DRAGON GATE(ドラゴンゲート)+他団体の試合結果速報等

人気プロレス団体DRAGON GATE(ドラゴンゲート)を初め新日本プロレスやDDT、大日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、KAIENTAI DOJO(K-DOJO)、WRESTLE―1、スターダム、鬼神道、西口プロレス、学生プロレス等の試合結果速報を中心に載せていきます





【セミファイナル】
◎5ユニットサバイバルレース対象試合◎
吉野正人
土井成樹
VS
YAMATO
B×Bハルク
▼ハルクに対して土井吉が連係。だが、土井吉の串刺しをかわすと、吉野にミサイル、土井にコンプリートショット
YAMATOは吉野の腕狙い。ハルクもこれに続いて、先ほどのお返し。そしてキャプチュード
合体フェースバスターからローリングセントーン。吉野はYAMATOへのチョップで逆転。土井はハルクにロープに振られながらもドロップキック
低空DDTも決め、再度、土井吉が連係。YAMATOは吉野にエクスプロイダー。チョップ&エルボー合戦から吉野が変型ネックブリーカー
土井吉のダブル串刺しからミサイルセントーン。YAMATO&ハルクもサンドイッチ串刺し攻撃を土井に決め、ハルクはスワンダイブニールキックからYAMATO、ハルクと延髄2連発
E.V.O狙いは土井が切り返す。吉野はハルクのミサイルを迎撃し、リバースDDT。YAMATOには再びミサイルを狙う吉野だが、YAMATOが追いかける
そこへ土井が加勢し、合体変型ネックブリーカー。ハルクは土井にマウスも、すぐさま吉野のトルベジーノから土井がバカタレ。YAMATOがカット
ライトニングスパイラル狙いは耐えたハルク。YAMATOは吉野に串刺しドロップキック。顔面キックから延髄、垂直落下
YAMATOは串刺し2連発からハルクも串刺しからバーンナウト。YAMATOはスリーパーからギャラリア。土井がカット
土井はYAMATOにバカタレ狙いも、YAMATOはカウンターでキャッチしてギャラリア狙い。土井は回避
YAMATOはローリングエルボー。土井もエルボー連打。YAMATOはフランケンも土井が切り返す。ハルクは土井にF.T.X
吉野はバックホーム。ハルクは変型水車。ファーストフラッシュをよけた吉野はトルベジーノ、ソル・ナシエンテ
YAMATOがカットも、カットしきれず。そこへ土井がバカタレ。そのまま吉野がギブアップ勝ち


○吉野正人
(20分56秒 ソル・ナシエンテ)
×BxBハルク



土井『見ての通り土井吉の完全勝利や。YAMATO、ハルク、TRIBE VANGUARD、このサバイバルレース、オマエら最初調子よかったみたいやけど、段々負け数増えてきたな
5敗ずつ。5つのユニットの中でオレら2チームが一番負け数が少ない。でもこの先どうなるかわからんからな
次の博多もMaxiMuMは解散せずに帰ってくるから楽しみにしとけよ(5人で1stFINGERポーズ)』



YAMATO『ハルク、大丈夫? オレたちTRIBE VANGUARDはこのサバイバルレース、いいスタートダッシュを切ったけど、どうにもMaxiMuMとは相性が悪い
今日で5敗目。負けが込んできてしまった。まあそれでもKzyがTRIBE VANGUARDはドリームゲート王者YAMATO、オレたちが持ち上げると言ってくれた言葉を信じてる
そしてTRIBE VANGUARDメンバー、ハルク、Kzy、マリア、オマエらを信じてるから
このサバイバルレースの解散マッチ、9月の大田区体育館大会ではもしかしたら万が一、10万分の1くらいの確率でTRIBE VANGUARDが残ってしまうかもしれない
でもその日はドリームゲート王者としての義務を果たさなければいけない。その場合、TRIBE VANGUARDはハルク、アンタを中心に守ってください。お願いします』



ハルク『確かにYAMATOの言う通り、YAMATOには重大な責任がある。オレにも責任がある
TRIBE VANGUARDを作った責任がある。オレとKzyとマリアちゃんとフラミータでTRIBE VANGUARDは守るからな
皆さんもしっかり見ててください。ドラゴンゲートの明るい未来はオレたちTRIBE VANGUARDが守る
今日は負けたけど、BxBハルクもTRIBE VANGUARDもまだまだこれからだ!』






