DRAGON GATE(ドラゴンゲート)+他団体の試合結果速報等

人気プロレス団体DRAGON GATE(ドラゴンゲート)を初め新日本プロレスやDDT、大日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、KAIENTAI DOJO(K-DOJO)、WRESTLE―1、スターダム、鬼神道、西口プロレス、学生プロレス等の試合結果速報を中心に載せていきます


【セミファイナル】
◎オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合◎
《王者組》
YAMATO
BxBハルク
vs
望月成晃
シュン・スカイウォーカー
《挑戦者組》
▼先発はYAMATOとシュン。グラウンドでの手探りからYAMATOがタックルで制すとナルシストポーズ。シュンもバイシクルを決めると場外のYAMATOにノータッチプランチャ!
ハルクと望月はローキックの打ち合い。望月がドラゴンスクリューでハルクを止めるとシュンの追撃から望月が膝へローキック

5分経過
シュンが追撃にくると、ハルクがスピンキックで打開!替わったYAMATOはカカトを決めるとアンクルホールドへ
ハルクも頭を蹴りつけて、スナップメイヤーからローキック。2段蹴り→スピンキックも決めるとYAMATOもアームロック。
さらにロープに走らせドロップキック!合体フェイスバスターからキャメルクラッチ+カカト落とし
シュンがエルボー連打するがYAMATOは強烈な一撃で返していく

10分経過
ハルクは逆片エビ固めで苦しめるが、エスケープしたシュンはカウンターのバイシクルキック
替わった望月はYAMATOをニ角蹴りで蹴落としハルクにもキック!シュンが高々とプランチャでダイブ
YAMATOに対して望月がキック連打、YAMATOはGo to hospital Ⅰで反撃
YAMATOがアンクルを決めれば望月も決め返す。さらにYAMATOが切り返すとハルクが望月の足にファーストフラッシュでアシスト
しかしシュンもYAMATO目掛けてムーンサルトでダイブしてカット。
シュンはハルクのEVO狙いを切り返すとブラスターを決める。さらにバイシクルキックが決まるともう一発バイシクル、ハルクもスピンキックで応戦

15分経過
YAMATOもEVOのような形で落とすとハルクが望月にキック連打。望月も左右のローキックからお株を奪うファーストフラッシュ
シュンがコーナーからミサイルキックで飛ぶがYAMATOがドロップキックで迎撃
ハルクは望月にマウスを決めると、スピンキックを狙うが望月がイリュージョン→真・最強ハイキック
さらに三角蹴りを狙うとYAMATOがGo to hospital IIでカット!
シュンがYAMATOに向かいエルボー合戦!YAMATOの重さに負けずに放ったシュン。カウンターのバイシクルはローリングエルボーで打ち返されYAMATOはギャラリア
ファーストフラッシュ+ギャラリアも決まるが望月がカット。それでもシュンにYAMATOが前蹴り→ハルクがファーストフラッシュもシュンは丸め込む
ハルクの変形水車にも丸め込んだシュン。ならばとハルクは後ろへファーストフラッシュ!
これをも返すシュンにはF.T.X!そしてファーストフラッシュで3カウント


○BxBハルク
(21分32秒 ファーストフラッシュ)
×シュン・スカイウォーカー






………………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合◎
《王者》
吉野正人
vs
土井成樹
《挑戦者》
▼静かなグラウンドやリストロック合戦から吉野がトルベジーノを狙えば、回避した土井もDOI555狙い。互いに読み合い不発
まずは吉野が足吉野を決めて首四の字固め。土井はエスケープ

5分経過
吉野はロープに振ったが土井がチョップで迎撃。土井は吉野をロープに凭れかかせコーナーからローリングセントーン!さらにロープ越えのエルボードロップ
腕を極めにいく土井、足も同時に決めると逆片エビ固め。吉野はエスケープ
土井は吉野を起こしてネックブリーカードロップ。グラウンドでアームロック、吉野が切り返してもワキ固め。体を転がしオモプラッタで締め上げる

10分経過
エスケープされてもショルダーアームブリーカー!チキンウィングで締め上げ腕への集中攻撃
一方の吉野も走ってきた土井を捕まえコウモリを決めるが、土井はそのまま強引に吉野をうつ伏せに叩きつける
さらにバックエルボーから追撃を狙う土井に対して、吉野がロープに走り土井をドロップキックで場外に出すと高速トペ・スイシーダ
リングに土井を戻してミサイルキックを放つが土井は回避、吉野も察知して互いにロープへ。土井のリープフロッグ狙いを吉野がドロップキックで迎撃

15分経過
土井はそれでも投げ捨て式華厳!吉野のスリングブレイドを回避して変形コブラツイスト〜グラウンド卍固め
エスケープされても串刺しバックエルボー→大暴走!吉野を起こしてコーナーに上げると雪崩式華厳狙い
これは吉野が抵抗して逆に雪崩式を狙う。土井が堪え強引に雪崩式華厳
スタンディングでのエルボーには吉野が振りかぶり式チョップで応戦。グラついた土井だが起き上がりエルボー連打
ロープに走ったのは吉野も読んで走る。読み合いから吉野がトルベジーノ→ソル・ナシエンテ

