2013年09月29日

堺市民の良識を称えます

堺市の自治と、住民の生活が守られた事を祝福し、
しっかりと将来を見据えて、
冷静な判断をされた堺市民の方々を賞賛いたします。

しかし、維新の会の攻撃はまだまだ続きますし、
問題は市長選より議会の方が大切なのです。
油断はされないように進言いたします。

大阪都構想なるものは、人口30万の区域に区切り、
人口18万都市なみの予算で行政サービスをし、
大阪を滅ぼす構想です。

地方都市の役割は何かというと、
住民が暮らしやすく、企業が活動しやすい
インフラ整備です。

ところが、大阪市などでは、
区役所のトイレが壊れても
なかなか修理ができないだけではありません。

公立保育所、幼稚園の廃止とか、
老人の交通無料パスの廃止とか、
とても子育てしにくく、老人も暮らしにくい
街になろうとしています。

現に、企業が逃げても、
大阪に来る事はないでしょう。

そういう大阪にしていいのでしょうか。

大阪維新の会は、制度改革を主張しますが、
制度が変わっても、
大阪の総予算予算が増えるわけではありませんし、
選ばれる議員が変わらなければ同じです。

普段の選挙で、真剣に議員を選ぶ事が第一歩なのです。

また、大阪市が変われば、景気が何とかなるという幻想も
捨てたほうがいいです。
府や市にできることはインフラ整備。

それ以前に「東京には負けないぞ。」とか、
「大阪の橋で、お上が作ったものは1本もなかった。」
とか、全て、自分達でやるぞといった、
大阪人の気概と誇りは、どこに行ったのでしょうか。

大阪都構想など、以前の大阪人なら
「都」とついたたげで反発したでしょうし、
お上が何とかしてくれそうな政策に、
そんなに飛びつかなかったでしょう。

そんなのを頼っているようでは、
制度以前に大阪に未来はないと思います。



robasan2 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 | 雑談

2012年10月22日

謝っても済まない問題

週刊朝日が橋下氏への誹謗中傷記事に対して
謝罪しましたが、問題はそれだけではありません。

橋下氏への謝罪の件は、当事者同士で
喧嘩してもらうとして。

問題は、謝っても済まない部分があること。

同和地区の特定など配慮を欠いた表現と、
緩やかにかいていますが、
もしテレビなら、あってはならない放送事故ですね。
事故どころではないですね。

もし、これが原因で、
その地区の住民が差別を受けたら
どうするのでしょうか。

謝罪や賠償で、解決できる問題もありますが、
ひとたび侵害されたら回復不能な人権もあります。

とはいえ、無限の損害賠償に応じるとかは別にして、
まず、しなければならない事があります。

どうして、このような反人権的記事が
編集会議で通ってしまったのか。

社内での人権に対するガイドラインはあるのか、
あるとしたら、
どうして、今回こういう事態に至ったか。

さらに、再発防止策など、
ちゃんと公表すべきです。

そして、関係者の処分も公表すべきです。

少なくとも、彼らマスコミは、
一般企業が不祥事を起こせば、
ここまでは、執拗に求めてきたはずです。

他人に要求できても、自分達は取材拒否というのは
彼らの常套手段ですが、
このような不法行為、重大な人権侵害に対しては、
きっちりとした対応を求めたいものです

robasan2 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 | 雑談

2012年02月10日

やめて欲しい

調剤薬局に勤務していて、
毎回思うのですが、今日も来ましたね。

遠い病院の処方箋。しかも沢山。

しかも、週末の夕方以降。

薬の在庫があればいいのですが、
無い場合は、万事休すなんですが、
週末になると、来るんですよ。

まあ、お昼なら何とかなるのですが、
ある程度遅くなると無理なんですね。

近所の薬局も全く在庫が無く、
分けてもらうこともできず、
卸さんに聞いても無理。

もっとわるいことに、大阪市内では、
ほとんど在庫している薬局も無く、
備蓄センターにもない。

仕方なく、商品を買うしかないという状態。
で、卸さんに電話したら、
在庫していないとの嬉しい返事。

とても無理でした。

だいたい、どこの薬局でも
「全国どこの処方箋でも受け付けます。」
と書いていますが、
それは無理というものですよ。

週末で、絶対必要な薬なら、
かかりつけ薬局ではなく、
そこの病院の門前で貰うべきですね。

システム的に無理なものをPRしている薬剤師会って、
いったいなんでしょうね。
患者さんが困るだけですよ。

というか、大阪市内で入手困難な薬を処方する医師も、
ちょっと考えてほしいものです。

何を処方してもいい建前ですが、
週末の夕方に処方したらどうなるか
現実を見て欲しいものです。

薬局に在庫がなく、薬の卸問屋にもなく、
備蓄センターにもない。
その上、電話しても留守電になっている業者ばかりで、
ほとんどお手上げ。

担当者に直接電話しても、どうしようもない。

こちらも、かなり困りますが、
困るのは、当の患者さんです。

robasan2 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)健康 | 雑談

2011年12月03日

私の政策

私は、政治家ではありませんが、橋下氏への批判を書いていると、
代案なき批判をする者は橋下以下と言われることがあります。

私の記事を、ちゃんと読んで頂けたら、
ところどころで代案を出しているのですが、
今日は、一部をちょっとまとめてみます。

まず構造論ですが、大阪市と大阪府は、
現行制度のままでいいと思います。

二重行政については、これを機に解消すべきと思います。
基礎自治体については、ある程度の規模だからできるという
メリットがあり、小自治体では予算的に無理なものがあるでしょう。

