DRAGON GATE(ドラゴンゲート)+他団体の試合結果速報等

人気プロレス団体DRAGON GATE(ドラゴンゲート)を初め新日本プロレスやDDT、大日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、KAIENTAI DOJO(K-DOJO)、WRESTLE―1、スターダム、鬼神道、西口プロレス、学生プロレス等の試合結果速報を中心に載せていきます





【セミファイナル】
◎Road to DEAD or ALIVE オープン・ザ・トライアングルゲート選手権前哨戦◎
土井成樹
吉野正人
vs
Kzy
横須賀ススム
▼Kzyと土井が先発。互いに足を狙っていくとヘッドロック合戦からシザースして見合う
ススムと吉野。吉野の高速ロープワークにススムが翻弄されてしまう
Kzyのアシストからススムもペースを握る。それでも土井がカットに入り分断する

5分経過
土井はKzyに逆エビ固め。さらにカンパーナで固め土井吉が順にスレッジハンマー
そしてロープワークからスライディングキックも見舞う
吉野はボディースラムで叩きつけ、土井がエプロンからロープ越えエルボードロップ
続いてエルボードロップ連打。起き上がってくるKzyに蹴りを見舞う
Kzyも何とかランニングエルボースマッシュで切り抜けると、替わったススムが連続エクスプロイダーで投げ捨てる。Kzyがミッションインポッシブルで場外ダイブ

10分経過
リングに戻った土井をススムが抱えたが、土井が着地
土井吉の連続攻撃から吉野はスリングブレイド
Kzyがカットに入るとススムが反撃!ススムは吉野を抱えコーナーに上がる
しかし土井がカットに入りダブルインパクト式スリングブレイド!
さらに吉野がミサイルセントーンでKzyにもダメージ
土井がススムを振ったがススムはジャンボ!Kzyとの連続串刺し攻撃からジャンボの勝ち!

15分経過
Kz.timeは回避されると、吉野がリバースパワースラムからスリングブレイド
さらにトルベジーノからソル・ナシエンテで絞め上げる
これはススムがカット。チョップ合戦から吉野がトルベジーノ、ススムもジャンボ
土井が裏DDTでカットするがKzyがエルボーでカット
互いに丸め込みあいはカウント2。Kzyのエルボースマッシュが文字通りにスマッシュヒット
返した土井はDOI555を3連発!そしてバカタレ・スライディングキックを見舞い3カウント


○土井成樹
(18分23秒 バカタレ・スライディングキック)
×Kzy



土井『チャンピオンチームの完勝やろー
Kzy、おい、お前よ、散々土井吉土井吉、俺らの名前を出しといてこのザマは何や? 
俺らに、いや俺に何回負けてんねん。お前らこれから新ユニット作るんやろ? 
Kzy、お前がリーダーって事やな。
今日みたいな結果なんやから白紙に戻してもええぞ。タイトルマッチ本番でも俺らが圧勝して終わりじゃ』



Kzy『土井、吉野、俺が名前を挙げたあんたら2人がな、あんたら2人はハードル高くいてもらわないとよ、俺も狩りがりがねえってもんだ。
心配するな。もうすぐお前ら2人狩ってやるから。
俺らのチームのリーダーは俺だ。白紙にって言われる筋合いはねえ。
俺達は動き出した。そしてそのトライアングルもリーダーとなったこの俺がチャンピオンに導く。
あんたらはせいぜい愛知県体育館で取られねえように用心しとけよ。
必ずそのベルトいただいて見せるからな。あんたらとの戦いは始まったばかりだ。とことんいってやる。
うちのチームは厄介なのが多いからな気をつけろよ。
博多の皆さん、場所は愛知県体育館ですが、6月の博多には新しいこのチームの名前とベルトを持って帰ってきます。
楽しみにしといてください。よろしくどうぞ』







……………………………………………

【メインイベント】
◎Road to DEAD or ALIVE in 博多 金網7WAYマッチ前哨戦◎
※特別レフェリー・パンチ富永

YAMATO
鷹木信悟
斎藤了
vs
望月成晃
エル・リンダマン
神田裕之
▼当然のように奇襲からゴング。鷹木とリンダマン、望月と斎了、YAMATOと神田が場外でやり合う
リングに戻るとYAMATOが望月にバリカンを仕掛けるが、止めに入るパンチ富永レフェリーを望月が盾にしようとする
リンダマンは鷹木を挑発、鷹木が椅子を放り投げるがリンダはかわす

