DRAGON GATE(ドラゴンゲート)+他団体の試合結果速報等

人気プロレス団体DRAGON GATE(ドラゴンゲート)を初め新日本プロレスやDDT、大日本プロレス、全日本プロレス、NOAH、KAIENTAI DOJO(K-DOJO)、WRESTLE―1、スターダム、鬼神道、西口プロレス、学生プロレス等の試合結果速報を中心に載せていきます

2017年12月



◎宮武俊が登場して前説
DAMNATIONグッズの紹介を彼なりに頑張ってこなす
さらに対戦カードも漢字に不慣れながら読み上げた


※Suguru Miyatakeショー※
タンクトップにサングラス姿、ギターを持って長渕剛の♪金色のライオン♪を特に上手くも下手でもなく熱唱した





【第1試合】
◎コスチュームチェンジバトル◎
<出場選手>
HARASHIMA<伊橋剛太>
マンマンカイカインド<上野勇希>
赤井沙希<大家健>
高尾蒼馬<マンマンカイカインド>
上野勇希<高尾蒼馬>
関根龍一<スティーブ・オースチン>
大家健
植木崇行<赤井沙希>

▼入場したのは高尾コスの上野勇希。2番手は上野コスのマンマンカイカインド
二人がやりあっていると3番手はマンマンカイカインドのコスの高尾蒼馬
マンマンの高尾は上野マンマンを場外に落とし失格にさせる
4番手には大家コスの赤井沙希。入場曲をカッコつけて入ると5番手は伊橋コスのHARASHIMA
本家よろしくフットスタンプもダメージはなかったが、コーナーに上がったマンマン高尾をドロップキックで場外に落とし失格させる
6番手にはHARASHIMAコスの大家健。普段よりカッコつける
7番手には赤井コスの植木崇行。植木は変態全開で赤井を嫌がらせる
最終入場にはストーンコールドになりきった関根龍一
いきなりスタナーの連発で失格者を続発させ、一気に大家の赤井沙希、赤井の植木崇行、伊橋のHARASHIMAと4人に…
植木は関根に赤井のコスを二人でシェアして変態行為をしようと持ちかける。二人で赤井に迫ると赤井は逃げて失格
HARASHIMAのせいにした植木が攻撃は関根に誤爆。謝ると見せかけ場外に落とした植木
HARASHIMAと一騎打ちは銃を突きつけ優勢になるもHARASHIMAは逆転、蒼魔刀でフィニッシュ



○HARASHIMA<伊橋剛太>
(14分4秒 蒼魔刀)
×植木崇行<赤井沙希>






……………………………………

【第2試合】
ディック東郷

vs
コルト・カバナ
アントーニオ本多
▼X発表とされていた東郷のパートナーはアイアンマンチャンピオンのワンチューロ。
東郷とカバナのスペシャルなマッチアップで始まると、
アントンはいつものように相手を飛び越えようとしたところを躓く……と見せかけ飛び越えた。
さらには相手を場外に落としケブラータの素振りは、いつものように躓くかと見えたが持ち堪えスレッジハンマー
『ひと味違う』と宣言したアントンだが、リングに戻る際に躓く
膝を痛打すると、ギブアップ前に徹夜で考えた昔話ならぬ未来話。
その名も“スターウォーズ”チューバッカリとチュー(キス)ばっかりをかけた
これに引っかかったワンチューロだがドロップキックで逆転

それでもアントンもぎこちないシャイニング。そしてバイオニックエルボー
これを阻止したワンチューロもバイオニックエルボー、カバナもブンブンエルボー、東郷まで放つ
4者ダウンからカバナは一発芸。アントンがワンチューロに仕掛けると、ワンチューロが回転エビ固めで丸め込み3カウント


○ワンチューロ
(13分40秒 回転エビ固め)
×アントーニオ本多


見事にアイアンマンのベルトを守ったワンチューロだが、直後に東郷がスクールボーイ


◎アイアンマンヘビーメタル級選手権◎
○ディック東郷
(12時40分 スクールボーイ)
×ワンチューロ






……………………………………

【第3試合】
◎KO???D6人タッグ選手権試合◎
<王者組>
KUDO
坂口征夫
高梨将弘
vs
ポーリーズ
<挑戦者組>
▼選手が伏せられていたポーリーズ。
マッド・ポーリーに続いて浜亮太似のポーリーと島谷常寛似のポーリーが入場
先発の浜ポーリーに苦戦を強いられていた王者組だったが島谷ポーリーを集中攻撃
KUDOは柴田ポーリーにミドルキック連打したが柴田ポーリーはフィッシャーマンバスター
浜ポーリーの圧殺はKUDOがかわす。しかし坂口に浜が串刺しアタック→柴田ポーリーはリバーススプラッシュ
島谷ポーリーのポーリーバスターが決まったが、カット
KUDOのダイビングダブルニードロップが決まるが坂口のPKは島谷ポーリーがかわす
スクールボーイ、ラ・マヒストラルはカウント2で返されると逆さ押さえ込み
返した坂口が一気に神の右膝で3カウント


○坂口征夫
(9分36秒 神の右膝)
×マッド・ポーリー<島谷常寛>






……………………………………

【第4試合】
◎暴走大巨人コンビvsバカ兄弟!スペシャルタッグマッチ◎
石川修司
諏訪魔
vs
バラモンシュウ
バラモンケイ

▼試合前のVTRで、石川修司の意識調査を行った内容が流される
やや調子に乗り気味の石川は、バラモン兄弟のことをどこぞの強力外国人兄弟と勘違いして全く知識のない諏訪魔に不安を感じていた


★試合が始まるやいきなりのバラモンワールドが展開されるも諏訪魔も対応
リングに戻ると諏訪魔がケイに逆エビ固めはエグ過ぎる角度。シュウがバケツを持って威嚇すると諏訪魔は自陣へ
ケイはドラゴンスクリュー、シュウは延髄斬りを石川に決めるとコーナーにセットしてボウリング(股間にボウリング玉を投げつける)
しかし交通標識攻撃が誤爆すると、諏訪魔はケイにダイビングショルダー
さらにラストライドの構えに入る。

そこへアイアンマンを巡る戦いをしていたディック東郷らが乱入する。
東郷は逃げ切ることに成功するかと思われたがカバナが丸め込み新チャンピオンに
カバナは諏訪魔とハイタッチして退場。

このスキをついたシュウが諏訪魔に墨汁噴射!石川にも墨汁。そして五体不満足で丸め込む
カウント2で返すと石川が入りサンドイッチラリアット!
諏訪魔がケイに墨汁噴射からラストライドで3カウント



○諏訪魔
(10分5秒 ラストライド)
×バラモンケイ


◎アイアンマンヘビーメタル級選手権◎
○コルト・カバナ
(13時12分 スクールボーイ)
×バラモンケイ


石川『諏訪魔さん、先に1言言っておきます
ごめんなさい』



諏訪魔『こんな目に遭うと思わなかったよ
墨汁、スゴいマズいな』



石川『これで暴走大巨人の絆も深まったと思います
世界タッグも狙っていきますので皆さん応援よろしくお願いします』






……………………………………

【セミファイナル】
◎スペシャルタッグマッチ◎
遠藤哲哉
竹田誠志
vs
竹下幸之介
田中将斗

▼先発は竹下と竹田。グラウンドの攻防を展開
田中と遠藤、遠藤がパワーを見せると田中は串刺しフォアアーム→首四の字
竹下も半ひねり式シルバーブレッドを見舞うとラリアットも炸裂させる

