DRAGON GATE(ドラゴンゲート)+他団体の試合結果速報等

人気プロレス団体DRAGON GATE(ドラゴンゲート)を初め新日本プロレスやDDT、大日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、KAIENTAI DOJO(K-DOJO)、WRESTLE―1、スターダム、鬼神道、西口プロレス、学生プロレス等の試合結果速報を中心に載せていきます

2017年07月






【第7試合】
◎Aブロック公式戦◎
<2勝2敗4点>
飯伏幸太
VS
バッドラック・ファレ
<2勝2敗4点>
▼飯伏が得意のキックを打ち込んでいくが、ファレはキャッチしてエルボー。場外戦で飯伏を翻弄
リングに戻してもニークラッシャー、飯伏も起き上がりエルボー連打
ファレもスレッジハンマーを放つが飯伏はドロップキック。倒れないファレに対し左右のローキックからソバット→ミドルキックとダメージ
さらにミドルキックを決めた飯伏だが、ファレはタックルでダウンさせる
飯伏もトラースキックからバックを取ってジャーマン狙い。堪えるファレを強引に投げ捨てた
場外エスケープのファレに目掛けてプランチャで飛んだ飯伏、かわされ自爆
ファレは場外で飯伏を引き連れるが飯伏は逆に壁にぶつける。すると2階まで上がった飯伏は2階からのケブラータアタック
場外カウント18で戻ったファレを飯伏は待ち伏せするようにスワンダイブ式ミサイルキック
しかし追撃狙いはファレがラリアットで吹っ飛ばす。さらにファレがチョークスラムを狙うが飯伏は回転エビ固め
ブラジリアンキックから膝蹴りも見舞った飯伏。パイルドライバー狙いはファレが切り返しデスバレー
ファレはボディプレスからグラネードを決めるとバットラックフォールで3カウント


<3勝2敗6点>
○バットラック・ファレ
(11分36秒 バットラックフォール)
×飯伏幸太
<2勝3敗4点>




~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第8試合】
◎Aブロック公式戦◎
<2勝2敗4点>
後藤洋央紀
VS
ザック・セイバーJr.
<3勝1敗6点>
▼後藤がヘッドロックからタックルで倒すとストンピング。後藤が走るがデスペが足を引っ張り阻止
ザックがすぐにコブラツイストで固めると変形レッグロック~リバースインディアンデスロック+アームバー
後藤がエスケープしてもザックは踏みつけエルボー。後藤もチョップ
ザックが走るが後藤はかまいたち。村正からバックドロップも決めた後藤
追撃狙いはザックが切り返しロープワークから卍固めwith指折り
さらにフロントチョーク式指折りを決めたザックだが後藤は牛殺し!

5分経過
さらにラリアットを決めた後藤だがザックはすぐに腕固め。後藤もエルボーを見舞うがザックはローキック、スライディングキックからPK!後藤もラリアット
ザックは起き上がりヨーロピアンアッパーからフロントチョーク。
後藤が抵抗するとヨーロピアンクラッチ、返した後藤が向かってくると再びヨーロピアンクラッチ
ザックのPKは後藤がキャッチ、起き上がりザックのエルボーから後藤もエルボーでエルボー合戦
ザックはハイキック2発から膝蹴り、後藤はトラースキック
ラリアットを決めるとGTRで3カウント


<3勝2敗6点>
○後藤洋央紀
(10分14秒 GTR)
×ザック・セイバーJr.
<3勝2敗6点>





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
◎Aブロック公式戦◎
<3勝1敗6点>
棚橋弘至
VS
YOSHI-HASHI
<1勝3敗2点>
▼YOSHIが食らいついていくが棚橋はYOSHIを場外に落としプランチャ!リングに戻った棚橋はエアギター
YOSHIの足にエルボーを落とすと変形の監獄固めで締め上げる。YOSHIは何とかロープへ
YOSHIが逆水平、ロープに振ってラリアットからヘッドハンター
張り手やボディブローも見舞うが棚橋も返す。だかバンカーバスターを決める
トラースキックは棚橋がキャッチしてドラゴンスクリュー。さらにテキサスクローバーで締め上げて苦しめる
エスケープしたYOSHIの足を掴んだ棚橋はロープに固定してドラゴンスクリュー。続くハイフライ狙いはYOSHIがコーナーに追走、チャクラを決める
YOSHIの逆水平、棚橋がエルボーを見舞うとエルボー合戦。YOSHIもボディブロー!棚橋はエルボースマッシュで返したが、YOSHIがショルダーバスターから蒼魔刀

