DRAGON GATE(ドラゴンゲート)+他団体の試合結果速報等

人気プロレス団体DRAGON GATE(ドラゴンゲート)を初め新日本プロレスやDDT、大日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、KAIENTAI DOJO(K-DOJO)、WRESTLE―1、スターダム、鬼神道、西口プロレス、学生プロレス等の試合結果速報を中心に載せていきます


【第1試合】
Gamma
問題龍
石田凱士
vs
TーHawk
Eita
エル・リンダマン
▼Gamma対Eitaでスタートするも、T-Hawk&リンダマンがGammaの背後から襲いかかり、場外乱闘を仕掛ける。
GammaはT-Hawkにツバ攻撃から汚水攻撃。Gamma&問題龍はダブルエルボー。Gammaは逆水平連打もT-Hawkには効かず。
T-Hawkは一発重たいチョップを放つが、Gammaも耐える。だがもう一発食らってダウン。
リンダマンの逆水平はGammaに効かず。Gammaはニールキック。石田はキック連打もリンダマンは一本背負い。
T-Hawk&Eitaは合体プレー。Eitaはロープに振ってエルボーを3発。リンダマンはロープギロチン。
石田はランニングミドルで逆転。Gammaは2人まとめて場外に出し、石田はトペ・スイシーダ。問題龍はリンダマンに顔面低空ドロップキック。
お互いにアピール合戦から問題龍が猛攻を仕掛ける。T-Hawkと石田がエルボー合戦。石田がダウンを奪うが、T-Hawkは逆水平からネックハンギングボム、雪崩式ブレーンバスター。
リンダマンは急所パンチからコーナーに上がるが、Gammaがツバ攻撃でカットし、逆に急所攻撃。
問題龍はモンニー。Gammaはトラースキック。問題龍は世界のランニングネックブリーカーからプロブレム。GammaはEitaにアックスボンバー。
T-HawkはGammaにブレーンバスター。石田はT-Hawkに顔面キック。EitaはT-Hawkとの合体攻撃から最後にもう一発トドメを刺して勝利


○Eita
(13分43秒 トラースキック)
×石田凱士


Eita『弱すぎるんだよ。オマエらもそう思うよな。見ての通りだよ。
それからよ、なんでオレたちが第1試合でこんなザコらと闘わねえといけねえんだ。ふざけんなよ。
オマエらOVER GENERATION、3人とも弱いからよ、もう一度練習生から出直してこい、このバカ!』





………………………………………………

【第2試合】
BenーK
vs
UーT
▼U-Tが奇襲のドロップキック。Ben-Kは力を誇示するが、U-Tはトペ。
コーナーからのダイブをキャッチしたBen-Kはフロントスープレックス。抱えると旋回式バックブリーカー2連発。さらにベアハッグ。
U-Tはエルボー合戦を仕掛けるが、Ben-Kが優位に立ち、サイドバスターも決める。
U-Tはミサイル。耐えるBen-Kにカウンターでの低空ドロップキックから再度ミサイルキック、Xファクター、丸め込み。
バックを奪ったBen-Kはバックドロップ。Ben-Kボム狙いを切り返すU-Tはエルボー連打。
Ben-Kもエルボーでやり返し、ヘッドバット。だがU-Tはカウンターで丸め込み。
Ben-Kはスピア。フルネルソンの体勢から旋回→顔面叩きつけ→変型キャメルクラッチでギブアップ勝ち。


○BenーK
(9分24秒 グラウンドフルネルソン)
×UーT






………………………………………

【第3試合】
ビッグR清水
vs
ワタナベヒョウ
▼ヒョウがタックルを仕掛け、ドロップキック。倒れなかった清水はタックルでヒョウをダウンさせ、ボディースラムから顔面をひねる。
ヒョウは逆水平を連発。清水はブロックバスター、腰へのエルボードロップ3連発から逆片エビ固め。
脱出したヒョウはチョップ連打。清水は一発で逆転し、ダイビングショルダー、ランニング式OTAKEBI