5分経過
田中は逆水平で続くと遠藤の逆水平を受けきりカウンターのローリングエルボー
竹下は串刺しバイシクルキックで続けたが遠藤はドロップキック
替わった竹田は竹下をロープに固定して背後へのロッキンポ
変形マフラーホールドを決めたが竹下は抜け出し、ロープワークからフロントスープレックス
田中が竹田にワンツーエルボーからローリングエルボー、竹田はカウンターのスピア敢行
遠藤が出て相手を場外に出すとブエラデアギラ

10分経過
リングに戻りトーチャーラック狙いは田中が堪えてDDT
竹下はブルーサンダーを決めたが遠藤はドロップキック

エルボー合戦から遠藤のハンドスプリングオーバーヘッドキックをバッククラッカーで迎撃した竹下
膝蹴りも見舞うが、ラストライド?狙いは遠藤がフランケンシュタイナー
竹田に伏せさせその場飛びシューティングスタープレスは竹下が膝で迎撃

15分経過
逆さ押さえ込み合戦になると田中がスライディングDでカットにきたが竹下に誤爆
すると遠藤がトーチャーラックボムからシューティングスタープレスで3カウント


○遠藤哲哉
(15分36秒 高角度シューティングスタープレス)
×竹下幸之介






……………………………………

【メインイベント】
◎DDT EXTREME級選手権試合60分3本勝負◎
<王者>
佐々木大輔
vs
宮本裕向<爆破王王者>
<挑戦者>
▼のっけからグラウンドの攻防を展開、立ち上がってのリストロックの攻防からロープワークの攻防へ
佐々木がカウンターで捕獲してクロスフェイス。裕向が場外エスケープ
佐々木は裕向を観客席にぶちこみ、ラダーでの殴打
さらにラダーを立てかけブレーンバスターを狙い合う、これは裕向が制してリングへ

5分経過
佐々木の指にラダーを叩きつける裕向。腕十字もwith指裂き
さらなる指攻撃からコーナーに振るが佐々木がカウンターのエルボー。裕向は追撃を許さずスリーパーも、大輔はコルバタから裏DDT
続いてミサイルキックを見舞ったが、裕向もカウンターのドロップキック
ラリアットからその場飛びムーンサルトダブルニードロップ!

10分経過
佐々木をセットしてムーンサルト投下は佐々木やがかわし椅子を投げつける
セットした椅子に裕向を座らせた佐々木、だがコーナーに上がると裕向が追いかける
佐々木は揉み合いを制してパワーボムで叩きつけるとクロスフェイスに
抵抗する裕向からギブアップを奪った


○佐々木大輔
(12分46秒 クロスフェイスロック)
×宮本裕向



《2本目》
さらに絞められる裕向だが、ラダーに佐々木を叩きつけ逆転。雁之助クラッチもカウント2
ならばとハンドスプリングを敢行したが、狙っていた佐々木が腕をとる
それを切り返した裕向が逆さ押さえ込みで3カウント


○宮本裕向
(3分4秒 逆さ押さえ込み)
×佐々木大輔



《3本目》
フィニッシュ宣言の裕向。ラダーに佐々木をぶつけようとしたが、佐々木は端を抑え封じる。裕向も反対側の端を抑えひかない。
そこへ宮武俊が介入するとラダーを避ける。裕向を羽交い締めにして佐々木がギターショット
裕向がかわして宮武に誤爆してしまう。裕向がそのスキを縫ってバックに回るが佐々木はバック急所蹴り
裕向もすかさず急所蹴り、互いにダウン
急所を抑えながらのエルボー合戦から佐々木が裕向を場外に出しダイビングエルボーアタックon the机
もう一発狙いは裕向が下から椅子を投げガード
リングに戻り割れた机破片でダメージを与えた裕向。佐々木をコーナーにセットして机を設置
雪崩式ファイアーサンダーon the長机。続いてムーンサルトで弧を描くもカウント2
エルボー合戦からドラゴンスープレックスを決めた裕向だが、佐々木はトラースキックで応戦。
椅子殴打から椅子を盛ってペディグリーon the椅子盛り
ダイビングエルボーwith椅子もカウント2。ならばとクロスフェイスも切り返した裕向
ミスティカ式クロスフェイスを狙った佐々木を裕向が捕獲して旋回式ファイアーサンダーもカウント1
ならばとムーンサルトで3カウント



○宮本裕向
(29分40秒 ムーンサルトプレス)
×佐々木大輔




裕向『佐々木大輔、いや、大ちゃん、楽しかったよ
本当のEXTREMEはこのオレだ
なんかVTRでEXTREMEな生き方て言ってたけど、普通の生活してるだけだ
DDTには他にもEXTREMEな人がいると思うから楽しみにしてるよ
オレは、群れない、媚びない、結婚はしてる
オレが、宮本裕向だ』


(裕向は退場)


佐々木『宮本さん、先に言わないで下さい。
本当に狂った人だった』


(DAMNATIONセコンド陣がリングへ)


遠藤『カリスマ、いや、佐々木大輔!
テメエはインディージュニアも失って、EXTREMEも失って
もうカリスマなんかじゃねえ!テメエはもう用済みだ



な~んて言うと思いましたか?
ベルトなんか無くたって僕たちのカリスマですよ』



佐々木『テメエ、やりやがったな!
たしかにテツヤの言う通り、オレはもうカリスマなんかじゃねえ
降ろさせてもらうよ』


石川『カリスマ、ここから這い上がって、またみんなで頑張っていきましょう
また1つになるには歌が必要です』


(石川修司が♪世界に一つだけの花♪をアカペラ熱唱)



佐々木『止めろ!今日はテメエを蹴る元気はない

久々にDAMNATION4人揃った
そんな日にすべてを失ってでも、2018年もお前ら付いてきてくれるみたいだから
とりあえず明日の年越しプロレス、バラモン兄弟とバラモン3兄弟として憂さ晴らしだ
とりあえず少し繋いでくれ』



石川『今日はご来場ありがとう御座います
来年も総選挙、勝ち取ってDAMNATION主催興行、第三弾やりたいんで皆さんよろしくお願いします』



佐々木『人が疲れてる時に、良いこと言いやがって
2018年も、暴れ回ってやるからよ

メンバー紹介してやろうか

(他のメンバー紹介後)

このオレが元カリスマ、2代目カリスマ
佐々木大輔だ
俺たちがDAMNATIONだ
俺たちは、群れない、媚びない、結婚しない
このマザーアースは俺たちDAMNATIONが中心に回ってるんだ、覚えとけ』





プロレスランキングへ

スポーツランキングへ





欠場中の山村武寛が挨拶


山村『福岡の皆さん、改めましてこんばんは
ご存知の通り、自分は10月1日の博多スターレーンでケガをして欠場しました

首から下から自分の意思では動かない頚椎脱臼になりました
今も左腕の痺れが取れず、お医者さんには現役復帰はもう無理だと言われましたが、まだ22歳。諦めません
皆さんには長い時間待たせることになりますが、絶対復帰しますのでお待ちください』





