DRAGON GATE(ドラゴンゲート)+他団体の試合結果速報等

人気プロレス団体DRAGON GATE(ドラゴンゲート)を初め新日本プロレスやDDT、大日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、KAIENTAI DOJO(K-DOJO)、WRESTLE―1、スターダム、鬼神道、西口プロレス、学生プロレス等の試合結果速報を中心に載せていきます

◎最強タッグ決定リーグ戦開幕に際して、全チームがリングインして入場式。
前年度チャンピオンの“暴走大巨人”諏訪魔&石川修司組より優勝トロフィーが返還された


【第1試合】
渕正信
西村修
vs
丸山敦
ブラックめんそーれ
▼丸山と西村の先発。西村がヘッドシザースを決めるが丸山も切り返しヘッドシザース、西村は倒立により脱出
渕とめんそーれ。渕はヘッドロックwithグーパンチ。めんそーれは対抗するようにチョキ…いわばサミング!
替わった丸山に渕がグーパンチ!滞空式ボディスラムで叩きつけると再びグーパンチ。レフェリーの死角をつき、めんそーれにもグーパンチ

5分経過
西村が出るやダブルアーム・スープレックス。続くダイビングニードロップは回避
西村を対角線コーナーにセットしたが、丸山がめんそーれを振っての串刺し狙いは西村がフロントハイキックで迎撃!めんそーれが振っての丸山の串刺し狙いもフロントハイキックで迎撃
丸山とめんそーれが揉めていると、後ろから西村がスクールボーイで丸めて3カウント


○西村修
(6分54秒 横入り式エビ固め)
×丸山敦






……‥…………………………………………………………………………………

【第2試合】
青木篤志
佐藤光留
岡田佑介
vs
TAJIRI
ギアニー・ヴァレッタ
鈴木鼓太郎(GHC Jr王者)
▼先発は鼓太郎と光留。光留が胴タックルも鼓太郎が対応。光留がロープに走りランニングローキックも鼓太郎が回避
替わったヴァレッタと岡田。ロックアップからヴァレッタが押し込みブレイク。再びロックアップからヴァレッタが押し込むも再びブレイク
岡田はバックに廻りハンマーロック〜ヘッドロック。ヴァレッタはロープに振ってタックル
噛みつき攻撃も見舞ったヴァレッタは岡田を自陣に連行、TAJIRIが攻撃。鼓太郎もフェイスカット

5分経過
岡田が鼓太郎をロープに振ったが、鼓太郎はビットで切り返すと串刺しニーも見舞う
替わったヴァレッタに岡田がカウンターのドロップキック。光留&青木がツープラトンのブレーンバスター!青木は続いてニードロップ
替わった岡田もドロップキックを見舞うが、ヴァレッタは噛みつき攻撃。それでも光留&青木が介入、岡田がタックルで反撃、エルボー3連発
しかし介入したTAJIRIがタイミングよくミスト噴射!そのまま岡田にバズソーキックで仕留めだ


○TAJIRI
(9分32秒 バズソーキック)
×岡田佑介






……‥…………………………………………………………………………………

【第3試合】
ジョー・ドーリング
ディラン・ジェイムス
ブラック・タイガーⅦ
vs
ジェイク・リー
崔領二
岩本煌史
▼先発はディランと崔。ディランがタックルで倒すが、崔もエルボーでグラつかせてみせた
岩本とブラックⅦ。ブラックⅦがタックル、岩本もタックル。ブラックⅦは対角線コーナーに振ったが岩本がエルボーで迎撃すると、ジェイクに交替
ジェイクはランニングエルボーでブラックⅦで倒してチンロック。自陣に連行すると、替わった崔が串刺しエルボー→ボディスラム。
替わった岩本も串刺しを狙うもディランが迎撃

5分経過
替わったジョーは岩本をリフトアップホイップ。ロープに振って豪快なドロップキック!
ブラックⅦの攻撃に続きジョーが逆水平チョップ。ブラックⅦがフォールしたが岩本が返してブレーンバスター
ジョーの逆水平チョップからディランがサイドバスターを決めるとブラックⅦがシャイニング
ジェイクと岩本がカットしたが、ジョーが二人まとめてフライングボディアタック!ブラックⅦが岩本にラ・マヒストラルを狙ったが岩本がレッグロールクラッチで切り返し3カウント