5分経過
ヒョウがエルボー連打。清水は逆水平。ヒョウはバックを奪ったあと、ロープに走った清水にコルバタ、ミサイル。
清水はダウンせず。ヒョウは素早くエプロンに出てスワンダイブミサイル。
コーナーに上がると顔面張り手連打からダイビングボディーアタック。
抱え上げられたヒョウだが、脱出。清水はネックハンギングボム。ヒョウは低空ドロップキックからマヒストラルを決め、さらに丸め込み。
清水はカウンターでのラリアットから砲丸投げスラムで3カウント



○ビッグR清水
(9分32秒 砲丸投げスラム)
×ワタナベヒョウ





………………………………………

【第4試合】
Kagetora
しゃちほこBOY
vs
鷹木信悟
神田裕之
▼VERSERKの奇襲から鷹木&神田がしゃちにタックル。神田とKagetoraも攻防。
リング上でしゃちに集中砲火のVERSERKは「素人」呼ばわり。
しゃちは鷹木の串刺しパンピングボンバーを食らったが、コルバタで大逆転。
Kagetoraは神田にフライングラリアット、619、アッパー。神田はジョン・ウーアピール、フェースバスター。
鷹木にしゃちのミサイルは効かず。コルバタも見舞い、Kagetoraの619からしゃちが不知火。
Kagetoraはさらにダイビングエルボー。しゃちはムーンサルト狙いも神田がカット。飛ぶも鷹木はかわして自爆させる。
鷹木のパンピングと神田のジョン・ウーの合体から神田が魔神風車固め。
Kagetoraは鷹木にエルボー、延髄、アッパー。神田は裏投げから串刺しエルボー。鷹木は串刺しパンピング。
神田のジョン・ウー&鷹木のバックドロップも決まる。鷹木はしゃちにパンピング。神田はKagetoraに琉’s狙い。Kagetoraはアッパー。
ジョン・ウー狙いは丸め込み。レフェリーのカウントを鷹木が阻止。神田はボックスからスモールパッケージで勝利


○神田裕之
(10分23秒 首固め)
×Kagetora





神田『おいコラ京都、オレの完勝だろ。拍手せい、コラッ。
おいKagetora、オレに負ける気分はどうだ? なんか言ってみろ』


Kagetora『オレの髪を切りやがって。今日も反則三昧。相変わらずやることが汚いんだ。
オレとオマエで12月の福岡、ブレイブ決まってるけどな、オレが負けたら挑戦してきた選手に悪いよ。
オマエなんかに負けるか。オレはそいつらの気持ちを背負って必ず防衛してみせるからな』


神田『オレはオマエの髪を切ってオマエのすべてを奪うって言ったんだ。福岡、覚悟して待っとけ』



Kagetora『京都の皆さん、お聞きに通り、オレは神田と12月福岡でブレイブゲート戦を行います。
あんなラフしか使えない、汚いことでしか対戦相手に勝つことができないあんなヤツにオレは絶対負けません。
2018年の開幕戦もブレイブゲートチャンピオンとしてここに帰ってきますので、2018年もKagetoraに地味にご期待ください』