経済政策としては、まず大阪の成り立ちを思うべきでしょう。
大阪が栄えたのは、商都として栄えたのです。

堺は国際貿易港として栄えたのです。

そこに立ち戻るか、新たなことを見出すかが問題ですが、
今のところでは、新しいものを見出す力は大阪に残っていないでしょう。

小額の予算でできるのは、文化活動ですが、
文化で経済を起こすことは、無限の可能性があるでしょう。
現状としては、大阪には、そういう基盤が弱く、強化すべきと思います。

後は、商業なのですが、やはりハブ空港、ハブ港とならないと、
人、モノ、カネが集まりません。

空港については、関空は失敗ですね。
たとえ、リニアを作れても、無理でしょう。

リニアは兆単位の予算と何十年の期間を要します。
それと、関空の維持費を思えばロスカットすべきと思います。

空港は、舞洲を拡張して作るべきでしょうね。
最初からハブ空港を企図した設計にすべきでしょう。

舞洲空港ができれば地下鉄中央線の伸長と、
梅田方面からの新線を引いて、大阪中心部とのアクセスは、
良好となります。

また、ハブ港は大阪南港に集中すべきですし、
それで規模が足りないときは堺市に伸ばすべきでしょう。

大阪維新の会は、阪神港と言っていますが、
それは無理です。

神戸に配慮したのでしょうが、それをすると、
成田と羽田の二の舞になります。

経営主体の立場からすると、国際線は成田、
国内線は羽田と住み分けができるのですが、
利用者の立場からすると、
そんなの利用したくないですよね。

神戸から大阪南港までは、足の遅い貨物船なら
2時間くらいはかかってしまいます。

これでは羽田、成田以上の不便さですし、
そんな港なんてハブ港ではないですね。
利用者としては、嫌ですね。

ここは、大阪南港に集中して港湾整備すべきでしょう。

舞洲にハブ空港があり、それに隣接してハブ港があると、
貨物の海上、空輸の接続もスムーズですし、
人とモノが集中しますよね。

これでこそ、商都の復活となるでしょう。

何か、過去の失敗を何とかしようとする発想はダメです。
失敗は、あくまで失敗なのです。
それを何とかしようとしても泥沼となるでしょう。
というか、もうなっていますよね。

橋下氏は、既成のものを何とか活用して
予算をかけないようにしますが、
旧WTCを府の庁舎にしようとして1000億ドブに捨てていますし、
今後も維持費が何億もかかるでしょう。

失敗は失敗なんですよね。
余計に無駄なお金が飛ぶ事になります。

関空にリニアも同じです。

何兆もかけてリニアを作っても、
償還のための高い運賃でガラガラの車両を走らせるだけです。

個人的には、舞洲空港しかないと思います。

今のところ、舞洲空港を言う政治家はゼロなので、
これはないでしょうが、
そうでないと、関空の失敗に大阪経済は足を引っ張られたまま
時を刻む事になるでしょう。

まずは、失敗を認めて処理することが大切でしょう。
何が失敗だったかを見つけてゆき、
その処理をどうするかが急務だと思います。


robasan2 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 | 雑談

2011年12月01日

大阪市交通局民営化

さっそく大阪市営地下鉄をバスと切り離して
民営化するようです。

大阪維新の会のマニュフェストには、
相互乗り入れによって収益を増やして
運賃を下げるとありますね。

はっきり言って相互乗り入れは無理です。
地下鉄は、線路の横から給電していますが、
だいたいの私鉄は、電車の上部パンタグラフからですよね。

地下鉄は、工費節減のためにトンネルのサイズを
小さくしていますから、パンタグラフはないのです。

もし、地下鉄に私鉄の電車を入れるなら、
サイズ的に私鉄の電車が大きすぎて入りませんし、
パンタグラフで給電できるように、
トンネルを大きく掘りなおす必要があります。

あらかじめ阪急電車との相互乗り入れを想定していた
堺筋線以外は無理なんですね。

それにレールの幅も各社違います。

逆に、地下鉄に線路を合わせるとなると、
接続する私鉄の線路を全て引きなおすことになります。

それと、レールのところから給電するので
踏み切りで横断者が感電してしまいます。(笑)

まあ、冗談はさておき、不可能ではないですが、
気が遠くなる予算が必要で、
まず不可能に近いでしょう。

相互乗り入れは、無理です。

結局、民営化で車を運転できず、
通院や福祉施設に通う老人の足を奪うだけです。

その点、公共性の観点から
赤字路線でも維持する必要があれば
税金で補助するとしています。

しかし、黒字で地下鉄とバスを運営できていたら、
赤字路線維持のための税金投入が免れますよね。

敢えて黒字の交通局を切り離して、
老人無料パスとか、廃止候補路線維持のための
税金を投入する意味がわかりません。

もちろん、現在も老人の無料パスは
税金でまかなわれているのですが、
これを交通局の黒字でまかなうようにした方がいいでしょう。
その分、税金が助かりますから。

運賃が高いと言われますが、
JRのように鉄道以外の収入は、そんなに見込めないでしょうし、
あまり期待できないでしょう。

それと、維新の会は、大阪市交通局だけでなく、
私鉄も含む老人無料パスを公約していましたが、
これは無理でしょう。

大阪都を構想するなら大阪市民だけでなく、
堺市民も含まれるでしょうし、
府下の市全ても対象になるかもしれません。

それに、私鉄無料の範囲って、どうなるのでしょうか。
難波から名古屋まで近鉄特急を使っても
無料なのでしょうか。

通常は、市内の病院などの通院とかを想定するはず。

現時点では、大阪市長が大阪市の範囲で考え、
大阪市交通局の範囲が妥当でしょうね。

そうでないと、税金の支出が多くなりすぎます。

JR発足のときのように赤字のものを解体するなら
そういうのも仕方ないでしょうが、
年間150億黒字のものを切り離そうとするのです。

先に民営化という結論があるのでしょうが、
何でも民営化したらいいというものではなく、
大阪市が持つ場合と民営化した場合と、
どちらが大阪市民にメリットがあるか、
ちゃんと検討した方がいいでしょう。