10分経過
棚橋も足を取る。YOSHIもトラースキックで止めてかち上げラリアット。ジャックナイフ式パワーボムからスワントーンボム
YOSHIがカルマ狙いは棚橋が切り返す。YOSHIはバッククラッカーからカルマ狙い。これを棚橋はツイスト&シャウト
YOSHIがスピンキック!さらに走るが棚橋がスリングブレイド!コーナーからハイフライフローで3カウント


<4勝1敗8点>
○棚橋弘至
(13分40秒 ハイフライフロー)
×YOSHI━HASHI
<1勝4敗2点>





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎Aブロック公式戦◎
<2勝2敗4点>
石井智宏
VS
内藤哲也
<3勝1敗6点>
▼ロックアップからクリーンブレイクした内藤だが唾を吐きかける。
石井がロープワークからラリアットを狙うと、内藤がかわして寝そべるポーズ
場外では鉄柵へのホイップ合戦から内藤が石井をリングへ戻す。内藤は石井にフェイスロック!
コーナー際で内藤が打撃を放つが石井が体を入れ替え殴りにいく
内藤は喰らいつつも石井を捕らえ裏DDT

5分経過
リング中央でネックブリーカーを決めた内藤はエルボーからクルックヘッドシザースで首を集中的に攻める。石井が抵抗しても離さない内藤
さらに間を外しながら内藤がいたぶるが石井もカウンターのパワースラム!
石井はストンピングを皮切りに頭突き&エルボーをコーナー際で打ち込んでいく

10分経過
コーナーに振られても勢いを利用してタックルで倒し垂直落下式ブレーンバスター。
バックを取ってバックドロップ狙いは内藤が着地、ロープに走って首筋へドロップキック。さらにコーナーに追い込み首へ串刺しドロップキック
スイングDDT狙いは石井が読んでバックドロップへ!石井は起き上がり内藤の唾吐きに凄む
エルボー連打を受けて頭突き一撃で返すと串刺しラリアット!コーナーに上げて雪崩式を狙うが内藤が着地して裏DDTの形で叩きつける、さらにはジャーマン

15分経過
石井の逆水平に内藤はベイダーアタック気味のフォアアーム
石井の延髄は内藤がかわしたが、石井が背後からラリアット→投げ捨てジャーマン!
起きた内藤が張り手、石井が頭突き。再び張り手も石井は頭突き、そしてパワーボム。カウント2
垂直落下式ブレーンバスターを堪えた内藤はスイングDDT、石井が起きて向かうが延髄斬り→ジャーマンスープレックス
内藤がデスティーノを狙うが石井はキャッチして捕らえるも内藤は強引にデスティーノ
石井はそれでもラリアットで吹っ飛ばす。さらにラリアットは内藤が浴びせ蹴り、内藤がデスティーノも起きた石井がラリアット
垂直落下式ブレーンバスターは着地した内藤だが石井はラリアット
トドメの垂直落下式ブレーンバスターで3カウント



<3勝2敗6点>
○石井智宏
(21分6秒 垂直落下式ブレーンバスター)
×内藤哲也
<3勝2敗6点>







……………………………………

Aブロック
・8点・
棚橋弘至<4勝1敗>

・6点・
内藤哲也<3勝2敗>
後藤洋央紀<3勝2敗>
バットラック・ファレ<3勝2敗>
真壁刀義<3勝2敗>
石井智宏<3勝2敗>

・4点・
飯伏幸太<2勝3敗>

・2点・
YOSHI━HASHI<1勝4敗>

・0点・
永田裕志<5敗>







【第1試合】
マイケル・エルガン
デビッド・フィンレー
VS
SANADA
BUSHI
▼BUSHIとフィンレーの先発。ロックアップからBUSHIが押し込むがフィンレーも押し返す
フィンレーが走ろうとすると下からヒロムが足を引っ張りBUSHIがスライディングキック
それでもフィンレーはSANADAにカウンターのドロップキックで反撃、バックドロップも決めた
替わったエルガンはカウンターのアバランシュホールド、串刺しラリアット。SANADAがスカルエンドの構えに入るとエルガンが強引に担ぎ上げる
フィンレーが入りバックブリーカーを決めると一気にプリマノクタを狙うもSANADAがスカルエンド
エルガンがカットしたがSANADAがドロップキック、BUSHIがトペで追撃
リングのSANADAはフィンレーにラウンディングボディアタックを決めてスカルエンドでギブアップ