○岩本煌史
(9分15秒 ジャパニーズ・レッグロール・クラッチ)
×ブラック・タイガーⅦ






……‥…………………………………………………………………………………

【第4試合】
◎2018 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦◎
野村直矢
青柳優馬
vs
パロウ
オディンソン
▼THE ENDが奇襲でゴング。パロウは野村を軽々とボディスラム、オディソンも軽々とブレーンバスター
再びでたパロウがタックルで倒したが野村もスピア!替わったオディソンに青柳が切り返してのDDT!野村のフロッグスプラッシュ→青柳のダイビングエルボー
しかしパロウがカットすると、パロウが青柳を、オディソンが野村を各々パワーボムの体勢で向かい合い野村と青柳を上空で放り投げぶつけた
野村の分断に成功すると、青柳を捕まえたTHE ENDはダブルインパクトで3カウントを奪った


○オディソン
(4分10秒 THE END OF DAYS)
×青柳優馬






……‥…………………………………………………………………………………

【第5試合】
◎2018 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦◎
ゼウス
ボディガー
vs
大森隆男
征矢学
▼先発はボディガーと征矢。タックル合戦はボディガーに軍配。ゼウスと大森はゼウスがタックルで倒すが大森が起き上がりチョップ合戦。大森はエルボースマッシュに切り替えグラつかすがゼウスは逆水平チョップ
場外ではゼウスが大森にブレーンバスター。リングにあげるとビッグガンズがダブルのタックルで大森を倒す
ロープ際に追いやると、ボディガーが連続ラリアット!さらにロープに振ろうとしたが大森はカウンターのアックスボンバー
替わった征矢もネックブリーカー。ブレーンバスターを狙うがボディガーが逆にブレーンバスター
さらにボディガーのソバット→ゼウスがバイセップスエクスプロージョン!征矢が起きた直後にゼウスがチョークスラム→ボディガーはダイビングエルボードロップ
ダブルインパクト狙いは征矢が着地、ゼウスをコーナーに上げて雪崩式ブレーンバスター
征矢のラリアットはボディガーと相打ち。ボディガーはハイキック→ラリアット
征矢のブレーンバスターは着地したボディガーがブレーンバスター。これは大森がカット
征矢が抑えての合体アックスギロチンドライバーが決まるもゼウスがカット。大森がゼウスを押さえてる間に征矢がボディガーにデスバレーボム!そしてワイルドボンバーで3カウント



○征矢学
(9分14秒 ワイルドボンバー)
×ボディガー








……‥…………………………………………………………………………………

【セミファイナル】
◎2018 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦◎
秋山準
関本大介
vs
真霜拳號
KAI
▼先発はKAIと関本。関本がリストロック、KAIもリストを取り返すが関本は前宙式キックで打開
再びサイドヘッドロックで固めるとタックル!だが関本のダッシュはKAIがドロップキック!
真霜と秋山。真霜がバックに廻るが秋山が取り返す。手四つの狙い合いから場外にいくと、秋山が真霜の腕を鉄柱にぶつけダメージ

5分経過
リングに戻しても腕へのニードロップ連発。替わった関本もショルダーアームブリーカー!秋山もエプロンからロープ越しのショルダーアームブリーカー
真霜もミドルキックで打開を計るが、秋山は蹴り足を掴んで動きを止めると肩へのエルボー。
関本は真霜を捕まえショルダーバスター!続いて串刺しスピアはかわされたが、真霜のタッチ狙いを抑えつける
それでも真霜は関本を振り払って延髄斬りで打開。替わったKAIは関本を抱えてブレーンバスター

10分経過
KAIが抱えんとしたが関本が着地、アルゼンチンバックブリーカーで苦しめたがKAIは何とか打開
KAI組が一気にペースを握るかと思いきや真霜との誤爆を誘われ、関本にラリアットを浴びる。
そして秋山のヒザ蹴り→エクスプロイダーが決まったが真霜がカット
真霜の延髄斬りからKAIはスプラッシュプランチャを炸裂させたが秋山はカウント2で返す。
ならばと真霜の延髄斬りはKAIに誤爆。秋山がすかさずジャンピングニー!続いてエクスプロイダーを狙うと後ろから関本。関本はKAIと秋山をまとめてジャーマンで投げる変形眉山!
関本が真霜を抑えつけていると、秋山がリストクラッチ式エクスプロイダーで3カウント