…………………………………………

【セミファイナル】
望月成晃
Kーness.
vs
堀口元気
斎藤了
▼堀口とK-ness.が先発で互角の勝負。望月と斎了はロックアップ。ロープ際で望月がチョップ。
ローキックも放つが、斎了はタックル。サッカーボールキックも耐え、フロントスープレックス。 望月は斎了をエプロンに出し、サッカーボールキック。堀口の髪の毛を掴むと、投げ飛ばす。
斎了はK-ness.の顔面を踏んでエルボードロップ。望月は斎了にロー。
K-ness.に久々のマライサ連係。K-ness.がコブラを仕掛けるが、斎了がH.A.G.Eコールで逆転。
ゴムパッチンを狙うが、K-ness.が逆アピールから斎了に一発見舞って堀口には望月が決めた。
K-ness.も髪の毛ごと投げ、手で顔面をゴシゴシ。K-ness.がとらえて望月が腹部ロー、急所カカト。
K-ness.は顔面低空ドロップキックから逆片エビ固め。望月は斎了にカカト。斎了はフィッシャーマンズバスターからサイクリングヤッホー狙いもすぐに望月はエスケープ。
望月は堀口にアンクルホールド、斎了がK-ness.にサイクリングヤッホーを決めると、望月がカット。
望月とK-ness.が連続串刺し。2人同時にダブルの顔面キック。K-ness.に堀口がバックスライド。
切り返したK-ness.は光の輪。堀口もバックスライド。
望月は斎了にミドル連発。斎了は「まだまだ効かねえよ」。ドラゴンスープレックスも着地した望月だが、斎了は2発目で決める。
プレミアムブリッジは不発。K-ness.は昇竜脚。だが斎了がバックを奪い、プレミアムブリッジで3カウント



○斎藤了
(14分11秒 プレミアム・ブリッジ)
×望月成晃



望月『おい斎藤了、ちょっと待て。オマエよ、オレが先月、大阪でドリームゲート防衛して
そのあとに佐賀でオマエから取られて、そしてオマエは鷹木から後楽園で勝った時に年内にデカいことをヤルみたいなこと言ってたよな。
いつ挑戦表明するのかと思ってた。今日も黙って帰るのか?』



斎了『ようやくだ。おいもっさんの口からそういうことが出ると思ってましたよ。
その言葉、オレは待ってましたよ。オレはあんたの口からその言葉引き出すためにこの1カ月突っ走ってきたんだ
鷹木とシングルやって勝った。それはすべてあんたの口からそのことをいずれ言わせようとするためだよ』



望月『偉そうにオレからの逆指名を待ってたってか
。正式に47歳の望月成晃様からオマエを挑戦者に逆指名してや』


斎了『もっともっとまだまだ足りない。もっと熱くなってくださいよ。
オレはその逆指名、素直に受け取らせていただきますよ。
今年はジミーズが解散した。そして解散してからの元メンバーの動き、それぞれブレイブ、ドリーム、挑戦してる姿、オレはうしろから見ていたんだ。
その姿を見てオレもこのままおとなしくしているわけにはいかないと思って。
後楽園で鷹木信悟にシングルで勝った。あんたから最後に勝ってドリームゲートを奪うことですべて清算する。
必ずぶっ倒して、なんのまじりっけのない真正面のぶつかり合いをやりましょうよ』   


望月『じゃあ今年最後のドリームゲート戦、オマエと正々堂々バチバチやろうじゃねえか。
その代わり、失神するんじゃねえぞ』


斎了『もっともっと蹴ってこいよ』






…………………………………………

【メインイベント】
YAMATO
BxBハルク
Kzy
vs
土井成樹
吉野正人
ジェイソン・リー
▼Kzyに対して土井吉が連係を見せ、ジェイソンは顔面キック。
Kzyは土井に走り込み式エルボースマッシュを決めてハルクとタッチ。
ハルクはジェイソンにミサイル、吉野にHエッジ。KzyはMIP。YAMATOはジェイソンに串刺しドロップキック。
エルボー合戦からナルシストポーズもお互いに決める。ジェイソンはカンフーアクション、延髄斬り、スタナー。
吉野はKzyにチョップ。Kzyはエルボースマッシュ、B-BOY。ハルク&Kzyの連係が決まるが、MaxiMuMも連係から土井がタイガードライバー。
YAMATOはもう一発ジェイソンに串刺しドロップキック。ハルクはスワンダイブニールキック。YAMATOは延髄。
土井とYAMATOはチョップ合戦。ギャラリア狙いは決められず。吉野は変型ネックブリーカー。
ハルクは吉野にカカト。土井はハルクを場外に落とす。Kzyはショットガン。ジェイソンは顔面キックラッシュからマヒストラル、ジャーマン2連発。
ハルクは土井にマウス。E.V.O狙いはリバースDDTで切り返す土井
バカタレをよけたハルクはファーストフラッシュ狙いもかわされる。
トルベジーノ、バカタレで3カウント。


