img076x
           ( シベリア鉄道  ハバロフスク駅 )

はるばる来たぜ ハバロフスク 
シベリアの 交通・軍事・交易の要衝 ハバロフスク

市内には 軍事博物館や 美術館があり 
第2次世界大戦後の シベリア抑留で 犠牲になった
日本人の 日本人墓地もあります。

ハバロフスクから シベリア鉄道に乗ると 
一晩で ウラジオストークまで いけます。

今日のお泊りは ハバロフスク インツーリスト ホテル

早めの 夕食を済ませ 部屋で寛いでいると、
いつものように 外線からの
『奇麗なお姉さまは如何ですか』のコール

hava-2x

OKと 請けて待つ事 30分
やがて ドアが ノックされ 

男性スタッフに 伴われて やってきたのは
30代後半の ロシア美人 化粧が濃い

身長が 170cm近くあり 大柄 態度も 大柄
シャワーを 交互にあびて ベットへ GO

しかし ロシアの ホテルの ベットは 狭い 固い

手術台みたいな 狭いベットで
胸の手術 足の手術 お腹の手術 
あそこの 手術も せにゃならん

触診から始まって 匂いの診察 味の診察
摩ったり 摘んだり 舐めったりの 手当てを施し

僕の診断は 特大の太い注射器での
下半身挿入 洗浄治療 に決まり

一時間の 大治療のあとは レントゲンならぬ 記念写真

『奇麗なお姉さま』が お帰りになるときは
満面の 笑顔で お見送り

お姉さまが 廊下の角を 曲がるまで
ドアを開けて 全力で 手を振る


明日は シベリア鉄道で ウラジオストークまで 行く予定

まさか シベリア鉄道の コンパーメントまでは
外線電話は 繋がらないだろうと 思いながら
朝まで グッスリ 眠れました。

8月 下旬の シベリアの 夜でした。


目出度し 目出度し


            BY            Robert
img078x
( シベリア鉄道の車内 欧州型の広軌なので 揺れが少ないと思いました )