DRAGON GATE(ドラゴンゲート)+他団体の試合結果速報等

人気プロレス団体DRAGON GATE(ドラゴンゲート)を初め新日本プロレスやDDT、大日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、KAIENTAI DOJO(K-DOJO)、WRESTLE―1、スターダム、鬼神道、西口プロレス、学生プロレス等の試合結果速報を中心に載せていきます





【第0試合】
問題龍
石田凱士
vs
ジェイソン・リー
椎葉おうじ
▼先発は石田と椎葉。石田がヘッドロックで締め上げるが椎葉もリストロックからフライングメイヤー~ヘッドロック
替わった問題龍とジェイソン。問題龍がジェイソンをロープに振るがジェイソンは胡座
替わった椎葉には問題龍がチョップ連打でコーナーに詰めて石田も串刺し逆水平からサッカーボールキック
問題龍がストンピングから石田との連携→串刺し問ニー
フィニッシュ狙いの問題龍だが堪えた椎葉がカウンターでドロップキック。替わったジェイソンは石田にスタナー
石田も延髄斬り→エルボーを挟みレッグラリアットでジェイソンを排除すると、椎葉には問ネル
これはジェイソンがカットでDDT!石田を黙らせジャーマンスープレックス・ホールドで3カウントを奪った


◯ジェイソン・リー
(8分20秒 ジャーマンスープレックス・ホールド)
×石田凱士







………………………………………………………………………………………………

【第1試合】
ドン・フジイ
横須賀ススム
Gamma
vs
YAMATO
Kzy
ヨースケ???サンタマリア

▼先発はマリアとGamma、Gammaはマリアの首飾りを奪いお株を奪うオネエムーブにマリアがビックリ
KzyはススムにウエーブをやらせればBーBOYで先制攻撃
YAMATOとフジイはチョップ合戦、フジイがグ~パンチを浴びせYAMATOが場外に落ちるもプランチャ狙いはロープの上でスベってしまったフジイ
マリアを狙い始めたがTRIBE VANGUARDが上手くカット。Gammaを捕まえスレッジハンマーも、Gammaはニールキックを浴びせフジイは水入りペットボトルを投げつける
Kzy&YAMATOがGammaを捕獲したがGammaは二人まとめてヘッドシザース&レッグホイップ
マリアが出るやフジイが容赦なく痛めつける。マリアは替わったススムにキスを狙うが、させなかったススムがバックブリーカー。さらにショートレンジラリアット→キチンシンク
フジイは続けてロープギロチンでダメージを与えればストンピング。場内の声援に答えたマリアがスワンダイブ式ミサイルキックで切り抜けTRIBE VANGUARDの反撃
KzyのエルボースマッシュからYAMATOのGo to hospital IIがススムに炸裂、さらにエクスプロイダーで投げる
エルボー合戦からススムがジャンボの勝ちも、YAMATOはエルボーで応戦。
カットにきたGammaにはKzy&マリアの連携からマリアはスカイラブ。Kzyがコーナーに上がるが、Gammaが竹刀→フジイはデッドリードライブ→パワーボム
YAMATOがカットに入るがマリアのキスが誤爆。Kzyにはススムが対峙してジャンボの勝ちを放つ
しかし追撃狙いはマリアのキスが襲う。それでもGammaがトラースキックをKzyへ
ガンマスペシャル狙いは読まれたが、再びGammaが走るとKzyが丸め込み3カウント


◯Kzy
(13分25秒 スカイデ・スクールボーイ)
×Gamma



Kzy『大阪の皆さん、Kzyが勝ちましたぁ。去年後半から相変わらず絶好調
今年も開幕から2連戦2連勝、まだまだ止まらねえ
止められるものなら止めてみろ
このオレKzyから目を離すな~』





………………………………………………………………………………………………

【第2試合】
B×Bハルク
vs
ビッグR清水
▼ハルクがローキックで牽制するが清水はタックル。それでもハルクはカウンターのマウス
ハルクはスリーパーに捕えるとドラゴンスリーパーに切り替えスピンキックからカカト落とし
さらに膝蹴り連発から走るが清水はベイダーアタック。抱えてブレーンバスターでぶっこ抜くがカウント2
清水は力任せのチンロックで苦しめハルクを抱え行進式バックフリップ。ハルクが起き上がるところへOTAKEBI投下