……………………………………………

【第5試合】
◎オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合◎
《王者組》
YAMATO
BxBハルク
Kzy
vs
土井成樹
吉野正人
ジェイソン・リー
《挑戦者組》
▼吉野とKzy、YAMATOとジェイソン、土井とハルク
で一巡
Kzyを捕まえたMaxiMuM、Kzyもカウンターのエルボースマッシュ
吉野を捕まえたTRIBE VANGUARD。ハルクは逆片エビ固めで捕まるが吉野はエスケープ
YAMATOに逆水平を喰らうが、吉野もカウンターのスリングブレイド
MaxiMuMがTRIBE VANGUARDを追いやると吉野が華麗なケブラータ
ジェイソンはKzy相手にカンフー式打撃からフィッシャーマンスープレックス
土井吉はYAMATOへ連携攻撃。土井はDOI555狙いもYAMATOが回避、ハルクがマウスで倒してその場飛びヴァルキリースプラッシュ

10分経過
しかし吉野がカットに入ると、ダブルインパクト式スリングブレイド
それでもTRIBE VANGUARDがジェイソンを捕まえハルクはヴァルキリースプラッシュ
ハルクの延髄斬りからYAMATOの旋回式ギャラリアの体勢はファーストフラッシュのアシストから決める
カットに入ったMaxiMuM。バカタレ・スライディングキックからアナザースペースはカウント2
Kzyはジェイソンに狙いを定めるがジェイソンは堪えジャーマン。
土井のマスキュラー狙いを堪えたKzyはカウンターでスカイデ
両軍入り乱れ、ハルクが吉野に変形水車。ファーストフラッシュは吉野がかわしライトニングスパイラル
トルベジーノも決めると、さらにポージングからソル・ナシエンテ。堪えるハルクに改でギブアップ勝ち



○吉野正人
(17分52秒 ソル・ナシエンテ改)
×BxBハルク







………………………………………

【セミファイナル】
◎オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座決定戦◎
CIMA
横須賀ススム
VS
TーHawk
Eita
▼CIMA組は欠場中のドラゴン・キッドの入場曲で入場。ススムはキッドのマスク着用、CIMAはブルーとグリーンのハーフ&ハーフコスチューム
EitaはキッドのTシャツを着用してきたが、リングに入ると自ら破る

VerserKの奇襲から場外戦で始まった試合。リングに戻るとススムはEitaにキチンシンク、抑えつけてCIMAがダイビングフットスタンプを落とす
TーHawkがカットに入るとグアピシモを決める

5分経過
EitaがCIMAを椅子殴打から椅子を添えてバットで殴打
ススムにはTーHawkがハンギングボム。CIMAカット
CIMAがTーHawkにボディブローから対角線コーナーに詰めると串刺しダブルニーアタックを放つが、かわされポストに自爆
TーHawkはススムにも雪崩式ブレーンバスター。頭を小突いていき、膝蹴りも見舞うがススムはカウンターでしジャンボの勝ち!
CIMAはEitaにトラースキック、水の入ったバケツをぶちまける
さらに串刺しダブルニーアタックからリバーススプラッシュ式フットスタンプ
Eitaもカウンターで変形Numero Uno。
エスケープしたCIMAは投げ捨てパワーボムから足関節で締め上げる
TーHawkのカットを阻止したススムは串刺しジャンボの勝ち!
正調ラリアットは堪えられたが再び走る。TーHawkがアギラを決めたがススムはすかさずジャンボの勝ち!、TーHawkもハンギングボム
CIMAはコーナーに詰めてEitaをぶつけ、Eitaを捕まえスカドラニー!さらにCIMAがトペ

15分経過
ススムはTーHawkに雪崩式エクスプロイダーを狙う。堪えるTーHawkにエルボーから雪崩式エクスプロイダー
ススムがロープに走るがTーHawkはケルベロス!Eitaが飛んできたがCIMAはドロップキックで迎撃
Eitaも雪崩式フランケンシュタイナーを敢行したがCIMAがワールドライナーからクロスファイヤー
パンチの一斗缶を誤爆させたCIMAはジャンボの勝ち!からシュバイン
さらにダブルインパクト式メテオラも発射。これはTーHawkがカット
ナイトライド狙いを堪えたCIMAにVerserKが介入。鷹木、吉田が串刺しラリアット

20分経過
Eitaが入りNumero UnoはCIMAが苦しいがススムがカット
TーHawkはススムに逆水平連発。ススムはミトガワラッシュ
神田がボックス攻撃は怯まずススムがTーHawk→神田に連続ラリアット。
ジャンボの勝ち!固め。カットにきたEitaがトラースキック→TーHawkがケルベロス
さらにBTボムで叩きつけるがカウント2。ならばとEitaのトラースキック+TーHawkのケルベロスを同時発射。そしてグランデで3カウント



○Eita
(22分54秒 グランデ)
×CIMA


Eita『福岡ぁ、お前らの期待通り、俺たちが勝ったぞ
おいCIMA、ススム!何が俺たちがエコノミークラスだ?
お前らなんかBクラスだ、クソじじい共。
これからはオレたちヤングVerserKがDRAGON GATEを面白くしてくからな

それからパンチ富永
お前、VerserKに入ってから何か結果残したか?
あ?そういうことだ。お前はこのリングから追放だ』


(VerserKはパンチ富永を暴行して追放)


TーHawk『これからは、オレ、Eita、リンダマンのヤングVerserKが中心になってやっていく
先輩たちは、後ろでドーンと構えてて下さい
来年から俺たちは名前を変える。新しい名前は伏せておく
これからもVerserKを楽しみにしとけよ』






………………………………………

【メインイベント】
◎オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合◎
《王者》
望月成晃
VS
斎藤了
《挑戦者》
▼ロックアップから先ずは斎了が押し込む。
ロープに走った斎了が張り手を見舞うと望月もフライングメイヤーからサッカーボールキック。
エプロンにも追いやったが、斎了がフロントハイキックで迎撃
さらにニークラッシャーからドラゴンスクリュー→足へストンピング。アームブリーカー式レッグブリーカー
続いて足四の字固めは中央で決めるが望月エスケープ
再度の足四の字狙いを望月は下から蹴り上げる
2段式膝蹴りを決めた望月はミドルキック。顔面ウォッシュから垂直落下式ブレーンバスター
エプロン上での垂直落下式ブレーンバスターも見舞う
リングに戻った斎了に望月はスリーパーで絞めあげる
斎了がチンクラッシャーで抜け出すが望月は背中へローキック
さらにクロスフェイスロックで締めるもエスケープ

10分経過
ローキック連打からランニングローキックは斎了がドラゴンスクリュー。さらにフロントスープレックス
そしてフィッシャーマン狙いは堪えられたがカニ挟みからサイクリングヤッホー
エスケープされるとフィッシャーマンエクスプレスを決めてダイビングフットスタンプ→フロッグスプラッシュ
ドラゴン・スープレックス狙いは斎了が堪えると、望月は串刺しフロントハイキック。コーナー逆さ吊りにして顔面蹴り
顔面へのローキック3連発→ツイスターはカウント2

20分経過
ミドルキックから三角蹴り狙いは斎了が追いつき阻止
下からダメージを与えた斎了は雪崩式フィッシャーマンスープレックス
ドラゴンスープレックス狙いは望月が逆にドラゴンスープレックスを決めたが、すかさず斎了もドラゴンスープレックスを2連発
膝立ちで張り手合戦から走ってきた斎了をかわした望月がコーナーに詰めて一角蹴り→ソバット
斎了をコーナーにあげるとハイキックから雪崩式ブレーンバスター
イリュージョンから最強ハイキック真・最強ハイキックもカウント2
フロントハイキックを決めた斎了はプレミアム・ブリッジも望月は返す
コーナーに上がって斎了ロケットは望月が膝をたてる。それでもフランケンシュタイナーを決めるがカウント2
望月は真・最強ハイキック→最強ハイキック→カカト落とし→真・最強ハイキック。
顔面への三角蹴りも決まらなかったが、斎了を起こして改めて真・最強ハイキックで3カウント