20分経過
返した土井が熨斗紙→バカタレ・スランディングキック!カウント2
マスキュラーボムを切り返した吉野が横横十字固め。ならばと走った土井に吉野がリバースパワースラム
コーナーからミサイルキックを決めた吉野、カウント2。再びコーナーに上がる吉野だが土井が追いかけ雪崩式を狙う
堪える吉野に対して強引に狙うも、一旦エプロンに着地した吉野が雪崩式スリングブレイド。
腕吉野→トルベジーノと決めた吉野はソル・ナシエンテへ。リング中央で決まるが外した土井がバカタレ・スランディングキック→DOI555→バカタレ・スランディングキック。カウント2

25分経過
起きた土井はマスキュラーボムを狙うが吉野が堪えると、掟破りのソル・ナシエンテ!
そのまま倒れ込み締め上げるが吉野は何とかエスケープ
吉野をロープ際に追い込みエルボー連打。さらにロープに走ったが吉野はバックホーム
そしてトルベジーノ。もう一発トルベジーノ狙いを堪えた土井がマスキュラー狙い
吉野はさせずにリストロックするとソル・ナシエンテへ。改で締め上げギブアップ



○吉野正人
(28分50秒 ソル・ナシエンテ改)
×土井成樹





(R・E・Dが乱入、土井吉に暴行)

清水『おいおい吉野、何お前らしょうもない試合し てんねん。
誰もお前らの試合なんか見たないねん。なんでお前らの試合がビッグマッチのメインやねん。
お前らの試合なんかより俺の声の方が聞きたいやろ。どうや?
 吉野みんな俺の声聞きたがってるわ。俺の声が聞きたいやろ?

(帰れコールに)

どんだけ俺の声聞きたいねん。ホンマすっきゃな。俺等なんで来たか分かるか? 
お前の硬い頭やったら何で来たかわかるよな。
この中の誰かが次ドリームゲート挑戦するぞ。誰が挑戦するかって? 
次、挑戦するのはな、ここにおるBen-Kじゃ。おい吉野お前はBen-Kに潰されてドリームゲート、Ben-Kが獲ったるからな』



Eita『吉野、今のお前は100%Ben-Kには勝てない。Ben-K、黙れお前らうるせえな、俺が喋ってるんだよ。
Ben-K、一発でコイツのベルト獲ってくれ よ。
それからドラゴン・キッドテメエ、こらクソチビ。おいドラゴン・キッド、俺はお前を潰さねえと気が済まないんだよ。
俺はお前が引退するまで叩き潰してやるからな。

それから今日は第1弾第2弾と発表したけどよ、10月の後楽園で第3弾を発表してやるからお前ら楽しみにしとけよ、ボケ』


(R・E・D退場)


吉野『おいこら、なんやおい、聞いてりゃ、次ドリームゲートにMaxiMuMを裏切ったBen-Kが挑戦するやと? 
このドリームゲートの最高峰に挑戦する奴が一言もマイクできひんのか?
自分の口から挑戦させてくれの一言も言われへんのか。お前みたいな奴は一瞬で弾き返したるわ。よう覚えとけ。

最後邪魔者が入りましたけど、今日この大田区に集まってくれた皆さんありがとうございました。
土井 ちゃん、今日俺はあんたと久しぶりにこのドリームゲート戦ったけど、土井成樹やっぱりアンタは凄いわ。
勿論普段同じMaxiMuMとして組んでても、土井吉として組んでてもあんたの凄さは分かってるつもり
でもこうして1対1でドリームゲート懸けて戦ってアンタの存在が凄いというのが分かった。

土井ちゃん、ありがとう。

皆さん、土井成樹のこのドリームゲートに懸ける思いというのはしっかり伝わりましたか?
仙台で俺と吉田がドリームゲートのベルトを懸けて戦いましたけど
その戦う前に予約という形で俺と吉田に勝った方に挑戦すると言いましたけど
その時点でどこまでの覚悟を持って表明したのかわからなかったけど

リング上で言ったな、俺は生涯ドラゴンゲートやと。
その言葉を聞いた時に俺も覚悟が決まりま した。土井ちゃんがそこまでリング上で言いきった土井ちゃんに俺は尊敬もしたし、本当に土井成樹は凄い男だと分かった。
ドリームゲート、今日は俺が防衛する事が出来て安心した部分もあるけど、何より試合終わるまで裏切らなかった事は安心した。
土井ちゃんは絶対そんな事しないと思ってたけど、過去2回裏切られてるんで、心のどこかで不安でした。
やっぱり今日はみなさんの前で1対1で正々堂々戦ってくれました。

土井ちゃん、今日はほんまありがとう

(躊躇した後、握手。吉野も驚く)