5分経過
さらにボディスラムからランニング式OTAKEBI。串刺しベイダーアタックはハルクがかわしカカト落とし→その場飛びムーンサルトプレス
左右の蹴りからブラジリアンキック→水面蹴りで倒しその場飛びヴァルキリースプラッシュ
セカンドコーナーからダイビングボディアタックは清水がキャッチしてデスバレー。さらに走らせてのハンギングボム
返された清水はパワーボムを狙ったがハルクが頭上で殴り抵抗、それでも清水は無双で叩きつけOTAKEBI投下
これはカウント2で返されたが砲丸投げを狙う。ハルクも着地してマウス。さらに変形水車からカカト落とし
さらにはバーンアウトで投げ捨てると左右の蹴りからカカト落とし。水面蹴りからニールキックを浴びせ、2発目のニールキック
それでも清水はカウンターのラリアット→ショルダータックル。そして砲丸投げはハルクがフランケンシュタイナー
ノーモーションのファーストフラッシュからジャックナイフで3カウント



◯BxBハルク
(12分1秒 サウスロード)
×ビッグR清水







………………………………………………………………………………………………

【第3試合】
堀口元気
vs
BenーK
▼開始からフロントスープレックス→オリンピックスラムと続けたBenーKはBenーKボムを狙うも堀口がバックスライド
返したBenーKはBenーKボム狙いを読まれたがフルネルソンバスター、そしてグラウンドフルネルソンでギブアップ勝ち



◯Ben???K
(2分0秒 グラウンドフルネルソン)
×堀口元気



BenーK『今日の試合、勝ったのはBenーKじゃ
今年の俺は去年とは違う。ドラゴンゲートの未来の為に俺は突っ走る
あと、俺には考えてることがある
今後のBen???Kにご期待ください』






………………………………………………………………………………………………

【第4試合】
CIMA
デスモンド・エグザビエ
ザッカリー・ウェンツ
vs
斎藤了
フラミータ
バンディード

▼CIMA『大阪、盛り上がってるかぁ!
いやぁドラゴンゲート2018年は昨日の京都から始まって2戦目ですが
昨日はOVER GENERATION、Gammaさん1人だったみたいで。1人世代…
さっそくですけど新外国人選手を紹介しましょうか
デズモンド・エグザビエとザッカリー・ウェンツです。あのリコシェの紹介です
見ての通り、出来ますから
名前が難しいですけど、英語の発音ありますからね
エグザビエもイグザァブィエ、オレンジジュースもウォ~レンジィジュース、ウォーターもワァオーター
もういいですか。』


(ゴングキッズ紹介。お年玉を貰ってないというサクト君にCIMAからギリシャマスクのプレゼント)



★CIMAと斎了が先発はチョップ合戦。笑いを混じえながら交戦
ウェンツとバンディード。バンディードはコーナーからクロスボディ式カンクーントルネードアタック
ウェンツもチョップ合戦から三角絞め。バンディードは絞められながらも抱え叩きつける
フラミータは蹴りでウェンツを倒しその場飛びトルニージョ。バンディード→フラミータが連続ひねり式シルバーブレッド→斎了はダイビングフットスタンプ
カットしたCIMAは斎了に変形クルックヘッドシザース。エグザビエが続き連続串刺し攻撃も披露 
さらにウェンツが変形鎌固めで苦しめ続いて自陣へ。エグザビエがボディブロー連発すれば、CIMAは逆片エビ固め
更にリバーススプラッシュ式ダブルニードロップ

10分経過
起き上がってチョップ合戦から斎了がカウンターのフロントスープレックス、替わったバンディードは倒立フェイント。フラミータがドロップキックでCIMAを場外へ
フラミータがバンディードの肩からトペコン。リングに戻るとエグザビエにハンドスプリングオーバーヘッドを決めたフラミータだが、エグザビエも反撃するとフラミータを場外に追いやりサスケスペシャル
リングに戻るとフラミータがエグザビエにファイヤーバード。バンディードがフラミータをキャッチしてエグザビエに投げるとフラミータはDDT
斎了ロケットはCIMAがカット。さらにエグザビエがウェンツを斎了に投げるとウェンツはスイングDDT
ウェンツはさらにスワントーンボムも投下、これは決まらなかったがエグザビエがバンディードにファイナルフラッシュを投下して3カウント