○土井成樹
(17分33秒 バカタレ・スライディングキック)
×BxBハルク



土井『トライアングルチャンピオンチームに勝ったぞ。
吉野、MaxiMuM結成して約半年経つけど、オレらはユニットとして何一つ結果を残してへん。これだと何も意味が無い。
崖っぷち寸前。あせっとるぞ。オマエらのトライアングルのタイトルに挑戦させてくれ。今ここで答え聞かせてもらうぞ』


Kzy『結成半年で崖っぷち? こちとら1年半崖っぷちでやってきたんだよ。
こちとらやっと手に入れたんだ、このトライアングルゲート。
でもな、この12月入って年末最後のビッグマッチもあるし、ちょうど対戦相手探そうと思ってたところだ。
オレたちも止まってられないからな。オレたち自身も攻めていかなきゃ話にならんから受けてやるよ』


土井『どこでやるんや』


Kzy『一つしかないでしょ。大きい大会あるでしょ。把握してないんですか? 把握してるでしょ。
皆さんも分かりますよね。福岡国際センターがあるじゃねえか。
そこでトライアングルやってやろうじゃねえか! やってやる! ジェイソンこの野郎。心眼鍛えてやるからな』


土井『ジェイソンに英語で言え』


Kzy『オレはやだ。ビッグRみたいになるのイヤだから。
タイトルマッチは決定だ。絶対に守ったるからな』


土井『今日の京都はトライブ・ヴァンガード3連勝や。メインでオレら勝った。
Ben-KはU-Tに勝った。清水はヒョウスケ・サンタマリアに勝った』



プロレスランキングへ

スポーツランキングへ




【諸般の都合でソフトドリンクコースは無くなりました。
また、喫煙か禁煙かは申し込み時にお願いします
(※店舗構造上の都合により完全分煙には致しかねますのでご了承下さい)】


また、アメブロ又はlivedoorブログからお申し込みの方でTwitterアカウント及びFacebo
12月に入り年越しまでわずかですがご機嫌いかがですか?

今年も早いもので残り3週間を切ってしまいました

一気にクリスマスや年越しも見えてきます


年末と言えば、DRAGON GATE的には福岡国際センター



【12月23日(土・祝)福岡国際センター大会】


そんな
DRAGON GATE
1 2月23日の
福岡国際センター大会


地上波放送のある福岡市内の大会なのでファンは勿論多いとはいえ関東地方のファンも無論多いはず


12月23日といえば祝日


東京からでも行く方はいるでしょうが…

当然交通手段は混雑

せっかく試合が面白くても帰りに不満ためて帰ってきても後味が悪いですよね!?


そんな中


東京に居ながらドラゲーファンだけで盛り上がれたらなぁ~
なんて思ってる方々も多いでしょう!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そこで
都内のお店を貸し切った状態で観戦しちゃいましょう
飲み食いしながら大画面でPPVを放映してもらっちゃいます。



◎スマホで見れる?タブレットで見れる?
⇒1人で??
そして約2千数百円かかりますよ、観るだけで




1.)お店貸切なので思いっきり選手の名前叫んだり出来ます
※対戦相手への極端な罵声は遠慮願います


2.)お店の定数なんで望月選手入場時の『モッチー』や
Gamma選手の“ウ~!!”
Kotoka選手の『ヴェー!!』
土井選手の『なしなしなし……』
等は一体感があります。
ノリノリなジミーズの曲に合わせて踊るのもアリです



