img417

 あなたの好きな有酸素運動は何ですか・・・・・うん
 ・・・・それは僕と同じですね。

 でも空気が薄いと無酸素運動になって・・ついにブラックアウト
 気をつけましょう!   
 標高3400m  ラサ

 夜の世界旅行 大人の旅です。  お子様お断りの旅 
 馬鹿になって遊びに行ってきました チベットまで 
 空気薄かった  大変だった  吐くかと思った


 ラサには大石寺と云うチベット仏教のお寺があります。

 早朝行くと
 何処から沸いて来たかと云うぐらいの熱心な仏教徒が
 チベット各地から集り、五体投地のオンパレードです。

 田舎のお寺に行ってもチベット人の信心深さには驚かされます。

 ところが昼間いくと寺の沿道や広場には
 目付きの悪いヤクザのような男や
 子供を背負った商売の巧い物乞い風の女がゴッソリいて

 観光客を隙あらばと狙っています。

 鳥葬を見ようと外国人立入り禁止地帯をこっそり訪れると
 其処は中国人民軍の巨大な宿舎群。

 この街は中国人民軍が包囲している「ヤクザと宗教の街」なのでした。


img394

 中国のホテルにチェックインして
 フロントにマッサージを頼むと
 直にホテル内の美容院から電話がきます。

 「お客様 マッサージを御注文ですね ・・ハイ・・
 確認させて戴きたいのですが
 御注文はノーマッサージですか ? マッサージですか ?」 

 「あのー マッサージを頼んだのは事実ですが
 其のノーマッサージってのは何ですか」 

 「あのー其れは綺麗な中国人の御姉さんがするマッサージの事ですが
 如何為さいますか」  そこで僕は迷わず

 「綺麗な御姉さんにして下さい」と言い電話を切ります。 
 さて本当に綺麗か如何かは運・不運の問題です。


 チベットはどうなのか。
 ホテルの美容院に直接行ってみました。

 美容院内に個室が五部屋ほどあり
 欧米人の御夫人が数人利用していました。

 個室の準備が出来るまで待つように言われ
 ソファーで寛いでいました。

 ホテルの美容院は客質も良く
 フェデキア、マニュキュア等、くつろいだサービスが沢山あります。

 其処へ場違いの
 サンダル履きで目付きの悪い明らかなヤクザが遣って来たのです。

 ヤクザは上品なお客様達を正面から睨みつけて歩き
 典型的な嫌がらせを始めました。

 堪り兼ねた女性店主がお金を渡すと
 マタネーと云う感じで去って行きました。 ヤクザ天国 ラサ です。


img425

 個室の準備が出来、一時間のマッサージが始まりました。

 民族衣装のような高価なユニフォームを着た
 22〜23歳の女性セラピストでした。

 色が透けるように白く、肌はポッチャリしたもち肌で
 性格も善く、英語は少し話せ
 飛び切りの美人では有りませんが好感が持て

 摩れたところは有りません。

 僕は美容院が用意したマッサージ用のパジャマに着替え
 中国風マッサージを一時間して貰いました。

 とてもゆったり出来、一時間はあっと云う間に過ぎて行きました。


 お待たせ致しました。
 ここからが大人の時間です。 

 終了時間になり、とても善かったと礼を言い。
 処でもう一時間受けたいのだけれど
 スペシャルサービス・アデショナルサービスは無いのですか ?
 と聞いてみました。

 その意味が分かったらしく
 顔を少し赤らめ、チョッとドキドキしているのが分かりました。
 カッワイーッ 

 いくら払ったら良いですか と聞くと 
 ちょっと待ってください と言い、経営者に聞きにいきました。

 返って来ると、800元(100ドル)
 追加の個室料も含む、と言いました。 

 OK を出すとニコッと微笑み、事務所までとって返し
 ややして戻ってきました。


  一時間マッサージをありがとう。

 今度は僕が
 タップリと日本風のスペシャルマッサージをして上げるから
 腰を抜かさないでねっ と言い。

 彼女の民族衣装風の着物の帯を解き始めました。
 二本の帯で衣装を固定してありました。
 シュルシュルっと云う衣擦れの帯の解ける音。

 なんかドキドキしますね。

 マッサージ台の上で帯を解き
 横になった彼女の民族衣装風着物をひらくと
 そこには真っ白な肌理の細かい雪のような肌が現れました。

 チョッとチーズのような薫りがあり
 手の平を肌に添えるとクッと圧し返してきます。


 竹の子の皮を剥くように着物を除き
 肩を抱いて身体を僕の方に捩じらせ

 耳たぶから首にかけて唇を這わせ頭を軽く抱くと
 彼女の柔らかいお腹が僕のした腹を刺激します。

 両膝に手を掛け内股を開き花弁に沿って唇を這わせ
 足の指の一本一本の股を揉みしだくと声にもならぬ声が漏れ。

 尻の穴から花弁にかけ
 捩じるように舌を踊らせていくと彼女の半身は堪らず動き出し。

 たっぷりと タップリと たっぷりと一時間。
 隣室でマッサージを受けている欧米人マダム達に
 気づかれぬように注意し
 
 彼女の口を手の平で押さえて僕たちは果てました。 


img404

 平地でさえキツイ、ファイナルラン。  最後は無酸素運動  
 標高3400m。 

 目の前が暗く視野が狭くなり、酸欠で吐き気に襲われながら。
 やったー ヤッタネー やったぞー・・・・・・
 ハイ 遣りました。・・・不道徳を御免なさい。 

 ベットを少し汚していまい、僕が侘びを言うと
 ニッコリと笑い、ノープロブレム と言い。

 シーツを手早く片付けてしまいました。 
 本当に性格の良い 可愛い娘でした。 

 出会って呉れてありがとう。 チベット人が好きになりました。


 中国の民族問題を覗き見するには
 チベットは実に面白いテキストです。

 欧米人観光客がとても多く
 中国は此処に直接的暴力を使う事は難しいでしょう。

 だから政教一致のチベットでは仏教界に傀儡を立て
 都市開発に大金を投入し、此の国を懐柔しようと必死なのす。

 その結果、都市ではヤクザが溢れ
 政治的面従腹背、道徳的堕落、商品経済の発達。

 一方田舎では敬謙な仏教心が依然として残り
 大変ヨジレ曲がった社会が存在しています。

 チベット問題は
 遠くない将来起こるであろう中国の政治的大地震のなかで
 動き出すのだろうと思います。

 其の時をダライラマはじめ関係者はジッと待っているのでしょう。


img384
(このブログ記事は一部、他の記事と重複しています)