◯デズモンド・エグザビエ
(15分12秒 ファイナルフラッシュ)
×バンディード








プロレスランキングへ

スポーツランキングへ



【第0試合】
UーT
vs
シュン・スカイウォーカー
▼U-Tとシュンがグラウンド戦を展開。U-Tはヘッドシザースホイップから串刺し狙いも、シュンはドロップキック、ローリングセントーン、カウンターでエルボー
U-Tを肩に担ぐと背中からコーナーにぶつけ、変型アトミコ。
バイシクルキックからダブルアームを狙うが、U-Tはリバースしてミサイルキック。
U-Tはコードブレーカーや変型フェースバスター。シュンはスープレックスからスワンダイブ式ボディープレス
U-Tがカウント2で返したところで時間切れ引き分けのゴング


△UーT
(5分0秒 時間切れ引き分け)
△シュン・スカイウォーカー








…………………………………………

【第1試合】
土井成樹
吉野正人
Kagetora
vs
鷹木信悟
神田裕之
吉田隆司

▼T-Hawk『年空けて2018年開幕戦、我々元VERSERKは年末の国際センターで邪魔者のパンチ富永を排除し、今年から新生体制を取る。

これからはこの俺T-Hawk、そしてEita、リンダマンがこのチームの中心となってやっていく。
それとよ、ゴチャゴチャ言っても頭に入らないと思うから、新しいチーム名を発表する。

我々は今年からVERSERK改め、新生チーム名は

ANTIAS(アンチアス)だ。

第1試合の対戦相手、MaxiMuM、さっさと出てこいよ』



★ANTIASが奇襲攻撃。激しい場外乱闘から戦場はリング上へ。神田が吉野を捕まえ、吉田を筆頭に全員で踏みつけ。
吉野は鷹木の腕を取ると、土井&Kagetoraと一緒にコーナーから集中攻撃。
吉田はKagetoraに地獄突き。顔面ロープこすり。フィストドロップ。

5分経過
鷹木&神田が連係。鷹木はブレーンバスター。吉田はテーピングチョーク。再びの鷹木&神田の連係から吉田がボディープレス。
Kagetoraは鷹木に顔面キック、神田にフライングラリアット。土井吉は吉田にダブルブレーンバスター。土井は鷹木にエルボー。土井は片足キック
吉野は吉田に3度目のトライでアナザースペース。吉田はサイバーカッター。ANTIASが串刺し。神田はKagetoraにジョン・ウー狙い。
Kagetoraは顔面キック。土井吉が串刺し。吉野はトルベジーノ。土井はバカタレ。
Kagetoraは吉田にアッパー、鷹木にはスタナー。Eitaが土井の足を引っ張る。
リンダマンがボックス。神田が丸め込んで3カウント



○神田裕之
(12分25秒 キャンディマジック)
×土井成樹



鷹木『おーい、見たか見たか。2018年1発目の大会、その第1試合、文句なくANTIASの大勝利だ。
この意味がわかるか。大会1発目の第1試合で勝ってるんだ。しかも現トライアングルゲートチャンピオン土井からだ。
土井、なさけねえな。正月ボケしてるんじゃねえか。吉野、オマエもだ。
そんなオマエらにトライアングルゲートを持たせておくわけにはいかんな。
わかりやすく言ってやる。責任を取って今すぐトライアングル返上しろ』



土井『確かに新年1発目の試合で負けたし。わかりました。返上します…なわけないやろ。
要するにオマエらはこのトライアングルのタイトルがほしいということで間違いないな。
それやったら自力で取ってみろ。今のはノンタイトルや。ほしかったらオレらに勝ってトライアングルのタイトル手に入れろや。
そこまで言うならわかったよ。オマエら3人の挑戦受けたる。決定でええやろ』


鷹木『オレたちANTIASは神田がブレイブ、T-HawkとEitaがツインゲートを持ってるんだ。
一気にドラゴンゲートを制圧してやるからな。オレたちが挑戦するまでにピカピカに磨いとけ』