○望月成晃
(21分34秒 真・最強ハイキック)
×斎藤了



望月『斎藤了、今日はオレの逆指名に応えてくれて、まあ逆指名させられたというか、そんな感じだけどよ、オマエと熱い試合ができたよ。
ありがとよ。斎了、オマエとはいろいろあったけど、12年前2月のこと覚えてるか?
オレが初めてドリームゲートを取って、その時の初防衛戦の相手がオマエで、そしてその場所が博多(スターレーン)だった。
あの時からお互い一回り歳を取ってよ、体動けるかなとか思ったけど、あの時と変わらなさで、斎藤了、オレは嬉しいよ、ありがとよ。
あれからオマエはどんどん成長してってドリームゲートを取って、でもそのあとは、なんかどんどんどんどん楽しい方向に行って。
まあプロレスでオレは楽しいことも大事だと思うよ。
でもオレはオマエの真のシングルの実力を一番知っている一人だと思う。
これからも楽しい斎了はもちろんお客さんが期待してる。
それはそれで貫いて、でも今回みたく、いつでもドリームゲートを狙える位置にいると思うぞ。
またトップを狙う斎藤了を皆さんみたいですよね?(客席から拍手が起こり、サイリョーコールも)』


斎了『ドラゴンゲート最年長で頂点に君臨してる望月さんに言われて、オレもう何も言い返すことができませんよ。
確かにここ最近の自分は、もちろんお客さんを楽しませようとお笑いに走ってた部分、大いにあると思います。
だけど今日、こんなボコボコにしてくれて、メチャクチャ燃え上がらせてくれました。
モっさんがやってるんだからオレもおとなしくしてるわけにはいかない。
望月さん、VTRで3回目、敗れたらどういうことかわかるだろって言いましたけど、オレはモっさんから必ずそのベルトを取りますから、それまでキッチリ、トップを走っててください!』



望月『わかったよ。3回でも4回でも5回でも、逆にオマエが取った時にオレが挑戦してやるよ。
斎藤了、またやろうぜ。ありがとうよ。

(斎了が引き揚げようとすると)
あ、斎藤了、ちょちょ、ちょっとまだ帰らないで。
まあいつもならな、ドリームゲートチャンピオンがタイトルマッチ後一人で締めるのが恒例かもしれないけど、今日は今年最後のビッグマッチだよ。
一人じゃちょっとさびしいな斎了。今日はノーサイドでいいじゃねえか。斎了、一緒に締めようぜ!』



斎了『(リングに戻ってきて)人の顔面さんざん蹴っといて、最後は寂しいから一緒にいてください? ふざけないでくださいよ!』


望月『ノーサイド!』


斎了『終わって、自分防衛しました、ノーサイド、いい加減にしてください』


望月『ノーサイド!』


斎了『まあでも、もっさんとは因縁があったわけでもないし、今日、この福岡最後ですから、1年の感謝を込めて2人で締めましょうか!』


望月『ホントね、博多スターレーン含め、毎年、偶数の月に博多に来て、今日初めてDRAGON GATEを見たという方も中にはいるかもしれませんけど、
選手の名前とか顔を覚えるのはもちろんですけど、DRAGON GATEの博多大会は偶数月、これだけはしっかり覚えて帰ってもらいたいですね』



斎了『2、4、6、8、10、12、覚えやすい。
ちなみに2018年は2月11日、博多スターレーンですから。
今日たまたま知り合いに誘われてきましたという方、多いと思います。
必ず来るように。2月11日、必ず来るように。いやでもホントに1年この熱い街・博多でDRAGON GATE、皆さん応援してくださって、会場に足を運んでくださって、本当にありがとうございました!』



望月『20代前半の、へたすりゃ二十歳ぐらいのヤツからどんどん突き上げありますけど、ボクはもう来月48になります』


斎了『ボク39です』


望月『オレの10個下じゃねえか』


斎了『ホント元気ですよね。素晴らしい、素晴らしい。見習いたいと思いますよ』


望月『これからも若手の、時には壁となり、そしてね、頑張ってれば10年15年20年先、活躍できる場があるんだということを、
われわれ、ボクは大ベテランですけど、斎了は中ベテランぐらい?』


斎了『中ベテラン、聞いたことないです』


望月『これからもどんどん体を張って、また再来月、2月11日、博多スターレーンでお待ちしてますので、皆さんぜひとも来てください。
今年1年、本当にありがとうございました!』







プロレスランキングへ

スポーツランキングへ






【第0試合】
シュン・スカイウォーカー
吉岡有紀
vs
ワタナベヒョウ
椎葉おうじ
▼先発はシュンとヒョウ。ヒョウはドロップキックを見舞うと対角線コーナーに振ったが、シュンも負けじとドロップキック
場外に落ちたヒョウにケブラータを放っていった
吉岡は椎葉をブレーンバスター。椎葉も兄・Kotoka譲りの負けん気でエルボーを打ち返す
ヒョウもコルバタを決めて変形ミステリオ・ラナ!
椎葉もウラカンラナで続いたが、シュンがカウンターでフロントハイキック
吉岡のフロッグスプラッシュに続きシュンがスカイウォーカームーンサルトで3カウント



○シュン・スカイウォーカー
(4分27秒 スカイウォーカー・ムーンサルト)
×椎葉おうじ









………………………………………

【第1試合】
Gamma
問題龍
石田凱士
Kotoka
vs
Kーness.
“ハリウッド”ストーカー市川
ヨースケ???サンタマリア
UーT

▼CIMA『福岡盛り上がってるかぁ?
いやぁ、ついにやって来ましたね、福岡国際センターFINAL GATE
今日は12月23日、明日はクリスマスイブですからね、選手の方もブイブイいきますから

(山村やキッドのケガで欠場の件を語り
『ケガ人以外は久しぶりにOver Generation全員揃いましたよ。ヒドい時は誰もいないOver “Zero”rationの斎もありましたから』
と戯言からゴングキッズへ)』



★先発はマリアとGamma。手四つから力比べはGammaが押し込むがマリアは下から唇を狙う
逃れたGammaだがマリアはコーナーに立ちGammaの顔面に股間を当てつける
Kotokaが出るやUーTとKーness.が連携を見せる。しかしOver Generation連合がカット、全員でベー!
UーTに問題龍が問ニーからGammaはマーライオン汚水攻撃!
石田&問題龍の連携にはUーTがコルバタ→場外の相手へトペスイシーダ
市川のプランチャは無人地帯へ

5分経過
リングに戻り問題龍がUーTに背後へのブロンコバスターから問ネル
それでも追撃狙いの石田にKーness.が光の輪。Gammaがカット
マリアはGammaにキス、問題龍には張り手!石田にはレインメーカー式キスを決めると狙い撃ちで3カウント



