DRAGON GATE(ドラゴンゲート)+他団体の試合結果速報等

人気プロレス団体DRAGON GATE(ドラゴンゲート)を初め新日本プロレスやDDT、大日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、KAIENTAI DOJO(K-DOJO)、WRESTLE―1、スターダム、鬼神道、西口プロレス、学生プロレス等の試合結果速報を中心に載せていきます





【セミファイナル】
ドラゴン・キッド
Gamma
石田凱士
vs
鷹木信悟
Eita
吉田隆司
▼ANTIASの奇襲からリングに戻り、石田が吉田と対峙。
力では差を見せつけられるがキックを見舞ってダウンを奪う。
GammaはEitaに汚水、ツバ。吉田はキッドにリフトアップスラム。石田には地獄突き。
鷹木はキッチンシンク。鷹木&Eitaで鉄柱への急所攻撃も見舞う。
キッドの左足に椅子を乗せるとEitaはそこへバット攻撃。
鷹木は石田をデッドリードライブ。Eitaの攻撃の後には吉田がチョーク攻撃。石田は鷹木にサッカーボールキック。
ミドル連打からロープに走るとEitaがダウンさせ、場外で椅子攻撃。吉田はボディープレス。
石田は鷹木にミサイルを避けられるが、パワーボム狙いをリバース。
GammaはEitaに串刺しフロントハイキック。吉田にはアックスボンバーを連発。
吉田は倒れず地獄突き。だが鷹木と吉田のラリアットを誤爆させ、鷹木にアックスボンバー
EitaはGammaに水噴射。キッドは低空ドロップキックを避けてメサイア、619。
石田は顔面蹴り。Gammaはアックスボンバー。
鷹木は石田とGammaをまとめて叩きつけ、キッドのウルトラもキャッチ。
鷹木は串刺しパンピング。吉田はスクラップバスター。鷹木がキッドを抱え、Eitaがトラースキック。吉田はダイビングエルボー。
Gamma&石田にはまとめてパイナップルボンバー。Eitaはキッドにイダルゴ狙い。キッドのバイブルを耐えたEitaは左足にキック。
だが、キッドはバイブルで勝利


○ドラゴン・キッド
(14分59秒 バイブル)
×Eita


キッド『ANTIAS、OVER GENERATIONを舐めんなよ。
Eita、お前のせいで今年のKING OF GATE途中リタイアとなったんだよ
今日一回勝った位で何も満足してねえぞ。いいか今日から新たなスタートじゃねえ
もうお前たちの終わりのカウントダウンは始まってるんだよ。
そういや今回この博多明日もここで試合あるよな。そしてまだ対戦カードは決まってないはずだ。
だったら俺達OVER GENERATIONは問題龍入れてお前らANTIASは神田入れてよ
KING OF GATE最下位の神田を入れて4対4で全面対抗戦いこうじゃねえか』


Eita『ちょっと待てキッド。この試合負けてねえ。ツーカウントで返したぞ。
お前ら見てただろうがよ。お前ら目腐ってるのか。そこのお前らだぞ。
そんな事より神田は俺らのチームだ。問題龍はどこに隠れてるんだ?
(マスク剥ぐ)
あーお前が問題龍か。不細工。これじゃ明日は4対4じゃなく4対3になりそうだな』


Gamma『ちょっと待て。だいたいEita、マスク取ってお前が問題龍かってなんだよ。
マスク取ったらキマタダイスケだよ。実質ハンディキャップ戦になるかもしれん。
でも怒った時の問題龍はひと味違うぞ』



問題龍『やってやるよ!』


八木本部長『よしいいじゃねえか。とことんやってもらおうか
明日は4対4を組んでやろうじゃねえか。ただ勝ち負けをつけるだけじゃなく、来月解散懸けて戦うよな。
その敗者解散マッチの試合形式が決まってない。その解散マッチはなにわ式イリミネーションでやってもらう。
これはシングルマッチから始まって一人ずつ順番に先行後攻と出てくる。
先行の方が圧倒的に有利となるんだ。明日の4対4はその先行の権利を懸けて勝った方のチームが先攻だ。
それじゃあ明日なにわ式イリミネーションマッチの先攻の権利を懸けて8人タッグ決定します』


鷹木『何がなにわ式だ。どうでもいい。ドラゴン・キッド、お前どういうつもりだ。
復帰戦なのに足全然治ってねえよな。こんな中途半端だったら来月まで待つ事はねえ。
明日OVER GENERATIONの解散が見たいよな? 明日でトドメ刺してやる。今日以上に大暴れしてやるから覚悟しとけ』


キッド『お前がムチャクチャにする事、何もお客さんが求めてない事ばっかりするな
本当に強い人間は体が強いんじゃねえ。心だ。お前達ANTIAS、俺達が必ず解散に追い込んでやるから覚悟しとけよ
という事でまだまだ始まったばかりです。これからもOVER GENERATIONで盛り上がれー!』






……………………………………………

プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

【メインイベント】
◎KING OF GATE 2018 優勝決定戦◎
YAMATO
vs
吉野正人

▼ロックアップから吉野がロープに押し込んでクリーンブレイク。グラウンド戦。
吉野がドロップキックからトペ・スイシーダ。吉野がYAMATOの左腕を何度も回して攻撃。
コーナーやマットにも左腕を叩きつけて、ジャベ。
逆転したYAMATOはいきなりの垂直落下からCBV、変型フェースロック
ロープ付近で顔面を踏みつけ、レフェリーに注意されると「シャラップ」。
それからYAMATOはドロップキック、逆水平、エルボー、チョップ。
吉野もチョップからロープに走るも、YAMATOは羽根折り固め