○SANADA
(5分17秒 Skull end)
×デビッド・フィンレー





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
川人拓来
北村克哉
VS
EVIL
高橋ヒロム
▼北村がEVILに臆することなく強烈な逆水平、カットにきたヒロムにも逆水平からアルゼンチンで担ぎ上げる
場外で自分達のペースに戻したロスインゴ。ヒロムは北村の逆水平をかわしてドロップキック
替わった川人はヒロムにコルバタ、ランニングエルボーも決めるとスワンダイブ式ミサイルキック!続いて逆エビ固め
串刺しラリアットも決めたが、さらに対角線に走るとEVILが串刺しラリアット!ヒロムが逆エビを決めたが川人は丸め込む。
これを返したヒロムが再び逆エビ固めでギブアップ勝ち


○高橋ヒロム
(5分14秒 逆エビ固め)
×川人拓来





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
鈴木みのる
タイチ
VS
タマ・トンガ
高橋裕二郎
▼後から入場の鈴木が歩幅を合わせながら気持ちよく歩いているところをトンガが強襲
場外戦を展開、鈴木が立看板での殴打でダメージを与えると、リングに戻しても膝蹴り
トンガもエルボー連打に負けずにドロップキック!裕二郎とタイチがリング上
裕二郎の串刺しをかわしたタイチが天鳳を決める。鈴木の介入からタイチがマイクスタンド、裕二郎がピーターの杖でチャンバラ合戦
裕二郎がピンプシューズを決めると3カウント


○高橋裕二郎
(5分28秒 ピンプシューズ)
×タイチ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
小島聡
天山広吉
VS
ケニー・オメガ
チェーズ・オーエンズ
▼小島とケニーの先発、小島がロープワークからタックルでダウンを奪う。
天山も介入して連携を見舞うと、モンゴリアンでダメージを与える。
しかしオーエンズも入りケニーとの連携で天山にダメージ
ロープに固定しての攻撃から、天山の頭突きを受け止め逆にヘッドバット
オーエンズはスリーパーで絞め、挑発するようにモンゴリアンも見舞う

5分経過
天山もカウンターのマウンテンボム。替わった小島が串刺しマシンガン逆水平からイッチャうぞバカヤロー
これはケニーがデッドリードライブ。ケニー&オーエンズが同時のフロントハイキック
さらに小島を羽交い締めにしてオーエンズが着けてもいないサポーターを外す仕草からラリアット狙い
これを天山がカット、天コジカッターを炸裂させると小島がウエスタンラリアットでフィニッシュ


○小島聡
(7分29秒 ウエスタンラリアット)
×チェーズ・オーエンズ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第5試合】
ジュース・ロビンソン
田口隆祐
岡倫之
VS
オカダ・カズチカ
矢野通
外道
▼外道と田口の先発。田口のケツ攻撃が繰り広げられたがCHAOSがすぐに逆転
場外戦ではオカダがジュースに積み上げた椅子の上に殴打
オカダとジュース、ジュースが裏DDTやスパインバスターも決める

5分経過
オカダはショルダースルーからDDT→エルボースマッシュ
レインメーカー狙いはジュースが切り返す
リング上、入り乱れるが矢野が田口&岡に634を決めると丸め込んだ



○矢野通
(7分47秒 634)
×岡倫之





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第6試合】
◎Aブロック公式戦◎
<2勝2敗4点>
真壁刀義
VS
永田裕志
<4敗0点>
▼永田がエルボーでテイクダウン。サッカーボールキック。真壁も場外に永田を連行、鉄柵へぶつけていく
真壁はコーナーに振ったが永田がカウンターのフロントハイキック
永田は串刺しフロントハイキック→エクスプロイダー、さらに投げようとしたが真壁がカウンターのパワースラム
さらに串刺しラリアット→コーナー際でパンチを降りおろしていく。
エルボー合戦から走った真壁、永田もミドルキック真壁はエルボーでダウンを奪う