ビックリしたぁ。とりあえず本当に今日色々ありましたね。
ANTIASがR・E・Dにユニット名変えて第1弾、第2弾がKAZMA SAKAMOTO、後楽園で第3弾がある。
俺らも清水、Ben-Kに裏切られて、挙げ句メイン 後に乱入されてドリームゲート挑戦まで言われましたけど。
どういう状況になっても俺らMaxiMuMは…(キッド&石田に)今気づいたけど、なんでおんねん。
最初からおったんか。今日はそっとしとくか。
勘弁してください。キッドとマイクやる元気ないんです。

今日ドリームゲート防衛して、でもねMaxiMuMも人数減りましたけど、吉野正人もMaxiMuMも終わりじゃない。
盛り上げていく為に飛ばしていきますので、俺達ドラゴンゲートについてきてください。今日はありがとうございました!』

【第1試合】
斎藤了
ドン・フジイ
ウィリー・マック
vs
Kagetora
ヨースケ・サンタマリア
U‐T
▼先発のKagetoraと斎了に続きマリアはマックにキス狙い。回避したマックがU‐Tをボディスラム
替わったフジイはU‐Tに連続フォールでスタミナを奪う
斎了の追撃からマックはエルボー→ローリングエルボー!斎了がダイビングフットスタンプ
替わったフジイは逆水平チョップ。U‐Tも返していくがフジイはラリアット!それでもU‐Tはミサイルキックで打開

5分経過
マリアはスワンダイブ式ミサイルキック→スカイラブ。Kagetoraはシャイニング延髄!
斎了に突進をかわされたがマリアが斎了にオッパイアタック→ラブリーアロー
そこへマックがカットに入るとフジイがマリアに向かう。だがマリアはヒップアタック!フジイはチョークスラムで返すと斎了ロケットが飛んでくる
返したマリアにはマックがロドリックデスドロップ!そしてその場飛びムーンサルト→ビッグタンプで3カウント


○ウィリー・マック
(7分55秒 ザ・ビッグタンプ)
×ヨースケ・サンタマリア






……………………………………………………………………………………

【第2試合】
ジェイソン・リー
石田凱士
ワタナベヒョウ
吉岡勇紀
vs
Gamma
しゃちほこBOY
問題龍
箕浦康太
▼先発のGammaはジェイソンと対峙。ジェイソンの胡座にはカンフースタイルで向かう
ヒョウはスワンダイブ式ミサイルキックを披露。3番手の箕浦は吉岡相手に気合いで向かうが吉岡はスイングDDT
カットにきたGammaはジェイソン&吉岡にまとめてヘッドシザースホイップ。場外の相手に箕浦がケブラーダ
リングではGammaのトラースキックを喰らった吉岡だがツバを回避して丸め込む
返したGammaがアックスボンバーを決めたが石田がキックでカット!ミドルキック連打で追撃するがGammaもアックスボンバー

5分経過
石田がレッグラリアット→バズソーキックには鯱がカット。しかしヒョウがペルシャを見舞いトペ・コンヒーロで分断
すると石田は鯱を捕らえタイガースープレックスで3カウント


○石田凱士
(6分22秒 タイガースープレックス・ホールド)
×しゃちほこBOY






………………………………………………………………………………

【第3試合】
◎スペシャルシングルマッチ◎
KAI
vs
鷹木信悟
▼ゴングと同時にエルボー合戦!鷹木は走ってきたKAIを捕まえデスバレー!
場外から戻ったKAIに踏みつけ攻撃→タックルでダウンを奪う
KAIもフランケンシュタイナーで鷹木を場外に出すとトペ・スイシーダ!場外ではKAIがパイルドライバーを狙うが鷹木はスルー
エプロンで鷹木が攻撃を狙うがKAIが堪える。リングに戻りドラゴンスクリューから足四の字固め

5分経過
コーナー際に鷹木を詰めてエルボー連打したKAI。鷹木がKAIを対角線に振って走るがKAIはカウンターのハイキック!
コーナーに上がったKAIを鷹木が追いつきヘッドバット連発。鷹木も雪崩式ブレーンバスターを決めたがKAIもブレーンバスター
ファイヤーサンダーパワーボム狙いは互いに阻止。KAIが先にバックドロップを決めたが鷹木もバックドロップを決め返す
ならばとKAIが延髄斬り、鷹木はパンピングボンバー!
起きた鷹木が串刺しパンピングボンバー→サンダーファイヤーパワーボム。カウント2
MADE IN JAPAN狙いを堪えたKAIはトラースキック→投げ捨てジャーマン。さらにはサンダーファイヤーパワーボムを決め返す

10分経過
コーナーからスプラッシュプランチャは鷹木が膝剣山!走ってきたKAIに鷹木がラリアット。KAIもトラースキック。だが鷹木は鷹の爪。カウント2
しかし走った鷹木がパンピングボンバーを決めるとMADE IN JAPAN!
返したKAIに走りこんでパンピングボンバーを放ったが、かわしたKAIが雁之助クラッチで3カウント