~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎5ユニットサバイバルレース対象試合◎
CIMA
ドラゴン・キッド
Eita
山村武寛
VS
鷹木信悟
T-Hawk
吉田隆司
エル・リンダマン
▼山村に捕まっていたリンダマンだが、金具ムキ出しのコーナーに叩きつけ、鷹木も追随。CIMAは序盤に続いて花道後方でパンチにボディースラム。しかしリング上ではなおも山村が劣勢。鷹木は張り手合戦を受けて立ち、タックルからブレーンバスタースラム。T-Hawkはロホ。リンダマンのチョップを耐えた山村は一発やり返し、ランニングエルボー。鷹木はCIMA&キッドをまとめて叩きつける。Eitaは鷹木にミサイル。T-HawkはコーナーのEitaをチョップで落下させ、鷹木はイス攻撃。パンチは今度こそCIMAに花道でやり返す。Eitaには一斗缶攻撃。4人の流れるような連係も。場内Eitaコール。Eitaは鷹木に走り込んでのヒザ蹴り。CIMAはT-Hawkにバッククラッカー。リンダマンにドロップキック。吉田をボディースラムでリンダマンに叩きつける。キッドは鷹木にコルバタ。Eita、山村はトペコン。キッドはT-Hawkにメサイア。T-Hawkはアギラ。CIMAは吉田にダイビングボディー
プレスからフランケンシュタイナー、ラ・マヒストラル、ホルヘクラッチ。トラースをキャッチした吉田は地獄突き、POWPOW、前後パイナップルボンバー。リンダマンはEitaにトルネードボム。鷹木&吉田はサンドイッチラリアット。鷹木のバックドロップから吉田がダイビングエルボー。リンダマンはEitaにタイガースープレックス狙いも、Eitaは丸め込む。キッドはスーパーフランケン。CIMAは後頭部ドロップキック。山村はフィッシャーマンズバスター。Eitaはトーテムキラー。キッドのウルトラはT-Hawkがヒザで迎撃。バイブル狙いを鷹木が耐え、吉田とダブルインパクト。山村にはVERSERKが連係で追い打ち。吉田はスーパーパワーボム。鷹木はパンピング。T-Hawkはウラジゴク。リンダマンのジャーマンはカウント2。ナイトライドをかわし、ハイキックからロープに走る。パンチがカット。一斗缶狙いは問題龍がカットし、塩攻撃。CIMA&Eitaのトラースキックからキッドがバイブル。リンダマンはEita
にジャーマン狙い。羽交い締めからパンピングは誤爆。鷹木にキッドがウルトラ。CIMAにはパンチがボックス攻撃。吉田はパワーボム狙いもリバースしてそのままシュバイン。リンダマンにはEitaと山村が串刺し。トカレフ二丁拳銃にCK-1もドロップキックで合わせ最後は山村がスターダストプレスで3カウント。



○山村武寛
(25分0秒 スターダストプレス)
×エル・リンダマン



T-Hawk『おいちょっと待て。ちょっと待て。OVER GENERATION、最後1対4でセコンドの問題龍まで使って、そんな汚い手で勝って嬉しいのか。
そうだろ、博多。まあいいよ、OVER GENERATION、オマエらは10敗してるんだ
ほぼ9割9分、解散は決定だな。一つ気になることがある。TRIBE VANGUARD、YAMATO、アイツはチャンピオンの義務か知らんが、テメエのチームの解散が懸かってるのにドリームゲートだ?
オレたちはそんな薄っぺらい関係じゃねえよな』



鷹木『あたりめえだ。今日の負けは痛くもかゆくもねえんだよ。YAMATOはとんでもねえ野郎だ
自分のユニットよりベルトが大事か? あんな自己中見たことねえ。それに比べてオレたちVERSERKの絆は間違いない
プロレス界イチだ。大田区に向けておもしろいことを考えている。YAMATOが大田区でドリームゲートをやるなら、オレたちはその逆を行ってやろうじゃねえか
トライアングルゲートのベルトを持ってるがやらんぞ。大田区の大会名はデンジャラスゲート、危険なトビラを開かなきゃいけねえ
タイトルマッチはやらず、ドラゴンゲートの初の有刺鉄線を持ち込むからな。わかったか
ドラゴンゲートの選手全員血祭りに上げてやるから楽しみにしとけよ』