○秋山準
(13分47秒 リストクラッチ式エクスプロイダー)
×KAI






……‥…………………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎2018 世界最強タッグ決定リーグ戦 公式戦◎
諏訪魔
石川修司
vs
宮原健斗
ヨシタツ
▼暴走大巨人は色違いの同じデザインのショートタイツ。ヨシケンのロングタイツとは対照的
諏訪魔とヨシタツの先発、互いに技を読み合い未遂に終わらす
石川と宮原。互いにコールを煽り合いロックアップから石川が宮原をロープに振ってタックル!
宮原も石川の突進をカニ挟みで倒すとスライディングキックで場外に追いやる。
場外では宮原が石川を鉄柵にぶつけたが、石川も宮原を鉄柵にぶつけていった。ヨシタツは諏訪魔にストンピング連発

5分経過
宮原は石川を鉄柱に絡めてのヘッドロック。和田京平レフェリーが注意を宣告。
リングに戻ると、諏訪魔がヨシタツをコーナー際でのダブルハンドチョップ。逆エビ固めで苦しめそのままフォールへ
これは2だったが替わった石川が踏みつけ攻撃。諏訪魔もロープに振ってレフトハンドのラリアット→バックドロップ
ヨシタツを起こして逆水平式ダブルハンドチョップ。ブレーンバスターも狙うがヨシタツが堪えて逆にブレーンバスター
替わった宮原は低空ドロップキック→横からドロップキック。ノーザンライトスープレックスも決めたがカウント2
諏訪魔も負けじとフロントスープレックス。替わった石川が串刺しニーリフト→コーナーからダイビングフットスタンプ
宮原にエルボーを喰らうが大外刈りから肩固め〜コブラクラッチで苦しめていく

15分経過
石川は串刺しラリアット、宮原も追走式ジャンピングニー。さらにブラックアウトからブレーンバスター
替わった諏訪魔、ヨシタツ。ヨシタツがフロントハイキック。倒れない諏訪魔にスワンダイブ式ミサイルキック!
さらにSTOからヨシタツファンタジー狙いは諏訪魔が脱出、諏訪魔は延髄斬り→ショルダータックル
諏訪魔は続いてベリートゥベリー。串刺しラリアット→石川のニーリフト→サンドイッチ式ラリアット
諏訪魔がヨシタツ、石川が宮原を各々ラストライドとスプラッシュマウンテンの体勢
ヨシケンはスルーに成功すると、宮原のヒザ蹴り→ヨシタツはスイングDDT!ヨシタツファンタジー狙いは諏訪魔が堪えてラリアット
石川もラリアット→諏訪魔がさらにラリアット。カウント2

20分経過
諏訪魔がラストライド狙いはヨシタツが回転エビ固め→宮原がブラックアウト。さらにヨシタツのコードブレイカー→宮原のジャーマンというヨシケンサンバが決まるも石川がカット
諏訪魔が走るがヨシタツはヨシタツファンタジー。これは石川がカットしてファイアーサンダー!しかし宮原が入るやカウンターのブラックアウト
ヨシケンが諏訪魔を二人で交互に蹴ったが、諏訪魔は二人を捕まえまとめてジャーマン
さらにヨシタツにジャーマン→石川も投げっ放しジャーマン→ドロップキック!カウント2
ならばと諏訪魔がラストライドで3カウントを奪ってみせた



○諏訪魔
(24分13秒 ラストライド)
×ヨシタツ



石川『試合見ても分かる通り、ヨシケンサンバよりも俺達の方がサンバしてるでしょ!最高のサンバ、祭りを俺達が制したいと思います』


諏訪魔『実は、試合前まで、新しいコスチューム似合うかなあ、とか悩んでた。
新しいコスチューム、似合ってますか!?
(観客の好反応に)
うれしいなあ~。調子乗っちゃったよ(笑)』

(最後は『俺たちは、全盛期だ、おい!』で締めた)





プロレスランキングへ

スポーツランキングへ


【第1試合】
吉野正人
ドラゴン・キッド
ジェイソン・リー
石田凱士
vs
ビッグR清水
Eita
吉田隆司
DAGA
▼Eitaが入場に物販スペースにあったYAMATOのTシャツを観客席に投げ捨て挑発。場内から大ブーイング