民営化の意味がなく、 無駄に税金使うだけにならないように
して欲しいものです。

おそらく、橋下氏は、民営化によって
一気に大阪市職員数を減らしたとしたいのでしょう。

しかし、黒字のものを切り離しても、
財政再建の意味からは、何の解決にもならないと思います。

自分の実績作りのためではなく、
ちゃんと大阪市民のために考えて欲しいものです。

民営化したら後戻りできませんからね。

強引に民営化することも想定できますが、
大阪市民は、これを選択したので仕方ないでしょうね。
民意ですから。

それにしても、橋下氏は税金の無駄遣いと、
赤字を増やすのが得意ですね。
大阪府に続いて、大阪市でも市債を増やす気満々です。


余談ですが、大阪府の債務を増やしたことについて、
橋下氏は、以前に大阪府のホームページで、
前知事までのツケが来たと言っていました、
急激な金利上昇でもない限り、それはないでしょう。

もちろん、地方交付税の立替で、国に押し付けられた借金と
平松氏に抗弁していましたが、
臨時財政対策債なんて空手形だということは
橋下氏も認識していますし、
府の財政は、それを見越して考えないといけないのです。

私が、臨時財政対策債を認識しながらも
橋下氏が2150億府債を増やしたと言っているのは、
旧WTCで1000億も無駄にしたり、
前知事時代まで凍結されていた箕面森町再開発第三区で、
無駄なニュータウン開発したり、
りんくう再開発で無駄な箱物作ったことを指摘しているのです。

これで、大阪府職員人件費330億削減、
千里救命センターの予算7億カット、ドクターヘリ導入ストップ、
私学助成金カットなどした分、
全て無駄使いされてしまったのです。

robasan2 at 02:59|PermalinkComments(0)TrackBack(1)時事の話題 

2011年11月29日

選挙に勝ってから政策考えるって

選挙で圧勝してから政策考えるって、前代未聞ですね。

以前から、大阪都構想は、
説明を聞いても分かりづらいと言われていましたが、
説明している方も内容が分かっていなかったのですから、
当たり前ですよね。

というか、今、内容を考えているそうです。

私や、橋下反対派という人は、
以前から内容がないと言っているのですし、

内容がないと分かっている人は多かったのに、
選挙結果は逆でしたね。

いっそ、NASAを誘致しますと言ったら、
多くの人が嘘だと気付いたのですが、
そこまでは言わなかったので、選挙に有効だったようです。

実績もなく、経済無策で3年間過ごし、
無駄な箱物と、旧WTCという残骸を残して、
今度は大阪市政ですか。

実績もあって、ちゃんと仕事をしていた平松氏は、
旧利権団体の擁護者のようなレッテルを貼られて、
貼られっぱなしになっちゃいましたね。

自民党も、民主党も、衆議院選を意識して、
ほとんど戦う気がなかったですし、
その上、平松氏は、自民党や民主党の、
どちらからも非難を受けない政策しか言えず、
戦いらしい戦いもできず気の毒でした。

自民党と民主党は、
昔の合戦でいうと、味方として援軍に来て、
戦わずに兵糧だけ一杯食べて、
挙句の果てに味方の攻撃の邪魔になっただけで
帰ってゆくのと同じでした。

今になって、橋下氏に擦り寄っている政党がありますが、
それを見て、有権者がどう思うか分からないのでしょうかね。

亀井氏の新党構想は、論外ですが、
票が取れれば、主義主張や、政策は、
どうでもいいのですよね。

これだから、既成政党は信用できないんです。

維新の会の大阪都構想は、今から内容を考えるようですが、
同じ考えるなら、しっかりして欲しいものです。

住民投票で否決とか、大阪都が途中でダメになっても、
市や府の問題点や組織改革のヒントくらいには
なるかもしれませんからね。

また、府民、市民の期待が圧力になって、
まともに考える機会となっているでしょう。

他方、既成政党は、橋下氏の顔色を伺うので精一杯で
政策どころではないでしょうから、
維新の会の政策の方が期待できるかもしれませんね。


robasan2 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年11月28日

大阪終了のお知らせ

せっかく借金を減らしてきた大阪市も、
これでおしまいですね。

大阪の破綻は確定的になりました。

選挙の結果は、選挙で選んだ者が受ける。
良くも悪くも、これが民主主義ですから。

なんとなれば、橋下氏と松井氏が協議すれば
大阪都を待つまでもなく二重行政は解消できるでしょうが、
やらないでしょうね。

大阪都構想の重要性が薄れるからです。

実は平松氏と橋下氏でも協議はいったん調ったのですが、
一方的に橋下氏が破棄したのですし、
市民生活よりも、大阪都構想が大切なのでしょう。


もちろん、大阪都にする目的は、
府市統合により大きな予算を組める事であり、
これにより無駄な箱物建設ができるからです。

もちろん、医療、福祉、教育は予算をカットされ、
市民生活には何のメリットもないでしょう。

大阪都構想の発案者自体が、
市民生活には関係ないと言っていたそうですし、
橋下氏も、それは区長選挙で住民が選択する事と、
全く無関心でしたしね。

とりあえず、無駄な箱物と、それを維持するための
天下り団体が新たに増殖して、
大阪には負債だけが残るでしょう。

大阪は終わりです。



まあ、政策論は別にして、戦う前から勝敗は明らかでした。
自主投票にしてしまった公明党はもとより、
自民党は、中央の石原幹事長が維新の会にすりよっていたり、
腰が引けていましたね。
民主党も同様です。