5分経過
望月がリンダマンを捕まえ蹴りにいくと斎了がカット
鷹木はリンダマンを捕まえYAMATOと連携。YAMATOはボディースラムで叩きつける
斎了もボディースラム、YAMATOが再びボディースラム→再び斎了。続いてYAMATOは逆片エビ固め、CBVに移行して苦しめる
鷹木が入るとやや口論になりながらもダブルのタックルからダブルのアームドラッグ。斎了はフットスタンプで続く

望月がカットすると斎了に逆片エビ固め、鷹木&YAMATOのカットをレフェリーが制止する
神田&リンダマンが斎了を逆さY字にしたが、望月はカカト落としをリンダマンに投下
斎了は神田にマンハッタンドロップを見舞われるが、ジョン・ウーを回避してフロントスープレックス
望月が入るがYAMATOがアンクルホールド。鷹木は神田にコブラツイスト
斎了がサイクリングヤッホーを狙うが回避される

15分経過
望月をコーナーに振ったがYAMATOの斎了へのハンマースルーは強すぎて斎了は技を決められず
息を吹き返した望月に鷹木が対峙。蹴りを見舞われたが鷹木は椅子を振りかざす
止めにきたレフェリーに殴打して望月に殴打
ここでサブレフェリーの八木が入るが、スキをみたYAMATOはリンダマンの頭髪にバリカン!
神田がカットに入るが斎了が入り羽交い締め。鷹木の攻撃は回避されたが誤爆は阻止
しかし鷹木がYAMATOと斎了にタックルを見舞って、神田が狙ったジョン・ウーは八木レフェリーに誤爆して無法地帯へ
鷹木とリンダマンは椅子を持ってチャンバラ!そこへパンチがミサイルキックで介入
リンダマンにPTキック。YAMATOがリンダマンを串刺しドロップキックで攻撃すると、パンチのツーステップムーンサルトから斎了の斎了ロケットで3カウント



○斎藤了
(19分54秒 斎了ロケット)
×エル・リンダマン



鷹木『おいパンチ、テメエどういうつもりだ。
レフェリーのくせに試合に入ってるんじゃねえぞ』


パンチ『うるせえよ。俺は元々鷹木信悟を罰するためだけにレフェリーになったんだ。
先に手を出してきたのはテメエだろ。俺は厳格なレフェリーとしてテメエらを裁いただけだ』


望月『確かにおかしいのはお前だ。勝ったのは鷹木のチームだ。
状況分かってんのか? まあでもお前のこのメインに入れなかった気持ち、心意気は買ってやろう。
俺は一人でも仲間が欲しい。パンチ、どうだ。俺は斎了ととりあえず握手はしている。
パンチ、3人組んだらまあまあ強力だぜ。どうだ? まあいいや。今日握手しても俺は当日お前を裏切るかもしれないし。
まあまだ金網まで2週間くらいある。全員心理戦、楽しもうじゃねえか。
それより次回博多大会の2連戦。9日がキング・オブ・ゲート決勝。10日はその優勝者とドリームゲート戦をやる。
そのドリームゲート戦を坊主でいくわけにはいかない。髪の毛も守って6月10日、この場でドリームゲート戦を行います』



リンダマン『おいおいおいモッチー、お前今日は仲間のはずなのに俺に散々手を出してくれたじゃねえか。
そんなんじゃよ、6月の次回のドリームゲート戦は48歳のハゲチャンピオンの試合になるぞ。
まあよ、今この髪型でお前より文句あるヤツがいるからよ。
YAMATO、テメエだ。金網前にこんな髪型にしやがって。どう落とし前つけるんだ。
この髪の恨みはよ、金網でたっぷり仕返ししてやるからよ。
まあ俺達ANTIASは必ず全員金網から生きて出るからよ
鷹木さん、あんたも一応ANTIASだけど、ANTIASだからって鷹木信悟の手助けをボクが素直にすると思わないでくださいよ。
ねえ神田さん』


