2019年09月16日

9月16日(月)#njdest・新日本プロレス@鹿児島アリーナ~DESTRUCTION in KAGOSHIMA


【第1試合】
◎第12回ヤングライオン杯争奪リーグ戦◎
上村優也
vs
クラーク・コナーズ
▼上村が先手を打つがコナーズはヘッドロック。上村もヘッドシザースで固めるもコナーズは倒立で打開
ロックアップから上村はヘッドロック。コナーズは切り返しオーバースロー式チョップ
上村もテイクダウンを奪うとアームロック。オーバースロー式チョップも放つがコナーズがやり返す
ストンピングから逆水平チョップ。エルボースマッシュも見舞う

5分経過
上村はヒップトスからストンピング。フライングメイヤーからのヘッドロック
ロープに走った上村だがコナーズはドロップキックで迎撃!逆エビ固めで絞りあげるが上村は何とかロープへ
スタンディングでエルボー連打するとコナーズを倒す。コナーズも逆水平チョップを連発して上村を倒すと互いにケンカ腰
上村はヒップトスから閂スープレックスでぶん投げ逆エビ固め
コナーズが必死にロープに辿るが、上村が引き戻しタップアウト



〇上村優也
(9分32秒 逆エビ固め)
×クラーク・コナーズ






………………………………………………………………………

【第2試合】
◎第12回ヤングライオン杯争奪リーグ戦◎
成田蓮
vs
マイケル・リチャーズ
▼成田がヘッドロックで締め上げる。ロープに走ってタックルも決めダウンを奪う
リチャーズも串刺しラリアットからショルダータックル→抱え式バックドロップと決めるとブレーンバスターで叩きつけた

5分経過
リチャーズは逆片エビ固めで絞るが成田はエスケープ
成田がブレーンバスターを狙ったが、着地したリチャーズがラリアット
リチャーズはエルボー連発からロープに走るも、成田はカウンターのフロントスープレックス一撃で仕留めてみせた



〇成田蓮
(7分18秒 成田スペシャル4号)
×マイケル・リチャーズ






………………………………………………………………………

【第3試合】
永田裕志
田口隆祐
海野翔太
辻陽太
vs
中西学
トーア・ヘナーレ
カール・フレドリックス
アレックス・コグリン
▼先発の海野とフレドリックスが激しく攻防。フレドリックスは海野を自陣に連行すると、ヘナーレがブレーンバスター
コグリンもボディスラムで叩きつけると、中西がストンピング!
フレドリックスが再び登場してエルボースマッシュ。だが海野はカウンターのドロップキックで打開
替わった田口はヒップアタックを連発して無双。ケツだけで相手を排除してみせた
替わった永田は中西との攻防。中西はショートレンジラリアット
野人ダンスからのラリアットも見舞うが、永田はカウンターのエクスプロイダー
白眼式腕固めを狙うとフレドリックスがカット!
替わった辻がヘナーレにボディスラムから逆エビ固め。
コグリンが逆水平チョップでカットするが、辻は逆にスピアで吹っ飛ばす
だがヘナーレが復活して頭突き!そしてランペイジを見舞うもカットに遭う。それでも必殺のTOAボトムで3カウント



〇トーア・ヘナーレ
(9分45秒 TOAボトム)
×辻陽太






………………………………………………………………………

【第4試合】
石井智宏
YOSHI‐HASHI
YOH
SHO
vs
タマ・トンガ
タンガ・ロア
バッドラック・ファレ
チェーズ・オーエンズ
▼BULLET CLUBがSHOを捕獲。タマの串刺しボディアタック、ブレーンバスターからロアがフットスタンプ
カットにきた石井をロアがドロップキックで吹っ飛ばす
SHOもカウンターのドロップキックで打開。替わったYOSHI-HASHIは低空ドロップキック
ロアをロープに凭れかけさせ頭部へ低空ドロップキック

5分経過
石井が介入して投げっ放しジャーマン。R3Kがオーエンズにダブルのジャンピング二ー
だがG.O.Dがカットに入る。マジックキラーを狙ったが、YOHが起死回生の丸め込みでタマ・トンガから3カウント



〇YOH
(6分50秒 首固め)
×タマ・トンガ






………………………………………………………………………

【第5試合】
棚橋弘至
真壁刀義
本間朋晃
獣神サンダー・ライガー
vs
ザック・セイバーJr
鈴木みのる
金丸義信
DOUKI
▼鈴木軍の奇襲でゴング、鈴木はライガーを場外に連行してプラスチック通路柵で殴打していく
ライガーも客席椅子を持ち出し応戦?の構え。鈴木はパイプ椅子で挑発するが不発
リングでは金丸が棚橋にドロップキック。鈴木がアームロックで固めダメージを与える
棚橋もエルボーを返していくが、鈴木は仕返しのエルボー

5分経過
DOUKIは杖でのチョーク攻撃を決めると、替わったザックが追撃
しかし棚橋はドラゴンスクリューで反撃すると、真壁はラリアットで吹っ飛ばしていく
鈴木はライガーとチョップ合戦。鈴木は追走式スリーパー
替わったDOUKIだがライガーがケブラドーラコンヒーロ
正規軍のアシストからライガーが掌底炸裂。カウント2
ロープに振ってもう1発掌底!
しかし、カットに入った鈴木が椅子でライガーを殴打。さらに椅子を乱打すると反則裁定が下った