自らの政策を通して、本気で橋下氏と戦うのではなく、
国政選挙での協力を意識して、腰が引けていました。

政策なんて、どうでもいい政党ばかりでした。
大阪市民、大阪府民の生活より、
選挙の方が大切な政党ばかりでした。

橋下氏の言うとおり、烏合の衆で、
戦う気がなかったですね。

自民党の集会から平松氏が追い出されたり、
これでは気の毒でした。

本気で戦っても勝つのが難しいのに、
これでは勝つはずがありません。

少なくとも、大阪市民、大阪府民は、
自民党、民主党、公明党からは見捨てられたのです。

仮に、橋下氏が正しいとしても、それに敵対したわけですし、
民意に敵対した事になります。

逆の立場からしても、
橋下氏の悪政からから大阪府民、大阪市民を守るというなら、
本気で政策を示して、必死に戦わなくてはならないのに、
戦う気がなかったわけで、
大阪の人達の生活より、次の衆院選が大切だったわけで、
この意味でも大阪市民、府民を見捨てています。

いったい、これらの既成政党って、何なのでしょうね。
大阪どころか、日本にも不要な存在ではないでしょうか。

そんな事されて、誰が選挙で票を入れるのでしょうか。
維新の会の脅威以前の問題だと思いますね。

それどころか、選挙が終わると、
早速、橋下氏に脅迫される始末。

まあ、これは、む大阪市民、府民の事だけでないと思います。

党利党略が、国民の生活より関心事なのですから、
大阪以外でも同じでしょう。

もう、既成政党は、時代的役割を終えたのかもしれませんね。

終わったのは大阪ではなく、既成政党の方でしょう。

大阪は、まだ最後の希望、堺市もありますし、
大阪市議会も維新に過半数取られていません。

さらに、最後に住民投票という最後の戦場もありますからね。

ただ、橋下市長、松井知事では、経済の沈没は防げません。
橋下知事の時代、経済政策という点では無策でしたし、
今後も、そうでしょう。

行政のスリム化ということは、やるかもしれませんが、
スリム化した上、医療、福祉、教育予算を全て削って、
その分、建築業者、土木業者に行くだけですから、
市民生活には、全然関係ないことです。

その間に、やっぱり、大阪も終わるでしょうね。


robasan2 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年11月10日

大阪府知事選公示

大阪府知事選挙が公示されました。
大阪市も、もうすぐですね。

とても、おかしい事なんですが、
選挙期間中は、特定の候補者に有利、不利になる
記事を書いても、コメントもできないそうです。

個人間のメールもダメなのだそうです。

でも、個人間での手紙とか、電話はいいらしいです。

もともと、インターネットは規定されていないのですが、
変な法律ですね。

一般的な政策の話はできるようなのですが。

ということで、悔しいですが
大阪の選挙は、それぞれの候補者の陣営同士の戦いで、
こちらは、見てるだけの状態になります。

その間、音楽の記事に徹しますか。


robasan2 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年11月08日

教育問題

毎日のように橋下氏の非難記事を書いているのですが、
やっぱり橋下氏非難では避けて通れないのが
教育改革ですね。

でも、最初から橋下氏を非難するわけではありません。
日の丸、君が代で起立しない職員を処分する件では、
橋下氏は、当然のことを当然に決めただけです。

今までも、そういうことを言いたい人はいたでしょうが、
徒党を組んでいる人たちには、
言いにくかったんですね。

それと、維新の会のマニュフェストにあるように、
校長の権限強化、予算の提案権などは、
そうあるべきだと思います。

組織のマネージメント、現場に即した予算という点では、
賛成ですね。

但し、教育委員会が市長と結びつくのは反対です。
教育委員会は、時の政権に都合の良い教育をしないように、
行政権から独立させるのが本来の制度趣旨だからです。

しかし、現在の教育委員会がどうかというと、
一般市民が公正に教育内容を判断するというのとは、
程遠いと思いますから、
維新の会のマニュフェストのように
地域のPTAなどからも人選できるといいと思います。

ただ、一校区というのは狭いと思いますね。


学校選択制ですが、近くの校区ではなく、
平松市長のように、
親の職場の学校も選択できるとした方がいいでしょう。

平松市長になって、保育所の待機児童が
5分の1になりましたが、
それは、親の勤務先の保育所にも通えるようにしたからです。

ドーナッツ現象で、都心の真ん中は、
オフィースは多いけれど、住民は少なくて、
学校は規模縮小していますが、
親の勤務先の保育所に通えるので、
住宅地と都心との保育所で定員を融通し合っているのです。

親が職場の行きかえりで送り迎えできるとなると、
働きやすい都市となってきますね。

今のところ、保育所だけなんですが、
親が送り迎えできるとなると、
小学校も親の勤務地を選択できるようにすれば、
働きやすく、子育てもしやすくなると思います。

住所のあるところと、その隣近地域、
父または母の勤務地と、
学校を選択できればいいと思います。

もちろん、中学も、そうしていいと思います。
中学校の給食というのは、
双方のマニュフェストに入っていますが、
それで、親の負担は軽減できると思いますね。

次に、橋下氏に対する非難の的になっているのが、
教師の評定ですね。

これは、私もどうかと思います。
誰がどういう基準でやるのでしょうか。

進学率とかクラスの学業成績とかでしょうか。

それだと冷酷無情に授業をして成績を伸ばせればよく、
金八先生のような人は評価されないのでしょうか。

なんだか、学園ドラマみたいになってきましたが、
何をもって評価するのか疑問ですね。

まあ、学業以外にも、
非行に走る生徒の率が少ないとか。
でも、それだと非行の隠蔽がありそうですね。

確かに、ダメ教師はいるでしょうが、
いないこともあります。

学業で行くと、府内最高の進学率の学校とか、
どうなるのでしょうか。
そこでもダメ教師はいるかもしれませんが、
淘汰して、優秀な教師が集まったとしても、

必ず、ある割合は最低評価を
付けなければならないなんて不合理ですよね。

その学校では、D評価でも
他校ならA評価なんてありえるわけです。

教師を評定するにしても、必ず最低評価を付けるとか、
各ランクの割合を決めるのはおかしいと思います。

ということで、長くなりましたので、
今日は、これで終わります。


余談ですが、
橋下氏非難のために毎日「大阪維新の会」のマニュフェスト読んでいると、
なんだか、いい政策のような気がしてしまいますね。(笑)