しかし永田も腕を取り白目式腕固め。ローキックを後ろ→前から順に蹴りこみマウントポジションからエルボー連打
返されてもラリアット、バックドロップ狙いは真壁が返す。今度は真壁が投げ捨てジャーマン
コーナーに上がった真壁に永田が雪崩式を狙うこれが決まるが真壁も串刺し狙い
これを返されキングコングニーアタックを決めた真壁が、キングコングニードロップでトドメ




<3勝2敗6点>
○真壁刀義
(10分49秒 キングコングニードロップ)
×永田裕志
<0勝5敗0点>








【第6試合】
潮崎豪
VS
マイバッハ谷口
▼ゴングと同時にタックル合戦。潮崎がコーナー際で連続串刺し逆水平→ラリアット
だが谷口も潮崎をエプロンに連れバックドロップon theエプロン
リングに戻してもラリアットを連打した谷口、潮崎もノーモーションのゴーフラッシャー

5分経過
走ってきた潮崎を谷口が投げ捨てジャーマン!ラリアットは相討ち。谷口の頭突きに潮崎は逆水平
潮崎のローリング逆水平に谷口は頭突きを合わせる。谷口はダブルハンドチョップの連打から走るが、潮崎はカウンターでラリアット
返されてもラリアットを放ったが谷口は頭突き、そしてチョークスラム
両者ダウンから膝立ちで谷口がエルボー。起き上がり潮崎のエルボーは谷口も返すが潮崎はエルボーで倒して袈裟斬りチョップ連発
谷口も頭突きを連発、雄叫びからトドメの一撃を狙った谷口だったが潮崎がラリアット!
両者ダウンすると10カウントで両者KO


×潮崎豪
(9分58秒 両者KO)
×マイバッハ谷口





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
◎第11回グローバル・ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦優勝決定戦◎
石森太二
Hi69
VS
HAYATA
YO-HEY
▼先発は石森とHAYATA。石森がコルバタで場外に追いやりフィンタデレギンタ。
YO-HEYはHi69を場外に出してプランチャを仕掛けたが、逆転したHi69は机にYO-HEYを寝かせボディプレスon theテーブル
リングにYO-HEYを戻していたぶる石森組。それでもHAYATAがカットに入り石森と一騎討ち
スライディングキックからライオンサルトを決めるとハンドスプリング攻撃、これをキャッチした石森が逆にハンドスプリングキック
替わったHi69はモンゴリアンチョップ→フェイスクラッシャー。顔面へのローキックも連打
みちドラを宣言したHi69だがHAYATAが逆にみちドラ!
替わったYO-HEYがミサイルキック。Hi69の攻撃をかいくぐったYO-HEYはHAYATAとの同時トラースキック!
YO-HEYがバンブードラゴンを狙うがHi69が追いつきデッドリードライブ。Hi69&石森も同時トランスレイブから石森はHAYATAを排除
石森がケブラータで分断。リングではHi69がYO-HEYにトランスレイブ2連発からみちのくドライバーII
返したYO-HEYにストゥーカを狙ったがYO-HEYがスタナー!HAYATAが低空ドロップキックでアシスト
YO-HEYが巌鬼を決めてRKO→バンブードラゴンフライで3カウント

○YO━HEY
(13分31秒 バンブードラゴンフライ)
×Hi69





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎GHCヘビー級選手権試合◎
<王者>
中嶋勝彦
VS
ブライアン・ケイジ
<挑戦者>
▼ブライアンが強烈なタックル。勝彦も三角蹴りで反撃したがブライアンは場外で逆転
リングに戻しても勝彦を倒したブライアンがその場飛びムーンサルト。さらに変形テキサスクローバーで苦しめる
ブライアンはセカンドからのムーンサルトを投下したがかわされる。それでも足極め式アルゼンチンバックブリーカーを決めたが、着地した勝彦はドラゴンスクリュー
ミドルキックからジョン・ウーも決めた勝彦、ブライアンのトルネードボムを切り返しミドルキック!さらにミサイルキックで追撃
勝彦のエルボー連打もブライアンがカウンターの高速アバランシュホールド
雪崩式ブレーンバスターも決めたブライアンだが勝彦も切り返す
それでもブライアンは勝彦を捕まえバックブリーカーからデスバレー!