神田『お前らゴチャゴチャうるせえんだ。俺は自分の髪の毛守る事しか考えてねえからな。それだけだ』


YAMATO『今日の収穫でーす。おい博多、今日の俺も最高にかっこよかっただろ。
リンダマン悪く思うなよ。この俺を金網に巻き込んだのはお前らだからな。
金網本番まで2週間ある。これまで斎藤了、リンダマン、神田にバリカンを入れてきた。
お前(鷹木)も油断するなよ。全員丸坊主で本番を迎えてやるからな』



斎了『本番までバリカン持ち出すな。お前がいたら金網入るまでに全員坊主になっちゃうんだよ。
鷹木、今日は金網前、特別に俺ら3人最後勝ったんだ。お前帰らせねえぞ。
博多大会、勝ったチームがこの大会を締める。そうだろ。
次は6月にここに帰ってくる。その時お前は丸坊主のお笑いゲートチャンピオンのはずだから。
その姿で締めるのはこれが最後。だから今日は鷹木信悟が締めろ。みんな見たいよな』



鷹木『(2人にパンピングを決め)おいテメエら調子乗ってんじゃねえぞ。
俺からしたらYAMATO、斎了、お前らも神田もリンダも全員敵だ。
博多のお前らも敵だ。金網、お前らそんなに俺の坊主が見たいのか?
お前らの思い通りには絶対させねえ。一抜けして自慢の髪の毛は絶対に守るからな。
それだけは絶対に覚えとけ』



YAMATO『斎了…、いや了さん』


斎了『どうした?』



YAMATO『やっぱり仲直りしませんか?』


斎了『そうやな。金網は一人でも多く味方がいたほうがいいし。無所属だし』



YAMATO『アイツらみんなムキになっちゃって。
了さんは今、無所属と言う事で僕と組んだら了さんに凄いメリットあるんですよ。
金網本番、僕YAMATOと組めばTRIBE VANGUARD、全員味方してくれます。
そして我々TRIBE VANGUARDの兄弟ユニット』


斎了『兄弟ユニット?そんなユニットあった?』



YAMATO『そう、兄弟ユニットのMaxiMuM
MaxiMuMさんの土井さん、吉野さん、ジェイソンさん、清水さん、Ben-Kさんも味方になってくれます。
もう組むしかないんじゃないですか』


斎了『確かにみんな味方についてくれたら頼もしいけど、怪しさしかないよ。
でもお前が言うのも一理ある。頼むよ。
それとさっきモッチーが言ってた、6月の2連戦。
今回は初日はキング・オブ・ゲートの決勝戦、そして翌日はそのキング・オブ・ゲートの優勝者がドリームゲートに挑戦する』


YAMATO『メチャクチャ過酷だけど、皆さん2日間とも見たいですよね』


斎了『6月2連戦、そして5月6日は俺とYAMATOは真っ先に金網から抜けて6月にまたこの博多に帰ってきます。
皆さん今日はありがとうございました』






プロレスランキングへ

スポーツランキングへ






【第1試合】
ドン・フジイ
K-ness.
vs
堀口元気
パンチ富永

▼堀口『“H.A.G.E!”が新ユニットになって帰ってきたぞぉ
前回の後楽園からですね、Kzyをリーダーにですね、この4人に“brother”YASSHIを加えてですね
名付けて、明太子エクスプレス!
明太子エクスプレス!

まぁね、スベるのは僕の頭だけでいいです

今日はですね、Road to DEAD or ALIVEということで、前哨戦があります』


(パンチ富永のレフェリー練習を行い前説終了)



★堀口が先発。自身のコールを煽り気合いを入れる
K-ness.にヘッドロックからリストロック。K-ness.が外して足を払うが堀口はヘッドスプリングで起き上がる
替わったフジイは逆水平チョップ連発。ロープにも走るがパンチがカニ挟み。619を決めるとPTキック
K-ness.は堀口のエクステを掴みながらグルグル回る回す
パンチとの連携からパンチがヘッドバット!そしてゴムパッチンへ
フジイが介入してパンチにはオデコをグリグリからボディースラム