3.)気付いたら隣の人と喋ってる。
そう、趣味が同じなのでお友達が出来てしまいます
※本人の積極性やコミュニケーション能力により個人差あります。

今まで8歳~60代まで幅広い年代、そして国籍も問わず参加されています。
意外に1人で来る人多いので
お仲間作れるかもしれませんよ。


気になる詳細は


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

場所 『GLAMOUROUS ORANGE(グラマラス オレンジ)』(JR総武線・水道橋駅西口下車より徒歩1~2分程度
都営地下鉄線・水道橋駅、東京メトロ各線・後楽園駅より各々徒歩5~10分程度)
都営地下鉄線・水道橋駅、東京メトロ各線・後楽園駅より各々徒歩5~10分程度)
http://www.hotpepper.jp/A_22400/strJ000768890.html?vos=hpp403
▽お店のクーポン
http://www.hotpepper.jp/strJ000768890/map/?vos=hpp2053


《料金》
●:アルコール、ソフトドリンク飲み放題
●サラダ、ピザ、パスタ等のお食事付き

4000円
(通常:2Hのところ試合終了までの約4時間の特別価格です。



(※遅刻者も同一料金になります。
大幅遅刻は応相談)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★毎度ながら男性1人・女性1人でご参加の方もけっこういらっしゃいますのでご安心ください。


・逆にこのパブリックビューイングで観戦同行者を見付けるのも手ですよ
・もちろん、ご友人連れやご家族でのご参加もOKです


◆名前を公表されたくない方は匿名希望でもOKですよ



まだシフト制仕事の都合上や予定が入るかもしれない方は【保留】扱いで承ります
その他の質問も受け付けます




☆店舗の定員の都合上、先着順にて締め切らせていただく場合がございます。
おおよそ30名前後です


◆◆◆◆(恐らく)決定カード◆◆◆◆◆


★THE FINAL GATE 2017
12月23日(土・祝)福岡国際センター(17:00)

◎オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合◎
<王者>
Kagetora
vs
神田裕之
<挑戦者>


◎オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権王座決定戦◎
CIMA
横須賀ススム
vs
TーHawk
Eita


【メインイベント】
◎オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合◎
≪王者≫
望月成晃
vs
斎藤了
≪挑戦者≫





★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


≪警告及び禁止事項≫
・飲み過ぎ注意
・ナンパ行為等、相手の嫌がる行為
・好きな選手の対戦相手への過激な野次
・他、他人に迷惑をかける行為


その他分からないことは私までメールでもメッセージでもOKです。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●
【ソフトドリンクコースは諸般の都合で無くなりました
また、喫煙か禁煙かは申し込み時にお願いします(※大事なことなので二回書きました)】


また、アメブロ又はlivedoorブログからお申し込みの方でTwitterアカウント及びFacebookアカウントをお持ちの方は教えていただけると連絡のやり取りがスムーズにいきます



《日時》
2017年12月23日(土・祝)
17:00ゴング(16:30よりご来店いただけます)


《料金》
アルコール有り飲み放題・4千円



※※※※※※※※※※

開催2日前には締め切りますので、当日の予定がハッキリしない方やお悩みの方は“保留”にすることを推奨します


※なお、機種変したてのために電話帳の一部が消えてしまいました。
メール等でご連絡の際はお名前を明記願います



★尚、人数次第では2008年5月5日の愛知県体育館大会から始まった当パブリックビューイングは今回を以て最終回にする……………予定です。
10年間に及ぶ長期間、誠にありがとうございました。(続けたらゴメンナサイ)

#dragongate





【セミファイナル】
◎特別試合◎
斎藤了
vs
鷹木信悟
▼鷹木が奇襲、お笑いゲートのベルトを奪い破壊。
ロープに走っ手のタックル合戦は鷹木が倒したが斎了もフランケンシュタイナーからタックル
場外にエスケープした鷹木は椅子を放り込むが斎了は座って余裕を見せつける
鷹木がリングに戻ると斎了は踏みつけ攻撃、エプロンに移しバックドロップon theエプロン。場外に出ても追撃、リングに戻しても踏みつけ攻撃
斎了もチョップを放ったが鷹木が強烈なエルボーからニードロップ。ロープに走らせニーリフトからスライディング式ラリアット
鷹木はコーナーに詰めたが斎了はカウンターのフロントハイキック、鷹木をロープに振ってフロントスープレックス
さらにカニ挟みで倒すとサイクリングヤッホーを宣言も鷹木は付き合わない。再度のサイクリングヤッホー狙いは鷹木がハーフネルソンスープレックス
パンピングボンバーをかわして投げ捨てジャーマンを決めた斎了だが鷹木は改めてパンピングボンバーを見舞う