10分経過
コーナーに上がったブライアンだが勝彦がおいつき落とす。しかしブライアンはバイシクルキックから619→ダイビングエルボードロップ
ドリルクロー狙いを着地した勝彦はミドルキック→トラースキック→バックドロップ
勝彦は後ろ→前→後ろと蹴りを見舞った勝彦だが、ブライアンはエルボー。さらにランニングローリングラリアット!
ブライアンは勝彦を抱えたが、勝彦は切り返しカナディアンデストロイヤー
膝をつくブライアンの側頭部にローキック→PK。ヴァーティカルスパイクもカウントは2

15分経過
勝彦は雄叫びからトラースキック2連発。さらにトラースキックからハイキック。しかしブライアンもウエポンX
何とか返した勝彦に、ブライアンはターンバックルパワーボム。しかし勝彦もトラースキック。両者ダウン
起きたブライアンが張り手、勝彦はミドルキック!ブライアンはエルボー、勝彦はミドルキック。
ブライアンは耐えてエルボー、勝彦のミドルキックとブライアンのエルボーが交差
勝彦がミドルキック2連発からエルボー連発、勝彦はフライングフォアアーム
コーナーから勝彦が飛んだが、これをキャッチしたブライアンが強引にドリルクローで突き刺す。カウントは2

20分経過
ブライアンはコーナーに上がり雪崩式ドリルクローを狙ったが勝彦がオーバーヘッドから雪崩式フィッシャーマン
倒れず起きたブライアンが雄叫び。しかし勝彦がハイキック!そしてヴァーティカルスパイクで3カウント


○中嶋勝彦
(22分17秒 ヴァーティカル・スパイク)
×ブライアン・ケイジ



エディ・エドワーズが勝彦に挑戦表明!『俺の1つ目の夢はノアに上がること。2つ目はGHCのベルトに挑戦することだ

ツギ、チャレンジ、ユー』



勝彦『このベルトに挑戦したい、その意思はわかった
というか、来たのはアンタだけかよ。

エディ、アンタとは随分戦ったね。久しぶり!
アンタもここに長くいたから分かると思うけど、簡単に手に入る代物じゃないんだ。
でもアンタなら何も文句ない。』

(ブライアンがエプロンで勝彦と抱擁して退場)


勝彦『今日は皆さん、沢山のご来場ありがとうございました
そして、ブライアン、ありがとうございました
まだまだ俺は叶えたい夢がある。俺は絶対諦めないし、その夢に向かっていくまでです
ノアは俺が居ないと始まらない、何故なら、俺は、止まらねえ』









【第1試合】
コーディ・ホール
KAZMA SAKAMOTO
VS
フィル・アトラス
諸橋晴也
▼コーディとアトラスの先発から諸橋はKAZMAにタックルを仕掛けたがニーリフトで倒されてしまう
替わったコーディは串刺しラリアット、諸橋はマッケンローから膝へのスライディングエルボー
替わったアトラスはスピーディーな技の数々で沸かせていく。KAZMAにはスリングショット式ボディアタック。コーディにはクロスボディ式ドロップキック
替わった諸橋もKAZMAに連続ジャーマン、アトラスのジャンピングハイキックのアシストから三度ジャーマン
これはコーディがカットしてチョークスラム、KAZMAがニーリフト!コーディのフラップジャックからKAZMAのみちのくドライバーでフィニッシュ



○KAZMA・SAKAMOTO
(6分23秒 みちのくドライバーII)
×諸橋晴也





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
原田大輔
タダスケ
グルクンマスク
首里ジョー
VS
大原はじめ
熊野準
勝俣瞬馬
MAO
▼グルクンとMAOの先発、勝俣vs首里。エルボー合戦から勝俣がトラースキック!
タダスケvs大原の闘龍門先輩後輩対決、タダスケのパワー殺法に大原はケブラドーラコンヒーロ