10分経過
YAMATOが頭を蹴り飛ばして挑発。吉野は前へ前へ。そしてチョップ2連発、コウモリを2カ所で
高角度ミサイル狙いはYAMATOが回避して串刺しドロップキック、エクスプロイダー、CBV
YAMATOはランニングエルボーを連発。吉野はフロムジャングル、変型ネックブリーカー
コーナーへ上がる吉野だが、YAMATOも上がる

15分経過
吉野がパワーボム。高角度ミサイル。カウント2。
吉野がトルベジーノを狙うも、カウンターでキャッチしたYAMATOはギャラリア、串刺しドロップキック、ミサイルキック。カウント2。
ギャラリア狙いから延髄。それでも吉野はトルベジーノ、ソル・ナシエンテ。だが、これを丸め込むYAMATO
カウント2の後、スリーパー。スリーパースープレックスから違う入り方でのギャラリア。カウント2
YAMATOコールと吉野コールが起こる

20分経過
YAMATOがギャラリアの体勢。耐えた吉野がバックホーム
トルベジーノ、ソル・ナシエンテ。倒れるが、起き上がると顔面をこする。
しかしYAMATOが脱出からスリーパー、ギャラリアもカウント2
吉野コール。手を広げるYAMATO。ギャラリアの体勢も横十字固め。
YAMATOはフランケンも丸め込む吉野。YAMATOはエルボーからギャラリア狙いも、吉野はトルベジーノ十字固めで3カウント


○吉野正人
(23分16秒 トルベジーノ十字固め)
×YAMATO


吉野『博多、KING OF GATE2018、俺が優勝したぞー! 
YAMATO、YAMATO、YAMATO、お前は俺と戦う前に言った通り確かにお前は人気も実力も申し分ない選手や。
お前が、YAMATOが、確かにドラゴンゲートの中心に、いてるかもしれない。
なぁ、でも言ったよな。俺も闘龍門から数えて18年このリングでやってきてるんや。
今日はそのオレの、意地と覚悟、それだけやっ!
YAMATO、ドラゴンゲートの中心にいるんやったら、またいつでも、シングルマッチ、やろうやないかっ。
それから…望月さん、この1カ月KING OF GATE公式戦から決勝トーナメントまで、勝ち抜いて、ようやく長い戦いクリアして
望月さん、あんたにたどり着きましたよ』


望月『吉野正人、KING OF GATE、2度目の優勝おめでとう。
まあ俺はKING OF GATE参加しなかったからよ、3ヶ月防衛戦、無しで待ちくたびれたよ
まぁ、お前は18年の意地を見せるって言ったな。
だったら俺は、キャリア25年の意地を見せてやる。
まぁだいぶお疲れのようだけどなぁ、俺はお前の実力をよく知ってる。
明日は俺は一切油断せずにガンガンいかせてもらうからな。覚悟しとけよ』


吉野『望月さん、俺よりキャリアが長かろうがYAMATOみたいに俺より下のヤツでも、俺はこのリングで戦ってきた事を証明するためにも、絶対にあんたにも譲る訳にはいかんのや
見ての通り立つのもキツい。明日はもしかしたら大分アンタが有利かもしれん
でも体がどうのとか首がどうのどうでもいい。気持ち一つや
その気持ち一つでアンタのそのベルト獲ったろうやないか

今、勢いでかっこ良く決めたけど
博多は8月にあるんで、ドリームゲートは、次の8月に出来ないんでしょうか
今日がKING OF GATE決勝で明日がドリームゲート戦…
何とか皆さんの力で……』


土井『ちょっと待って!
せっかくかっこ良く決めたのに………明日いきましょうよ』


吉野『土井ちゃんが言うなら仕方ない。俺が言うたところで何も出来ないみたいやし

オッケー、8月やなくて明日やろうやないか!
KING OF GATE皆さんのお蔭で優勝することが出来ました
ホントにありがとうございました
俺は去年頚椎損傷やって、頚椎ヘルニアもやって、医者には引退しろとか1年休めとか言われた
でもやっぱり、そのときに俺の元に届いたのは皆さんの声、声援でした
無理言って2年間、シングルマッチ外してもらってタッグとかでやらせてもらいました
それだけ、今回のKING OF GATEにかけてきたんや
さっきも言うたように闘龍門から18年戦った意地があった
その誇りをかけて戦い抜きたいと思います。

明日は望月成晃や。散々蹴られるやろ。頭も蹴られるやろ、首もやられるやろ
でも最後までこのリングで戦い抜きたいと思います。
その先にあるのは、ドリームゲートチャンピオンの吉野正人や
明日は皆さんにも、TNCも入りますので、その姿をお見せしたいと思います
何が何でも、ドリームゲートのベルト取ったるから、楽しみにしとけや!』