5分経過
K-ness.は昇竜脚を決めると、フジイは捕まえHIMEIで絞りあげた
フジイはさらにナックル連打からラリアットを放つが、パンチはスウェイでかわす
替わった堀口はスイングDDTから垂直落下式ブレーンバスター。さらにパンチをシーソーのように飛ばしてダメージ
パンチはフジイにSTOを決めたがK-ness.の昇竜脚からフジイがチョークスラム
返したパンチだが場外へ。K-ness.は向かってきた堀口のバックスライドを堪えて光の輪。返した堀口に再度の光の輪狙いはバックスライド・フロム・ヘブンで切り返され3カウント


○堀口元気
(9分32秒 バックスライド・フロム・ヘブン)
×K-ness.






……………………………………………

【第2試合】
Kagetora
vs
問題龍
▼いきなり問題龍がタックル。だがKagetoraもコルバタで場外に追いやる
リングに戻るとチョップ合戦。Kagetoraが逆水平チョップで制すとスレッジハンマーを挟み再び逆水平チョップ
問題龍が走ってくると619で迎撃したKagetora。腕を取って腕固めから横十字固め
返した問題龍に変形オモプラッタにいくが問題龍がロープエスケープ
問題龍がエルボーを打ち込んできてもKagetoraがアパッチパンチ
水面蹴り→シャイニング延髄→半月と続けたがカウント2
問題龍は反撃に出ると背後へのブロンコバスターから問ネル!

5分経過
しかしKagetoraがフライングラリアット!串刺し張り手から低空ドロップキック。さらにジョン・ウー
返した問題龍が丸め込むがKagetoraも返す。切り返しあいはいずれも返す
Kagetoraが車懸狙いは外した問題龍が走って世界の高速ネックブリーカー!
それでもKagetoraはアパッチパンチ!そして水面蹴りからシャイニング延髄
ハリケーンドライバーもカウント2。粘る問題龍がプロブレムを狙うがKagetoraが切り返し車懸で3カウント


○Kagetora
(7分48秒 車懸)
×問題龍






……………………………………………

【第3試合】
◎KING OF GATE 2018 若手出場枠争奪6人タッグマッチ◎
石田凱士
シュン・スカイウォーカー
吉岡勇紀
vs
U‐T
ワタナベヒョウ
椎葉おうじ
▼先発はおうじと石田。おうじがゴングと同時にビッグブーツ。石田はロープに振ってPK。さらにリープフロッグからドロップキック
U‐Tにはシュンが対抗。ヒョウが連続高速バク転にいってもシュンはトペコンアタック
リングに戻ると石田がおうじにPK!入り乱れるとおうじも吉岡に逆水平チョップ
U‐Tはシュンをコルバタで振り回すと、ヒョウとおうじを呼び込みトリプルトペ!

5分経過
ヒョウが戻り吉岡を翻弄して変形ミステリオラナ!
おうじには石田がレッグラリアットからバズソーキック
再び入り乱れると、U‐Tがカサドーラ→ロタシオン→シュンがフロッグスプラッシュ
これは返されたがシュンがダブルアームドライバーからムーンサルトプレスで3カウント



○シュン・スカイウォーカー
(7分46秒 スカイウォーカー・ムーンサルト)
×椎葉おうじ


シュン『キングオブゲート、出場枠取りました~
出るからにはここ、決勝が行われる博多に戻ってきて優勝します
スカイウォーク!』



……………………………………………

【第4試合】
◎Road to DEAD or ALIVE オープン・ザ・ブレイブゲート選手権前哨戦◎
ドラゴン・キッド
Gamma
vs
B×Bハルク
ヨースケ・サンタマリア

▼Gamma『博多の皆さん、こんばんは~

(全身をOGグッズを身に纏ったKagetoraを見つけ)

いや、ちょっと待って。変なひと居るよ。
お兄さん、Kagetoraどうしたの?』


Kage『前々から思ってたんですが、Over Generationのグッズてカッコいいですよね』


(そのままゴングキッズまでやり出してしまう
選びだしたのは、5歳のユウトくん。YAMATOファン)