でも、橋下氏の実際の行動と逆の事が書かれているのです。


robasan2 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

つまらん議論だ

共産党が橋下氏の当選阻止に動いたことは
評価できますが、「独裁阻止」って、話にならない理由ですね。
それでは、誰も評価しませんよ。

橋下氏も「国に押し付けられた借金」と言っていますが、
国の三位一体改革の被害は、
大阪府に限った事ではありません。

だいたい、職員の人件費、救急救命センター、
私学助成をカットしたのに、それ以上のお金を、
箱物行政に使ったことを指摘しているのです。

それに、旧WTCの始末は、どうしてくれるのでしょうか。

さらに、マニュフェストでは、インテックス大阪の失敗を
もう一度やろうとなさっている。

平松氏も、攻撃するなら、反論を想定してするべきです。
せっかく相手の弱点を突いても、
尻すぼみでは、攻撃になりませんよ。

しかし、将来何十年かかるか分からない
大阪都構想よりも、
現時点で、大阪をどうするのかを
ちゃんと論じてもらわないと困ります。

震災の被災地でもないのに、
急激に落ち込んでいるのですから、
ここ何年かをどうするかを具体的に示して欲しいものです。

橋下氏のミスリードですが、
公務員改革ができても、二重行政が解消できても、
民間の景気には、あまり関係ありません。

もちろん、社会保障の財源とか、
税率とか、生活面では長期的に見ると影響はあるでしょうが、
大阪を浮揚させるにはどうするかという
政策をみせてほしいです。

橋下氏のように十年くらいかかる机上の空論でいいなら、
関空、伊丹の空港は廃止して舞洲に空港を作るべきですし、
大阪の南港、北港をハブ港として整備すべきです。

それと、TPP時代以降で、モノ作りで日本は勝てません。
大阪に限らず、やはり知的生産物に重点を置くべきですし、
その環境を整えるべきです。

とにかく税収を上げるようにしないといけません。

そういう案は出ないのでしょうか。



robasan2 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年11月07日

なにわ筋線

まず、平松市長は今里筋線の伸長を言っています。

今の井高野から阪急の正雀。
南の方は、東住吉区の湯里六丁目まで伸ばすとか。

まあ、黒字だからいいというものでもなく、
運賃をできるだけ安くしないと、
市民から非難を受けるでしょうね。

もちろん、公的交通の存在意義として、
民間では採算が上がらなくても、
そこの交通を確保することが公共性が高いということが、
挙げられるのですが、これは、どうなのでしょうね。

ここに線路を引く事で、どのような公共性があるのか、
または、大阪の景気回復に役に立つのか
平松氏の説明が欲しいところです。

今のところ、大阪の要所を通っているとは思えず、
疑問が残りますね。

他方、「なにわ筋線」の方ですが、
これは新大阪、梅田、JR難波から関空に連絡するものです。
南海の汐見橋で、南海電車に繋がります。

新大阪、梅田、難波から関空に繋げるので、
今までも検討されてきました。

橋下氏も、リニアを作れないなら、
こちらを推進すると思われます。

しかし、新大阪、梅田、難波と繋ぐなら
御堂筋線から南海に乗り継いだのと、
どう違うのかということですね。

もちろん、乗り継ぎで10分程度ロスしますし、
駅を歩くのがしんどいと思われる方もおられましょう。

しかし、その乗り継ぎの不便を解消するのに、
工費4000億程度使うのは考えものですね。

それなら、リニアといきたいのですが、
リニアの工費は5000億と主張されています。

ただ、その大阪府の見積もりはおかしいでしょう。
新大阪から汐見橋まで従来の地下鉄を掘って4000億ですから、
新大阪から関空まで、リニアを作って5000億はないでしょう。

リニアだと、南海電車の軌道に乗り入れなんてできませんしね。

それに、従来の軌道を引くより費用はかかるでしょうし、
それ以前に、リニアは、一般的にお金を出せばできるというものではない、
特殊な技術ですから、現実味は薄いでしょう。

仮に兆単位で作るとなると、大変な時間がかかりますね。
それだけの予算を一度に出せませんから。

となると、なにわ筋線の方が現実的ですが、
やはり、御堂筋線で中百舌鳥から伸ばして、
どこかで南海線に乗り入れした方が現実的だと思いますね。

難波や新今宮での乗り換えの手間を省くのに、
何千億というのは、躊躇しますね。

地下鉄の件では、橋下氏、平松氏とも、
どっちも、どっちですね。


robasan2 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年11月06日

平松、橋下両氏 討論会で舌戦

平松、橋下両氏 討論会で舌戦 ということですが、
独裁とか、そういうのは論点ではないでしょう。

大阪府、大阪市の現状と、大阪をどのようにすべきか、
内容が問題なのですよ。

実績の比較として、橋下氏は大阪府の債務を2150億増やし
財政を悪化させました。
平松氏は、3500億債務を減らしました。

経済政策としては、大阪府は橋下政権で税収1割減。
でも、これは平松氏もどっこいどっこい。

大阪市営地下鉄の累積での黒字は、
平松氏が歴代市長の政策を引き継いだだけで、
平松氏だけの功績ではないでしょう。

大阪市の職員数は、以前より25%削減政策があり、
平成25年には、達成されそうですが、
それでも、他の自治体と比べて突出して多く、
これは、どちらの候補が市長になっても、
引き続き、新たな政策を打ち出すべきでしょう。