ゴングを待たずにR・E・Dが奇襲攻撃。激しい場外戦が展開される。
MaxiMuMもなんとか体勢を立て直す。ジェイソンのカンフー殺法が吉田に。
初来日のDAGAもR・E・Dメンバーに馴染み、スムーズな連携技を披露。
石田が清水の胸板にキックの連打。清水は胸を突き出し挑発。石田が走りこんだ所を清水が砲丸投げスラムに捉え3カウント


○ビッグR清水
(15分1秒 砲丸投げスラム)
×石田凱士







…………………………………………………………………

【第2試合】
土井成樹
vs
パンチ富永
▼序盤から激しいチョップの打ち合い。土井がヘッドロックに捉えた所、パンチのドゥーラグが取れる。怯むパンチ。
ロープ越しのダイビングヘッドバッドを狙うも土井がよけ、自爆。
土井のバカタレをパンチがスウェー。パンチの2ステップムーンサルトは土井が先読み。技の読み合いが続く。
パンチの二度目の仰け反りは土井が読み、リバースDDTに。最後は土井が二度目のバカタレで3カウント


○土井成樹
(11分10秒 バカタレ・スライディングキック)
×パンチ富永






…………………………………………………………………

【第3試合】
Gamma
ヨースケ・サンタマリア
vs
望月成晃
シュン・スカイウォーカー
▼Gammaとマリアが腕を組んでスキップで入場。対戦相手の望月に、Gammaが「羨ましいだろ?」と挑発。
マリアが望月にトペのフェイント。お尻を突き出すと、そこに望月が蹴り。
「レディに何すんのよ?」とマリアは望月をリング内に招き入れると、望月がロープをまたいだ瞬間にロープを蹴り上げ、望月は股間を痛打
シュンが マリアをY字倒立させ、望月が股間にカカト落とし。
更にロメロスペシャルに固め、望月が蹴りを入れる。
Gammaとマリアが誤爆のキス。最後はマリアが一瞬の隙を突き、シュンを回転足折固めでピンフォール


○ヨースケ・サンタマリア
(10分25秒 レッグロールクラッチ)
×シュン・スカイウォーカー






…………………………………………………………………

【セミファイナル】
Kzy
横須賀ススム
vs
斎藤了
バンディード
▼Kzyが斎了にブレイクダンスムーヴを強要。最初は拒んでいた斎了もノリノリに。
タックル合戦から、斎了がフロントスープレックスで投げる。
バンディードが鮮やかなトペ・コンヒーロ。Kzyがバンディードに対し、変則のロープワークからB‐BOY。
斎了がススムにサイクリングヤッホーの体勢も、ススムが即座に立ち上がる。コーナーに登った斎了を先回りし、頭突きから雪崩式エクスプロイダー
斎了ロケットでカバーする斎了をススムがロケット式カット。最後はKzyがスカイデ・スクールボーイで3カウント


○Kzy
(16分1秒 スカイデ・スクールボーイ)
×斎藤了






…………………………………………………………………

【メインイベント】
YAMATO
BxBハルク
フラミータ
vs
PAC
Ben‐K
神田裕之
▼セコンドの吉田が花束でYAMATOを滅多打ちに。PACがYAMATOの顔面にニーを叩き込み、YAMATOがダウン。
一関のYAMATOファンを罵倒する。神田がリングインしようとした所をフラミータがドロップキックで迎撃。
YAMATOとダブルでノータッチトペコンを発射。PACがYAMATOをツームストンパイルドライバー。 
YAMATOは首に大ダメージを負う。更にEitaがYAMATOをBOXで殴打。清水が顔面に水を吹き掛けるも、YAMATOは一瞬の隙を突き全知全能のフランケンシュタイナーで神田を丸め込む