5分経過
熊野がエルボー連打するが、タダスケも強烈な一撃で反撃
替わった原田は次々とバックエルボーで排除してから熊野にダメージを与える
NωAの二人をコーナー逆さ吊りにすると、介入した熊野も逆さ吊りにして串刺し攻撃
熊野を孤立させエルボーを見舞うが、ニーアッパー狙いは熊野が無双
勝俣がヤスウラノ式串刺し攻撃、MAOも続き熊野がグルクンを攻撃。場外に追いやった相手にMAOが宇宙人プランチャ!
リングに残った熊野とグルクン、グルクンがエアレイドクラッシュからムーンサルトで3カウント



○グルクンマスク
(10分6秒 ムーンサルトプレス)
×熊野準






~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
丸藤正道
齋藤彰俊
小川良成
VS
カイザー
ガストン・マテオ
井上雅央
▼丸藤とカイザーの先発から彰俊と雅央の対峙。彰俊が足を踏んで動きを止めるとロープに股間を当てつけるようにホイップ
小川が雅央を羽交い締めにして丸藤が逆水平を連発して悶絶させる
彰俊も膝蹴りから滞空ブレーンバスター。カウント2、対角線に振られた雅央だがポストを利用してショルダータックル

5分経過
南米コンビが彰俊を捕まえる。カイザーがキャノンボールを見舞えばマテオはエルボー!
彰俊もチョークスラムで反撃。丸藤がマテオに向かうと、マテオは『チョットマッテ』と聖書を提示。丸藤の顔を聖書?で挟みニヤリ。
ロックボトムを見舞うと不知火も狙ったが丸藤が切り返す。丸藤はキック連打
雅央と小川が対峙、雅央がぐるぐる腕回し式ラリアット!だが丸藤&彰俊がカットに入り連続串刺し攻撃!最後の丸藤は強烈な逆水平
小川がバックドロップで葬り3カウント


○小川良成
(10分54秒 バックドロップ)
×井上雅央





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
小峠篤司
拳王
VS
モハメドヨネ
クワイエット・ストーム
▼ストームが小峠を襲いゴング。小峠のチョップにはタックルで倒す
ヨネはギロチンドロップ、ストームはボディスラムで叩きつけヨネに繋げる
劣勢を強いられる小峠だが拳王は動かない。小峠はヨネにカウンターのゼロ戦キックで切り抜ける
タッチを受けた拳王はヨネにミドルキック連発。ヨネもラリアット連発からネックブリーカードロップ
小峠とストーム。小峠はコウモリで捕らえれば、マグザムも決めた。さらに小峠はスイングDDTを決めてダイビングボディプレス
カットにきたヨネを拳王が排除
ストームを孤立させて連携を狙うが小峠のトラースキックは誤爆
尚も羽交い締めにしたが今度は拳王のハイキックが小峠に誤爆
ストームがラリアットで3カウントを奪った


○クワイエット・ストーム
(8分57秒 50CMウデラリアット)
×小峠篤司



試合後、拳王が小峠を攻撃していると池田大輔が乱入!
『拳王、一緒にやっちゃう?』も無視されてしまう
すると内田雅之会長をリングに上げようとしたが会長は拒否
池田は会長を連れて退場した





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第5試合】
マサ北宮
VS
エディ・エドワーズ
▼北宮がタックルで先手を取ったがエディが場外に連行して逆転
エディは北宮をリングに戻しキャメルクラッチで締めあげる
逆水平も連打するが北宮はボディブロー連発、走ってきたエディを捕まえバックフリップ!

5分経過
北宮はショルダータックルで倒して足へのエルボードロップ。スピニングトーホールドはエディがガード
エディはカウンターのブルーサンダーで叩きつける。タイガードライバー狙いは北宮が堪える
エルボー合戦から北宮が逆水平!エディも逆水平を連発したが、走った北宮がスピア
串刺しラリアットも決めた北宮がバックドロップの構え、耐えたエディはラリアット!そしてタイガードライバー敢行も2カウント
エディは北宮が起きるのを待って突っ込んだが北宮が捕獲。
ブレーンバスターを決めた北宮だったがロープに走るとかわされ場外へ!
エディはロープに走りトペスイシーダ!だが北宮は鉄柵にぶつける、エディもニールキック
リングに北宮を戻しても変形シャイニングを決めて3カウントを奪った