独裁って、橋下氏は「府民のための独裁。」
と言っていますが、
府民のためかどうかは府民が決める事で、
本当に府民のためかは疑問です。

特定の外国人のための間違いではないでしょうか。

10億の土地を3億で外国の団体に売り渡し、
外国人参政権も賛成しておられるようですから。

単に「独裁」というのでなく、
具体的に、何が府民のためになっていなかったか
示すべきでしょう。

次に景気対策ですが、地方自治でできることは
限られていますね。

これについては、私も思いつきません。

しかし、大阪の活力は大阪の文化から生じるので、
それを縮小して箱物につぎ込んだ橋下氏は支持しません。

それ以前に、大阪の人や議会が全員賛成しても、
実現不可能な大阪都構想とか、
新しく舞洲に空港を作った方がいいほど予算がかかる
リニア構想とか、
荒唐無稽な架空話をしてしまうなんて、
まともな政治家なら議論する気もなくなりますよね。

これで橋下氏が通ったら、
無駄な箱物と高速道路がたくさんできるだけで、
後は財政破綻するでしょうね。

まあ、悲観的な予測は別にしても、
もっと具体的なことを言って欲しいものです。

平松氏のマニュフェストって、私には理解不能ですよ。
あれでは勝てません。

政策では内容がないものの、
現状の説明では維新の会のマニュフェストの方が
分かりやすいです。

維新の会の方のマニュフェストは、
本当に大阪をなんとかしなくてはならないと思える内容ですね。

でも、それに対してどうするかという段になると、
方法が何も書いていないか、空想世界のものになります。

だいたい、関空と市内を10分で繋げたとして、
それで外国人観光客が650万人増えるでしょうかね。

大阪人は便利になりますが、
運賃は倍以上になりそうなので、
私は南海電車でいきますね。

具体的に、実績を踏まえてやって欲しいものです。

大阪都とか独裁とか言っても、
水掛け論で終わりなんですよ。

スーパーサイヤ人になる前の孫悟空と、
ドクタースランプのアラレちゃんと
どちらが強いか議論するのと同じなんですよ。


robasan2 at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年11月04日

「反維新」平松、倉田両氏が共闘…大阪ダブル選

橋下氏になってから府債は2151億円増えましたし、
税収の落ち込みも4000億も落ち込みました。

口だけは達者なようですが、
実情は、これなんです。

大阪都構想は議論に値しないでしょう。
国の法改正がないと、いくら維新の会が賛成しても、
実現するものではないですし、架空の話ですから。

また、仮に実現したとしても、
特別区を作ったら、議員や首長、
各役所の建物や組織など、無駄に増えますし、
その上、予算の多くは都に取られるので、
今までの6割程度の予算で、
行政サービスしなくてはなりません。

ただ、それ以上のことは、何も内容が語られないので、
大阪府の借金を大阪市民の行政サービスを犠牲にして
負担させる以外の何ものもないでしょう。

議論の余地がないですね。

関空とリニアで繋いでとか言っていますが、
それって兆単位の話ですよね。
何十年かかるのでしょうか。

それなら関空廃止して舞洲とかに空港を作った方が、
安いかもしれません。
(利用者の料金負担も考えると。)

それに、関空と大阪市を10分や20分でつないだとしても、
それで650万人の観光客が増えるとは思いません。

だいたい、そうなるとリニアの運賃って、
いくらになるのでしょうかね。

たぶん、ガラガラの車両が走るだけになったりして。

もっとも、維新の会のマニュフェストって、
具体的内容がなく、何か内容を書いていたら、
荒唐無稽の空想でしかないのです。
議論にする事自体、大阪府民をバカにしています。

それと、雇用創出1万人って、大阪府民の0.1%台ですよね。
その上、どうやってというのが書いていません。

カジノ特区についてですが、
カジノだけでは人は集まりません。

それ以外の娯楽、リゾートがないと
長持ちしませんよ。

それには、どれくらいお金がかかるのでしょうか。

橋下氏のマニュフェストって、
一般人が「宝くじが当たったら」と同じレベルなんです。

大阪維新の会は、少なくとも、橋下氏就任以来
全国ダントツの1割減になった大阪の経済をどうするか、
これ以上落ち込ませないにはどうするか、
そういうところから地道に論じるべきでしょう。