10分経過
ブレーンバスター狙いをリバースした斎了はフィッシャーマンバスター。コーナーに上がった斎了を鷹木が追いかけたが斎了はパワーボムの形で叩きつける
ダイビングフットスタンプを決めたが斎了ロケットはヒザで迎撃。鷹木はサンダーファイヤーパワーボムもカウント2
ならばとパンピングボンバー!返した斎了にMADE IN JAPANを狙う。堪える斎了に神田が邪魔する。パンチがボックス殴打も斎了は返すと丸め込み合戦
今度こそとパンチの椅子攻撃は鷹木に誤爆してしまうと、斎了はドラゴンスープレックスで3カウント



○斎藤了
(14分14秒 ドラゴンスープレックス・ホールド)
×鷹木信悟



鷹木「おい待てコラ! ふざけんな! オマエら、最後見たろ。誰がどう見てもツーで返しただろ! ツー! ツー!」


斎了「スリー!」


鷹木「ほら見ろ、みんなツーって言ってるぞ。ツーだ」


斎了「負けを認めろ。ツーどころかワン、ツー、スリー、ファイブ…10カウントぐらい入ってるわ! 勝ったのはこのオレだ」


鷹木「オマエが勝ったんか」


斎了「オレが勝ちだ」


鷹木「オレが負けたんか」


斎了「オマエの負けだ」


鷹木「パンチ、全部オマエのせいだ、コラッ!(と八つ当たり)」


斎了「はいはいはい、後楽園の皆さん、これから始まりますよ。鷹木信悟の言い訳タイム。
言い訳に1時間くらいかかりますので、最後まで聞いてください。
富永のせいにするんじゃねえよ。負けを素直に認めろ。オマエが富永のこと一番好きなのはわかってるよ。素直になれよ」


鷹木「待てよ。ちょこっとだけ素直になろうか。負けは認めてやる。
だけどな、オレがパンチが一番好きっていうのは認めねえからな。認めるか、こんなしょっぱいヤツ」


斎了「一番好きなクセに」



鷹木「まあいいよ。今日の負けなんてな、さっきから言ってるだろ。
最初から言ってるだろ。どうでもいいんだよ。ただ斎藤了、負けたままでオレも引き下がれねえ。
今日で終わりじゃねえぜ。オマエだってそうだろ。こんな勝ち方で終わっていいわけねえだろ。
とことんやろうぜ、とことん。どっちかが潰れるまでやろうぜ。
潰れるといえば(お笑いの)ベルト出せ。ベルトあるだろ。貸せ貸せ。見ろよ、残念だったな、斎藤了。
これで二度とお笑いゲートのタイトルマッチはできねえからな。
これからは清く正しく、正々堂々やれよ!」



斎了「鷹木、よくもこんなことしてくれたな。でもな、こんなボロボロのベルトでもオレは笑いに変えてやる。
別になおせばいいんだ。そして請求書はオマエに送ればいいんだ。帰れよ。
オレはな、オマエに勝って終わり? そんな気はサラサラねえ。オマエとやる前に言ったはずだ。
今年ジミーズが解散して、ジミーズの元メンバーはそれぞれ動いた。
ベルトにチャレンジしたり、防衛戦をしたり。みんな動いた。オレはその背中を見てた。
オレはそれまで何もなかった。そのチャンスを生むきっかけにオマエとシングルを申し込んでオレは今日勝った。
2017年はあと1カ月。まだまだある。ジミーズが終わっただけの2017年にするつもりはオレはサラサラないんで、あと1カ月、オレも動いていきます!
(締めたつもりだが自身のテーマ曲が鳴らず、音響に対して)音楽、曲!」