CIMA『まあ有刺鉄線とか大田区とか、とにかく山村、最後はよう勝ってくれた、ありがとう
Eita、オマエもナイスサポートや。それからGammaさんも石田も応援ありがとうな
最後、問題龍、オマエ序盤にやられて正直出てくるなよと、痛い思いして出てくるなと思ったけど、最後ええやん。塩持ってきて
問題龍の塩攻撃からこの試合の流れが変わった。問ちゃん、最後このタイミングで入ってきたってことは…
復帰はもうそんな遠くないと思っていいんですか? 問題龍のカムバックを期待していいんですか?
まあ首のヘルニアですから大変ですけど、パイルドライバー食らって入ってこれるコンディションになってるということですね
問題龍、約束しましょう。東京オリンピックまでには完全にカムバックしますので
2020年までには。それまでOVER GENERATION、何回か危機くると思うけど大丈夫かな
無理せず最大限の努力して。今日Gamma石田組は負けてしまいましたけど、8勝10敗。いい意味で言えば10敗目、二桁初ですかね
10敗から始まるドラマもある。そんな映画あったでしょ? ない?
これから作りますわ、そういうドラマをリング上で。GAORAさんがずっと撮っておいてくれると思うので。OVER GENERATIONですからヤングジェネレーションにかかってる
キッド、YAMATOがドリームゲートチャンピオンの責任を持って、タイトルマッチをやると言った
ボクらも土井吉野、この2人から防衛してるんですよ。そしてボクたちのユニット名はOVER GENERATION
世代を超えてもらう。そして今のメインイベントはEitaのサポートがあって一番若い山村が決めた
石田、指くわえて見てたらアカンぞ。CK-1は彼らに託してツインゲートいきますよ
万が一のことがあってもOVER GENERATIONは守れるよな』



Gamma『何かあったらオレを頼れ』


Eita『わかりました。任せてください。ヤングジェネレーションが必ず守ります
どんな手を使ってでもオレたちは勝ちにこだわっていくので皆さん応援よろしくお願いします
メインで勝ったのは山村武寛。あとは頼んだぞ』


山村『今OVER GENERATION、最下位で10敗目かもしれないですけど、いつまでも頼ってるわけにはいかないんですよ
必ずオレたちヤングジェネレーションがこのOVER GENERATIONを必ず守ります。
そして次の博多大会10月1日はOVER GENERATION必ず生き残ってまたフルメンバーで帰ってきたいと思いますので、今日はどうもありがとうございました!』
 
【5UNITサバイバルレース戦績状況】
・TRIBE VANGUARD=7勝5敗
・MaxiMuM=10勝5敗
・VerserK=6勝8敗
・ジミーズ=6勝9敗
・OVER GENERATION=8勝10敗








【第1試合】
ドン・フジイ
U-T
ワタナベヒョウ
VS
ジミー神田
ジミー・カゲトラ
吉岡有紀
▼U-Tとヒョウがともに「自分がいきます」と先発を直訴。フジイはヒョウに先発を託し、反対コーナーからは吉岡が登場した
U-Tもカゲトラにドロップキックを決めた後にヒョウにダブル攻撃。フジイはカゲトラの顔面攻撃。神田とフジイはチョップの打ち合い
フジイはコーナーに追い詰めてから3人がかりで攻撃。ヒョウのボディースラムを耐えた神田は逆ボディースラム
吉岡が攻勢に出てヒョウをフォールするとフジイは水の入ったペットボトルを投げてカット。カゲトラとはエプロンからエルボー

5分経過
ヒョウは神田にエルボー連打。ロープに走ると、カゲトラがカウンターでのキックからシャイニング
だが、カゲトラにドロップキック2連発で逆転。フジイは3人にタックル。神田と吉岡をまとめてラリアット、DDT
U-Tは神田にミサイル。神田は旋回式サイドバスター。吉岡はフジイにエルボー連打から低空ドロップキック
ミサイルキックをかわしたフジイはラリアット。ヒョウはダイビングボディーアタック。吉岡はU-Tにダイビングボディプレス。神田はダイビングエルボー。カゲトラはU-Tにアッパーから車懸で3カウント