○KAI
(12分15秒 本家公認 雁之助クラッチ)
×鷹木信悟



ハルクがエプロンサイドに登場

ハルク『おいおいおい鷹木信悟、俺の大嫌いな鷹木信悟。
ドラゴンゲート所属として最後の大田区大会、負けて残念だったな。ははは。
聞く所によるとどうやら鷹木信悟、ドラゴンゲートやめてフリーで活動するらしいです。
そんな事はどうでもいいんだけどよ、勝ったままドラゴンゲート去ろうとしてねえか? 
お前と最後のシングルはKING OF GATE去年の後楽園だ。忘れてんじゃねえ。
俺は覚えてるぞ。勝ち逃げなんてさせねえぞ。ドラゴンゲート所属として最後の試合10月7日博多そこで俺とシングルで勝負しろ』


鷹木『おいハルク散々文句言ってた割には俺の事好きだな。
10月7日のラストマッチでシングルやるだと? 俺も最後の相手はお前しかいないと思ってたぜ
唯一残った同期。博多、鷹木信悟vsハルクやってやろうじゃねえか。俺らにしかできない試合をやろうぜ。
まぁよ、ここ東京で博多の話ばかりしてもしょうがねえよな。最後くらい恩返しさせてくれ。
来週後楽園あるだろ。10年ぶりにタッグを組むのはどうだ? 
俺とハルクのタッグが見たいか? みんな見たがってる。どうする?』



ハルク『よし分かった。みんなの声援に免じて本当は嫌だけどな、 お前のひねくれた性格、理不尽大王、大嫌い。
でも最後の最後、お前のわがまま聞いてやるよ』



鷹木『最後だからって裏切るなよ』


ハルク『同期とか関係ねえから。タッグ組むけど、これだけは言っとくぞ。俺はお前の事が大嫌いだ』


(ハルクは退場)


鷹木『絶対俺の事好きだよ。とにかく別に俺は引退する訳じゃねえ
最後まで自分らしく戦うからな。お前らそれだけは覚えておいてくれ』









………………………………………………………………………………

【第4試合】
◎NATURAL VIBES vs アンチアス 全面対抗イリミネーションマッチ◎
Kzy
横須賀ススム
堀口元気
パンチ富永
“brother”YASSHI
vs
ビッグR清水
Ben‐K
神田裕之
吉田隆司

▼アンチアスの面々と共に、スカルマスクにビニール傘をさした選手が入場。KAZMA SAKAMOTO!

ANTIASは新テーマ曲で入場。

Eita『俺達が大田区に来てやったぞ。お前らの目線はこのTシャツに行ってるようだな。
宣言通り新チーム名を発表しようじゃねえか。俺達の新チーム名はリアルエクストリームディフュージョン、R・E・Dだ。
XはKAZMA SAKAMOTOだ』


清水『ダンスしか取り柄のないしょうもないユニット、NATURAL VIBESはよ出てこんかい』



★Natural VibesのダンスをREDが強襲してゴング。序盤からREDが優位に進めパンチを攻めたてる
パンチはBen‐Kにエルボー連打、Ben‐Kの頭突きにもPTロケットで反撃
ススムは吉田とのラリアット合戦を制すと、Kzy&YASSHIが同時にトペ・コンヒーロ&ミッションインポッシブル
リングではススムが吉田にラリアット連発。走りこんでのラリアットは吉田がラリアットで反撃

10分経過
串刺し攻撃からKAZMAのボディスラムを皮切りに神田の下剋上エルボー→吉田もダイビングエルボー!
しかし堀口が逆転のバックスライドで吉田を退場させる

YASSHIがKAZMAをエルボーで攻撃。しかし清水が入りYASSHIを砲丸投げで排除。

堀口がその清水にバックスライドを決めたが、返した清水が砲丸投げで退場に追い込んだ

神田が入りジョン・ウー!ボックスも放たれたがKzyが応戦するとランニングエルボースマッシュで3カウント

清水はパンチに向かっていくがパンチは飛びつき腕十字。エスケープした清水だがパンチは場外に

数的有利になったNatural Vibesだがパンチが捕まってしまう。KAZMAはトランスレイブを決めるとパッケージパイルドライバーで退場に追い込む

ススム&KzyとBen‐K&KAZMAの2対2になると、ススムはBen‐Kにラリアット!コーナーに座らせ雪崩式エクスプロイダーを狙う。Ben‐Kも応戦するがススムが投げ勝つとKzyがダイビングエルボー
ススムはBen‐Kに連続ジャンボで追い込んでいくが、Ben‐Kは閂での頭突き!だがススムもカウンターのジャンボの勝ち
返したBen‐Kに対してススムが走ったが、Ben‐Kがカウンターのスピアで退場させる