★先発のマリアはヘッドロックで絞り上げる。キッドも切り返しヘッドロックをやり返す
そして走るがマリアがカウンターのタックル。だがキッドもロープに走ってカウンターでコルバタ
Gammaとハルク。Gammaはニールキックの素振りで威嚇!タックルでぶつかると、ドロップキックで倒されてもヘッドスプリングで起き上がる
マリアが向かってくるがGammaはツバで排除すると、キッドは裏四の字

5分経過
ハルクが介入すると、マリアがキッドをキャメルクラッチ→ハルクがカカト落とし
さらにスピンキックで追撃すると、コーナーに追いやりストンピング
そしてマリアはドロップキックを浴びせストンピング
ハルクはロープにキッドを振るとマリアのスライディングキックからハルクがHエッジ
コーナーにあげるが、キッドが飛びついてコルバタ
さらにマリアを場外に落としバミューダトライアングル

10分経過
ハルクはGammaにブラジリアンキックからカカト落とし。Gammaもツバからアックスボンバー
だがハルクは変形水車からカカト落とし。これはキッドがカット
マリアが入りポンパスを決めるとラブリーアロー!
ハルクとの串刺し攻撃からスカイラブ→E.V.O。Gammaがカット
再びラブリーアロー狙いはGammaがトラースキックでカット。さらにアックスボンバーを決める
キッドはメサイアを決めるとウルトラ・ウラカンラナを発射
かわされたが、きちんと着地してバイブルの体勢
マリアがキスで黙らせ狙い撃ちで逆転勝ち


○ヨースケ・サンタマリア
(12分54秒 狙い撃ち)
×ドラゴン・キッド



マリア『ブレイブゲートチャンピオンから、きっちり3カウント取ったわよ
よ~し、よしよし
よ~し!』


キッド『うるせぇんだ。マリア、調子乗んな
たった1回ぐらい勝っただけで………
(マリアはキス)』


マリア『1回負けたぐらい?
1回負けたら当日はワタシがチャンピオンなのよ
ベルトと共に、その唇も奪ってやるから覚悟しときなさい
ラブリー!』


……………………………………………

【第5試合】
◎Road to DEAD or ALIVE オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権前哨戦◎
ビッグR清水
Ben‐K
ジェイソン・リー
vs
T‐Hawk
Eita
吉田隆司
▼先発はBen‐KとT-Hawk。ロックアップからBen‐Kがヘッドロック。T-Hawkにロープに振られてもタックルで倒す
T-Hawkもリープフロッグを見せたがBen‐Kがスカサハアームドラッグで投げる
清水とEita。清水はタックルでふっ飛ばすとバックフリップ式ホイップ
それでもジェイソンが替わるとEitaはスライディングキック!T-Hawkもブレーンバスター
吉田は強烈なチンロック。Eitaもエルボーを連打する
ジェイソンがこれに同じくエルボー!ドロップキックでふっ飛ばした

5分経過
Ben‐Kが出てT-Hawkにタックル。コーナーに上がったがT-Hawkが逆水平チョップで打ち落とす
場外でいたぶられたBen‐K。リングに戻っても吉田がエルボードロップ
さらにANTIASコーナーで攻撃を加えていく。EitaのPKから吉田がボディプレス

10分経過
T-Hawkは逆水平チョップ。しかしBen‐KもT-Hawkを対角線コーナーへ
串刺し狙いは返されたが、ブレーンバスターで投げる
清水は吉田をエアプレーンスピン。T-Hawkを抱えBen‐Kと共に投げ捨てる
清水は吉田にラリアット。もう1発は吉田がかまいたち。走り込んだ2人のラリアットは相討ち
替わったBen‐KはEitaにパワースラムからミサイルキック
しかしEitaもドロップキック!Numero Unoを狙うがジェイソンがカット
ジェイソンはT-Hawkにカンフーパンチ。T-Hawkは背後にきたジェイソンをクビナゲ!さらに走らせスパインバスター
そして寝かせると吉田がダイビングエルボー!これはBen‐Kがカレリンズリフトでカットする
清水がきて2人で排除するとEitaにハンギングボム。吉田にラリアットを喰らうが逆にラリアットでふっ飛ばす
Eitaが入りトラースキックを清水に決めると、T-Hawkとのポップアップトラースキックを狙う
これをBen‐Kがカットすると、清水がT-Hawkを捕らえ砲丸投げスラムで3カウント