【第1試合】
望月成晃
K-ness.
vs
パンチ富永
“brother”YASSHI
▼博多2DAYS初日のオープニングはNATURAL VIBES対無所属。
先発はパンチとK-ness.。K-ness.がヘッドロックの際にパンチのバンダナを取り、頭をはたく。
パンチはパンチロケット。ブラザーは望月の急所をつかむが、望月は微動だにせず
サッカーボールキックは2人に対して決め、パンチには更に急所踵落とし。ブラザーも急所をやられたが、逆にお返し。
パンチのPTミサイルキックは自爆。K-ness.は顔面ドロップキック、頭こすり。望月は腹部にロー。関節技の後、頭をはたき、フロントハイキック。
パンチはヘッドバット。のけ反り回避でブラザーと交代。ブラザーは2人まとめてBAD BOY。
パンチはブラザーを抱えて鐘をつくように突進。逆パターンは望月に回避される。
だがパンチはパンチロケットの後、2人でK-ness.に対して連係攻撃。合体パンチロケットは望月がカット。
その望月にパンチはSTO。ツーステップムーンサルトは自爆。
望月は顔面蹴りラッシュ。ブラザーがフォールをカット。望月はなおもミドルキック連打。
パンチは耐えるも最後は強烈なキックで3カウント


○望月成晃
(9分6秒 真・最強ハイキック)
×パンチ富永







……………………………………………

【第2試合】
シュン・スカイウォーカー
vs
横須賀ススム
▼ススムとシュンはグラウンド合戦から共にスカイウォークポーズ。
ススムはキッチンシンクからマスク剥ぎ。コーナーに思い切りホイップし、シュンは背中を強打してダウン。
バックブリーカーから逆片エビ固め、クロスフェースロック。シュンはドロップキックから三角跳びプランチャ。
スワンダイブ式ダイビングボディープレス。ブラスター狙いを回避したススムだったが、シュンも意地で返してコーナーへ。
ススムが追いつき、雪崩式エクスプロイダー。ジャンボ狙いはシュンがバイシクルキックで回避してブラスター。ムーンサルトは着地。
ススムのジャンボも耐え、アシュラ狙いも、ススムは回避してカウンターのジャンボ。シュンは丸め込み3連発。
ススムは後ろからのジャンボを決め、至近距離からもう一発。これもカウント2となるも、最後はジャンボの勝ち!固めで3カウント


○横須賀ススム
(9分23秒 ジャンボの勝ち!固め)
×シュン・スカイウォーカー





…………………………………………

【第3試合】
Ben‐K
vs 
神田裕之
▼KING OF GATE最下位とコールされて菊池リングアナにキレる神田がそのまま奇襲攻撃を仕掛け、場外乱闘でBen-Kを客席にホイップ。
リングに戻るとBen-Kがパワーで逆転。神田はBen-Kをエプロンに立たせてジョン・ウー。
再び場外では客席ホイップ。リングに戻って踏みつけフォール。

5分経過
神田は懲りずに場外ホイップを挟んでリング上ではエルボー。そして懲りずに場外にBen-Kを連れ出す
場外でBen-Kが形勢逆転すると、リングでフロントスープレックス
神田は俵返しを返してジョン・ウー狙い。だが、Ben-Kがバックドロップ、ミサイルキック。Ben-Kボムは神田が回避

10分経過
ジョン・ウーフェイントのスモールパッケージから今度こそジョン・ウー。しかしBen-Kは倒れず、スピア。
フォールをEitaがカット。鷹木や吉田も乱入し、袋叩き。そこへOGが登場。試合はノーコンテストとなる。


×Ben‐K
(11分5秒 セコンド乱入によるノーコンテスト)
×神田裕之


Eita『ちょっと待てや。お前ら何邪魔しに来てんだ。ANTIASでもなければMaxiMuMでもない。
一番関係ないお前ら入ってくるんじゃねえよ。リングが汚れるんだよ』


キッド『Eita、関係なくはないぞ。お前たちと俺達は来月の後楽園ホールで解散を懸けて試合をするよな。
それに今の試合もお客さんは最後まで見たかったはずだ。
そうでしょ。分かった、KING OF GATEの最下位になった神田が負けそうになったからお前らは試合をグチャグチャにした』


Eita『これ以上言うんじゃねえ、クソチビ。そんな事より今日お前らと当たるな。
復帰戦だかなんだか知らねえけど、足破壊して引退させてやる』


キッド『今日の試合もお前らANTIASじゃねえ。
勝つのは俺達OVER GENERATIONだ、覚悟しとけよ。という訳でまだまだドラゴンゲートで盛り上がれー!』






…………………………………………

【第4試合】
Kzy
堀口元気
vs
ドン・フジイ
斎藤了
▼新人・斎了がKzyと一生懸命なファイト。フジイは2人まとめてラリアット&DDT。堀口には逆水平を連発。
斎了は「イヤー!」と気合を入れながらストンピング連打。「失礼します」と言ってから顔面踏みつけ。 堀口はコルバタからゴムパッチンを狙うが、ゴムを引っ張りながら後ろ向きの状態で被弾。
Kzyはフジイにドラゴンスクリュー。斎了にはエルボー。