土井『完全にスイッチ入ったぞ。新しいユニット名? 覚えづらいんじゃ。
アンなんとかよりもMaxiMuMの方がええよな。アンチエイジングかなんか知らんけど。
明日大阪でもアイツらと当たるからな。名前変えただけでは強くならんからな。
2018年もオレたちMaxiMuMに期待しといてくれや!』






………………………………………

【第2試合】
ジェイソン・リー
vs
Gamma

▼Gammaは『京都KBSにお集まりの皆さんこんばんは。
2018年開幕戦、とうとう始まってしまいましたが、OVER GENERATION、まさかの私一人になってしまいました。
ビックリです、これは。開幕戦からOVER GENERATION、みんなで火をつけてガンガンいこうと思ったのに。
OVER GENERATION、2018年はどうなってしまうんでしょう。
でも私一人でもOVER GENERATIONの火を消すわけにはいかないので、ガンガンに盛り上げていきますので応援よろしくお願いします。
ひとりぼっちの私Gammaに仲間がほしいので、一人でゴングキッズを募集したいと思います』とマイクしてゴングキッズコーナーへ



★試合が始まり、ジェイソンが拝み胡座をするとGammaがすかさずフォール
場外ではセコンドを仲間に引き入れジェイソンに股間攻撃。
汚水攻撃狙いはジェイソンが阻止。Gammaは口に含んでいた汚水をぶちまけてしまう。
ジェイソンはカンフー打撃からドロップキック。変型マヒストラル。Gammaはアックスボンバー、トラースキック。
ガンマスペシャル狙いはジェイソンが回避してトラースキック。丸め込み合戦はジェイソンが制して勝利


○ジェイソン・リー
(4分24秒 切り返しの応酬から丸め込む)
×Gamma






…………………………………………

【第3試合】
Kzy
vs
斎藤了
▼Kzyが足攻め。斎了は腕を取るもKzyはウェーブ攻撃。斎了には効かず。
2回目で仕方なくKzyに合わせた斎了はタックル。ロープの反動を利用して倒れなかった斎了だが、Kzyはエルボースマッシュ。
さらにKzyは腕を攻め続ける。チョップ合戦から斎了がフロントスープレックス。

5分経過
斎了は腰攻め。顔を踏みつけてからのエルボードロップも決め、ダイビングフットスタンプ。
セコンドのU-TがKzyコールを煽る。Kzyはエルボースマッシュ。串刺し式でも決め、B-BOYからノーザンライトスープレックス。
斎了のサイクリングヤッホーは今年も不発。斎了のフィッシャーマンズスープレックスの連発からフィッシャーマンズバスターも狙うが、Kzyが逆に決める
ショットガンからBEAT-BOM。KZ time自爆。斎了は投げっぱなしジャーマンからフィッシャーマンズドライバー。
「俺の時間だ!」と斎了ロケットもKzyが膝で剣山。斎了のフランケンをさらに丸め込むKzy
斎了は投げっぱなしドラゴン。2発目をかわすとスカイデを決めたKzyが勝利



○Kzy
(11分50秒 スカイデ・スクールボーイ)
×斎藤了



Kzy『今年最初の試合もこの俺Kzy、まだまだ絶好調で勝利でございます。ありがとうございます。
去年の後半から今もまだ好調が続いてますので、この勢いを止めることもないし、逆に言うなら誰でもいいから止めてみろってもんだ。
去年は変化の年だった。今年は進化の年にします。
全選手にケンカを売るくらいでいきますので現世代のメンバーのところまで言って見せますので、今年もどうぞよろしくお願いします!』





………………………………………

【第4試合】
横須賀ススム
デスモンド・エグザビエ
ザッカリー・ウェンツ
vs
堀口元気
フラミータ
バンディード

▼堀口vsススムのあと、バンディードとエグザビエが登場。お互いに軽やかにリングイン。
エグザビエがタックル。バンディードもすぐに起きる。バンディードはサマーソルト。巴投げもエグザビエは着地。
ウェンツに対してフラミータはフライングラリアット。ウェンツもきりもみ式プレス、ハンドスプリングニー。
エグザビエが側転からのノータッチトペコン。ススムは堀口の髪狙い。エグザビエとウェンツが連続で堀口に串刺し攻撃。
ススムはコブラツイスト。脱出した堀口はススムにゴムパッチンを狙うが、自爆。ススムはフラミータに風車式バックブリーカー、コブラクラッチ。
エグザビエはエルボー、ナックル。ウェンツもナックル連打。エグザビエはスリーパー。エグザビエとフラミータがチョップ合戦。エグザビエは串刺し狙いも、フラミータはかわしてキック。
バンディードは三点倒立でウェンツの攻撃をかわし、フラミータと一緒にノータッチトペコン。
堀口はススムにトペ・トビウオ。スイングDDTを許さなかったススムは抱え上げようとするが、堀口はかわす。バックスライドはエグザビエがカット