倉田、平松両氏は、地道に政策を考えていますが、
大阪維新の会は架空話なので、
議論が難しいですね。

それでも大阪市民、大阪府民を守る戦いは、
是非とも勝って欲しいものです。



robasan2 at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年11月01日

自民に失望

大阪府知事選、大阪市長選ですが、
自民党の及び腰には失望しますね。

大阪が滅びるかどうかの戦いなのに、
全く橋下氏を倒す気がない。

市長選で、橋下氏を倒せば、
維新の会なんて瓦解してしまうのに。

国政選挙で維新の会の協力を得ようとして、
あまり敵対しようとしない様子。

もっとも、民主党も同じです。

本気で攻め立てる気がないようです。

大阪府民、大阪市民は、
自民からも、民主からも捨てられたんですね。


robasan2 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月30日

大阪維新の会への誤解を解く

大阪維新の会への非難を展開している以上、
表紙を見るたびに気分が悪くなるのを我慢してでも
大阪維新の会の政策とか、
なんとか理解しようと読み返しています。

しかし、この記事のタイトルである
「大阪維新の会への誤解」を解くという項目のページは、
何回読んでも理解不能でした。

もちろん、書いている文章は日本語なんですけれどね。

主張に対して、どうしてそうしたほうがいいのか、
理由が書いてないので理解できませんでした。

疑問に思う部分があっても、自分たちに不都合なことは、
既得権益を利するものだと決め付けて否定するだけで、

どうして既得権益を守るものを利することになるのか、
理由が書いていないのです。

自分たちに不都合なことは、
理由を付さずに問答無用で否定しているわけです。

理論の飛躍や誇張もひどくて、
たとえば、ゴミ処理場のことでは、
「大阪はリサイクル率が低いので、リサイクル率を上げるとゴミ処理場の3つは廃止できる。」
と書いているのです。

どうしてリサイクル率を上げると、ゴミ処理場が減らせるのか、
因果関係が理解できません。

リサイクル率が低いのは、プラスチックと金属とか、
プラスチックに紙が貼ってある商品、
ペットボトルの飲み口の部分がプラスチックなど、
元の形状を壊さないと分別できないものが多いからです。

これらを一般の人が分別するのは危険なこともありますし、
できても、かなり時間がかかります。

一般の人は分別しているつもりでも、
いざゴミ工場で処理する段になると、
使えない製品が多すぎるのです。

それらを職員で分解すると、大変な人手を要します。

そこで、結局、普通ゴミと一緒に処分されてしまいます。

つまりは、元々の商品が分別に向いていないのです。

これは、そういう商品を作るメーカーが変わらないと変わりませんし、
大阪だけの問題ではないでしょう。

もちろん、市民への啓蒙活動により、
リサイクル率は高まるでしょうが、何パーセントもないでしょう。

リサイクル率が上がれば普通ゴミが減って
ゴミ処理施設の負担は減りますよ。

でも、ゴミ処理施設を減らすほどの規模にはならないし、
もし、減らせると主張したいなら、
ちゃんとした数字を示すべきです。

それ以前に、どうして区長公選制、大阪都になると、
リサイクル率が上がるのか分かりませんね。

「リサイクル率が上がれば。」というのは、
「もし宝くじに当たれば。」というのと同レベルの希望にすぎません。

もちろん、どうやってリサイクル率を上げるかの
具体的政策も書いていません。

リサイクル率は、大阪都構想とは、全く別のことで、
関係ないことを、その効果のように書くべきではありません。

ゴミ処理の件で、一例を書きましたが、
ほとんど具体策はないのです。

もちろん、制度を変えても、具体的政策が変わるものではないと、「大阪維新の会」のホームページの中で自ら書いていますが。

それは、個々の区長選挙で住民が選択するものと書かれていて、具体的な住民の生活についての政策は、全くノータッチなのです。

なら、ゴミ処理とか、いいかげんな事は書かないで欲しいものです。



robasan2 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年04月29日

危険な橋下知事の思想

タイトルを見ると、大阪の橋下知事の過去の発言が
いろいろ浮かぶわけですが、
今のところ大阪維新の会のマニュフェストの基本的な部分を
検討します。

今日は二元代表制です。

大阪維新の会のサイトをみると、
二元代表制は古い制度で現在の地方自治に
合っているか疑問とされています。

しかし、議会と首長との摩擦によって、
権力の濫用を防止するという仕組みとしては、
多くの国で長い年月の間支持されています。

「古いからダメ。」というような性格のものではないでしょう。

それと、首長と議会が違う代表を出すのは当然なのです。

それは、議会は少数者の代表も出すからなのです。


ここから、仮定の例で説明します。

たとえば、年収にかかわらず税金を一律にする案が出るとします。

このとき、収入の少ない人を代表する人が少数派の場合を考えます。

もし、一元代表なら、首長が決めたら、それでおしまいです。

もちろん、二元代表で、議会で首長と同じ意見の多数派がいても同じです。

しかし、二元代表の場合は、少数派の代表が議会にいるのです。

多数決としては、少数派は負けるでしょう。

しかし、それまでの話し合いの過程で、
やっぱり所得の少ない人は税金を免除してほしいとか、
それがダメでも税率を下げて欲しい、
また、その税率をどのくらいにしたら妥協できるかなど、
多数派と少数派の話し合いができるのです。

二元代表のメリットは、単に首長の暴走を止めるというのではなく、
話し合いの場を持つことにより、
少数派の権利、場合によっては人権を守ることにあるのです。

これは、古いとか新しいとかで、良し悪しの決まるものではないでしょう。

橋下氏は、二元代表制を否定していますが、
自分の反対勢力を否定してしまうのでは、
少数派の意見は尊重されないどころか、人権さえ危ない状況になります。

ナチス・ヒットラーも、国民の大多数から支持されて権力を握り、
国の仕組みを変えましたが、
今、大阪でも、それと同じ愚が繰り返されようとしています。

大阪維新の会のサイトを、よく検討してみましょう。
何も内容がありませんし、何か書いていても疑問点が多いのです。

それに対して、彼らは「タウンミーティングに来い」と言いますが、
それは、その場の雰囲気にごまかされることになります。

ウエブサイトで、ちゃんとした文字に起こせないのです。
それをすると、後で、じっくり検討されてしまうからです。


robasan2 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年04月27日

橋下知事が脱原発構想

全く、橋下知事は、
世論迎合の政治家で困ります。
どうして支持率が高いのか理解に苦しみますね。

脱原発という意見をもたれるのはいいのですが、
責任ある政治家なら、理由をちゃんと示すべきです。

それと、ちゃんとした財源の裏づけもある
不足電力の代案も示すべきです。


危険な原発について考え直すのは当然ですが、
関西の産業への影響を考えないといけませんし、
火力発電では二酸化炭素の増加、化石燃料の枯渇も
考慮しなくてはなりません。