○ビッグR清水
(16分12秒 砲丸投げスラム)
×T‐Hawk


Eita『どこ見てカウント数えてんだ
たまたま勝っただけだろ!
お前ら負けたら覚悟しとけよ』


清水『おいEita、偉そうなことはな、勝ってから言え!
5月6日、ツインゲートのベルトを取るのは
俺たち、ビッグBenだ!』



プロレスランキングへ

スポーツランキングへ






【第1試合】
青木篤志
佐藤光留
vs
岩本煌史
中島洋平
▼先発は光留と中島。光留はヘッドロックからタックルで倒すと腕十字へ
替わった青木がエルボー連打からロープに振ったが中島はコルバタで場外へ追いやる。そしてトペと見せかけ“シャッキーン”とおちょくる
青木はリングに戻ると足首を固める。替わった光留はエルボーからソバット!
フライングメイヤーからのサッカーボールキックも見舞うと、起こして膝裏へローキック連打

5分経過
中島も負けじとエルボーを打ち込むが、光留は低空ドロップキック!
だが中島もスキを狙うと腕十字へ!そして1本背負いで青木を投げると、光留にはダイビングフットスタンプ投下
走った中島だが光留がハイキックから足を取ってアンクルホールド。青木が続くも中島がエルボーをかわして卍固め
スタンディングでのエルボーからハイキックを見舞った中島。ミドルキック連打から跳後廻蹴を放つ
かわした青木がバックドロップ。これを返したがアサルトポイントで3カウント



○青木篤志
(10分4秒 アサルトポイント)
×中島洋平






…………………………………………

【第2試合】
大森隆男
吉江豊
vs
KAI
丸山敦
▼先発の丸山は吉江に向かうが簡単に押されてしまう
走ってのタックルも壁の如く吉江が吹き飛ばしてみせた
丸山はそれでも声援に推されてタックルも返り討ち
替わったKAIと大森。大森がエルボー連打からタックル!KAIもカウンターのハイキックを見舞うと場外戦へ展開
鉄柵に大森をぶつけエルボーも見舞う。

5分経過
リングに大森を戻すと丸山がパイルドライバー狙い。堪えられると、アックスボンバーを狙うもかわされてしまった
替わった吉江に串刺しボディーアタックからスティンクフェイスも見舞われたがカウント2。ローリングセントーンもカウント2
KAIのアシストから連続アックスボンバーを見舞うと、丸山が吉江に回転エビ固め狙い
堪える吉江にKAIがトラースキック!吉江は丸山の上に座り込んでしまいダメージを受ける丸山
大森がアックスギロチンドライバーから吉江がボディープレスで3カウント


○吉江豊
(8分41秒 ボディープレス)
×丸山敦






…………………………………………

【第3試合】
◎2018 チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック◎
(2勝2敗)
鷹木信悟
vs
崔領二
(2勝2敗)
▼崔は向かってきた鷹木の腕を取り腕ひしぎ逆十字固め
場外へエスケープした鷹木を追いかけると鉄柵にぶつけ、さらにはエルボー
鷹木を鉄柱にもぶつけたがハイキックはかわされ自爆
鷹木は崔を鉄柵へホイップ。鉄柵に足を固定してドラゴンスクリュー
観客席でも暴行を加えると、リングに戻りセントーン。そしてサソリ固めで苦しめクロスフェイスに移行

5分経過
鷹木は膝へのローキック、崔がエルボーに来ても打ち返すと膝へのエルボースタンプ
崔も何とかローキックで返しブレーンバスターを狙うが鷹木は着地。
崔はならばとリフトアップ、投げ捨てるとブレーンバスターで叩きつける
崔はフライングメイヤーからスカイキックと見せかけサッカーボールキック。それでも鷹木は蹴り足を掴みドラゴンスクリュー
足四の字狙いを回避した崔はスカイキック
鷹木をコーナーにあげるが、鷹木は一旦は崔を落とす。それでも崔はハイキックから雪崩式ブレーンバスター
吠えた崔が那智の滝を投下したが、かわした鷹木は熨斗紙!さらにパンピングボンバー