………………………………………………………………………

【メインイベント】
望月成晃
ドン・フジイ
CIMA
vs
TーHawk
Eita
エル・リンダマン
▼奇襲ではなく通常に始まるが戦いは激しく。場外でもやり合いリングではT???Hawkがフジイに逆水平を連発。フジイも打ち返すと押し返していく
CIMAはEitaに膝蹴りで追い出しトペスイシーダ
望月はリンダにローキックやミドルキック、フジイも介入して喉への逆水平や地獄突きは望月のミドルキックと同時に
逆さY字攻撃も連続で見舞うがT???Hawkがカットへ。Eitaとのグアピシモも决めるとコーナーに詰めてナックル連発。注意する中川レフェリーをも突き飛ばす
T???Hawk&EitaがCIMAを抑えリンダが靴を舐めさせようとする。
モチフジがリンダを挑発、二人で攻撃するがT???Hawkがフジイを逆水平で場外に落とす

10分経過
T???Hawkはハンギングボムも決めたがEitaの追撃狙いはCIMAがパワーボム。望月もスワンダイブ式ミサイルキックを見舞うとフジイはラリアットやチョークスラム
EitaがフジイにNumero Unoを狙うがフジイは外道クラッチ
さらにチョークスラムからCIMAがメテオラ発射、カットしたT???Hawkはアギラ
リンダがタイガースープレックスを狙うが望月がカットすると強烈な張り手、CIMAがパーフェクトドライバー
リングでは望月の真・最強ハイキックが決まるもT???Hawkが分断、ナイトライドを炸裂させるとボックス攻撃からEitaの膝蹴りとケルベロスを同時に発射して3カウント



○Eita
(15分53秒 TーHawkのケルベロス)
×ドン・フジイ



Eita『ヤングヴェルセルクが勝ったぞー! そんなことよりも、CIMA! 残念だったなあ! このツインのベルトは、返上で決定だ!
ははは! おめえら拍手がねえんだよ!
(ブーイング)うるせえんだよ。1年半守ってきてこんな形で終わるとはなあ。CIMA、オマエらしいな! 
おい来んな来んな。アホのキッドと、フジイのおっさんが今日負けてくれて、よかったな、CIMA。
このアホに感謝するんだな、CIMA。はは。
(ヤジに)何いってんだオメエら。オメエらブーイングもできねえのか? 
いいか、このツインのベルトは、どっからどう見てもオレとT‐Hawkのもんだ。そうだろおめえら?
(ブーイング)』



リンダ『おいおいおいおい、おいおいおい、オマエら大事な何かを忘れてねえか? 
ツインゲートよりも、もっともっと大切なことだ。こんなに痛い思いして忘れたとは言わせないからな。
おいCIMA! いや、CIMA先輩。
キャリア20年のあなたが、キャリア3年のこのオレの靴、いや、このご馳走を、いただきますを言ってからペロペロとナメるんだな。
おい、大人は約束を守るもんだぜ。そんなんでいいのか? 
負けは負けだ。さあ、CIMA大先輩、この若手の靴を、ナメなさい』


CIMAがひざまづく。


リンダ『そうだそうだそうだ。いただきますって言えよ!いただきますってよ。
さあ、どうぞ、めしあがれ』


そこへススムが登場し、リンダとT‐Hawkを蹴散らす。


ススム『おい、おい、おい、CIMA! こんなクソ生意気なチビの靴、ナメる必要なんかねえんだよ。
そしてCIMA! 返上したなら、また取りに行けばいいんだよ。
CIMA、タイトルマッチで負けたわけじゃねえのに、こんなヤツらに好き放題言われていいのか。
オレでよかったら、いつでもパートナーになってツイン取りに行ってやるよ』