○ヨースケ・サンタマリア
(8分15秒 狙い撃ち)
×石田凱士







………………………………………

【第2試合】
ドン・フジイ
堀口元気
vs
エル・リンダマン
パンチ富永
▼リンダがフジイに奇襲をかけたが、フジイはすぐにラリアットで逆転。パンチにもラリアット
堀口がゴムパッチンを取り出しフジイが二人まとめて抑える中、発射。
さらにビッグマッチ恒例の二階席へ連行はパンチを連れて。堀口もリンダを連行して二階席で弄んだ

5分経過
リングに戻ってもフジイがチョークスラムやヒップドロップ。続いて堀口はパンチに垂直落下式ブレーンバスター
ビーチブレイク狙いはリンダが阻止。急所蹴りからパンチがツーステップムーンサルトを放つが、堀口がかわしビーチブレイク
さらにリンダを場外に落としトペトビウオ!
フジイがパンチに雪崩式チョークスラムで3カウント


○ドン・フジイ
(9分5秒 雪崩式チョークスラム)
×パンチ富永







………………………………………

◎ドリームゲート公開決意表明◎

斎了『福岡の皆さん!こんばんは
いよいよ、やって来ました
今日は何発蹴られようが、何発顔面に喰らおうが、最後にリングの中央に立っているのはオレです』



望月『福岡の皆さん、こんばんは
6年振りに福岡でドリームゲートやります
6年前は負けてしまいました。そして6歳年を取ってしまいました
今日は勝ちます』





………………………………………

【第3試合】
◎オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合◎
<王者>
Kagetora
vs
神田裕之
<挑戦者>
▼神田がいきなり場外で暴行したが、リングに戻るとKagetoraがヘッドシザースからトペ
場外に追いかけるが神田がエプロンにぶつけていく
神田はサイドバスター、ストンピングからエルボードロップ
コーナーに詰めてリンダと共に痛めつける。ロープ際でも踏みつけ攻撃から挑発的に張っていく

5分経過
エルボーでもダウンを奪いロープに振ったが、Kagetoraはカウンターのフライングラリアット
さらに619からロープ越えフォアアーム!しかし神田はカウンターのフラップジャック
コーナーにあげて雪崩式狙いはKagetoraが着地。ロープに走るが神田はコルバタ狙いを強引にサイドバスター。続いて魔神風車固め
マンハッタンドロップを決めたが、ジョン・ウーにはいかずに裏投げ連発→下克上エルボー
それでもカウンターのアパッチパンチを連続で見舞ったKagetoraは車懸で仕留めにいったがリンダが邪魔
それでも車懸狙いはセコンドが阻止。
しかしKagetoraはカウンターの影縫、カウント2で返した神田がジョン・ウー
さらにボックス攻撃から琉’sで3カウント



○神田裕之
(11分19秒 琉’s)
×Kagetora



神田『やかましいわ。おいオレがブレイブゲート新チャンピオンなんだよ! 
おいKagetora、オマエはよ、ジミーズもなくなり、このベルトもなくなり、オマエには何もなくなったな。
でもな、オマエのうっとうしい髪の毛をオレが切ってあげたおかげで少しはスッキリしただろ。
何も言えねえか。そんなオマエは中途半端に髪の毛が残ってるんだ。それを切ってやる。バリカンを用意しろ』


(八木レフェリーが阻止)


八木『神田いい加減にしろ、こら! オマエまだ髪の毛の大事さわかってねえみたいだな。
いつまでもそんなこと続けるようだったら今取ったベルトここで剥奪してもいいんだぞ。
それにそんなに髪の毛切りたいんだったらオマエのそのムダに伸びた髪の毛をオレが丸坊主にしてやるよ』


神田『オレの邪魔ばかりしやがって。でもよ、もらうもんもらったから髪の毛なんかいっか。
オレがこのベルトを取ったからにはオレなりのすごい防衛をして防衛回数を伸ばすからな。オマエらよく見とけ、ボケ!』









………………………………………

【第4試合】
ビッグR清水
BenーK
vs
鷹木信悟
吉田隆司
▼先発の吉田と清水の肉弾戦に続き、鷹木とBenーKは力比べ。
一巡が終わりBenーKがフロントスープレックスで鷹木を投げたが、吉田のカットから二人掛かりでBenーKを攻めたてる

5分経過
BenーKも一旦はスピアを受け止められたが、2発目を決める。
清水がバックフリップで続き鷹木にも逆水平。だがベイダーハンマー狙いを鷹木がキャッチしてデスバレー
しかし清水もカウンターのハンギングボム。そしてアルゼンチンバックブリーカーはBenーKも吉田を抱える
清水の吉田へのダイビング式OTAKEBIを決めると、BenーKは鷹木にスピア
鷹木も何とか反撃すると、串刺しラリアット。鷹木のダイビングエルボーから吉田もダイビングエルボー
BenーKはフォールを許さずカレリンズリフト。鷹木にはバックドロップ
しかし吉田がきてファイアーサンダーからパワーボム、鷹木もパンピングボンバー。清水がカットにきて吉田を砲丸投げスラムで排除
鷹木は清水に狙いを定めハーフネルソンスープレックス→バックドロップ
返した清水にワンツーエルボーを見舞うが清水は鷹木を捕獲して砲丸投げスラム狙い
堪えた鷹木がMADE IN JAPAN。さらにパンピングボンバーで3カウント



○鷹木信悟
(13分5秒 パンピングボンバー)
×ビッグR清水


鷹木『おーい、見ての通り、終わってみたら楽勝だな。オマエら所詮こんなもんなんだ。技に魂がない。
オマエらいつもいつも流れ作業みたいな試合ばっかりしやがって。
それならオマエらがトップに行くことはないな。そんなことより良い報告もあるぞ。
前の試合で正々堂々と神田がブレイブのベルト取ったぞ。拍手! 
そしてオレたちも勝った。2017年VERSERKが有終の美を飾るためにはもう一つだ。
ツインゲートはT-HawkとEitaに必ず取ってもらう。勝つためなら手段を選ばんからな』






プロレスランキングへ

スポーツランキングへ








【セミファイナル】
吉野正人
Ben???K
ジェイソン・リー
vs
望月成晃
堀口元気
Kagetora
▼先発は堀口とジェイソン、“H.A.G.E!”コールに負けず劣らずの“ジェイソン”コール
ジェイソンのリストロックに堀口も切り返していくがジェイソンはエクステを掴む
吉野とKagetora、アームホイップしたKagetoraだが吉野はドロップキックで応戦
望月とBenーK。望月がチョップを決めるがBenーKも逆水平!望月は水面蹴りからエプロンに移しサッカーボールキック
堀口も“H.A.G.E!”からスイングDDT!Kagetoraが自陣にBenーKを連行すると望月は連続ミドルキック
堀口とKagetoraはBenーKにマラハイサッパ連携を決めるがコールを待たずにKagetoraがエルボードロップ。
さらに逆さY字で抑え望月が股間へのカカト落とし。ゴムパッチンはやられてしまった堀口、MaxiMuMがコーナーに詰めてエクステへのスレッジハンマーを見舞う。続いて吉野はエクステをねじくり廻す
BenーKは俵返しの体勢からひっくり返しバックブリーカー。瀕死の堀口は“H.A.G.E!”で復活。
望月がスワンダイブ式ミサイルキックやニ角蹴りでジェイソンを孤立させる。