10分経過
返されてもパンピングボンバー連打。崔のハイキックをかわしてMADE IN JAPANもカウント2
ならばとSTF~裏STFでギブアップを奪った



○鷹木信悟(3勝2敗)
(11分7秒 裏STF)
×崔領二(2勝3敗)






…………………………………………

【第4試合】
◎2018 チャンピオン・カーニバル 公式戦 Aブロック◎
(2勝1敗)
石川修司
vs
ボディガー
(1勝4敗)
▼見るからに足を引きづるボディガー。それでもエルボー連打
石川は敢えて受け止めボディプレス。フットスタンプも投下
防戦になると思いきやボディガーはカウンターのラリアット。さらにショートレンジラリアットを連打
石川にバックに回られてもハイキック!続いてラリアット
さらには渾身のブレーンバスターも見舞うが、ハイキックをガードされファイアーサンダー
カウント1で返すが石川がランニングニーリフト!返したボディガーだったが、続くファイアーサンダーで3カウント



○石川修司(3勝2敗)
(4分25秒 ファイアーサンダー)
×ボディガー(1勝5敗)






…………………………………………

【第5試合】
宮原健斗
ヨシタツ
野村直矢
ビリーケン・キッド
vs
ジョー・ドーリング
火野裕士
ディラン・ジェイムス
岡田佑介
▼先発は火野とビリー。火野が押し込みクリーンブレイク
ビリーも走ってのていくドロップキックを見舞うが火野がかわす
替わったジョーに対しては宮原が串刺しアタック!
野村と岡田。岡田がロープに振るも野村がフォアアーム!
野村はボディースラムで叩きつけると対角線に振るが岡田が野村をかわしターンバックルにぶつける

5分経過
さらにジェイムスのラリアットから火野が逆水平チョップ。
ジョーはエルボードロップ投下するとジェイムスはボディースラムから踏みつける
ジョーは串刺しビッグブーツに野村をロープに振るが、野村がロープワークからフォアアーム
替わったヨシタツがスイングDDT!コンプリートショットからヨシタツロック
コードブレイカーを狙ったが、ジョーがキャッチして叩きつける。

10分経過
岡田は野村にエルボー連打。だが野村は岡田をキャッチしてノーザンライトスープレックス
これをカットしたジョーが串刺しラリアット。ジェイムスもラリアット
岡田も続いたが、宮原がカットして入り乱れる
ビリーがトペコンアタックで分断。岡田は宮原にスピアを狙うが宮原が迎撃
最後はブラックアウトで3カウント



○宮原健斗
(14分44秒 ブラックアウト)
×岡田佑介






…………………………………………

【セミファイナル】
◎2018 チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック◎
(3勝1敗)
諏訪魔
vs
丸藤正道
(3勝1敗)
▼諏訪魔がリストロックも切り返した丸藤がテイクダウンから足を固める
丸藤のヘッドロックに諏訪魔が走ってのタックルを見舞うが丸藤がリープフロッグ。更にヘッドシザースで翻弄
諏訪魔はロックアップから押し込みブレイク。 丸藤は川田式ステップキックを見舞うも、追撃狙いで走ると諏訪魔がかわし場外へ丸藤をスルー
場外で鉄柵へぶつけるとリングへ戻す

5分経過
諏訪魔がエルボードロップ。スタンディングで逆水平チョップを打ち合うと諏訪魔が打ち勝ち丸藤を場外へエスケープさせる
丸藤は諏訪魔の追撃をかわすと鉄柱越しのトラースキック!さらに鉄柵を背負わせての逆水平チョップ
リングに戻りヘッドロックで固めた丸藤。諏訪魔も抵抗してロープに振ろうとしたが丸藤は外さない。
長い時間絞り続けた丸藤、諏訪魔のバックドロップ狙いも着地して再びヘッドロック