○Ben‐K
(19分43秒 スピア)
×ススム


★Kzy1人残りの状況で、連続串刺しバックエルボー。テーブルを持ち込みKAZMAが雪崩式パワーボムon theテーブル
トドメを狙うKAZMAだがBen‐Kが制してKzyを踏みつける。
KzyもDDT!しかしKAZMAがパイルドライバー狙い。これをスカイデで切り返すがカウント2
ポップアップ式スピアも放たれたがカウント2。ならばとBen‐KがBen‐Kボムで3カウント


○Ben‐K
(23分42秒 Ben‐Kボム)
×Kzy


清水『お前ら見たか。勝ったのは俺達R・E・Dだぞ。
やっぱりNATURAL VIBESはダンスしか取り柄がないのう。
ダンスが無くなったらNATURAL VIBESなんてただのカスや。
それとよパンチ、俺に恥かかせてくれたな。もう一回格好いい髪型やったろうやないか』


(と断髪。堀口らが途中で救出)


堀口『おいこら清水。調子に乗るのも大概にしとけよ。清水お前が今日負けたのはこのパンチなんだよ。
変なユニット名しやがって。卑怯なやり方は変わってねえようだな。
いいかこれで俺達と決着がついたと思うなよ。お前らと俺等の戦いはまだ始まったばかりだ。地獄の底まで付き合ってもらう』


(大乱闘へ)








………………………………………………………………………………

【第5試合】
◎オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合◎
《王者》
Eita
vs
ドラゴン・キッド
《挑戦者》
▼有刺鉄線ボードを持参したEitaの奇襲からゴング。キッドも応戦するがEitaがラフ殺法でペースを握る。さらに垂直落下式ブレーンバスター!
場外でも椅子で背中を殴打したEita、椅子を盛ってブレーンバスターon the椅子盛り。さらにキッドの上に椅子を置いて、別の椅子で殴打
リングに戻ったキッド、スワンダイブ式ティヘラで振り回す。Eitaが前蹴りを決めてもキッドがカウンターのチンクラッシャー
Eitaも華麗なロープワークから変形腕固めへ!同時に指も極めてダメージ
挑発的な前蹴りを放つがキッドはソバット!しかしEitaが対角線に振ると八木レフェリーに誤爆
REDの串刺し攻撃に石田が介入して応戦!キッドはメサイア!
Eitaはキッドを有刺鉄線ボードにぶつけようとしたがコルバタでEitaが逆にぶつけられてしまう。
それでもEitaがREDのアシストからフォールも八木のカウントは遅い。Eitaが八木に手を出すと、八木がラリアット
さらにキッドがウルトラ・ウラカンラナを放つがEitaは回避。
それでもキッドが再びチャンスを掴みウルトラ・ウラカンラナはEitaがトラースキックで迎撃
フォール狙いはキッドがバイブル!さらにウルトラ・ウラカンラナで3カウント


○ドラゴン・キッド
(13分34秒 ウルトラ・ウラカンラナ)
×Eita



キッド『Eita、ユニット名を変えたからって、新しいメンバーを入れたからって変わらねえんだ
前いたユニット、OVER GENERATIONを解散させられたこと、忘れちゃいないからな
お前らと戦う為に、MaxiMuMに入るんだからな
ベルトを取ったからって終わりじゃねえからな

というわけで、今日のメイン、MaxiMuMで盛り上がれ〜!』


【第1試合】
辻陽太
vs
上村優也
▼上村が腕を取りフロントネックロックやリストロック。辻が切り返しヘッドロック。ロープに走ってタックル→アームドラッグ
上村もエルボーを放つが辻も打ち返しダウンを奪うと足を固めていく。カカトを極めて苦しめるやニークラッシャーを2連発
そして逆片エビ固めで絞るが上村はエスケープ。辻はエルボー連打から走るが上村はカウンターのバックエルボー
正調エルボー連打から逆水平チョップ。タックルでも倒しボディスラム。そして逆エビ固めを狙うも辻がエスケープ
上村がそれでもエルボーから走ったが、辻はショルダースルーで叩きつける
 
残り3分
串刺しジャンピングフォアアーム〜アームドラッグ。逆エビ固め狙いは上村が堪える
 
残り2分
スタンディングで逆水平チョップ合戦。上村がエルボースマッシュで倒しストンピング!辻が走ってもカウンターでドロップキック
 
残り1分
そして上村がジャックナイフで丸め込むがカウント2。返した辻も負けじとカウンターのドロップキック。逆エビ固めにいったが時間切れのゴング
 
 
△辻陽太
(10分0秒 時間切れ引き分け)
△上村優也
 
 
 
 
 
 
…………………………………………………………………………
 
【第2試合】
海野翔太
成田蓮
vs
YOH
SHO
▼成田がYOHをタックルで排除、海野との連携でSHOにも攻撃。
だが戻ったYOHと連携をみせたSHOはサッカーボールキック!替わったYOHも足を取るとSHOはクロス式リストロック〜アームドラッグ
成田のチョップにも俵返しの体勢のSHO。しかし成田が堪えサイドスープレックス
替わった海野はコーナーからミサイルキック!スタンディングでエルボーを見舞うが、走るとSHOがカウンターのキチンシンク
 