10分経過
望月はバズソーキックを決めたがBenーKがカレリンズリフトでカット、Kagetoraにも投げ捨てジャーマン
Kagetoraも水面蹴りからシャイニング延髄。さらにシャイニングウィザード
堀口が出るがMaxiMuMが捕獲、Kagetora共々ミサイルセントーン。しかし堀口もバックスライドを狙う
入り乱れバックスライドを堪えた吉野がトルベジーノ!ライトニング・スパイラルからBenーKがオリンピックスラムでトドメを狙うも堀口がバックスライドで逆転勝ち



○堀口元気
(13分44秒 バックスライド・フロム・ヘブン)
×BenーK







……………………………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎土井ダーツスペシャル10人タッグマッチ◎
神田裕之
エル・リンダマン
ワタナベヒョウ
ドン・フジイ
TーHawk
vs
ビッグR清水
Eita
土井成樹
Kotoka
横須賀ススム
▼神田組の奇襲でゴング。場外での乱闘が始まると各地でやりあう。放送席側のバルコニーでも神田と清水がやりあう
何とかリングに戻ったリンダは土井と攻防、リンダは靴を出して舐めさせようとしたが土井はラリアット
清水とフジイ、逆水平合戦から清水はブレーンバスター。フジイも負けじとボディスラムからソバットの素振り

5分経過
T???HawkとEitaが向かい合うがEitaはススムにタッチ。ジャンボの勝ちを決めたススムはブレーンバスター
自陣にT???Hawkを連行して清水がスレッジハンマーから“ホー”。Eita以外の4人が“ホー!”
清水がボディスラムから控えるフジイに突っかかると、リンダにはバックフリップ
Kotokaが追撃すると味方のEitaがカットに。Eitaはヒョウにバックエルボー!ヒョウも自陣まで押し込むとフジイが喉笛に逆水平!
替わったリンダに土井はボディスラム→ローリングセントーン。ススムもキチンシンク
カットにきたT???Hawkに土井との連携をみせる。Eitaがカットにきてミレニアルズ連携
ススムとヒョウのエルボー合戦になるがススムは至近距離でのラリアット。ヒョウを対角線コーナーに振って連続串刺し攻撃
リンダにも追撃を狙った土井だがリンダはターンバックルを外してからかわす。土井は寸でで止まる

15分経過
Kotokaとヒョウ。Kotokaが首四の字固めもエスケープ
ススムとのエルボー合戦は打ち負けた感のヒョウ、土井がスワンダイブ式セントーンアトミコ
清水はハンギングボムを決め、Eitaはブレーンバスターを狙うもヒョウが堪えてスワンダイブ式ミサイルキック
替わったフジイはバックドロップ、しかし膝に攻撃を喰らいダメージ。それでもブレーンバスター
T???Hawkとススム、T???Hawkはカウンターのハンギングボム。ナイトライド狙いは着地したがアギラを見舞うススム
それでもジャンボの勝ちを決めるとEitaにもジャンボの勝ち。Eitaが(今日は)仲間だと主張したがススムはラリアット
神田が入ると清水に琉's狙い。清水が堪えるとリンダが介入!それでも清水はジャイアントスイング
カットにきたフジイだがボディプレスは誤爆してしまう
ヒョウが入るがコーナーからの攻撃はススムが雪崩式エクスプロイダー、清水もダイビングOTAKEBI
土井とリンダ。リンダが羽交い締めもフジイのラリアットは誤爆、ススムのラリアットから土井のバカタレ・スランディングキック→清水は砲丸投げスラム
何とかカットでヒョウに狙いを定めたEita、Kotokaのカルデラはかわされると、TーHawkがKotokaを放り投げEitaがトラースキック。神田のジョン・ウーも決まる
TーHawkのBTボムから最後リンダがジャーマンスープレックスで3カウント



○エル・リンダマン
(24分15秒 ジャーマンスープレックス・ホールド)
×Kotoka





試合後にリンダがマイク。


リンダ『見たか見たか見たかオイ、今年のメインイベント、土井ダーツ、このオレ、エル・リンダマンの完全なる勝利だー!
(ブーイング)なんか文句あんのかバカヤロー。来年も一緒だぞ。来年もオレたちヴェルセルク、Eita、T‐Hawk、そしてリンダマン、ヤングなヴェルセルクで~、リング上かき回してやるからよー
おい、オマエら来年も目ん玉よく見開いて見に来いよバカヤロー!』


Eita『リンダ、リンダ、オレにも一言、しゃべらせてくれよ。いいよなオイ!?
(ブーイング)一言だけだ。(ブーイング)はぁ!?
お~い、ススム~。ス~ス~ム~。オマエの大好きなCIMAはどこいった?
ツインゲート前に海外に逃げたわけじゃねえだろうな? 
まあアイツがいてもいなくても、どっちでもいいけどな。ススム、オマエがいても、どっちでもいいわ。
それからよ、前回の後楽園で乱入してオレに一発食らわしたよな?
ススム~、ス~ス~ム~、ス~ス~ム~! 調子乗ってんじゃねえぞコノヤロー。生意気なんだよコラ
(とススムを蹴る)』



ススムがEitaにジャンボをたたきこみ、マイク。



ススム『マイクテス、マイクテス、OK。おい、Eita、生意気なのはよ、おめえなんだよコノヤロー!
クソガキが調子乗ってんじゃねえぞコノヤロー。
オレもな、CIMAもな、もう20年プロレスやってんだぞ。
オマエがまだクソガキのころからな、オレらはこのリングで闘ってんだよ。
そんなオマエらにな、オレらのことわかるわけねえだろ。CIMAもな、だいぶ溜まってんぞ。
福岡ではな、オレとCIMAでオマエら、メチャクチャにしてやるからな。
おい、もう一回言うぞ。オマエら…メチャクチャにしてやるからな。覚悟しとけオラ!』


ヴェルセルクが退場。


ススム『(土井に)メチャクチャですよ?』


土井『いやいや(笑)。OKOK(笑)。まあまあ。ススムさん、今日メインで組んだのもなんかの縁なんで。
(ススムが指を突き上げるポーズ)
メッチャ伸びてる。ファーストフィンガー、めっちゃ真っ直ぐやな』


ススム『一回やりたかった。すいません』


土井『いやでも、なんかの縁なんで。オレも福岡国際センターでトライアングルタイトル戦あるし、そっちはそっちでツインゲートあるから、23日福岡でお互い結果残しましょう。
まあね、今日、年内最後の後楽園大会ですから、このメンバーで締めるのはちょっと寂しいんで、せっかくなんでね、この場にいてるDRAGON GATEの全選手、リングに集まってもらいましょう!
まあ毎年恒例ですよね、これは。今年もみんな上がってくれますかね。だれもこおへんやんけ!
(選手がぞくぞくと出てくる)来ました来ました。
(マリアがサインボールを持ってくる)
なんかマリアいいもん持ってるやんけ。せっかくなんで、ちょっと早いクリスマスプレゼントとして、全選手によるサインボール投げを行います!
皆さん受け取ってください!』


リング上から選手たちがサインボールを客席に投げ込む


土井『最後は毎年恒例、ここ最近やってますけど、選手一人ずつあいさつしましょうか。
短めでお願いします。全員ですから。ボクは一言だけ言います。

来年の12月の後楽園では、絶対に土井ダーツはやりません!
(えー!)オマエらな、ぜいたくすぎるんじゃ! 絶対やらんぞ!
(ブーイング)なんでや! おい清水、(清水と一緒に)ほー! ありがとうございます』


吉野『皆さんありがとうございました!
まあね、ちょっと今年はケガから始まった1年だったんでね、来年は個人的にも勝負したいと思いますんで、来年もよろしくお願いします!』