10分経過
丸藤は逆水平チョップからビッグブーツ。もう1発ビッグブーツ狙いは諏訪魔がキャッチしてキャプチュード
諏訪魔はさらにショルダータックル!串刺しラリアットからフロントスープレックスで投げるがカウント2
『投げるぞ』と宣言してからラストライド狙いは丸藤が堪え、諏訪魔のリストを掴みながらクルクル周り膝蹴り
串刺しフォアアームも見舞い、諏訪魔に対角線コーナーに振られてもカウンターのトラースキック。さらにトラースキック連発
諏訪魔もバックドロップこそ回避されたがダブルハンドチョップ!丸藤もラリアットを回避してトラースキック2連発。諏訪魔が負けじとラリアット

15分経過
両者ダウンから起き上がると逆水平チョップ合戦。諏訪魔の力強い一撃から串刺しラリアット
そしてコーナーに上げたが、丸藤が迎撃して雪崩式パワーボムの形で叩きつける
諏訪魔もラリアットを見舞うが丸藤も虎王!しかし諏訪魔はバックドロップ一閃
起き上がれない両者だが、先に起きた諏訪魔がドロップキック!そしてバックドロップ
カウント2で返した丸藤にラストライドの体勢
着地した丸藤が虎王を2連発。不知火狙いを諏訪魔が投げ捨てジャーマン!さらにラリアット。続いてダブルハンドチョップ
そしてラストライドで叩きつけ3カウント



○諏訪魔(4勝1敗)
(19分3秒 ラストライド)
×丸藤正道(3勝2敗)






…………………………………………

【メインイベント】
◎2018 チャンピオン・カーニバル 公式戦 Bブロック◎
(4勝1敗)
秋山準
vs
ゼウス
(3勝2敗)
▼ゼウスがロープに振るが秋山はジャンピングニーアタック
手四つの探り合いから場外にいき秋山がゼウスを鉄柵へぶつけ。だがゼウスも逆水平チョップで反撃
リングに戻っても逆水平チョップを見舞ったゼウス、再び場外での逆水平チョップから鉄柵へぶつける
しかし串刺しラリアット狙いは秋山がカニ挟みでゼウスを鉄柵にぶつけるとニーアタック!花道でのDDTも見舞った
鉄柱への殴打から自身がエプロンに上がり鉄柵へのカーフブランディング
ゼウスが起き上がる瞬間にニーアタックを見舞った秋山。さらにパイルドライバーで突き刺しリングへ
リングに戻ってきたゼウスも逆水平チョップ。秋山はエルボースタンプで応戦
ロープを背負わせてのニーアタックから串刺し式のニーアタック
ランニングニーアタックも見舞うがカウント2

10分経過
ゼウスも意地のバイセップスエクスプロウジョン。リフトアップホイップからチンロック。
秋山をコーナー際にして逆水平チョップを連打。そしてショートレンジバイセップスエクスプロウジョン
チョークスラム狙いは回避した秋山がニーアタック
正調ニーアタックからランニングニーアタック2連発
ハーフダウンのゼウスに至近距離からの膝蹴り→ランニングニーアタック
そしてフロントネックロックで絞め上げるがゼウスはエスケープ
秋山はランニングニーアタックから走ったがゼウスがラリアット。しかし秋山はエクスプロイダー
起きたゼウスがバイセップス!秋山は返してブレーンバスター
秋山はランニングニーアタック、至近距離から膝蹴り4連発。さらにはサポーターを外して3連発。走り込んでもう1発
エクスプロイダーで投げるがカウント2。秋山はもう1発狙うがゼウスはバイセップス
さらにチョークスラム!カウント2。気合いを入れたゼウスがバイセップス。さらに走り込んでバイセップス。秋山のジャンピングニーアタックをかわしてバイセップス!
最後はジャックハマーで叩きつけ3カウント



○ゼウス(4勝2敗)
(18分50秒 ジャックハマー)
×秋山準(4勝2敗)



ゼウス『皆さん、本日もご来場誠にありがとうございました
自分の一番の敵は自分自身の弱い心だと思います
どんなことがあっても立ち向かっていく強い心、それをプロレスを通じて表現出来ればと思います
泣くのであれば悔しい涙よりも嬉しい涙……

まだまだ強くなりたいと思ってますので皆さん応援宜しくお願いします

全日本プロレス、そして、俺たちの人生は、祭りやで。ワッショイ~ワッショイ!』




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ


↑このページのトップヘ