5分経過
海野もエルボー連打で打開すると、替わった成田はYOHにチョップ連打〜フロントスープレックス。逆エビ固めの共演も見せたがYOHが逆転
逆エビ固めを決めるが成田がエスケープ。ならばとSHOはSHOとの同時ジャンピングニーも決める
それでも成田が首固め。返されても丸め込むがカウント2、逆さ押さえ込みもYOHが返すとファルコンアローで黙らせ3カウント
 
 
○YOH
(8分46秒 ファルコンアロー)
×成田蓮
 
 
 
 
 
 
……………………………………………………………………………
 
【第3試合】
獣神サンダー・ライガー
タイガーマスク
vs
金丸義信
エル・デスペラード
▼先に入場のライガー組の背後から鈴木軍が強襲。リングに入っても金丸がタイガーのマスクに手をかけだす
タイガーもこれを堪えるとハイキック、デスペにもソバットを見舞うと金丸をコーナーに乗せる
しかしデスペが先ずはライガーに突っかけ場外に追いやるとタイガーに襲いかかり金丸を救出。
それでもタイガーはドロップキック→カンガルーキック→ケブラドーラ・コン・ヒーロで打開
替わったライガーが掌底連発でなぎ倒すと雪崩式フランケンシュタイナー。さらにケブラドーラ・コン・ヒーロで鈴木軍を分断
 
5分経過
タイガーは金丸を捕まえ腕固め。苦しい金丸だがデスペがカット。すると金丸がムーンサルト!タッチアウトは堪えられるとリバースDDT!
さらにコーナーからディープインパクトを狙うがタイガーは回避して十字固めで逆転勝ち
 
 
 
○タイガーマスク
(6分45秒 十字架固め)
×金丸義信
 
 
 
ライガー『現役の、タッグチャンピオンが、俺たちおっさんに負けて、悔しい悔しい。
俺たちが挑戦してあげても、いいよ〜ん。
俺たちが巻いてあげますよ』
 
 
 
 
 
 
 
……………………………………………………………………………
 
【第4試合】
真壁刀義
本間朋晃
田口隆祐
吉田綾斗
vs
天山広吉
小島聡
永田裕志
中西学
▼小島と本間の先発で始まると、タグチ監督の連続串刺し攻撃のサインではDA PUMPムーヴも披露。だがヒップアタックをかわされたところから捕まってしまう。
永田のケツへのキックから天山もコーナー際でストンピング。だが田口はカウンターのヒップアタックで打開
 
5分経過
替わった真壁がラリアット連発。天山には串刺しラリアットを見舞うが小島がカット
それでも真壁が両腕ラリアットでテンコジを倒すと本間が小こけし!
天山もモンゴリアンチョップ連発したが本間はこけしロケット!替わった真壁が向かうが天山はマウンテンボム
替わった永田は真壁にエルボー。真壁も打ち返すと吉田が買ってでる
永田に対して後ろ→前からローキック連発した吉田だが、永田が腕を取りワキ固め〜腕固めwith白目
さらにカウンターのキチンシンクからミドルキック連発した永田はバックドロップホールドで3カウント
 
 
 
○永田裕志
(9分57秒 バックドロップ・ホールド)
×吉田綾斗
 
 
 
 
 
 
……………………………………………………………………………
 
【第5試合】
バレッタ
チャッキーT
vs
ランス・アーチャー
デイビーボーイ・スミスJr
▼ゴングと同時に場外に戦場を移したK.E.S。だがベストフレンズも対応して渡り合う。
リングに戻るとアーチャーが投げ捨て式ジャーマン→スミスJrはラリアット。
スミスJrはストンピングで踏みつけると、起こしてエルボー!それでもバレッタが前蹴りを決めるとタッチを狙うがスミスJrが阻止。フェイスバスターで叩きつける
 
5分経過
アーチャーのアシストからスミスが腰へのエルボー。さらにロコモーション式ジャーマン!
しかし3発目を着地したバレッタはチャッキーにタッチ。チャッキーはミサイルキックを決めるとブレーンバスターの体勢
スミスが反撃して阻止するがチャッキーはコンプリートショット!それでもスミスがチャッキーを捕まえアーチャーがジャンピングラリアットを放ったがチャッキーが回避してスミスにDDT
ベストフレンズはK.E.Sを場外に出して同時プランチャ!さらにチャッキーがノータッチトペ・コンヒーロ
コーナーからムーンサルトは回避される。アーチャーもムーンサルトを披露したがチャッキーもかわしダイビングフットスタンプ
起きたアーチャーも低空ドロップキックを決めたがバレッタが入りベストフレンズが連携
 