5分経過
堀口のストンピングに斎了は強気の姿勢で突っぱねるが、Kzyのキックでダウン。
シルバーブレッドから堀口との連係も決まる。堀口はスイングDDT。
フジイが「しっかりしろ」と斎了にボディースラム。フォールに入られると慌ててカット。
堀口の垂直落下狙いをブレーンバスターで切り返した斎了。フジイがリングインも再び足を攻められる。
だが、ラリアットでKzyを落とし、斎了に「飛べ」と指令。斎了はプランチャ。
フジイはリバースのど輪落としからダイビングニードロップ。
Kzyはカウンターでエルボースマッシュ。フジイもカウンターのラリアットからのど輪落とし。
フジイのラリアットは斎了に誤爆。堀口とKzyが串刺し。堀口は垂直落下。
KZ time狙いをカットしたフジイはデッドリードライブ。堀口にはラリアット。
フジイ&斎了の合体攻撃がKzyに決まり、堀口には斎了ロケット狙いもKzyがエルボーでカット。
斎了はKzyに逆さ押さえ込み。Kzyはエルボー連打。斎了は投げっぱなしジャーマン。
ドラゴン・スープレックス狙いを切り返したKzyはスカイデで3カウント



○Kzy
(11分32秒 スカイデ・スクールボーイ)
×斎藤了


斎了『一言マイクで喋らせていただいてよろしいでしょうか。
来月、東京都文京区後楽1丁目3-61にあります後楽園ホールにて
僕とフジイさんとK-ness.さんは堀口先輩、ススム先輩、そして澤田先輩の持つ三角扉の腰巻きの選手権試合、あ、すいません、トライアングルゲートのタイトルマッチに挑戦します。
いいですか、澤田先輩、今日の結果で防衛出来ると思わないで下さいよ!』


Kzy『どの口が言うてるんだよ。何? 三角…?』


斎了『三角扉の腰巻きです!』


Kzy『回りくどい言い方しやがって、この野郎。いいか、今日、俺は勝ったんだぞ』


斎了『いや勢いは完全にこっち側にあります!』


Kzy『勢いあるかもしれないけどさ』


斎了『完全にこっちにあります。こっちにあります。
大事な事なんで2回言わせていただきました』


Kzy『わかったわかった。矛先を間違えるんじゃねえよ。
さっきすいません、誰に飛ばれました? 私何が起きたのかわからない状態でした。ビックリしたんですけど』


斎了『そのベルトはススム先輩も入ってるんです。戦いはもう始まってるんです!
ボーッとセコンドついてたらいつでもいきますよ』



Kzy『運良くススさんいただけだろ。もしパンチとかヤッシーとかだったらどうしてたんだよ』


斎了『飛んでました。いや勢いは完全にあります。いいですか。
今日の結果を見て分かりましたよ。防衛できないのは皆さんですよ』



Kzy『あのね、今日の結果だったらね…防衛する、3人で』


斎了『完全に勢いはこっちに来てます。今日は博多のみなさんの声援を浴びて確信しました。必ずベルトが獲れると。
何か澤田先輩も博多のみなさんに一言あれば言ってください。
(と言いながらKzyに口を挟ませず)
ベルトを獲って8月の博多にまた戻ってきますので僕ら3人にご期待ください!』






……………………………………………

プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

【第5試合】
土井成樹
ビッグR清水
ジェイソン・リー
vs
B×Bハルク
Kagetora
ヨースケ・サンタマリア

▼清水に対してTRIBE VANGUARDが合体攻撃で攻める。マリアのコーナーからの攻撃を清水がキャッチして放り投げると、チンロック。
土井&ジェイソンの串刺しから清水はダイビングショルダー。土井はローリングセントーン。ジェイソンはドロップキック。
マリアは清水にチョップ。だが清水はキャッチしてバックフリップ。
串刺しを避けたマリアはスワンダイブミサイル。ハルクは土井にフランケン。清水にはKagetoraがシャイニング。
ジェイソンにはフライングラリアットから顔面キック。
ジェイソンはKagetoraにカンフーナックルから顔面キック。ハルクは土井にマウス。
E.V.Oは回避されるも顔面キック。ハルクはミサイル

10分経過
ジェイソンはステップDDT。土井もハルクに低空DDT。清水はOTAKEBI自爆
Kagetoraは清水に619。ハルク&Kagetoraのサンドイッチ串刺しからマリアは串刺しドロップキック、スカイラブ
Kagetoraはダイビングエルボー。清水への狙い撃ちは耐えられたマリア。
清水はネックハンギングボム。マリアの上からキスを耐えたジェイソンがスタナー。
土井のDOI555からジェイソンが顔面キックの連発、変型ドライバー、ジャーマン。
清水のパワーボム狙いは丸め込み。Kagetoraの延髄、半月から、マリアも延髄、丸め込み
清水はベイダータックから砲丸投げスラム投げ狙いも、マリアは張り手。清水はカウンターのラリアット。
砲丸投げスラムを狙い撃ちで切り返したマリアは逆転勝利


○ヨースケ・サンタマリア
(13分59秒 狙い撃ち)
×ビッグR清水


マリア『勝ったのはこの私よ。清水、これだけはあなたに言っとくわ。
私はね、あなたには全く興味ないのよ。まず全然タイプじゃないの。
明日のツインゲート戦ではあなたの唇だけ奪わないでそのベルト、あなたの腰から奪ってあげるわ。覚悟しときなさい』