○YAMATO
(18分52秒 全知全能のフランケンシュタイナー)
×神田裕之




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

【第7試合】
◎BJW認定タッグ選手権選手権試合~テーブルクラッシュマッチ◎
<王者>
浜亮太
中之上靖文
vs
植木嵩行
佐久田俊行
<挑戦者組>
▼血みどろブラザーズの奇襲でゴング。植木は浜に相撲を挑むが軽く投げられる。
替わった佐久田がボディスラムを狙うも持ち上がらず浜が佐久田にボディスラム!
中之上は佐久田をコーナーに立て掛けられたテーブルへぶつける。さらにロープに振ってバックエルボー
中之上は中央にテーブルを設置してブレーンバスターで投げたが、植木が寸ででテーブルを避ける
佐久田は619を決めるとエプロンからスワンダイブ式スワントーンボム!さらに可動式の脚の部分に中之上の指を挟みダメージを与える
植木も机へのニークラッシャー。カットにきた浜の攻撃を回避して、佐久田がスワンダイブ式スワントーンボム→植木が敬礼式ダイビングヘッドバット
続いて植木は場外に設置したテーブルに中之上を寝かせ、コーナーからダイビングヘッドバットon theテーブルを投下
だが回避され自爆してしまう。すると中之上は植木をテーブルに寝かせ、浜がエプロンから場外への断崖式オオキドプレスon theテーブル。これでテーブルクラッシュ


○浜亮太
(10分57秒 テーブルクラッシュ)
×植木崇行






……‥…………………………………………………………………………………

【第8試合】
◎BJW認定ジュニアヘビー級選手権試合◎
<王者>
橋本和樹
vs
青木優也
<挑戦者>
▼ロックアップから始まると、和樹が狙ったPKを青木がカウンターのドロップキック!
場外エスケープした和樹にエプロンダッシュのアトミコを見舞った青木。花道に移動した青木だが、逆に和樹がボディスラムで叩きつける
リングに戻った青木に和樹がローキックからフェイスロック。スリーパー気味に絞めていく

5分経過
エルボーで立ち向かってくる青木に、同じくエルボーで倒した和樹!ローキックも連発していく
青木もドラゴンスクリューで場外に追いやりノータッチトペ・コンヒーロ!リングに戻った和樹にもボディスラムからその場飛びローリングセントーン
ブレーンバスターも決めた青木はコーナーに和樹を上げると、駆け上がり式張り手→雪崩式フランケンシュタイナー
スワンダイブ式攻撃狙いは和樹がハイキックで迎撃。場外に落ちた青木に追撃のローキックを見舞う。
リングに上げて顔面ウォッシュ狙いは青木が切り抜け、逆に顔面ウォッシュの体勢。だが和樹も未遂に終わらせ今度こそ顔面ウォッシュ!

10分経過
和樹がスリーパー。青木がもがくが、和樹が河津落としからグラウンドでのヘッドロック。クロス・フェースロックへ。
青木が耐えてロープ。リングをたたいて起き上がった青木が、和樹のミドルキックを大谷張りに前進しながら受け止め、エルボー合戦へ。青木が連打。和樹がヘッドバット。青木が延髄斬りからトラースキック。カウント2
青木がエプロンからスワンダイブ式ドロップキック。再度エプロンへ。後頭部へのスワンダイブ式ドロップキックはカウント2。タイガーSHはカウント2。
逆さ押さえ込みを脱した和樹のニーを青木がかわして突進するが和樹がラリアットで迎撃し、デスバレーボム。カウント1。
ノーザンライトボムから引き起こしてバズソーキック。カウント2。かつぐとデスバレーボムを決めそのままフォール。
カウント2で返されると卍固めへ。グラウンド三脚巴へと移行し青木がタップ



○橋本和樹
(14分11秒 グラウンド三脚巴)
×青木優也



引き揚げる和樹は花道の途中で両ヒザをつきベルトを掲げてみせた






……‥…………………………………………………………………………………

【第9試合】
◎復活045邪猿気違's~Madness Massacre Returns~殺戮凶器の宴~◎
アブドーラ・小林
伊東竜二
vs
葛西純
“黒天使”沼澤邪鬼
▼ニュートラルコーナーに多数の刃物がセットされたボードとカミソリ十字架ボードがセットされる。邪猿気違'sに続いて伊東とアブ小が入場。