清水『ひと言だけ皆さん一緒にお願いします。せーの、ほー! ありがとうございました!』


BenーK『オレが~! BenーKじゃ。はっはっは~』


ジェイソン『(中国語でしゃべり)センキュー』


清水『ジェイソンは後楽園の皆さんありがとうございました、来年もよろしくお願いしますと言ってます』


ヒョウ『1年間ありがとうございました。
来年もこの後楽園で試合できるように頑張っていきますので応援のほどよろしくお願いします!』



スト市『今年も1年、どうもありがとうございました。
来年はですね、ボクも今年1年後楽園あんまり来てなかったんで、たくさん来れるように頑張りたいと思います。
ありがとうございます!』


堀口『(スト市と肩を組んで)
来年はですね、ボクらデビュー20周年の年です!
来年こそボクは、植毛します!』


Kagetora『1年間ありがとうございました! 今年取ったブレイブゲート、来年もしっかり防衛したいと思います!』



斎了『はい、みなさん1年間本当にありがとうございました。
23日福岡国際センターではチャンピオン・望月成晃を倒してお笑いとドリームの2冠になって帰ってきますんで、また来年会いましょ~!』


ススム『今年も1年ありがとうございました。ジミーズが解散して寂しかったりもしましたけども、ボクも堀口と一緒に来年20周年を迎えます。
まだなんにも決まってないし、予定もないですけど、来年はできたら横須賀に凱旋したいなって思ってますので、そのときはよろしくお願いします。
ありがとうございました』



Kーness.『1年間ありがとうございました。特に来年のことは考えてませんが
コスチュームはどんどんフォームチェンジしていきたいと思いますので、よろしくお願いします』


しゃち『今年1年、本当にありがとうございました! 2018年も、声出していこー!』


Gamma『はい、ガーンマ! ガーンマ! ガーンマ! ありがとうございます!
オーバージェネレーション、2018年後楽園最後、最後の最後で石田がなんか脳震盪でとうとう2人になっちゃいましたけど
2018年は必ずフルメンバーで出ますので、来年も応援よろしくお願いしまーす! うー!』


問題龍『思えば、この後楽園で欠場宣言したんですけれども、皆さんのおかげで再びこの後楽園ホールで試合することができました。ありがとうございます!
来年はこの後楽園、全試合出場できるように、ファンのため、そして甥っ子のために突っ走っていくんで、また来年、この後楽園ホールで会おうぜ。じゃ~な』



吉岡『1年間ありがとうございました。来年は上を目指して突っ走るだけです。以上です。ありがとうございました』


Kotoka『ヴェ~!』


フジイがKotokaの頭をはたき、マイクを持つと全選手が立ち上がる。


フジイ『高いところから失礼いたします(全員ずっこける)。
来年はヒザを治します。ありがとうございました』


シュン『シュン・スカイウォーカー、2018年は、2018年こそは、スカイウォークしたいと思います。よろしくお願いします!』



マリア『みなさーん、それでは、サン、ニー、イチ、ラブリー、いきましょー! サン、ニー、イチ、ラブリー!』


U‐T『自分も今年ケガで…自分も今年1年…違う違う、すいません(苦笑)
自分も今年1年、最初はケガで出れなかったので、来年はもっともっともっと試合出て、フルで試合に出れるように頑張りますので、皆さんよろしくお願いします。
オレが、U‐Tだー!』


ハルク『相変わらずU‐T固いね。固いね。
来年はU‐Tのぶんもオレは砕けていきますので皆さん、エンジン全開で頑張りますのでよろしくお願いします!』



YAMATO『皆さん2017年、ありがとうございました。
もうボクも11年になりますけど、どんどんどんどん毎年変化していかなきゃいけないなと思ってますので
2018年は、そろそろ髪を切りたいと思うんですけど(えー!)
はい、どうでしょうか?(拍手)
機会があれば、はい、ありがとうございました』


Kzy『今日来てる皆さんに聞きましょう。来年もDRAGON GATE応援してやるよって人はプッチュアハンズ!
素晴らしい。

(ラップ調で)
♪そんなみんな全員正解、来年はまたエンジン全開、DRAGON GATE奇想天外な展開、お送りするぜ来年も。♪

みんなと一緒に楽しみましょう。ワン、タイム、イージー、イッツ!
(KZ.time!)センキューベリーマッチ!』


望月『後楽園ホールご来場の皆さん、今年1年本当にありがとうございました。
おかげさまで全大会ほぼ超満員札止めで、今日も売れ行きの状態が早く。
ぜひとも来年もすべての後楽園大会、超満員札止めでいきたいと思いますので。そのためにはわれわれがいい試合を提供するのはもちろん、皆さまも、後楽園ホールはほぼ平日ですが、ぜひ都合をつけて、来年もぜひともすべての後楽園ホール大会にご来場ください。
今年1年、本当にありがとうございました!』


リング上で集合写真。




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ


12/23福岡国際センターパブリックビューイングは12/21の23:59まで募集






【第1試合】
K???ness.
しゃちほこBOY
シュン・スカイウォーカー
vs
Gamma
問題龍
石田凱士

▼Gamma『後楽園ホールに、ご来場の皆さん、こんばんは~
え~本日はDRAGON GATE後楽園ホール大会最終日ということで、皆さま盛り上がっていきましょう
今日は何の日か分かりますか?
実は昨日、石田くんの誕生日ということで。
幾つになりましたか?


(石田:22歳です。)

若い。オレ、44歳。ちょうど倍だね笑

ということで石田凱士、誕生日から1日経って初めての試合ということでゴングキッズいってみよう』



(石田が連れてきたのは11歳の男の子。石田の半分の年齢。Gammaの4分の1
Gammaが問題龍に『(11歳、22歳、44歳だから)88歳?』と小声で聞いたがスベる)




★先発のGammaが自身のコールを呼び起こしシュンに対抗、ドロップキックを決められたがヘッドスプリングで起きてみせた
一巡して再び出たGammaは鯱にツバ吐き!替わった問題龍はボディスラムからコーナー串刺し。石田も串刺しバックエルボー!さらに対角線コーナーに降ってGammaがマーライオン汚水を見舞う
鯱も人工衛星ヘッドシザースで切り抜けると、シュンはコーナートップから場外へケブラータアタック
K-ness.は石田に昇龍脚から光の輪、これはカットに入られたが鯱が不知火
しかし問題龍がカットでブロンコバスターから問ネル。Gammaもアックスボンバーを決める
世界の高速ネックブリーカーも決めた問題龍にはK-ness.がカット。
それでもGammaがアックスボンバーでアシスト。しかしシュンはブラスターを決めるとスカイウォーカームーンサルトでフィニッシュ


○シュン・スカイウォーカー
(8分5秒 スカイウォーカームーンサルト)
×石田凱士








……………………………………………………………………………………………

【第2試合】
∪???T
vs
吉田隆司
▼∪???Tの入場を奇襲した吉田。場外で存分に痛めつけた吉田はテーピングで首を絞めていきスリーパーでも絞めあげる
ボディプレスも決めたが∪???Tは返す。膝を突きながらもチョップを連発した∪???T、走ってのコルバタは吉田が堪えたが強引に決める
スワンダイブ式ミサイルキックから低空ドロップキック→コンプリートショットもカウント2