○ジミー・カゲトラ
(9分19秒 車懸)
×U━T



試合後、U-Tはジミーズの握手に応じるも、ヒョウ、吉岡は拒否し、フジイと退場。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
◎5ユニットサバイバルレース対象試合◎
ヨースケ・サンタマリア
VS
パンチ富永
▼マリアが打点の高いドロップキック。場外ではパンチが優勢。リングに戻すとPTミサイルキック
ブレーンバスターを耐えたマリアはラブリーアロー、おっぱいアタック。パンチはロケットパンチからPTキック
かわしたマリアはバックを取るも、パンチが急所。しかしマリアには効かず、張り手から狙い撃ちで勝利


○ヨースケ・サンタマリア
(2分48秒 狙い撃ち)
×パンチ富永



試合後、VERSERKがマリアを袋叩き。鷹木はダメ押しの急所ニー





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
◎5ユニットサバイバルレース対象試合◎
Gamma
石田凱士
VS
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
斎藤“ジミー”了
▼GammaコールがH.A.Gee.Mee!!コールを上回る。石田は斎了にトペ・スイシーダ。Gammaは堀口にツバ攻撃。石田はミドルから髪攻撃
斎了は石田にフロントスープレックスから首への攻撃。堀口もリングインするとマライサの連係が完成
堀口はアキレス腱固め、斎了はダイビングフットスタンプ。石田は堀口にドロップキックで逆転
Gammaは斎了のサイクリングヤッホーを回避。ツバ攻撃をガードした斎了はガンマスペシャルアピール時に丸め込みから再びサイクリングヤッホー
今度は成功。斎了は石田にジャーマン。堀口は垂直落下

10分経過
斎了ロケットはGammaがアックスボンバーでカット。堀口はバックスライド狙い。耐えたGammaがアックスボンバー
石田はスクリューキック。ガンマスペシャルアピール時に堀口がバックスライド。斎了は石田にジャーマン
ドラゴン狙いを石田が丸め込み。丸め込み合戦から斎了がドラゴンスープレックスもカウント2。だが最後はダブルクロスで3カウント



○斎藤“ジミー”了
(11分45秒 ダブルクロス)
×石田凱士





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
ビッグR清水
Ben-K
Kotoka
VS
望月成晃
ジミー・ススム
ジミー・クネスJ.K.S.
▼ヤングMaxiMuMが先に入場し、続いてクネスカ、望月の順でリングイン。清水と望月が先発
清水はロックアップから投げ飛ばし、タックルでも吹っ飛ばす。サッカーボールキックは効かず
エプロンで清水は望月の首根っこを掴むが、望月はキックで場外に落とした。ススムとBen-Kはエルボー合戦
ジャンボも耐えたBen-Kはタックルで倒す。Kotokaはクネスに顔面ドロップキック。Kotoka&Ben-Kの串刺しから清水はダイビングショルダー
カットに入った望月と清水がチョップ合戦。望月はキック連打から張り手も見舞うが、蹴り足をキャッチした清水も倒して顔面踏みつけから逆水平。
清水とBen-Kはタックル。Kotokaのミドル連打を耐えた望月は逆に重いミドル。
急所へのカカト落としからクネスカも連係。Kotokaはススムへのミサイルで逆転。Ben-Kは望月&クネスと2人まとめてスピア
Ben-Kはさらに俵返しで投げてアルゼンチンバックブリーカー。清水もススムにアルゼンチン
Kotokaもクネスに狙うが決められず。ススムにヤングMaxiMuMの串刺しトレイン。Kotokaの顔面キックから清水&Ben-Kがダブルスピア
Kotokaはダイビングフットスタンプ。カルデラはススムが回避。雪崩式エクスプロイダーも決めた瞬間、清水がOTAKEBI。砲丸投げスラムは回避
望月は清水の逆水平を食らいながらもフロントハイキック。クネスとのダブルキックからススムがジャンボ。KotokaはクネスにスイングDDT
クネスは光の輪。望月にBen-Kがスピア、フロントスープレックス。清水はライガーボム。さらに餅つきパワーボムも、望月は体を入れ替え顔面キック連発からツイスター。
三角蹴り狙いは首根っこを掴んだ清水。その手をハズす望月だが、清水はラリアット。さらに砲丸投げスラム狙いも、回避した望月がイリュージョン、真・最強ハイキックで勝利