10分経過
フラミータはエグザビエにハンドスプリングエルボーからその場シューティング。
エグザビエはエルボーからエプロンで619。ファイヤーバードははかわされる。堀口組が串刺しトレイン
フラミータのホイップからバンディードがキャッチして旋回式ライガーボム。
フラミータはバンディードの肩に乗ると、そこからファイヤーバード。ウェンツはヒザ
さらにエグザビエと連係。ススムは堀口に雪崩式エクスプロイダー。バックスライドを切り返したススムはジャンボの勝ち!
エグザビエとウェンツが連係。ウェンツのフットスタンプが堀口に突き刺さる
エプロンのフラミータにススムがジャンボ。ウエンツが場外きりもみアタック
最後はエグザビエがコーナーから必殺技(スカイツイスタープレス)を決めて3カウントを奪った


○デスモンド・エグザビエ
(13分55秒 ファイナルフラッシュ)
×堀口元気






………………………………………

【セミファイナル】
ビッグR清水
BenーK
vs
望月成晃
ドン・フジイ

▼清水&Ben-Kが連係で望月に攻撃。だが、望月は清水にキック連打。
フジイは顔面キックから意表を突いた丸め込み、アッパー。相撲殺法でも投げ飛ばす。

5分経過
望月がロー。望月とも相撲対決になり、望月に軍配。Ben-Kは逆に望月を投げ飛ばし、四股を踏んでフジイを挑発
この相撲対決もBen-Kが勝利した。清水は助走をつけて逆水平。モチフジはBen-Kにサッカーボールキック。
フジイはその際に足を痛め、望月は「今年はやめとけ」。
望月はBen-Kに逆片エビ固め。フジイのラリアット&望月のキックの合体を耐えたBen-Kだが、モチフジはさらに追い打ち
望月はミドル連打も、耐えたBen-Kは俵返し、フロントスープレックス。

10分経過
清水はモチフジにショルダータックルをかわされてしまうも、2人まとめてブレーンバスター
望月にタックル、ランニング式OTAKEBI。フジイにもタックル。Ben-Kはミサイルキック。
フジイはBen-Kにラリアット、ブルドッキングヘッドロック。望月はランニングミドル。
清水は再びショルダータックルをモチフジにかわされ、ダブルブレーンバスターのエジキに
望月は顔面キック連発。フジイは雪崩式ノド輪落としを狙うが、清水も耐える。
Ben-Kが加勢し、串刺しから清水がOTAKEBIも自爆。
望月は2人にミドルも、清水&Ben-Kがダブルタックル。フジイにもダブルタックル。
フジイはケサ斬りで抵抗。砲丸投げスラムは切り返したフジイが外道クラッチ。
Ben-Kにはラリアットも決めるが、再び突進してきたところへBen-Kがガッチリ捕獲して倒すとそのままジャックナイフでフォール勝ち。


○BenーK
(14分58秒 ジャックナイフ式エビ固め)
×ドン・フジイ



Ben-K『ドン・フジイから3カウント取ったぞ! おい俺たちは開幕前から香港遠征に行ってきてな、俺たちの闘いはもう始まってるんだ。
ドラゴンゲートの未来のためにも俺たちが、いや俺が突っ走って行くからな。俺がBen-Kじゃ! ははは!』






