2009年05月22日

【セミナー】CSS Nite in Ginza, Vol.35 - Fireworks特集

CSS Nite in Ginza, Vol.35に行ってきました。今回のテーマはFireworks。セッションは2つありました。

CSS Nite in Ginza, Vol.35

【1】Fireworksの「テクスチャ」 - 林大輔さん

一つ目のセッションはProjectDD Blogの林大輔さんによる、Fireworksの「テクスチャ」について。

連続する単純な模様を、Fireworksでは「テクスチャ」と呼びます。

  • Fireworksの「テクスチャ」=単純な模様
  • Fireworksの「パターン」=“手触り感”のあるグラフィックイメージ

注意しなければならない点は、AdobeのFireworksとIllustratorで、「テクスチャ」と「パターン」の名称の使い方が全く逆だというところ……

  • Fireworksの「テクスチャ」=Illustratorの「パターン」
  • Fireworksの「パターン」=Illustratorの「テクスチャ」

これはAdobeさん、どうにかしてほしいです……

プレゼンでは、Fireworksにおける「テクスチャ」を用いたグラフィック表現の事例や、使いどころ、また「テクスチャ」画像を自分で作る際のコツ等が紹介されました。プレゼンで出された「テクスチャ」表現の事例がFireworksで作られたものなのかどうかはよくわからないところでしたが、いろいろなサイトでさりげなく使われているウェブデザインの表現技法だという事がわかりました。

林さんのサイトでテクスチャファイル集

また、今回のセミナーに際し、林さんのサイトで、Fireworksで使えるテクスチャファイル集の無料配布が開始されました。商用利用も可能だそうです。

Fireworks texture gallery

【関連記事】
商用利用OK!テクスチャのダウンロードサイト「Fireworks texture gallery」を公開しました - ProjectDD Blog

【2】Fireworksを使う17の理由 - 鷹野さん

2つ目のセッションは、鷹野さん自らが、Photoshopと比較しながらFireworksのTipsを紹介。

配布された1枚のレジュメのプリントに、簡潔にまとめられてたため、非常にわかりやすい内容でした。

特にFireworksのCS3とCS4から新しく追加された機能に関しては、Fireworksで作業をするためにとても便利な機能が追加されたな、という感じでした。

また、Photoshopは、フォトレタッチの高機能性に関してはもはや言うまでもないのですが、文字やオブジェクト(図形)に関しては、Fireworksと比較するとあまり柔軟な対応ができないという事があらためてわかりました。

あえて言うならば、Fireworksの現状における問題点と、逆にPhotoshopに優位な点についてを、プレゼン中に触れてほしかったなと思いました。レジュメの方には書かれていたのですが。

個人的に思うFireworks / Photoshopについて。

今回のセミナーから少し話が外れてしまうのですが、自分なりにFireworks CS4やPhotoshop CS4の機能追加等をいろいろ調べてみると、どうもPhotoshopにおいて、今後のバージョンでWebデザイナーが恩恵を受けるような機能追加がされる可能性は、あまり多くないのではないか……というような印象を感じております(あくまでも個人的な印象論ですが)。

たとえば今回の鷹野さんのセッションでも指摘があったのですが、Photoshop CS4ではロールオーバーの作成機能は無くなっているとの事でした。

よくよく考えてみると、Photoshopは本来フォトレタッチの道具なのではないだろうかと思います。グラフィックの歴史で、ウェブの表層デザインのニーズが高まってきたのは比較的最近なため、後からPhotoshopにウェブ制作向けの便利機能を追加した、といった感じだったのでしょうか。

それに対し、Fireworksは元々Webに特化したツールです。Adobeはmacromediaとの合併時にFireworksを消滅させず、進化させる方向へと進みました。

だとすると、Fireworksが今後消滅するという事は、考えにくいです。

現状のFireworksに不満ならば…

そういえば先日、「Photoshop?Fireworks?」というブログの記事を拝見しました。

TATSDESIGN CMS | Photoshop?Fireworks?

PhotoshopとFireworksの比較でいろいろな意見が出て、参考になる事が多かったです。

現状のFireworksでも不満を覚えると言う人は結構多いかと思います。それならば、Fireworksの不満な点を積極的にブログ等で発言して、ユーザーと意見を交換することで、今後Fireworksをより良くしていく…という姿勢の方がもしかするといいのかもしれないと思います。ひょっとするとアドビの関係者が見ている可能性も……なんて事があるかどうかはわかりませんが、何もしないよりはいいのかもしれません。

また、もし可能であれば、Adobeに直接フィードバックを出すようなアクションに出るのもいいのかもしれません。

関連リンク

Fireworks CS4 スーパーリファレンス for Windows&Macintosh
Web&HP研究会
ソーテック社
売り上げランキング: 40219


robert32 at 2009年05月22日 01:45
この記事の固定リンクコメント(0)トラックバック(1)web関連 | レビュー・感想 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. CSS Nite & Ftg を取り上げていただき、ありがとうございます!  [ ProjectDD Blog ]   2009年05月24日 00:50
CSS Nite in Ginza, Vol.35が終わり2日が経ちました。 C...

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
月別アーカイブ
カテゴリー
Recent Comments
Links
あわせて読みたいブログパーツ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