CIMA『ススムさん、まあ、靴うんぬんの件はいったん置いといて、たしかにススムさんとキッドも20年近くやり合ってるよな。
で、11月の大阪で望月さんのベルトにも挑戦して、奇しくもススムさんとオレは同級生や。
オマエらの繋がりがどんなんか知らんけどな、オレも案外ええかなんて思ってたんやけど、
まだまだやっぱり、ちょっと往生際悪いけど、このクズをぶっ潰さん限りはまだまだ引けんわ。
たしかによ、1年以上キッドとCK‐1で必死の思いで、それこそ身を削る思いでこのベルトを守ってきた。
試合もしてないのに、負けもしてないのに返上。そのままええかなと思ってたけど、やっぱりよくないわこれ。
おい、オマエ(Eita)と刺し違えてでもそのベルト取りに行くぞ。
オレはもう年越さんでもええ。オマエさえ潰せればな。ススムさん、いってくれるか? 
オマエらのもんみたいなそのツインのベルト、足で踏んでるけどな、そのベルトにはオマエらがわからん歴史が詰まってるんや。
オレらだけ違うんや。オレらの前のチャンピオンはKagetoraとこのススムさんや。土井と吉野の思いも詰まってるんや。CIMA、ススム対T‐Hawk、Eita、決着戦やろうやないか』



Eita『言ったなCIMA、やってやろうじゃねえか。山村が欠場して(CIMAが何やら叫ぶ)、
アホのドラゴン・キッドも欠場した。次はCIMA、オマエの番だ。
オマエをオレとT‐Hawkがとことん叩き潰して、欠場に追い込んでやるからな。CIMA、わかったか』



ここでマキシマムが布で覆われた板を持ってリングへ。


土井『オマエら待たせたな~。Eita、リンダマン、ヴェルセルク、ゴチャゴチャやかましいんじゃ!
オマエらがやった試合はしょせんセミファイナルや。今日のメインイベントは今からやぞ!

(歓声)

今年も土井ダーツやるぞ~! 今日ここにいてるDRAGON GATEの全選手、リング周りに集まれ!』


選手たちがリングサイドに登場。


土井『とっとと集まれ! 走れ走れ! 速やかに集まれ。
これが見たかったんちゃうんか!? 期待しとったんちゃうか!? 
オレが今日のために用意した土井ダーツはこれや!
(幕が外される)
数多くてわからんわ。土井ダーツ2017年バージョン。
この土井ダーツを使って12月20日、2017年、年内最後の後楽園でおこなう5対5スペシャル10人タッグのメンバーを決めるぞ!
おい、めっちゃ多いやんけ。ここに35人の選手の名前が書かれてるんや。
35分の10の確率やな。でも、そやねん、オレの設計ミスで36個枠あって、オレだけ名前2つあるやんけ!
どういうことや清水! だれが作ってん! いや、オレやんけ! オレやオレや。
まあさっそく始めよか! ゴングキッズならぬ、ダーツキッズを募集するぞ。元気のいいちびっ子に投げてもらおうやないか』



各選手が客席からちびっ子をリングに上げる。


その間、土井は『去年の土井ダーツで吉野が女の子泣かしたっていう、皆さん覚えてます? 
女の子泣かしたんですよ、吉野君が』と余計なことを蒸し返す。

そして『吉野が女の子泣かしたんも覚えてるけど、メンバーもひどかった!
 オレとYAMATOが責任を取って最終的に6対6にしたけど、今年はハッキリ言うとくぞ。
そんな保険とかお助け、一切なし! 5対5でやるから!』と宣言。




◎土井ダーツスペシャル10人タッグマッチ◎
<赤コーナー>
神田裕之
エル・リンダマン
ワタナベヒョウ
ドン・フジイ
TーHawk
vs
ビッグR清水
Eita
土井成樹
Kotoka
横須賀ススム
<青コーナー>




(選ばれた選手達が意気込みを語る)


土井『こうなったら俺が責任取る(=締める)しかないよな。
もしかしたら新しいストーリーが始まるかも分からんからな
俺がみんなを大満足させたるからなぁ!楽しみにしとけ』

プロレスランキングへ

スポーツランキングへ


↑このページのトップヘ