葛西が早々とエプロンに下がるが、葛西コールを受けて先発に出てくる。伊東と葛西でゴング。額をつけてしばらくにらみ合い、間を取る。
ロックアップで伊東が十字架ボードに向けて押し込むが、こらえた葛西が対角コーナーのボードに向けて押し返す。突進をかわし合い、伊東が葛西をボードに振るが、葛西がストップ
葛西が沼澤、伊東がアブ小にタッチ。沼澤とアブ小がにらみ合っていると、アブ小の背後から葛西が入ってきて攻撃。邪猿気違'sがアブ小を頭から十字架ボードにぶつけ、十字架ボードがポッキリと折れる。沼澤はさらにアブ小の額にカミソリボードを押し付ける
代わった葛西がアブ小を攻め、コーナーに追い込み額に噛みつく。客席にツバを吐いた葛西がカミソリボードをコーナーに立てかけるが、アブ小が葛西を頭からボードに4度ぶつける。
葛西は平然と受け止めエルボー連打から首投げ、後頭部への低空ドロップキック。
代わった沼澤が鎖鎌で顔を裂きにいき、鎖で首を絞める。伊東がカット

5分経過
アブ小を踏みつけた沼澤が小林コールをあおり、「うるせえ!」。代わった葛西に、アブ小がナックル連打。打ち合いになるとアブ小がダウン。
葛西がカミソリボードをサードロープに立てかけ、そこへアブ小をブレーンバスターで投げようとするが、こらえたアブ小がボディースラムでボード上に葛西を投げる
代わった伊東が沼澤とエルボーを打ち合う。ロープに振られた伊東がニールキック。葛西をコーナーに振って串刺しボディーアタックからボディースラム。
「いくぞー!」と吠えてコーナーへ。ムーンサルト・プレスは葛西がかわし、カミソリボードの破片を持って、伊東にも投げ渡す。互いにカミソリボードで頭部を殴り合う。葛西が滅多打ちにし、ダウンした伊東を踏みつける
邪猿気違'sが伊東にダブル攻撃を狙っていると、アブ小がそこへ突進して邪猿気違’sをボードにたたきつける。場外戦へ。
アブ小が沼澤を刃物で痛めつけ、伊東は葛西を連れて通路奥へ。そして伊東が通路の上へ移動し、アブ小が押さえた葛西に向けダイブ。伊東はさらに葛西をテーブルの破片で連打。リングサイドに戻ると沼澤にもテーブル片で一撃

10分経過
リングに戻ると、アブ小が「両国のみなさーん! 愛してまーす!」からダイビングブレーンチョップ。ラリアットから「ウィー!」。
たぎってから「イヤァオ!」と叫びカモイェ。ヘッドバットの打ち合いから沼澤が走り込んでヘッドバット。アブ小も走り込んでヘッドバット。互いに走り込んでヘッドバット。
沼澤が小型のカミソリボードに自ら頭を連打してからヘッドバット。アブ小がダウン。カウント2で伊東がカット
伊東と葛西がエルボーの打ち合い。葛西がソバットから延髄斬り。リバース・タイガードライバーからロープワークを往復してのラリアット。
リング下から竹串ボードを取り出しリングに設置。沼澤と葛西がアブ小をダブルのブレーンバスターで竹串ボード上に投げる。沼澤のフォールはカウント2
葛西がコーナーへ。「シュワッチ、シェー!」からパールハーバースプラッシュ。カウント2で伊東がカット
伊東は刃物を手に。それを葛西が奪う。伊東が再度奪い、葛西の頭部に突き立てる。続いて注射器を葛西の口の中に突き刺す。アブ小も沼澤を痛めつけ葛西と沼澤を激突させる。伊東とアブ小が沼澤にダブルのドロップキック

15分経過
アブ小の地獄突きから伊東がドラゴンスプラッシュ。アブ小のダイビング・エルボードロップで3カウントが入った



○アブドーラ小林
(15分40秒 ダイビング・バカチンガーエルボードロップ)
ד黒天使”沼澤邪鬼




葛西は注射器を口に刺したまま沼澤とともに退場。アブ小がマイク


アブ小『一言言わせてください! オレたちは、大日本プロレスだー! 大日本プロレスに、いろいろゴタゴタ言いたいヤツ、いつでもっかかってこい!
大日本プロレスには、アブドーラ・小林がいるぞー! オレ一人だと結構疲れる。伊東竜二もいるぞー!』