…………………………………………

【メインイベント】
YAMATO
B×Bハルク
ヨースケ???サンタマリア
vs
TーHawk
Eita
エル・リンダマン
▼ANTIASが奇襲攻撃から場外戦へ。Eita対ハルクから、今度はマリア対T-Hawkへ。マリアはT-Hawkにお姫様抱っこさせてからドロップキック。
YAMATOはリンダマンの関節を固める。マリアも男勝りなストンピングを決めていくが、ANTIASに捕まりいたぶられる。
Eitaはイスを乗せてバット攻撃、顔面水噴射。カットに入るYAMATOも排除
マリアは渾身のエルボーをリンダマンに叩き込むが、リンダマンは水車落とし。
T-Hawk&Eitaはチョップからダブル泥攻撃。T-Hawkはネックハンギングボム。
マリアはスワンダイブミサイルで逆転。ハルクが登場。リンダマンにスワンダイブミサイル。
マリアは上からマリア。YAMATOはリンダマンに串刺しプレスからエクスプロイダー、延髄斬り。
リンダマンはYAMATOにロープギロチン。コーナーマットを外すも自分で叩きつけられてしまう。
それでもバックドロップ。T-Hawkはハルクに逆水平。ハルクはキックラッシュ。その場ムーンサルトプレスは自爆。
コーナーに上がるハルクだったが、T-Hawkが逆水平で叩き落とすと雪崩式ぶっこ抜きブレーンバスター
Eitaはトラース。T-Hawkはダブルチョップ。

15分経過
YAMATOがリンダマンに串刺しドロップキック。マリアはスカイラブ。
Eitaはハルクにヒザ。マリアはヒップアタック。狙い撃ちも耐えたT-Hawkがナイトライド狙い。
YAMATOがカット。YAMATO&マリアで合体を狙うが、T-Hawkが阻止。
T-HawkとYAMATOで逆水平合戦。マリアにドロップキックを誤爆させてしまったYAMATO
マリアはT-Hawkにキス狙いからビンタ。しかしT-HawkのホイップからEitaがトラースキックで3カウント


○Eita
(17分54秒 トラースキック)
×ヨースケ・サンタマリア



マリアは大の字。YAMATO&ハルクが襲いかかるも、T-Hawk&Eitaが蹴散らす



Eita『おい見ての通り俺たちANTIASの大勝利だ。そんなことよりよ、TRIBE VANGUARD、YAMATO、ハルク、いつまで正月ボケしてんだ。オマエら2人よりKzyの方が今は勢いあるぞ。おいKzy、今のオマエならANTIASに入る資格は十分にあるぞ。Kzy、Kzy…まあまだ今年は始まったばかりだ。よく考えとけ。行動は早めに移せよ。それからよ、京都、相変わらずしょっぱい空気醸し出しやがって。オマエら何見に来てんだよ。俺たちANTIASを見に来てるんだろ。もうハッピーエンドでは終わらねえからな。ここからはリンダマンガッチリいったってくれよ』


リンダマン『恐ろしい振り方してくれるじゃねえか。今日分かったとおり第1試合もメインも俺たちの圧勝
今年は俺たちがリングの中心だっていうのはテメエらバカでも見たらわかるよな。
それに京都だけじゃねえぞ。日本中のドラゴンゲートを見てるバカども、2018年は俺たちANTIASがこのリングを恐怖のどん底に叩き込んでやるからな。
オマエら覚悟しとけよ』



プロレスランキングへ

スポーツランキングへ









《2018年1月》

20(土)石川・金沢流通会館(18:00)


【第0試合】
パンチ富永
vs
BenーK


【第1試合】
CIMA
ザッカリー・ウェンツ
vs
横須賀ススム
デスモンド・エグザビエ


【第2試合】
Gamma
vs
TーHawk


【第3試合】
斎藤了
バンディード
vs
Eita
鷹木信悟


【セミファイナル】
望月成晃
Kagetora
vs
吉田隆司
神田裕之


【メインイベント】
YAMATO
B×Bハルク
Kzy
フラミータ
vs
土井成樹
吉野正人
ジェイソン・リー
ビッグR清水




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

21日(日)岐阜・じゅうろくプラザ〜“ハリウッド”ストーカー市川選手凱旋大会〜

【第1試合】
バンディード
吉岡有紀
vs
Kzy
フラミータ


【第2試合】
CIMA
ザッカリー・ウェンツ
vs
Kagetora
デスモンド・エグザビエ


【第3試合】
望月成晃
Gamma
vs
横須賀ススム
ディアブロ


【セミファイナル】
“ハリウッド”ストーカー市川
斎藤了
vs
YAMATO
BxBハルク


【メインイベント】
土井成樹
吉野正人
ジェイソン・リー
ビッグR清水
vs
TーHawk
Eita
鷹木信悟
神田裕之



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

24日(水)愛知・名古屋市露橋スポーツセンター〜U-T選手凱旋大会〜(18:30)