10分経過
アーチャーもカウンターでタックル!だがカットしたバレッタがスワンダイブ式スイングDDT
それでもアーチャーがバレッタをベアハッグしてスミスがラリアット!K.E.Sに囲まれたバレッタもカンカキック
しかしスミスのバックドロップからアーチャーがチョークスラム。カウント2
ならばとキラーボムで叩きつけK.E.Sが完勝かと思われたが、フォールにきたのをバレッタが丸め込み3カウント
 
 
 
○バレッタ
(12分42秒 十字架固め)
×ランス・アーチャー
 
 
 
 
 
 
……………………………………………………………………………
 
【第6試合】
ジュース・ロビンソン
デビッド・フィンレー
トーア・ヘナーレ
vs
ジェイ・ホワイト
YOSHI‐HASHI
ウィル・オスプレイ
▼先発はYOSHI‐HASHIとフィンレー。YOSHI‐HASHIはフィンレーをロープに凭れかけさせ、カットにきたジュースも凭れかけさせるやドロップキックで同時に攻撃
しかしジュース&フィンレーもYOSHI‐HASHIにダブルの攻撃!ヘナーレもリストロックしてフィンレーがコーナーからダイブ。ジュースもスレッジハンマー
替わったヘナーレは気合いからブレーンバスターで投げ捨てる。替わったフィンレーも続くがYOSHI‐HASHIはカウンターのネックブリーカー
替わったオスプレイがスピード感溢れる攻撃で相手を打破!場外への超宇宙人プランチャ。リングのフィンレーにはスワンダイブ式フォアアーム
 
5分経過
フィンレーもカウンターのジャンピングハイキックを決めて打開
替わったジェイに対してジュースは逆水平チョップから連続グーパンチ。カットにきたYOSHI‐HASHIにもフルネルソンバスターを決めた
フィンレーのアシストからヘナーレはミサイルキック。さらにサモアンドロップもカウント2
ジェイのブレードランナーはヘナーレが堪える。YOSHI‐HASHIがヘナーレを羽交い締めにしてジェイがラリアットを放つがYOSHI‐HASHIに誤爆してしまう
ヘナーレが丸め込むが返したジェイがブレードランナーで3カウント
 
 
○ジェイ・ホワイト
(9分6秒 ブレードランナー)
×トーア・ヘナーレ
 
 
 
 
 

……………………………………………………………………………

【第7試合】
内藤哲也
EVIL
SANADA 
vs
鈴木みのる
ザック・セイバーJr
TAKAみちのく
▼鈴木軍の奇襲でゴング。内藤がTAKAを攻撃、アピールしようというところを鈴木が入りぶら下がり腕十字
そのまま内藤を場外に出して椅子で殴打する。リングに戻してもTAKAの顔面掻きむしり〜ザックも腕を固める
鈴木もランニングローキックから膝十字固め〜ヒールホールド。2つを複合させたジャベで苦しめる

5分経過
エスケープした内藤もエルボーからツバ吐き。鈴木もエルボーで内藤をグラつかせるがロープに振られた内藤もフライングフォアアーム!
ザックとEVIL。EVILがラリアットで倒すとフィッシャーマン狙い。ザックが堪えるとボディスラムで叩きつけセントーン!
それでもザックがコブラツイストにいくもEVILが切り返しコブラツイストを極め返す
抱えんとしたEVILの背後からザックがスリーパー。さらに変形三角絞めで苦しめる
鈴木が鈴木のエルボー→ザックのローキック→TAKAがスーパーK。しかしみちのくドライバーIIはSANADAがカット

10分経過
SANADAのバックドロップからEVILと共にマジックキラーを狙うがカットされてしまう
しかしEVILがザックをフィッシャーマンバスターで排除。TAKAがトランスレイブから丸め込みにいったが、カウント2で返したEVILがEVILで叩きつけ3カウント



○EVIL
(11分20秒 EVIL)
×TAKAみちのく






……………………………………………………………………………

【セミファイナル】
◎IWGPジュニアヘビー級王座決定トーナメント1回戦◎
KUSHIDA
vs
BUSHI
▼エルボー合戦から始まると、BUSHIがロープに走りティヘラ。KUSHIDAもハンドスプリングオーバーヘッドでBUSHIを場外に出してノータッチトペ・コンヒーロ

ヒロムばりのカナディアンデストロイヤーも決めたBUSHIが毒霧からコードブレイカーを狙うも、KUSHIDAがキャッチしてバック・トゥ・ザ・フューチャー2連発。これで3カウント