○望月成晃
(13分30秒 真・最強ハイキック)
×ビッグR清水



望月『おい清水、オマエとは来月ドリームゲート次期挑戦権を懸けて戦うけど、オマエには名古屋で一本取られた。
今日は一本返した。来月までとことん潰し合おうぜ』



清水『望月成晃! オマエみたいなオッサンがいつまで経ってもドリームゲートに挑戦されちゃドラゴンゲートの未来がねえんだよ
9月の後楽園、この俺ビッグR清水が必ず勝って次回博多大会ではベルトを持って凱旋してやるから覚悟しとけ!』




※大槻ケンヂが登場。かねてより入江茂弘に依頼されていた新入場テーマの完成を報告。曲名は“T2”
後半戦スタートの合図も大槻。








【第7試合】
◎DDT EXTREME級選手権試合~カベジェラ・コントラ・カベジェラ・ハードコア・サブミッションマッチ◎
<王者>
佐々木大輔
VS
彰人
<挑戦者>
▼パツキンのネエチャンを従えて入場したチャンピオン、グラウンドの展開から彰人が足を狙うが佐々木はエスケープ
佐々木はアンクルを狙うが彰人が逆にアンクル。場外に彰人を連れた佐々木は彰人の首に椅子を絡ませ鉄柱に殴打!

5分経過
リングに戻すや、セットしたラダー上に河津落としを決めた佐々木。ギターを手に取りダイビング殴打
さらにDDTを決めたが、彰人も蹴り足を取ってドラゴンスクリュー。両足を取ってのドラゴンスクリューも見舞う
佐々木もドロップキックで応戦すると、立て掛けたラダーに登ろうとする
途中で阻止した彰人、ラダーの隙間に足を絡ませ宙吊り状態の佐々木に椅子で殴打

10分経過
アンクルホールドを極めにいった彰人だが佐々木は回転して切り抜けるとクロスフェイス。だが抜け出した彰人は足横須賀
佐々木も椅子殴打で場外に追いやりトペスイシーダ
エプロン際にラダーをセットした佐々木、最上段から場外の彰人目掛けてボディアタック

15分経過
ラダーをリングに寝かせた佐々木はダイビングエルボーon theラダーを放ったが、かわされ自爆
すると彰人はラダーをコーナーに立て掛け佐々木をそこ目掛けて投げ捨てキン肉ドライバー
佐々木もカウンターのトラースキックからボディスラム。彰人の上にラダーを寝かせ、椅子をクッション代わりにダイビングエルボーwithラダー
そしてセットしたラダーを登った佐々木だが、彰人も追いつき揉み合う
彰人がデッドリードライブon the机からトライアングルスコーピオン。
エスケープした佐々木はポーリーに羽交い締めにさせ、ギターでの殴打を狙うがポーリーに誤爆
改めて彰人にギターで殴打した佐々木はミスティカ式クロスフェイスで固め。椅子も利用してギブアップを奪った



○佐々木大輔
(21分14秒 ミスティカ式変形クロスフェイスwith椅子)
×彰人



予定通りにハサミで髪を切った佐々木、バリカンも使い落武者状態にして止める。バラモ●彰人
彰人はバリカンを奪い取り自ら剃り落とした



※来年1月に無差別級チャンピオンを含む全選手によるリーグ戦が開催
優勝者は3月25日の両国国技館大会のメインイベントへ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
◎ウチコミ!presents KO-Dタッグ選手権試合◎
<王者組>
入江茂弘
樋口和貞
VS
HARASHIMA
丸藤正道
<挑戦者組>
▼先発は樋口と丸藤。樋口のタックルにも受け止めてみせる丸藤は挑発して走らせる
だがリープフロッグ狙いを樋口がキャッチしてベアハッグ。替わった入江には丸藤がヘッドロックから連続フォールで若手扱い
替わったHARASHIMAは入江をカニ挟み、丸藤がスライディングキック→HARASHIMAはレッグドロップ
さらに串刺しエルボーも見舞ったHARASHIMAだが入江が体当たりで吹っ飛ばす。替わった樋口はWARスペシャルで絞めにいく