○エディ・エドワーズ
(12分2秒 ボストン・ニーパーティ)
×マサ北宮








【第1試合】
◎FIRST MASTERSスペシャルシングルマッチ◎
リッキー・フジ
VS
大矢剛功
▼カニ挟みからグラウンド。リッキーがヘッドロックで締めあげる。
大矢もレッグシザースを仕掛けるがリッキーは倒立で脱出。リッキーはそのままヘッドロック
起き上がった両者はチョップ合戦、大矢がコブラツイストに捕らえるがリッキーはDDT
さらにはブレーンバスターでぶっこ抜いたリッキーはカミカゼ!
ガットショットからパンチ連打したリッキーだが、大矢がカウンターのネックブリーカードロップ~DDT
バックドロップはリッキーが体を翻しガード。しかし大矢は(本人的には)延髄斬りを見舞うとバックドロップで突き刺し3カウント


○大矢剛功
(8分35秒 バックドロップ)
×リッキー・フジ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
◎ルチャマスター・ザ・ベストスペシャル6人タッグマッチ◎
ザ・グレート・サスケ
獅龍
SATO
VS
NOSAWA論外
MAZADA
FUJITA
▼先発はNOSAWAと獅龍。“しりゅう”コールにふて腐れたNOSAWAは“ろんがい”コールを煽る。今度は獅龍がふて腐れる。替わったFUJITAがふて腐れ“ふじた”コール

5分経過
このやり取りだけで経過するが、SATOが出るやMAZADAにモンキーフリップや飛びつきラナ!
サスケとFUJITA。シザース合戦から起きると、サスケは超能力を発揮!念を送るが控えるNOSAWAに誤爆
それでも超能力でFUJITAを吹っ飛ばしたサスケ。起き上がったFUJITAも握手を求めるが、サスケが応じるとサスケだまし!

10分経過
獅龍とNOSAWA。獅龍がアームドラッグを仕掛けると、MAZADAやFUJITAも投げレフェリーにもアームドラッグを仕掛けてしまう。フォールしてしまうが無効
愚連隊の華麗な連携が披露されたがSATOとサスケがカット!
場外戦に移行したあと、SATO&獅龍がNOSAWA&MAZADAを捕まえる。対角線に振ってぶつける
獅龍&SATOは愚連隊を場外に出すと同時にトペコン!サスケもケブラータを見舞う
リングにFUJITAを戻すと、サスケのサスケスペシャルセグウェイ→SATOがペディグリー、ダイビングセントーンで3カウント


○SATO
(17分14秒 ダイビングセントーン)
×FUJITA





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【第3試合】
◎WONDERFUL MASTERS WORLD スペシャルタッグマッチ◎
獣神サンダー・ライガー
佐野巧真
VS
藤原喜明
冨宅飛駈
▼先発はライガーと藤原。ライガーがチョップで先手を取るが、ライガーが再び向かってくると藤原はすかさずワキ固めへ
場外エスケープから戻ったライガーは藤原の足を取るが藤原が逆にアキレス腱固め。ライガーがコーナー際まで押し込むが藤原は効いてないアピール
中央に戻り藤原が一本足頭突きを連打、ライガーは悶絶
佐野vs冨宅、グラウンドの攻防で冨宅を捕まえた佐野がスリーパー。カットにきた藤原が佐野にスリーパー
冨宅はライガーを自陣に連れると藤原がレフェリーの視線を逸らし首を絞める
冨宅が出てきてライガーと対峙したが、ライガーの藤原への怒りが収まらずに向かっていく。藤原も応戦
ライガーは冨宅を掌打で吹っ飛ばすと佐野は藤原に強烈なミドルからダイビングフットスタンプ!
起き上がった藤原と佐野が張り手合戦~藤原はワキ固め

10分経過
替わった冨宅がミドルキックから腕十字で佐野を極める。冨宅がロープに走ってくるが佐野はソバット!
ライガーが冨宅をセットすると、ダイビングフットスタンプで佐野が3カウントを奪った