清水『おいちょっと待て、マリア。なんで俺あかんねん。おかしいでしょ。
なんで俺あかんねん。俺と土井さん、あまり変わらんやろ。そうですよね、土井さん』


土井『ちょっと待て。今のお客さんの反応が全てや。一緒にするな。
待ってくれや。勘弁してくださいよ。冗談は顔だけにしてください。
それよりもつい最近までKING OF GATE最下位決定トーナメント出るし、タイトルマッチ前哨戦で負けて明日のタイトルマッチ大丈夫か?』



清水『ちょっと待ってください。長い事プロレスやってたらそんな事もありますわ』


土井『あんた5年しかやってへんから。10年経ってから言って』


清水『ゴチャゴチャ言わんと明日のツインゲートはセコンドついてくださいよ。
すいません言葉の選択間違えました。さーせん』


土井『全然反省してへんやろ。Ben-K一言お願いします』


Ben-K『清水さん反抗期っすか。土井さんに失礼ですよ。謝ってください』



清水『Ben-Kがそこまで言うんやったら土井さん、すいませんでした。以後気をつけます』



土井『なんでBen-Kの言う事だけ素直に聞くんや。ちゃんとすみませんって言ってください。
こんなの控室でやる会話や。俺らは速やかに帰らなあかんねん。
博多のみなさん取り乱しました。後半戦もドラゴンゲート楽しんでください。ご静聴ありがとうございました』










【第1試合】
◎IWGPジュニアタッグ選手権試合◎
<王者組>
金丸義信
エル・デスペラード
vs
SHO
YOH
<挑戦者組>
▼3Kの奇襲でゴング。いきなり場外へのトペコンヒーロW弾
しかし場外では鈴木軍がペースを握り金丸がYOHをマットへDDT!
戻ってきたYOHにデスペはボディスラム、金丸もボディスラムで続きフェイスロック
YOHがチョップで返し、足を掴むとドラゴンスクリュー。金丸にもブレーンバスター
替わったSHOは前蹴りで続くと、二人になった鈴木軍にまとめてスピア!分断したデスペにはジャーマン2連発

5分経過
デスペはカウンターのスパインバスターから金丸との連携!しかしSHOもカナディアンバックブリーカーで抱えてYOHの蹴りを呼び込む
すると3Kを狙ったが金丸がウイスキー噴射!しかしR3KはかわしSHOが金丸を叩きつける
デスペにもラリアットから変形コードブレイカー!返したデスペにショックアローの体勢
ここに金丸がウイスキーの瓶で殴打!そしてデスペが丸め込み3カウント



○エル・デスペラード
(9分29秒 エル・エス・クレロ)
×SHO






……………………………………………………………………

【第2試合】
◎スペシャルタッグマッチ◎
ジュース・ロビンソン
デビッド・フィンレー
vs
ジェイ・ホワイト
YOSHI-HASHI
▼ジェイとジュースの先発。ジェイが先制するがフィンレーがカットに入り逆襲。フィンレーはYOSHI‐HASHIをロープに振ってドロップキック
ジュースも連続グーパンチ。ジェイをコーナーにセット、YOSHI‐HASHIをコーナー逆さ吊りにするとまとめてキャノンボール

5分経過
ダブルのフラップジャックも決まる。それでもジェイがバックドロップ!さらにラリアットを決めたがジュースもラリアット
フィンレーもネックブリーカードロップを炸裂させるとジュースがパルプフリクションで3カウント


○ジュース・ロビンソン
(7分26秒 パルプフリクション)
×ジェイ・ホワイト






……………………………………………………………………

【第3試合】
◎スペシャルタッグマッチ◎
石井智宏
矢野通
vs
鈴木みのる
ザック・セイバーJr
▼鈴木と石井の先発。殴り合いからロープワークへ。鈴木の膝蹴りは石井がかわすが、石井のスライディングラリアットも鈴木がかわす
替わったザックは石井にボー&アロー、石井はこれを抜けると鈴木へ向けてエルボー
矢野が入るとザックの髪を掴み倒すとYTRポージング
ザックはさせじと捕まえるとサブミッション地獄へ。鈴木もアームロックを決める
ロープワークで矢野のマンハッタンドロップを一旦は読んだ鈴木だったが矢野はフロントハイキックを喰らいつつもマンハッタンドロップ

5分経過
石井がちょん蹴り連発。バックに廻るが鈴木が向き合いエルボー!石井もエルボーを打ち返しエルボー合戦へ。ゴッチ式狙いもリバースして再び殴り合い
これは両者ダウン。矢野がすかさず入りコーナーポストに手をかけたがザックが阻止。コブラツイストへ
矢野は腰投げで打開してポストを外す。それでもザックが察知。矢野の急所攻撃はかわしてヨーロピアンクラッチへ
これを返した矢野が改めて急所攻撃にいくと、股で腕を挟んだザックがジム・ブレイクス・アームバーでギブアップを奪った


○ザック・セイバーJr.
(8分45秒 ジム・ブレイクス・アームバー)
×矢野通






……………………………………………………………………

【第4試合】
◎NEVER無差別級選手権試合~3WAYマッチ◎
<王者>
後藤洋央紀
vs
マイケル・エルガン
<挑戦者>
vs
タイチ
<挑戦者>
▼タイチがリング下に降りてあべみほを使い陽動作戦
後藤とエルガンがやりあってるところへ介入。期せずして後藤との合体攻撃になるが、後藤に対する握手は読まれブレーンバスターで投げられる