5分経過
入江もエルボー連打→ダウンしたHARASHIMAにテディベア!しかしHARASHIMAも樋口にカウンターでジョン・ウー
丸藤が替わると樋口をコーナー際に追い込み逆水平、ランニング串刺しバックエルボーからカマイタチも決める
だが樋口もすぐにタックルでダメージを与えるとカナディアンバックブリーカー。続いて串刺しラリアット
中央で逆水平の打ち合い、樋口が威力に勝り丸藤を追いやったが、丸藤はカウンターでトラースキック、エルボーからスピンキックと連続攻撃

10分経過
不知火狙いは樋口がキャッチしてオクラホマスタンピート
替わった入江はスクラップバスターを決めるとブレーンバスター狙い。しかし堪えた丸藤がトラースキック
カマイタチを狙う丸藤に対して、入江は場外のHARASHIMAにプランチャ。樋口も続いてプランチャ
入江は丸藤を抱えようとしたが着地してトラースキック
HARASHIMAがスワンダイブ式ボディプレスからハイキックを決めたHARASHIMA
リバースフランケンが決まるが蒼魔刀は不発、逆に樋口が串刺しラリアット!入江が肩車して樋口がチョークスラム
丸藤を排除して樋口の串刺しラリアット→入江のキャノンボール

15分経過
入江のラリアットを延髄斬りで迎撃したHARASHIMAはジャンピングダブルニー。
丸藤が樋口を虎王で排除、HARASHIMAのつるべ落とし狙いを堪えた入江。そこへ丸藤が入江に虎王!
そして不知火を決めてHARASHIMAが蒼魔刀でフィニッシュ



○HARASHIMA
(16分14秒 蒼魔刀)
×入江茂弘



HARA『丸藤さん、やりましたね。
ハラシマルフジ、ベルト取りました~』


(プロデューサーのディーノが登場)


ディーノ『勝利の余韻に浸りたいところご免なさいね
あ、ワタクシ、DDTの新プロデューサーに就任した男色ディーノです

端的に言うと次の防衛戦のことなんだけど

丸ちゃん、何回かDDTに参戦してくれて
ベルト取ったからにはお腹一杯DDTを楽しんでもらおうと思うの』


(その一発目の相手としてディーノ自身、そしてパートナーに高木三四郎を呼び込む
さらに防衛戦の舞台を9月20日(水)宮地鉄工所での路上プロレスと発表)


丸藤『まずはDDTの皆さん、ありがとうございます
次の防衛戦の相手は高木大社長と、数年前に俺の唇を奪い損ねた男色ディーノじゃねえか

俺はいい。俺はいいよ
ただ、会社がなんて言うかな』



ディーノ『ふ~ん、そうよね
あ、そこに居るのはプロレスリングノアで一番偉いウッチーこと内田さんじゃないの!?』



三四郎『止めろ、ディーノ!』



ディーノ『そうよねぇ、プロレスリングノアさんが路上マッチなんて受けるわけないわよねぇ』



内田『高木社長、男色さん……

むちゃくちゃ面白そうじゃないですか
今年のノアは色々チャレンジしますよ』



丸藤『勝手に決めやがって
こうなったら工場でも路上でも何処でもやってやる
でもな、これだけは言っとくぞ
面白ぇじゃねえか』



HARASHIMA『丸藤さん、今から締めるんで雰囲気で付いてきてください

誰が相手でも必ず防衛してやるさぁ
(なんでぇ?)

工場でも何処でもやってやるさぁ
(なんでぇ?)

俺とHARASHIMA選手で、DDTに新しい風を吹かせてやるさぁ
(なんでぇ?)

ハラシマルフジで爆発してやるさぁ
(なんでぇ?)