【第1試合】
望月成晃
斎藤了
ワタナベヒョウ
vs
エル・リンダマン
鷹木信悟
神田裕之


【第2試合】
Kagetora
vs
BenーK


【第3試合】
デスモンド・エグザビエ
ザッカリー・ウェンツ
vs
堀口元気
バンディード


【セミファイナル】
Kzy
横須賀ススム
vs
TーHawk
Eita


【メインイベント】
土井成樹
吉野正人
ジェイソン・リー
ビッグR清水
vs
YAMATO
BxBハルク
フラミータ
UーT


26(金)静岡・アクトシティ浜松(18:30)
27(土)兵庫・神戸サンボーホール(18:00)
28(日)兵庫・神戸サンボーホール(15:00)
31(水)愛知・津島市文化会館(18:30)


《2月》
3(土)兵庫・しらさぎ姫路みなとドーム(17:00)
4(日)愛知・岡崎竜美丘会館(17:00)
5(月)静岡・ツインメッセ静岡(19:00)

7(水)東京・後楽園ホール(18:30)
【オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合】
<王者>
望月成晃
vs
Kzy
<挑戦者>


【6人タッグ3WAY】

YAMATO
BxBハルク
フラミータ
vs
TーHawk
Eita
エル・リンダマン

vs
土井成樹
吉野正人
BenーK


10(土)山口・海峡メッセ下関(18:00)

11(日)福岡・博多スターレーン(16:00)
【オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合】
<挑戦者組>
土井成樹
吉野正人
ジェイソン・リー
vs
鷹木信悟
神田裕之
吉田隆司
<挑戦者組>


12(月・祝)1鹿児島・オロシティホール(鹿児島市)<17:00>
17(土)富山・富山県西部体育センター(砺波市)<18:00>
18(日)埼玉・えすぽわーる伊佐沼(川越市)<17:00>
20(火)兵庫・神戸サンボーホール(18:30)
24(土)京都・KBSホール(18:00)
25(日)愛知・ロワジールホテル豊橋(17:00)
26(月)鳥取・米子コンベンションセンター(18:30)


《3月》
3(土)大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場(18:00)
4(日)大阪・エディオンアリーナ大阪 第2競技場(15:00)
6(火)東京・後楽園ホール(18:30)
7(水)神奈川・ラジアントホール(18:30)
8(木)長野・メルパルク長野(18:30)
9(金)埼玉・ふれあいキューブ春日部(18:30)
10(土)静岡・富士市産業交流展示場 ふじさんめっせ(18:00)
11(日)広島・びんご運動公園健康スポーツセンター(17:00)
17(土)岐阜・セラトピア土岐(18:00)
18(日)愛知・名古屋国際会議場(16:00)

《MEMORIAL GATE 2017》
21(水・祝)和歌山県立体育館(15:00)

24(土)岡山・くらしき山陽ハイツ(18:00)
25(日)佐賀・佐賀市立諸富文化体育館(16:00)
26(月)福岡・小倉北体育館(18:30)
31(土)愛知・東海市民体育館(18:00)


《4月》
6(金)東京・後楽園ホール()


《5月》
6(日・祝)愛知県体育館(16:00)
8(火)東京・後楽園ホール(18:30)


《6月》
1(金)東京・後楽園ホール(18:30)


《7月》
5(木)東京・後楽園ホール(18:30)

22(日)兵庫・神戸ワールド記念ホール()


《8月》
7 (木)東京・後楽園ホール(18:30)

《9月》
6(木)東京・後楽園ホール(18:30)
9(日)宮城・仙台サンプラザホール()
24(月・祝)東京・大田区総合体育館()


《10月》
2(火)東京・後楽園ホール(18:30)


《11月》
6 (火)東京・後楽園ホール(18:30)

《12月》
4(火)東京・後楽園ホール(18:30)
18(火)東京・後楽園ホール(18:30)





プロレスランキングへ

スポーツランキングへ



↑このページのトップヘ