〇獣神サンダー・ライガー
(9分22秒 凶器攻撃による反則)
×鈴木みのる



試合後も鈴木がライガーを殴打。ついにはマスクを剥いでしまった

鈴木軍が退場後、ライガーがリングへ


ライガー『おい鈴木っ!お前は越えちゃいけないライン越えたぞ
この後何もねえんだ。鹿児島の皆さんに約束します
鈴木の首、取ります 』







………………………………………………………………………

【第6試合】
オカダ・カズチカ
後藤洋央紀
ロッキー・ロメロ
vs
SANADA
鷹木信悟
BUSHI
▼鷹木と後藤の先発からロッキーとBUSHI。
BUSHIがロッキーを攻めていくと、SANADAがロッキーにパラダイスロック
鷹木は後藤を場外に追いやり分断。リングではロッキーがSANADAにティヘラ

5分経過
ジャンピングハイキックでSANADAの邪魔を脱するとオカダにタッチ
オカダはフラップジャックを決めるが、パイルドライバー狙いはSANADAが切り返し華麗なムーヴでドロップキック
オカダのレインメーカー狙いを避けたSANADAが抱え込み式バックドロップ
BUSHIがミサイルキックで追撃。ライトニングスパイラル狙いは不発
入り乱れる中、鷹木は鷹木式GTR。後藤がカットにきてラリアット
オカダはSANADAにツームストンパイルドライバーを決めると、BUSHIにはドロップキック
さらにダイビングエルボードロップからポージングしたオカダはレインメーカーで3カウント



〇オカダ・カズチカ
(10分8秒 レインメーカー)
×BUSHI






………………………………………………………………………

【第7試合】
内藤哲也
EVIL
vs
ジェイ・ホワイト
高橋裕二郎
▼L.I.JがグータッチしようとしたところをBULLET CLUBが奇襲をかけたが、寸でのところで未遂
内藤はジェイにアームドラッグ。EVILはタックルで倒してストンピング
内藤が合体レッグスピリット。そこへ外道が介入するとジェイがDDTon the エプロン
場外では内藤を鉄柵にぶつけると、場外マットの上で寝そべるポーズ
場外カウントギリギリで内藤がリングイン。裕二郎が攻撃を加え、ジェイも内藤を場外鉄柵へ叩きつける
再びリングに戻ると、内藤はティヘラで切り返す。さらに内藤はネックブリーカーで打開

替わったEVILがジェイにブロンコバスター。カットした裕二郎がブレーンバスター

10分経過
EVILが抱えるとジェイがカット、ジェイはブレードバスターを決めて裕二郎はスライディングキック
さらに裕二郎がマイアミシャイン!カウント2。内藤が入りジェイにスライディングキック
内藤は裕二郎にマンハッタンドロップ。EVILがラリアットで吹っ飛ばす。そしてEVIL(技)で3カウント



〇EVIL
(11分50秒 EVIL)
×高橋裕二郎






………………………………………………………………………

【セミファイナル】
◎IWGPジュニアタッグ選手権試合◎
<王者組>
石森太二
エル・ファンタズモ
vs
ウィル・オスプレイ
ロビー・イーグルス
▼ロビーの捕まる展開が続く。ファンタズモは抱えたままコーナーへ連行。
コーナーに逆さに吊るし石森&ロビーが股間を踏みつける

ロビーもトラースキックを決めるがファンタズモはスワンダイブ式ミサイルキック
オスプレイがカットに入ると、ハンドスプリング式キック
その場飛びスパニッシュフライを狙うがファンタズモは着地。エプロンからリストをキャッチしつつ前転

10分経過
石森もカットに入るとファンタズモのムーンサルト+石森がコードブレイカー
主導権争いが激しく行われる中、オスプレイはトラースキック!
石森もファンタズモに肩車されての合体攻撃を狙うが、ロビーがスワンダイブ式フランケンシュタイナー
オスプレイがトラースキックを決めて場外へ追いやる
オスプレイ&ロビーはクロススラッシュ式トペ・コンヒーロ
リングに戻りオスプレイ組が連携をみせる。石森もフランケンシュタイナーを狙うがオスプレイは堪える
そこへロビーがミサイルキック→石森は垂直に落下


ロビーと石森がエルボー合戦。オスプレイが介入して石森の足を引っ張る
リングに戻すとスワンダイブ式ミサイルキック→変形ロン・ミラースペシャル
苦しむ石森にオスプレイがスワンダイブ式シューティングスタープレスでアシスト
ファンタズモがオスプレイを担ぎロビーの上に叩きつけカット
ロビーはファンタズモに串刺しグーパンチ&逆水平チョップ。
だが串刺しダブルニーは回避したファンタズモが逆転。トップロープからの半宇宙人ケブラータ
リングではロビーがスライスブレッドNo.2!そして450°スプラッシュを炸裂
ロン・ミラースペシャル狙いは石森がベルトで阻止
2人でロビーを痛めつけると、カットにきたオスプレイにも合体式サイファーウタキで排除
孤立したロビーに石森がブラディークロス→ファンタズモがCRⅡで3カウント