5分経過
しかし吉田も串刺しパイナップルボンバーを3連発、ボディスラムからセントーンもカウント2
ならばとサイバーボム狙いは∪???Tが丸め込む。パイナップルボンバーもカサドーラで切り返したが吉田はカウント2
パイナップルボンバーを決めてのファイアーサンダーは∪???Tが返したが、溜めに溜めて投げっぱなしパワーボムで3カウント


○吉田隆司
(7分25秒 投げっぱなしパワーボム)
×∪???T







……………………………………………………………………………………………

【第3試合】
斎藤了
“ハリウッド”ストーカー市川
vs
鷹木信悟
パンチ富永
▼VerserKが奇襲をかけ鷹木は市川にニーリフト、ボディスラムからセントーンは斎了がカット
パンチはPTミサイルキックを決めたが、返した市川がコルバタで場外へ落とすとトペコンヒーロ
リングにパンチを戻すとコーナーに詰めてケツを向けさせると、てこの原理で市川を投げてカンチョーを見舞う
パンチがエルボー連打しても、斎了はカニバサミからサイクリングヤッホーを狙う
鷹木がカットに入るが市川がサミング!しかし鷹木はすぐに市川を排除。場外では斎了にパンピングボンバー、市川には椅子殴打からセコンド吉田がパイナップルボンバー

5分経過
リングに市川を戻すと連携をねらうVerserKだったがパンチの攻撃が鷹木に誤爆
市川は鷹木にチョップ連発、鷹木がロープに振ってパンチがPTロケット!鷹木はパンチの髪をワシャワシャしてアピール
市川のブレーンバスター狙いを逆にブレーンバスターで投げた鷹木は斎了をも担ごうとする。
これは市川がカンチョーを見舞うと、パンチには735から斎了のダイビングフットスタンプ→市川がラ・マヒストラル
市川のセットから斎了ロケットを狙うが鷹木がカットイン。鷹木は斎了を担ぐが市川がコーナーからクロスチョップ
鷹木は冷静にデスバレーを決め、パンチが滾るも市川がバックに
鷹木がパンピングボンバーはパンチに誤爆してしまう。それでも鷹木がパンピングボンバーから市川を羽交い締め。
PTキックは鷹木に誤爆すると、鷹木が怒りの張り手!市川がイナバウアージャーマンで3カウント



○“ハリウッド”ストーカー市川
(11分25秒 イナバウアー・ジャーマンスープレックス・ホールド)
×パンチ富永



鷹木『おいこらパンチ! 今日もてめえのせいで負けたじゃねえか。
最後の誤爆だけじゃなく、オレのケツにカンチョーしやがって! 
なにすんだコノヤロー!(と張り手)使えねえ野郎だな。
おい斎藤了、そういやオマエ、お笑いゲートのチャンピオンのくせに23日の福岡ではドリームゲートに挑戦するらしいな。
おい、お笑いゲートの王者がもしドリーム王者になったら、団体の、いや業界の恥だぞ。わかってんのか?
まあもちろん、オマエみたいなお笑いレスラーが勝つことはないと思うがな。
福岡も、せいぜい今日のようにお笑い取って華々しく望月成晃の前で死ぬんだな』



斎了『なんだおい、全部パンチのせいにしやがって。試合に負けたのはオマエのせいだよ!
そんなこと言うからパンチに嫌われるんだよ、オマエは。陰で言ってるぞ、鷹木だけは許さねえってな。なに? 
お笑いゲートのオレがドリーム取ったら恥だと? 今日の試合、パンチにカンチョーされたり鷹木信悟、オマエなかなか面白かったぞ。
お笑いゲートもDRAGON GATEの立派なベルトだ。別に2冠になったっていいじゃねえか。
オレは絶対ドリーム取ってやるよ。そしたら、オマエとドリーム、そしてこのお笑い懸けて2冠戦やってやってもいいんだぞ! 
まあよ、こないだの後楽園でオマエにシングルで勝ったけど、オマエとはまだまだ終わるつもりはねえからな。
また来年もとことんやってやるからな! 覚悟しとけ』






……………………………………………………………………………………………

【第4試合】
◎TRIBE VANGUARD スペシャルタッグマッチ◎
YAMATO
ヨースケ???サンタマリア
vs
BxBハルク
Kzy
▼YAMATOと抱き合ったマリアは背中からも抱きつく。YAMATOも同様に抱きつきオッパイを鷲掴み
先発にマリアが出ると、North TRIBE はジャンケンで先発を決めハルクが出る
ハルクはマリアに腕固めwithお尻ペンペンからスピンキック!Kzyがシルバーブレッドを投下してハルクとの連携で鎌固めWithカカト落とし

5分経過
Kzyのボディスラム狙いを逆にボディスラムで叩きつけたマリアは男に戻り?マッスルポーズ
YAMATOはドロップキックから逆片エビ固めでKzyを絞るがKzyはエスケープ。マリアもストンピングからチョップ連発、さらにエルボー連発→ロープに振ってドロップキック
YAMATOとのストンピングの雨アラレからマリアがKzyをロープに振ろうとしたがKzyはロープワークからBーBOYを放つが、マリアはかわす。それでもグーパンチからエルボースマッシュ
ハルクが入りYAMATOにはスワンダイブ式ニールキック

10分経過
ブラジリアンキックからカカト落とし、更にその場飛びヴァルキリースプラッシュ
ロープに走ったハルクに対してYAMATOはカウンターのエルボー。ローリングエルボーからCBV、マリアはKzyにコブラツイストを決められたが下からキス狙い、未遂
ラブリーアロー狙いを堪えたKzyはエルボースマッシュ。しかしマリアがKzyをコーナーに振ってYAMATOがGo to hospital II
更に串刺しバックエルボーからマリアが串刺しドロップキック→スカイラブ。YAMATOもエルボーから垂直落下式ブレーンバスター
これはハルクにカットされたがギャラリア狙い。そこへハルクがカット、マウスからニールキック
逆にYAMATOに連続串刺し攻撃からKzyのスワントーンボム→ハルクがヴァルキリースプラッシュ
KzyのKz.time狙いはマリアがくるが、排除したKzyはKz.time。YAMATOが膝を立てる
ハルクがきてマリアに変形水車を決めるがファーストフラッシュ狙いはマリアがキス
KzyがYAMATOにCDJからエルボースマッシュもカウント2、走っての攻撃はYAMATOがキャッチしてギャラリアの体勢
これを崩したKzyは逆転のスカイデ・スクールボーイで3カウント



○Kzy
(17分14秒 スカイデ・スクールボーイ)
×YAMATO




試合後、Kzyがマイク。

Kzy『ヨー、後楽園、答えてもらっていいか!? いまの試合勝ったのだれだ!
(Kzy!)

今年最後、Kzyが取ったぞ! トライアングルゲートチャンピオンの中にオレがいることを忘れてもらっちゃ困るんだよ!
どいつもこいつも甘く見やがって。トライブ・ヴァンガードはYAMATO、ハルクだけじゃねえ! 絶対ひっくり返すぞ。
ここにいるハルクさんも、YAMATOもそう。現世代って言われてるヤツいるだろ。土井? 吉野? 鷹木信悟? クソ食らえだコラ!
ぜってえオマエらのポジション、たどりついてみせるからな。
いつまでも陰に隠れてると思うなよコラ! 後楽園、来年もオレはぜってえに上がってみせますんで、見ててください。よろしくどうぞ!』





プロレスランキングへ

スポーツランキングへ



↑このページのトップヘ