伊東『アブドーラ・小林がいるぞーって言った瞬間、オレがマイクを持って伊東竜二もいるぞー!と言おうとしたんだけど、言われてしまったので、もう一回言います! 
大日本プロレスには、伊東竜二もいるぞー』


アブ小『やっぱ、いいとこどりのオレだな、これ』



そこへ邪猿気違'sが戻ってきて乱闘に


葛西『おい、まだまだ刺激が足りねえ。一回きりで終わるのは、ちょっとつまんないな。オレっちの…オマエらのタイミングじゃねえ、オレっちの気が向いたときに、また遊びに来てやる』


邪猿気違'sが退場



アブ小『オレたちはな、どんな劇薬が来ても負けないぞ! また葛西が来ても絶対負けないからな。オレらもな、結構打たれ強いんだ。なぜってグレート小鹿の弟子だぞ!
昭和平成の生き字引で今でも現役ですよね? オレらもね、しつこくプロレス界を盛り上げていきます!
 この声援は愛と、愛ですよね? 愛ですよね!? 愛ですよね!? 言いたいことはわかってるはずです。いきます! 両国にお越しのみなさーん! 愛してまーす!』







……‥…………………………………………………………………………………

【セミファイナル】
◎BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合◎
<王者>
鈴木秀樹
vs
関本大介
<挑戦者>
▼ロックアップから始まり関本がサイドヘッドロック。離した両者は手を互いに下で相手を捕まえようという構え
関本がハンマーロックにいきかけたが鈴木は防ぎ離れる。グラウンドで鈴木がバックに廻るが関本は切り返しヘッドロック。鈴木も切り返し首四の字
関本は倒立での脱出が出来ないとみるや体を反転して弓矢固めのように極めて打開
起き上がり鈴木がボディブロー連打&エルボースマッシュでダメージを与えヘッドロック

5分経過
関本が締められながらボディスラムを狙うが鈴木は外さず締め続ける。
関本はバックに廻りハンマーロック。フライングメイヤーで投げられながらもハンマーロックを外さない
鈴木はロープに押し込み外すと、鈴木は側転からニードロップ!
スタンディングで手四つからの力比べ、関本が前蹴りで距離をとると、サイドヘッドロックで締め上げる。鈴木は外そうとするが関本はさせない

10分経過
再び両者差し手争いから関本がサイドヘッドロック。鈴木は対角線コーナーに押しつけ外すが、関本はすぐに戻り再びサイドヘッドロック。鈴木はそのまま抱えてバックブリーカードロップ
鈴木はダブルアーム・スープレックスを狙うが、堪えられるや関本を起こしてスリーパー。関本は体を捻ってバックに廻りアトミックドロップ!さらに延髄斬りからジャーマンスープレックス・ホールド。カウント2
鈴木もバックに廻りバックドロップ・ホールド。カウント2。鈴木は卍固めで捕らえるが関本は力で足のロックを外してエスケープ
鈴木が珍しくドロップキックは関本が回避、関本のラリアットは鈴木も相打ちのラリアット。すぐさま鈴木はドロップキック。関本を抱えてツームストン・パイルドライバー!これも返されダブルアーム・スープレックス。カウント2

15分経過
関本が起きて頭突きを連打。グラついた鈴木にリストを掴みながらジャーマンスープレックス・ホールドで3カウント


○関本大介
(15分41秒 リストクラッチ式ジャーマンスープレックス・ホールド)
×鈴木秀樹







……‥…………………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合~両国~バリケードof DEATH~ダブルボード&ダブルバリケード+αデスマッチ◎
<王者>
竹田誠志
vs
高橋匡哉
<挑戦者>
▼竹田がヘッドロックを仕掛けるが高橋が切り返しヘッドロック。場外へ追いやろうとするが堪える
ボードが立て掛けられたコーナーに振ろうとしたが互いに堪える。中央に椅子を設置して竹田が椅子に座ってのエルボー合戦を挑発、高橋が挑発に乗って座りながらエルボー合戦〜スタンディングでのエルボー合戦
竹田が高橋を真っ二つにした空き缶が付けられているボードにぶつけ先手