5分経過
3者の攻防からタイチと後藤がリング下でやりあってるところへエルガンがノータッチトペコンヒーロ
リングに戻り後藤がエルガンをバックドロップ!タイチは後藤にハイキック!さらにアックスボンバー
ショートタイツになったタイチが天翔十字鳳を狙ったが後藤は牛殺し
後藤がタイチをコーナーに上げる。エルガンがくるもエルガンをも雪崩式バックドロップで投げた後藤
再びタイチに雪崩式を狙うが、エルガンが起き上がってセカンドロープに上ると、二人まとめて雪崩式パワーボムで叩きつける

10分経過
エルガンが後藤とのラリアット相打ちからエルボー合戦を制すと、ジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックス
更にトラースキックを連発したが、後藤は牛殺し→裏GTR。
ここでタイチがあべみほをリングに上げるとレフェリーの視線を逸らしマイクスタンド殴打
天翔十字鳳→バズソーキックを決める。そしてタイチ式外道クラッチにいったがエルガンがぶっこ抜き、コーナーでダウンする後藤へタイチをエルガンボムで投げ捨てる
タイチを抱えてエルガンボムで3カウント


○マイケル・エルガン
(13分46秒 エルガンボム)
×タイチ






……………………………………………………………………

プロレスランキングへ

スポーツランキングへ
【第5試合】
◎IWGPタッグ選手権試合◎
<王者組>
EVIL
SANADA
vs
マット・ジャクソン
ニック・ジャクソン
<挑戦者>
▼先発はSANADAとニック、SANADAが高いリープフロッグを披露したが、ニックがコルバタからリストを掴んでのアームドラッグ→ドロップキック。マットもレッグドロップで続き場外に出したSANADA&EVILに三角飛び式トペコンヒーロ
EVILは場外でマットを痛めつけると、リングに戻しSANADAがその場飛びムーンサルト
EVILもフェイスロックで締め上げるが、セントーンはかわされヤングバックスがペースへ

5分経過
ニックはEVILを場外に出してエプロンを走ってのPK、これはかわされ鉄柱に自爆するとEVILが足へラリアット
リングに戻ってきてもマットのトラースキックがニックに誤爆。EVILがニックを捕まえマジックキラーを狙うがマットが阻止
SANADAをコーナーにあげたヤングバックスだが、雪崩式ブレーンバスター狙いはEVILが追いかけ捕まえるとヤングバックス&SANADAごと投げつける
マットはSANADAにトラースキック。SANADAは不知火式に切り返すがマットも切り返しインディーテイカー狙い
EVILがカットに入るが、マットはそのEVILにシャープシューター。SANADAがマットにドラゴンスリーパーで捕獲したがニックがミサイルキック
マットがEVILをツームストンの体勢に捉えたが、ニックが狙ったスワンダイブはスベって自爆。
逆にインディーテイカーを決めたチャンピオンチーム。危ういヤングバックスだがマットは逆さ押さえ込み
SANADAがカットに入るとSANADAはマットをドラゴンスリーパー
EVILがくるもマットはトラースキック!EVILを排除するとSANADAにもトラースキック。
そしてカミカゼ→シューティングスター→ムーンサルトと続けるMore Bang 4 Your Buckで3カウント


○マット・ジャクソン
(15分4秒 More Bang 4 Your Buck)
×SANADA






……………………………………………………………………

【第6試合】
◎スペシャル6人タッグマッチ◎
棚橋弘至
獣神サンダー・ライガー
レイ・ミステリオJr
vs
Cody
ハングマン・ペイジ
マーティー・スカル
▼ライガーとスカルの先発になるが、場内のコールに応えミステリオが登場。しかしペイジが威嚇しても動じず棚橋にタッチ
棚橋がペイジにヘッドロックからタックルで倒す。替わったCodyは棚橋にプッシュアップで挑発。棚橋もプッシュアップはヒンズープッシュアップでやり返す
替わったミステリオはスカルに肩車、回転エビ固め

5分経過
ライガーがロメロスペシャルを仕掛けたが、スカルも挑発しながらやり返す
Codyが自軍でストンピングで痛めつけるとスカルも続くがライガーがケブラドーラコンヒーロ
替わったミステリオはメサイア!さらにロープ際に追いやり619の体勢
カットされると棚橋がクロスボディアタック→ドラゴンスクリューでペイジを攻撃
ライガーとCody。ライガーがCodyを振って掌打!替わったミステリオがスカルをロープ際へ。ペイジもフランケンシュタイナーでロープ際に追いやるとまとめて619
リングではライガーがCodyに雪崩式フランケンシュタイナーを決めたが、Codyがライガーを捕らえるとクロスローズで3カウント


○Cody
(11分35秒 クロスローズ)
×獣神サンダーライガー





………………………………………………………





……………………………………………………………………

【第7試合】
◎IWGPジュニアヘビー級選手権試合◎
<王者>
ウィル・オスプレイ
vs
高橋ヒロム
<挑戦者>
▼ヒロムがいきなりサンセットフリップパワーボムを狙うがオスプレイは回避
リングに戻したヒロムにサブミッションを中心に攻めたてる。場外でも鉄柵へぶつけると、リングに戻しショルダーアームブリーカー