なんでかって?
それは
鍛えてやるからさぁ!』





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎グッドコムアセットpresents KO-D無差別級選手権試合◎
<王者>
竹下幸之介
VS
遠藤哲哉
<挑戦者>
※勝者には賞金200万円が贈呈される
▼ヘッドロックの攻防から遠藤が場外にエスケープ、竹下がノータッチトペコンで追撃。場外戦でもダメージを与えた竹下
リングに戻しバックブリーカー、レッグドロップ→キャメルクラッチと続けた竹下。コブラクラッチの体勢にいくが遠藤エスケープ

5分経過
そのまま遠藤は場外にエスケープするが竹下が連れ戻す。そして竹下がリングに戻ろうとすると、遠藤はハンドスプリングアタック
場外に落ちた竹下に、追いかけた遠藤はマットを避けてボディスラム
リングに戻しミサイルキックからスイングネックブリーカー。そして極楽固めを決める
起き上がってエルボー合戦から竹下を倒してフォール。竹下も逆水平を放ちにいくが遠藤はやり返す

10分経過
竹下はカウンターのフロントスープレックス、ミサイルキックで場外に追いやるとトペを狙う
遠藤はこれを読んでハンドスプリングを決めるが竹下はフィニッシュに合わせてバッククラッカー
遠藤もロープに振ってドロップキック、場外に追いやった竹下にブエロデアギラ!
リングに竹下を戻した遠藤は垂直落下式ブレーンバスターからその場飛びシューティング
エルボー合戦から竹下がフランケン。だが追撃狙いを切り返した遠藤がメキシカンストレッチで絞り上げる

15分経過
遠藤がジャンピングハイキックにくれば竹下もカウンターでブルーサンダー
素早い互いの技のよみあいから互いのジャーマンを両者着地、竹下は直後に膝蹴り!そしてラストライドで叩きつける
竹下がフィニッシュ予告も遠藤が察知、しかし竹下が蹴り!遠藤はテツヤ・イン・ザ・スカイ(フラムフライ)!
コーナーに上がった遠藤だが竹下が追いつき雪崩式ブレーンバスター。両者ダウン

20分経過
起きた竹下が遠藤を肩車、抱えあげ体勢を変えるとリバースインプラント
それでも遠藤が走っていくが、竹下はアームホイップで花道へ投げつける
花道でラストライドを狙う竹下、遠藤は着地して竹下を抱えるとツームストンパイルドライバーon the花道
リングに戻した竹下に背後からダイビングエルボーアタック→垂直落下式ブレーンバスター
さらにシューティングスタープレスを投下したが竹下が膝でガードする
竹下は串刺しフロントハイキック→投げ捨てジャーマン。だが遠藤もラリアット
遠藤はコーナーにあげた竹下に雪崩式スパニッシュフライ!カウント2

25分経過
コーナーからシューティングスタープレスが決まるが竹下は返す。
さらにコーナーに上がろうとしたが竹下が足を引っ張り阻止。遠藤もエルボーで竹下を引き離す
しつこい竹下をエルボー、それでも指を突き立ててきた竹下にバズソーキックを決めた遠藤
トーチャーラック狙いは竹下がヘッドロック。だが遠藤はハンドスプリングキックからトーチャーラックボム!
そのままコーナーに上がった遠藤、追いかける竹下を振り払うが竹下はもう一度上がり雪崩式ジャーマン
そしてラリアットで吹っ飛ばすと膝蹴り→ジャーマンスープレックス
返されてもクラッチを外さなかった竹下がクロスアーム式ジャーマンスープレックスでフィニッシュ


○竹下幸之介
(29分2秒 クロスアーム式ジャーマンスープレックス・ホールド)
×遠藤哲哉



竹下『両国にお集まりの皆さん、ありがとうございました
今日で、スーパーアリーナでベルトを取ってから7度目の防衛に成功しました
DDTの選手、このベルトに賭ける思い、みんな強いんでいつも苦しい試合になります
でも、僕は勝ち続ける運命にあると思います。と勝手に思ってます』


(ディーノが登場
次の防衛戦にはDDTでシングルのベルト保持者とやってもらうと提言

インディペンデントJr.ヘビー保持者の大家健
DDT EXTREME保持者の佐々木大輔
を呼び込む
9月の後楽園にて3WAY?にて防衛戦)



竹下『ただ、僕の認識では大家さん、後楽園の前に、あのベルトの防衛戦あるんで、(負けた)その時はどうするんですかね!?多分何も考えてないんでしょうね笑
まぁ、どんな相手でもぶっ潰してやりますよ

約5年前に17歳のガリガリの青年がデビューして今、両国国技館のメインを締めます

もっともっとDDTをでかくするんで、竹下幸之介に付いてこい!』




↑このページのトップヘ