5分経過
花道でははさみでの攻撃も見舞った竹田。切った空き缶ボード上へのボディスラムを見舞った竹田、高橋をロープに固定して背中へのフロントハイキック→背中へのロッキンポ!
竹田は椅子殴打を喰らわせ、フォークがつけられた場外のバリケードへ叩きつけようとする。堪えた高橋は逆に巻き投げでフォークバリケード上へ投げつけた。
高橋は竹田を戻してコーナーに固定。画鋲ボードを添えて串刺しドロップキック

10分経過
さらにキャノンボールwith画鋲ボードも見舞うとコーナーに座らせる。
椅子を設置して画鋲ボードを椅子に添えてから自身もコーナーにいくが、竹田が攻撃を回避してスパイダージャーマンon the椅子&画鋲ボード。さらにジャーマンスープレックス・ホールド。カウント2
竹田は場外からハサミが付けられたラダーを持ち込む
とコーナーへ。
しかし高橋が起き上がり竹田を殴ると、塩をリングへ。そして雪崩式狙いの攻防へ
竹田が頭突きで高橋をグラつかせると、場外に置かれた有刺鉄線バリケード上へのシットダウン式パワーボム

15分経過
決めた竹田にもダメージ。互いに起き上がるのに時間を要したが何とかリングへ!
中央での頭突き合戦から竹田がジャーマン。高橋はハーフネルソンスープレックス!竹田は起きてロッキンポ
Uクラッシュon theラダーはカウント2。リバースUクラッシュ狙いを切り返し叩きつけた高橋。大外刈りが決まるもカウント2
ならばとジャックハマーも竹田が返す。ならばと塩をかけてからのジャックハマーで3カウント


○高橋匡哉
(19分38秒 ジャックハマー)
×竹田誠志



高橋『やっと勝てたー。正直、一騎当千でも負けてるんですよボクは。
じつは3連敗してるんですよ。三度目の正直じゃなくてじつは四度目の正直なんですけどね。
ボク、文体で挑戦表明したじゃないですか。この2カ月、自暴自棄になるぐらいネガティブになることもありましたけど、自分を信じてやってきてよかった。
やっと、ベルト、取り返せました。ですが、まだボク、1勝しかしてないんですね。
ということは、あと竹田さんに3回も勝たなきゃいけない。

やりましょう! やりましょう! 今日の続き、またやってください。
勝ち逃げは許しません。今日はありがとうございました』


竹田『あー、久々にシングルマッチで負けたよ。
やっぱり、負けの悔しさって忘れてたけど、高橋、オレに負けの悔しさを思い出させてくれて、ありがとう
正直、今日、両国大会、オマエに勝ってたら、もっとちょっとね、天狗になってたかもしれないよ。
でも、自分の信条、どんなデスマッチファイターでもやるときはやれるんだよ。オマエ、やるときはやれんじゃねえか!
でも今の大日本プロレスにオレが言いたいのは、地方興行でも大きい会場でも、いろんな会場でこうやって激しい血を流さなきゃダメなんですよ!
オレは、デスマッチファイターって生き方を選んだ。後悔はしてない。明日どうなってもいい。
何がどうなってもいいけど、リング2足の足で立って帰る。これがプロレスラー、デスマッチファイター。
だから、これからは竹田誠志の大日本じゃなくて、高橋匡哉の大日本を作っていってくれ』


竹田が退場。
 

高橋『竹田さんの言う通りですよ。自分の足で帰って、お客さんと売店で最後会って、着替えて、家に帰るまでがデスマッチファイターです。
と言いたいところですが、どうやら大きな代償を負ってしまったらしいので、ちょっとばかり病院行っちゃうかもしれません。
そのへんはご了承ください。
では、最後、出場した選手、リングに上がってください』


出場選手たちがリングと花道、ステージに登場


高橋『じゃああらためて、本日はご来場誠にありがとうございました!
4回目の両国大会、いかがだったでしょうか? ご満足していただけましたか?
次の両国は、もっともっと激しい闘い、期待しててください。
今日、じつはね、所属全員じゃないんです。一人ケガして出れなかったヤツもいます。
ですから来年は、所属全員で両国国技館、やりましょう! そして来年の両国ですが、だいたいこれぐらいの時期に開催される予定です。
ですから、また、この時期に両国でお会いしましょう! 本日はありがとうございましたー!』


大日本のテーマ曲がかかり、選手たちが退場。
高橋がベルトを肩にかけリングに胡座をかいて写真撮影




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

↑このページのトップヘ