5分経過
ヒロムもハサミワザでオスプレイを場外に出して、リングに戻してもスワンダイブ攻撃!
スパインバスターも決めたヒロムは逆水平を連発。オスプレイもトップロープ619→スワンダイブ式ミサイルキック
コークスクリューキックこそかわされたが、場外でいたぶったあとリングに戻し追撃したオスプレイ!
オスカッターは回避されるとエルボー合戦へ。ヒロムのワンツーエルボーにオスプレイは鋭角なエルボー
ヒロムがトラースキックを決めて投げ捨てジャーマンを決めたが、オスプレイも投げ捨てジャーマンでやり返すとストームブレイカー狙い
これをヒロムがカナディアンデストロイヤーで切り返す。ヒロムはオスプレイをエプロンに移動させるとエルボー連打
TIME BOMB狙いは回避したオスプレイが死角からトラースキック。コーナーに上がったオスプレイがぶっこ抜きブレーンバスター

15分経過
もたれかけたヒロムにバーニングスタープレス!さらにコークスクリューシューティングスター!
しかしヒロムもカナディアンデストロイヤーで突き刺しDで締め上げる
だがオスプレイも強引に抱えてエメラルドフロウジョンの形で叩きつける
さらにコークスクリューキック。オスカッター狙いを回避したヒロムがサンセットフリップパワーボム!
リングにオスプレイを戻しTIME BOMB。カウント2
TIME BOMB狙いを回避したオスプレイはトラースキック2連発。さらにハイキック
ヒロムを抱えてストームブレイカーは上手く着地したヒロムは再びD。返そうとするオスプレイにDの悪夢→ポストへのデスバレーボム。そしてTIME BOMBで3カウント



○高橋ヒロム
(20分20秒 TIME BOMB)
×ウィル・オスプレイ






……………………………………………………………………

【ダブルメインイベントⅠ】
◎IWGPインターコンチネンタル選手権試合◎
<王者>
内藤哲也
vs
クリス・ジェリコ
<挑戦者>
▼ジェリコが内藤の入場を襲いかかる。そのまま場外で鉄柵へぶつけると机へのパワーボムで叩きつけると、カメラマンからカメラを奪い撮影
さらには本部席に上げて本部席机上でのDDTで突き刺す

再三注意する海野レフェリーに促されるようにリングへ戻りゴング!ジェリコはさらに内藤を倒しライオンサルト
さらに逆水平連発からWalls of Jericho狙いは内藤が回避。内藤はエプロンに移しネックブリーカードロップ
鉄柵を背にさせスピアも見舞うと割れた机の破片で殴打を繰り返す
本部席机へ移すとパイルドライバーで突き刺す。さらにリングに戻しスイングDDT
コーナーに上げて雪崩式フランケンシュタイナー狙い。堪えたジェリコがWalls of Jerichoの形で突き刺しそのままWalls of Jerichoへ
エスケープした内藤はコーナーへ上がり飛びつき式ティヘラ→スイングDDT

10分経過
しかしジェリコも内藤の追撃を回避してWalls of Jericho。エスケープした内藤も背後から走りデスティーノを決める
エルボーからストンピングもみせた内藤だったが、ジャンピングフォアアーム狙いをジェリコがカウンターのコードブレイカー
起き上がってエルボー合戦になるが、走った内藤にトラースキックを決めたジェリコがライオンサルト
内藤がこれを膝で迎撃。そしてグロリア!さらに追撃を狙った内藤をレフェリーにぶつけたジェリコがバック急所蹴り
そしてコードブレイカーで3カウント



○クリス・ジェリコ
(17分16秒 コードブレイカー)
×内藤哲也


試合後も内藤を襲うジェリコにEVILが助けに。次期挑戦表明か??




……………………………………………………………………

【ダブルメインイベントⅡ】
◎IWGPヘビー級選手権試合(時間無制限3本勝負)◎
<王者>
オカダ・カズチカ
vs
ケニー・オメガ
<挑戦者>

◎1本目◎
バックに廻ったケニーがリストを取るがオカダはレッグシザースホイップで振り回す
足を掴んだオカダがカカトを固めるがケニーはエスケープ。ロックアップからオカダがコーナーまで押し込む

5分経過
ケニーはロープワークからコタロークラッシャー狙いはオカダが回避するが、ケニーは肩車のままロープ際まで押し込むがオカダが場外へそのままエスケープ
鉄柵の向こうにケニーを追いやり、ランニング鉄柵越えフライングボディアタックを狙うが鉄柵に足を躓いたオカダのボディにケニーの膝が当たる

10分経過
リングに戻したケニーはバックブリーカーで痛めつけると、キャメルクラッチで締め上げる。苦しいオカダだが何とかエスケープ
ケニーは逆水平を連発させるがオカダも串刺しエルボーやDDTで突き刺す

15分経過
ケニーを場外に出してプランチャで追撃。リングにケニーを戻すが、ケニーがフランケンシュタイナーでオカダを場外に出す
スライディングキックでオカダを追撃すると、鉄柵の向こうまでいったオカダにノータッチ鉄柵越えプランチャ
リングにオカダを戻しコタロークラッシャー!さらに蒼い衝動式牛殺し。さらにVトリガーはオカダが回避
オカダはジャーマンで投げるとクラッチを外さず連発を狙うも、切り返したケニーがオカダをコーナーに上げる