原発については、安全性を強化するには、
何をして、どれくらいの費用がかかるか、
原発以外の施設を建設するなら、
どれくらいの費用がかかるかなど、
現実的な検討を経ないと、政治家としては無責任でしょう。

まあ、地震があれば液状化した上、津波に襲われるようなところに
府庁を移転させようとする人だから、
震災時の府民の安全はもとより考慮していませんし、
ちゃんとした考えなんて無いのでしょう。

せいぜい何とかプロジェクトチームを作って、
別の人に考えてもらうだけですから。

それに、原発のある地域の意向はどうなのでしょうか。

大阪は、原発から電気をもらわないというなら、
それなりに筋は通りますが、

原発で発電した電気をもらいながら、全く危険のないところから、
机上の空論を述べるのはいいかげんにしてほしい。

だいたい、原発のある地域の首長とは協議したのでしょうか。

支持率の低い野党党首なら勝手に言っても放っておけばいいのですが、
責任のある立場の人が、 言う事ではないですね。

それ以前に、国政の政治家ではないのですから、
大阪府知事の分を超えています。

天下でも取った気分なのでしょうか。
思い上がりもいいかげんにしてほしい。


robasan2 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年04月11日

やったもん勝ち

全く、支持率が高いと何でもアリですね。

事前運動、戸別訪問とか、
ルール無用のことをしたところが
選挙で大勝。

震災の日も戸別訪問を受けたのですが、
すぐに追い返さず、
呼び止めて証拠のシャメ撮っておけば良かったです。

みんな知っているのに告発されないのは
どうしてでしょうね。

別の候補は、夜9時近くになっても、
名前連呼してたこともありますし。

違反になるのを知らなかったと言われそうですが、
それは通りませんね。

なぜなら、人がものを行うときは、
法を調べるのが通常の順法精神です。

例えば、車に乗ろうとするときは、
道路交通法を知ったり、
それ以前に免許がいると思うはずです。

公衆浴場をひらくときは、
どこかに届けなければいけないのかとか、
規制する法律はないかと思うのが通常です。

もちろん、選挙に出るときは、
何が許されて、何が禁止されているか、
知ろうとするのが普通です。

それなのに、敢えて知ろうとしないのは、
反社会的人格の発現というべきでしょうね。

選挙結果として得票はあったのですが、
そういうところを支持することはできません。


robasan2 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年04月10日

つまらん結果に

大阪市会議員、府会議員の選挙に行ってきました。

ようやく8時になったので、記事が書けます。

まあ、今、何を書いても仕方ないのですね。

開票が始まらないうちに当選確実が出るのも
何か変な気がしますが、
結果もつまらいなものになりそうです。

それに今回は、地震のことばかりが話題になって、
あまり地方選に興味がゆかず、
投票率も気になります。

投票率が低いと、組織票がものを言いますよね。

私のいる大阪でも、橋下マニフェストの駄目なところを
各党突いて欲しかったのですが、
私のところでは聞こえてきませんでした。

マスコミのイメージだけで、
こんなデタラメなことが実行されては
たまったものではありません。

先の衆議院選で民主党がデタラメなマニュフェストで、
政権交代を実現して、
その後どうなったか、思い出して欲しいものです。

とはいえ、大阪維新の会のマニュフェストを
否定できる候補もいなくて、
選挙民としては、選択肢がなかったというのも
情けないことですね。

そういう制度で、そういう候補しかいなかったので、
どうしようもなかったことと、
あきらめるしかないかもしれません。

残念な政党しかないって、国民の責任でもありますが、
どうすればいいのでしょうね。


robasan2 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 

2011年04月09日

統一地方選

統一地方選挙が今週末にありますね。

私の地域でも、選挙活動が激しいです。

特に、地方政党と言われるなんとかの会なんて、
ルール無用の選挙活動ですね。

今日も夜8時半になっても、
まだ名前連呼していました。

戸別訪問、事前運動とか、
法律無視のやりたい放題です。

まあ、代表者の支持率の高さから、
やりたい放題なんですけれど、
「やった者勝ち。」なんてのも、
どうなんでしょうね。

それと、一番嫌なのは無所属候補。

それまで、政党に属していたのに、
選挙のときだけ無所属になり、
選挙が終わると元の政党にいるとか、
同じ会派とか、
そういうの、投票してくれた人を
だますような行為ですよね。

それと、原発のない地域なのに、
原発問題を前面に出すのは、どうなのでしょうか。

まあ、関係ない地方でも、
反対決議とかは可能でしょうけれど、
実効性があるとは思えませんね。

地方選は、地方選らしく、
その地域のことで政見を示して欲しいものです。

それと、いつも思うのですが、
具体性のない公約も、
そろそろやめてほしいものです。

福祉に力を入れるといっても、
そういうことは全員言っていますし、
何を、どうやって実現するのか、
具体性に欠けたりして選びようがないです。

いちばんアホなのは、「子供達の未来を開く。」とか、
「明るい街をつくる。」の類です。

具体性ゼロですよね。

それどころか。

子供の未来のために、道路や箱物をたくさん作るのか、
子供の未来のために、借金を作らないようにして、
道路や箱物を作らないようにするのか、
全く逆のことが成り立つ言葉なんですよ。

いいかげん、イメージだけの選挙は、
やめてほしいものです。

ただ、現実に当選した人たちを見ると、
又がっかりするのでしょうね。


robasan2 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)時事の話題 
好評発売中!
好評発売中!
株の本
Recent Comments