○KUSHIDA
(分秒 バック・トゥ・ザ・フューチャー2連発)
×BUSHI






……………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦◎
<権利証保持者>
棚橋弘至
vs
オカダ・カズチカ
<挑戦者>
▼グラウンドでのじっくりした攻防に続きエルボー合戦。棚橋はオカダをエプロンに追いやると、鉄柱にオカダの足を絡めてダメージを与える
オカダがエプロンに戻ってもドロップキックで場外に落としプランチャでダイブした棚橋。だが棚橋はこれで足を痛めてしまう
オカダはこれを見つけるや、リングに戻り棚橋の膝へのジョン・ウー。さらにニークラッシャーで叩きつけると膝を踏みつける
コーナー際でも膝を蹴りつけたオカダは先程の仕返しで足をポストに絡みつける
棚橋もオカダが串刺し攻撃を狙ったところをクロスボディアタックにいったが回避されて膝にさらなるダメージ

10分経過
オカダはすぐにレッグロックで苦しめるが棚橋エスケープ。棚橋がエルボーを放ったがオカダは余裕で受け止めグーパンチ
それでも棚橋はオカダの蹴り足を掴みドラゴンスクリューと見せかけ膝へのジョン・ウー。倒れたオカダにエルボードロップ→その場飛びサンセットフリップ
棚橋はセカンドからのサンセットフリップも決めるとロープへ走ったがオカダがカウンターのバックエルボー
さらにバックエルボーからDDTで突き刺したオカダ!リバースネックブリーカーを堪えた棚橋、切り返し合いからジョン・ウー。だが棚橋の追撃狙いはオカダが回避してリバースネックブリーカー

15分経過
棚橋が起きてオカダに向かってきたところをジョン・ウー!コーナー際でバックエルボー。棚橋をコーナーに座らせ膝へバックエルボーからドロップキック!
棚橋も腹筋で起きあがろうとしたがロープが膝に絡まってしまう。オカダはそこにグーパンチ連打
オカダは低空ドロップキックから足四の字固めで棚橋を止める。苦しい棚橋だがひっくり返さんとするもオカダが戻す
何とかオカダの足を上げ外してロープエスケープした棚橋

20分経過
棚橋が場外エスケープしたがオカダがニークラッシャー。棚橋も起き上がりオカダを起こすとツームストン・パイルドライバー
先に戻った棚橋は、オカダの起き上がりざまをコーナートップからハイフライアタック!自身の膝も痛めた棚橋だがオカダをリングへ
レインメーカー狙いをツイスト&シャウトに切り返し、続けてスリングブレイド。
コーナーからハイフライフローはオカダが膝を立て迎撃。両者ダウン状態

25分経過
起きたオカダがツームストン狙い。棚橋が堪えて同じくツームストン・パイルドライバーにいこうとしたがオカダも堪える
中央でエルボー合戦!オカダはエルボースマッシュに切り替えて放っていく。棚橋も起きてエルボー2発、オカダはジョン・ウー!
オカダは棚橋をロープに振ったが棚橋は走れない。起きた棚橋は回転エビ固め。続いて寝ているオカダにドラゴンスクリュー
気合いで走った棚橋だがオカダはカウンターのドロップキック!レインメーカーは堪えるがヘビーレインの体勢
これをスリングブレイドに切り返した棚橋、オカダがリバースネックブリーカーに来ても切り返して張り手を見舞いスリングブレイド
ハイフライフローが決まるも膝のダメージでフォールはいけず

30分経過
もう一発のハイフライフローはオカダがドロップキックで迎撃!そしてツームストン・パイルドライバー
膝を気にしたオカダだがレインメーカー狙い。かわした棚橋との切り返し合いから左のレインメーカーを決める
トドメのレインメーカー狙いを屈んで回避した棚橋がドラゴンスープレックス!カウント2
棚橋は再びコーナーに上がるもオカダがドロップキック!オカダもコーナーに上がり雪崩式パイルドライバーを狙う
一旦落とされたオカダだが再び上がりパイルドライバー狙い。再び落とされたオカダだが三度コーナーへ
棚橋は『オカダぁ!』と叫んで張り手→ゼロ距離ハイフライフロー。正調ハイフライフロー!痛む膝を気にしながらも3発目のハイフライフローで3カウント


○棚橋弘至
(35分44秒 スリングブレイド3連発)
×オカダ・カズチカ



勝者の棚橋の背後からジェイ・ホワイトが襲う。ブレードランナーを炸裂させる
止めるヤングライオンも引き払いオカダにも攻撃!マウントエルボー連発
YOSHI‐HASHIが入ってきてオカダを労る
ジェイはYOSHI‐HASHIにも攻撃。

そこへ外道が登場。椅子を手にしてジェイ・ホワイトと視察戦


オカダを助けに入るかと思いきや、外道が持った椅子はオカダの背中へ一撃。
ジェイはブレードランナー!



外道『負け犬同士の戦いはどうでもいいんだ
お前らは東京ドームのメインに相応しくない。
なんでか分かるか?テメエらは、ここにいるジェイ・ホワイトに負けているからだ
そのブリーフケースが似合うのは、スイッチブレード、ジェイ・ホワイトだ
東京ドームのメインでジェイ・ホワイトを見れるのはcoming soon』

オカダ、棚橋共に肩を借りて退場。バッドエンドに



↑このページのトップヘ