○佐野巧真
(12分3秒 ダイビング・フットスタンプ)
×冨宅飛駈





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
◎MASTERS BATTLE!平成維震軍VS大日本スペシャル6人タッグマッチ◎
越中詩郎
AKIRA
齋藤彰俊
with青柳政司
VS
グレート小鹿
関本大介
岡林裕二
▼維震軍の奇襲でゴング。場外戦を展開
リングに戻ると越中&AKIRAが関本に太鼓の乱れうち。彰俊も加わり太鼓の乱れうち!関本は両腕タックルで二人を倒したが越中もヒップアタックで応戦
岡林vs彰俊。タックル合戦は互角、彰俊が裏投げからニールキック!
小鹿vsAKIRA。小鹿がヘッドロックで捕らえたが青柳が杖でカット

5分経過
再び場外戦を展開。関本は彰俊に逆水平、岡林は越中と攻防。岡林の強烈な逆水平に越中はチョップで岡林を倒す。彰俊が関本を膝蹴りでダウンさせると、岡林に対して越中&彰俊がハイジャックドライバー
一方で青柳と小鹿は子供のケンカのような攻防……
リングに戻り岡林を攻撃する彰俊、岡林も逆水平で応戦するが彰俊の蹴りに倒されてしまう
続いて越中がヒップアタック→河津落とし。

10分経過
岡林も強烈なショルダータックルで逆転すると、関本はAKIRAを捕らえ逆エビ固め。越中が頭突きでカットにきたが投げ捨てジャーマンで反撃
関本がAKIRAを、岡林が越中を抱えアルゼンチンの共演&小鹿は彰俊にコブラツイスト
劣勢のAKIRAはスイングDDTで切り返す。替わった彰俊は岡林に対峙したが岡林はブレーンバスター、さらにキャメルクラッチ
越中に一瞬視線を取られた岡林だがロープに走りラリアット狙い。彰俊はカウンターでスイクルデス
入り乱れ維震軍が岡林&関本のサンドイッチラリアットを誤爆させることに成功
AKIRAが小鹿にムササビプレスを投下、越中がダイビングヒップアタックでフィニッシュ


○越中詩郎
(15分37秒 ダイビングヒップアタック)
×グレート小鹿



小鹿『てめえら、これが終わりじゃねえこれが始まりだ
このインチキやロー(青柳)、ニセモノみたいな刀持ちやがって。もっといいもん持ってこい
それから、越中。お前、(全日本の)新弟子の頃は辛くて俺の胸で泣いてたくせにバカヤロー。
なんだその格好は!恩を忘れたかコノヤロー』



越中『(コシナかコールに応え)
いくぞぉ、やってやるってぇ!』




~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎プロレスリング・マスターズ集結!“魔界の達人”見参!スペシャル6人タッグマッチ◎
藤波辰爾
長州力
馳浩
VS
グレート・ムタ
ザ・グレート・カブキ
TNT
▼先発はムタと長州。ムタはロックアップに付き合わずに場外へ
ムタが戻りヘッドロックから長州を倒しフラッシングエルボー!長州もお返しのドラゴンスクリュー
藤波vsカブキを挟んでTNTが馳に力比べ。押し込んだが馳も押し返す

5分経過
ムタは藤波にヘッドロックで捕らえる。カブキが替わると藤波は自陣に連行して馳にタッチ
馳はジャイアントスイングで回すこと18回。ムタには腰振りで挑発、しかしTNTがラリアット

10分経過
ムタが馳を場外でいたぶり、リングに戻したが馳はネックブリーカードロップ
替わった長州がラリアットで倒すとサソリ固めを狙う。ムタは切り返し逆に足四の字
藤波がカット、TNTがくるがドラゴンスクリューを決める。馳がミサイルキックで続く
TNTもリストロック式スピンキック!滞空ブレーンバスターでも叩きつけた
さらに串刺しラリアット、カブキも串刺しラリアット、ムタは串刺しシャイニング→ドラゴンスクリューから正調シャイニング!

15分経過
TNTがフライングニールキック!藤波を羽交い締めしてカブキが毒霧はTNTに誤爆
今度は長州を羽交い締めにしたムタにカブキが毒霧も誤爆するとリキラリアットがムタに発射
孤立したTNTに馳が裏投げ、2で返されるとノーザンライトスープレックスで3カウント



○馳浩
(16分41秒 北斗原爆固め)
×TNT



馳『今日、今日が夏の夜の夢で終わらせないようにします
長州さん、藤波さん、今日はありがとうございました』





↑このページのトップヘ