感じでした。
 
 これは最後までこうなんでしょうかね。
 特に島男のキャラクター。
 変わらなければ、それはそれで楽しむドラマとしていいんですが、(それにしては、木曜10時なのが、腑に落ちないけど)
 ラストまでに島男がどう変わるか、でこのドラマの意図する所がわかるような気がします。(←なんかえらそう)
 
 それはそうと、私的な次回のお楽しみは、予告で映ってた
 「メロンパンをかじる神谷さん」です。
 
 
 やっぱりこの流れだと、主人公が彼を変える事になるんですよね。
 3枚目な谷原さんが見れそうで、来週が楽しみです。
  
Posted by roba33 at 12:26Comments(0)TrackBack(1)TVドラマ

2005年05月06日

与瀬で新選組と行き会った人の日記

先日、最初に両国の江戸東京博物館に行ったのですが、企画展が第一目的でしたが、
第二のお目当ては、常設展の江戸ゾーンと、5階常設展示室内でやっている、
「ある幕臣の幕末・明治 井上廉と川村帰元」でした。(2005年4月15日〜5月29日開催)
 
常設展は初めてではなかったのですが、幕末に興味なかった以前と比べて、江戸ゾーンの展示にすごくありがたみを感じた、というか、楽しかった!
 
そして第2企画展は、幕末の人という事で、それが見たいがために常設展もみる事に。(特別展のチケットだけでは入れないので。常設展とのセット券があります)
 
二人とも徳川崩壊で運命が変わるわけですが、
 
 井上は御家人で普請役をつとめ、新政府の元でも官僚を務め昇進しました。
 
 川村はお庭番を務めた旗本で、長州戦争にも参加し瓦解後は出世の道を絶たれるものの、洋画家となった息子・清雄を支えました。
 
 それぞれの日記などの残された貴重な文書によって、幕府瓦解した事によって、この二人の運命がどのように大きくわかれたのがよくわかります。
 
 さて、見ていてえっ??と驚いた事に、
井上廉の日記に「新選組」関連のことが書かれてあったのです。
 
 甲州出張を命ぜられた帰り道、予瀬宿(元相模湖町)で、甲州へ向かう新選組の「甲陽鎮撫隊」と行き会った、という記述を日記に残しているのです!
 
 「新選組 大久保剛、内藤隼人、其外壱弐拾人程…(中略)…途中行逢」という文が。達筆で私には全部は読めなかったですが、ちゃんと清書したのがわきにあります。
 
 
 う、うらやましい〜〜〜〜土方さんや近藤さんに会っただなんてっ!…というレベルでもう私なんかは喜んでしまっていましたが(笑)、
 
 こうやってまるで関係ない人の日記に登場する彼らの名前を見ると、しっかりそこに生きていたのだという実感がひしひしと感じられて感動します。
 
おまけに井上廉さんは、1869年に、旧会津藩に若松県を開設する準備をするために、赴任しているのです。なんだか、すごく因縁めいています。
(まぁ、そう取れば取れるって感じ?(笑))
 
 川村さんの方の文にも当時の色んな問題が伝わって来、無骨でまっすぐで気骨あるサムライとしての行き方が伝わってきます。お葬式は、当時既に珍しかった、格式あるものだったそうです。
 
 川村家・井上家の両文書は、今回ほとんどが初公開だそうです。
 新選組ファンは、ちょっと足を向けても、損はないのでは?と思います。
 
 しかし広くて見ごたえあるので、企画展と常設の江戸ゾーンと第2企画展見たら3時間越えていて、ぐったり。。。東京ゾーン通史ゾーンはあきらめました。
  

2005年05月05日

お誕生日おめでとう(*^▽^*)

今日は土方さんのお誕生日です!
  ぎりぎりですが、おめでとうございます。
ステキな土方さんのイラストも見れますヽ(*^^*)ノ
  
Posted by roba33 at 22:34Comments(0)TrackBack(0)

ヒュースケンさんが…!

今日もこの時間は既に入れませんね〜ド○コムさん、
 なので、こっちに書きます。
 
 今日は展覧会見た後で、久しぶりに神田神保町の古書店街へ行きました。GWでやってる?と心配しましたが、けっこうやっててよかった。
 ここはたまに来ると、すずらん通り道のお店の変化がすごくて(おしゃれな飲食店が増えた)びっくりします。
 通路まで本が積んであった店が、なんかこざっぱりとしてて、逆にびっくりしたり。
 
 今日の古本収穫は、「写真で見る江戸東京」(トンボの本)です。幕末〜明治の江戸が写真で見れます。明治4年の当時の江戸城とか、かなり荒廃していて、寂寥感が…土方さんはもちろん、新選組の仲間もほとんどいない江戸はこんななんだなー、と。
 1992年出版税込1500円(今は1680円)が900円…私の予算内のお手頃価格でした。
 他にも色々あったんですが、衝撃的なのも。オランダで保管されてた、幕末の写真の数々の展覧会のカタログだと思うんですが、
 曝し首の写真とかのってて、うわっ、と思ったら、
 なんとヒュースケンさんの写真が。そ、それもお亡くなりになった後の!
 とっても穏やかな横顔でしたが。。。(なんとなく、大河のカビラさんに似てました。)
 その他にも浪士に殺された誰々とか…立ち読みしながら、のけぞりそうになりました。
 なんでも本国に報告するのに、こういった写真が必要だったそうですが、このほかいっぱい興味深い貴重な写真もあって迷いましたけど、これを買うの勇気はなかった…(予算オーバー(2500円)だったせいもあるけど)です。家においといたらなんか出てきそうで…(^▽^;)
神保町駅(半蔵門線)