〇エル・ファンタズモ
(23分8秒 CRⅡ)
×ロビー・イーグルス






………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎東京ドーム・IWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦◎
<権利証保持者>
飯伏幸太
vs
KENTA
<挑戦者>

▼KENTAがゴング前に奇襲。権利証が入ったブリーフケースでも殴打すると、中を開けて権利証を確認


KENTA『鹿児島のクソヤロー共!今日からこの権利証はオレのモノだ
このダサいデザイン、BULLET CLUBのカラーに変えとけ 』



★飯伏がレフェリー、リングドクターを押し切りゴングを要請
ゴングが鳴るやKENTAがブサイクへのヒザ蹴りで秒殺狙い。カウント2
場外でも鉄柵に殴打したKENTAはリングに戻りコーナーに座り挑発的に飯伏の応援を煽る
飯伏が戻るや再び場外に追いやったKENTA。フロントハイキックで鉄柵にぶつけ、花道でのDDT
KENTAはリングに戻ると、挑発的に‘イブシ ’コールを煽る
戻った飯伏にはグリーンキラーで打ちつける。

5分経過
挑発的にストンピングを見舞うと、飯伏も立ち上がりエルボー
だがKENTAはロープに振ってバックエルボー。ヘッドロックで固めストンピング
飯伏もドロップキックを決めると、パワースラム→セカンドからのムーンサルト
場外にいったKENTAにはノータッチプランチャ。
リングに戻るや、飯伏がバックに廻るのを切り返したKENTAがキチンシンク→サッカーボールキック
飯伏も負けじとサッカーボールキックを見舞う
スタンディングでの蹴り合いも互角。ハイキックは相討ちで両者ダウン

10分経過
飯伏が再びドロップキックでKENTAを場外に出すと、バミューダトライアングルを狙うもKENTAが直前で阻止
足を鉄柱に打ちつけると、鉄柵にぶつけると飯伏の足を鉄柵に固定して椅子で殴打
NJPW WORLD英語版実況席の机の上に二ークラッシャーも決めてみせた
リングに戻しても足を踏みつけると、場内に‘イブシ’コールを煽る
さらにドラゴンスクリューを決めてアキレス腱固め

15分経過
膝へのローキック連打→ドラゴンスクリュー。再びアキレス腱固めで苦しめていく
串刺しフロントハイキックを決めたKENTA。もう1発狙ったところを飯伏が逆に串刺しフロントハイキック
だがKENTAは追撃を許さずアキレス腱固め、飯伏はエスケープ
KENTAは串刺し低空ドロップキック→フットスタンプを決めるがカウント2
KENTAは首を掻っ切るポーズをみせると足四の字固め

20分経過
エスケープした飯伏にKENTAは構わず背後からキック。さらにブサイクへのヒザ蹴り狙いは飯伏が回避してローリングラリアット
起き上がった飯伏はシットダウン式パワーボム。カウント2
飯伏は滾ってからボマイェを狙うがKENTAはレフェリーに抱きつく
その間にG.O.Dが乱入してきたが飯伏はオーバーヘッドキックで排除、KENTAにボマイェ!
だがG.O.Dがレフェリーの足を引っ張ると、マジックキラー
スーパーパワーボムを狙うと、石井智宏&YOSHI-HASHIが介入
石井はタマ・トンガを垂直落下式ブレーンバスター。YOSHI-HASHIはタンガ・ロアにアックスボンバー。石井らはG.O.Dを連行して退場

膝立ちエルボーを決めたKENTAはハイキックでダウンを奪う。

25分経過
KENTAはさらに掟破りのカミゴェを炸裂させる。カウント2
go 2 sleep狙いを着地した飯伏はVトリガー!そしてカミゴェ。カウント2。それでももう1発カミゴェで3カウント



〇飯伏幸太
(26分23秒 カミゴェ)
×KENTA



飯伏は権利証を授与され場内にアピール


花道の奥をみた飯伏。そこにはEVILが!ゆっくりと花道を歩いてくる



EVIL『おい飯伏。俺がその権利証を取って、東京ドームのリング上をダークネスに染め上げてやる。
よく覚えとけ 』


飯伏『ありがとうございます。ありがとうございます。
僕が、まず始めに鹿児島で言いたいこと。
ただいま

僕は去年、鹿児島でG1で優勝して帰ってくると言いました。
今、ここに権利証があります
それが1つ目の報告です

2つ目は、分かりますよね?
IWGPヘビー級とインターコンチのベルト、2つを巻いて帰ってきます
これは叶えられるよう願ってください。
今日はありがとうございました 』




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

robeshisyo at 21:16│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by たいが   2019年09月17日 16:48
KENTAはwwe行ってからしょっぱくなっちゃったなぁ…
不満言わず頑張ってる戸澤を見習え。

コメントする

名前
 
  絵文字