20分経過
コーナー上でのエルボー合戦はオカダが突き落とすが、ケニーが再びコーナーにケニーを上げる
オカダがケニーの雪崩式を回避してエプロンへのツームストン・パイルドライバーで突き刺す
起き上がったケニー目掛けてジョン・ウーで場外に追いやる。リングにケニーを戻すとミサイルキック!さらにダイビングエルボードロップ
レインメーカーポーズをするオカダに対して、ケニーは投げ捨てドラゴンスープレックス!場外にオカダがエスケープすると、ノータッチトペコンヒーロ

25分経過
リングにオカダを戻しミサイルキック!肩車して片翼の天使を狙うがオカダが堪えると咄嗟にクロイツラス!カウント2
Vトリガーから片翼の天使狙いはオカダが着地してドロップキック。ロープに振ってまたもやドロップキック
レインメーカーは回避したケニーがレインメーカー式Vトリガー!カウント2
リバースタイガーを切り返したオカダはツームストン・パイルドライバー。オカダはレインメーカーを放つがケニーは切り返すがオカダは押し潰し3カウント


○オカダ・カズチカ
(28分47秒 エビ固めを押し潰す)
×ケニー・オメガ



◎2本目◎
オカダがいきなりのドロップキックでケニーを場外へ。場外でもケニーを鉄柵にぶつけるとDDTでも突き刺す
戻ってきたケニーにフロントハイキック!コブラクラッチで絞りあげにいく。ケニーはチンクラッシャーで切り返しバックドロップ

5分経過
さらに場外でエプロンへのバックドロップ。机を出してオカダの上に置くとエプロンからフットスタンプ
リングに戻るとオカダはボディスラムで叩きつける。アバラを抑えるケニーに対してジョン・ウー!
コーナーに座るがケニーが追いつき、上がると雪崩式蒼い衝動!

10分経過
カミカゼ→セカンドコーナーからのライオンサルトはオカダが膝でガード。そしてエルボースマッシュ
オカダは場外の机へのショルダースルーを狙ったがケニーは着地、DDTで突き刺す
ケニーはエプロンで机へのジャーマンを狙うがオカダは堪える。ケニーはドラゴンにいこうとしたがオカダはエルボーで振り落とす
それでも場外で外片翼の天使を狙うもオカダが着地、ケニーはならばとリバースフランケンシュタイナー

15分経過
何とか戻ってきたオカダにVトリガー!片翼の天使狙いはオカダがツームストン・パイルドライバーで切り返す
レインメーカー狙いはケニーが堪えるが、オカダはロック・ボトムで叩きつける
ケニーの逆水平とオカダのエルボー。ケニーもエルボーに切り替え打ち合うとドラゴンスープレックスで投げるがオカダもフラップジャック
ケニーはドロップキックを決めるとエビ固めを狙うもオカダは押し潰すもカウント2
ケニーはVトリガーを炸裂させリバースタイガードライバー。カウント2。ならばとVトリガーから片翼の天使で3カウント


○ケニー・オメガ
(19分20秒 片翼の天使)
×オカダ・カズチカ



◎3本目◎
ケニーがいきなりのVトリガーもオカダもレインメーカー。
起き上がってエルボー合戦からケニーがドロップキック
抱えんとするがオカダがフランケンシュタイナー狙い。これをケニーが堪えてスタイルズクラッシュ!

5分経過
コーナーに寄りかかるオカダの首筋へVトリガー!肩車するが力が入らないケニー
それでも何とか肩車したがオカダが堪えると、ケニーはリバースインプラント
返されるや飯伏が見守る中でフェニックススプラッシュもかわされ自爆
オカダはドロップキックを決め、ツームストン狙い。ケニーは切り返しVトリガー!
膝を突くオカダにVトリガー!もう1発Vトリガー狙いはオカダがキャッチ
ドロップキックを決めると、持ち上げようとしたがケニーは堪える。
オカダはレインメーカーを何とか放ったが力がなくケニーは倒れない

10分経過
両者ダウンから起き上がると膝立ちでエルボー合戦。
オカダが起き上がりレインメーカー。手首を離さず再びレインメーカー

トータル60分経過
再びレインメーカー狙いはケニーがかわしてジャーマンスープレックス
ケニーがクラッチを離さずジャーマン。しかしオカダは3発目をさせずに逆にジャーマン
それでもケニーもジャーマンスープレックス。さらにリバースフランケンシュタイナー

15分経過
オカダは走らせドロップキック!続くレインメーカーを回避したケニーは片翼の天使。
起きたケニーは走ってのVトリガーを炸裂させ片翼の天使で3カウント


○ケニー・オメガ
(16分54秒 片翼の天使)
×オカダ・カズチカ

※トータル2対1でケニー・オメガが勝利。ケニーが第66代IWGPヘビー級チャンピオンに。


ケニー『スコシ、ニホンゴで、ガンバロウカ
この10年、イロイロ日本で頑張ってきた
最後の、最後の目標は、もちろんIWGPヘビー級のベルト
このベルトを取ったら日本から離れるかもしれないと思ってた
だけど、さっきの試合でプロレスの未来をみた
だから新日本で前を向いて未来を見ていきたいと思います

ワタシが新チャンピオン、ヤングバックスもチャンピオン、イブっさんはイケメンのタッグパートナー!

(英語でスピーチ)

Good Luck & Good Night!』

(Codyが花道に姿を表すが無言で退場)





↑このページのトップヘ