2019年09月22日

9月22日(日)#njdest・新日本プロレス@兵庫・神戸ワールド記念ホール~DESTRUCTION in KOBE


【第1試合】
永田裕志
辻陽太
上村優也
vs
中西学
アレックス・コグリン
マイケル・リチャーズ
▼永田と中西による先発。若手に見せつけるような激しいぶつかり合い
リチャーズと上村も負けじとやり合うと、替わったコグリンが激しいストンピング
上村がフォアアームを放ってきてもコグリンは高々とヒップトス
中西も逆水平チョップ→二ードロップ。そして走っていくも上村が渾身のボディスラム

5分経過
替わった永田がフロントハイキックを決めれば中西はスピア!
野人ダンスからのラリアットは辻がカット。それでも中西はアルゼンチンバックブリーカーで抱えるが、永田は着地してエクスプロイダー
辻はコグリンに向かうが、迎え撃つコグリン。エルボー合戦を制して逆エビ固め
エスケープされても逆水平チョップでグラつかせたが、辻はカウンターのスピア
続いてアバランシュホールドを決めるとジャイアントスイング4回転→逆エビ固め。粘るコグリンだがタップアウトしてしまった



〇辻陽太
(10分5秒 逆エビ固め)
×アレックス・コグリン






………………………………………………………………………

【第2試合】
◎第12回ヤングライオン杯争奪リーグ戦◎
成田蓮
vs
クラーク・コナーズ
▼バックの取り合いから腕の取り合い。ロックアップからコナーズがヘッドロック。成田が切り返しヘッドシザース
切り抜けたコナーズが成田を押し込みブレイク。エルボーで倒しボディスラム。しかし成田もボディスラムを返していく
コナーズがオーバースロー式チョップで優勢になると、走っていったが成田が投げっ放しフロントスープレックス
それでもコナーズはボディスラムから逆エビ固め。中央でガッチリ決めてギブアップ勝ち



〇クラーク・コナーズ
(7分25秒 逆エビ固め)
×成田蓮






………………………………………………………………………

【第3試合】
◎第12回ヤングライオン杯争奪リーグ戦◎
海野翔太
vs
カール・フレドリックス
▼海野がフォアアームやアームブリーカーで痛めつける
腕へのストンピングで追撃するが、フレドリックスが二ードロップやエルボードロップで反撃
海野もアームホイップから腕ひしぎ十字固め。さらにミサイルキック
高いジャーマンスープレックスが決まるがフィッシャーマン狙いは不発
フレドリックスが逆片エビ固めでギブアップを奪った



〇カール・フレデリックス
(7分17秒 逆片エビ固め)
×海野翔太






………………………………………………………………………

【第4試合】
バッドラック・ファレ
高橋裕二郎
〇チェーズ・オーエンズ
(8分22秒 パッケージドライバー)
真壁刀義
本間朋晃
×トーア・ヘナーレ



………………………………………………………………………

【第5試合】
棚橋弘至
〇獣神サンダー・ライガー
タイガーマスク
ロッキー・ロメロ
(3分10秒 反則)
ザック・セイバーJr
×鈴木みのる
金丸義信
DOUKI




………………………………………………………………………

【第6試合】
石井智宏
YOSHI‐HASHI
ウィル・オスプレイ
〇YOH
SHO
(9分40秒 横入り式エビ固め)
KENTA
タマ・トンガ
×タンガ・ロア
石森太二
エル・ファンタズモ




………………………………………………………………………

【第7試合】
〇SANADA
EVIL
BUSHI
(13分50秒 Skull End)
オカダ・カズチカ
飯伏幸太
×ロビー・イーグルス




………………………………………………………………………

【セミファイナル】
◎スペシャルシングルマッチ◎
後藤洋央紀
vs
鷹木信悟
▼ロックアップから鷹木が押し込みブレイク
中央でエルボー合戦。鷹木の熨斗紙狙いは後藤が嫌い、ファイヤーマンズキャリーで抱えても後藤が着地
逆に後藤がGTRを狙っても鷹木が未遂にさせる。
走ってのタックルは互いに決めて倒すと、互いにブレーンバスター
後藤がラリアットに来ても鷹木はナックル連打で後藤を場外に追いやる

5分経過
鉄柵にぶつけた鷹木はポップアップからDDT!
リングに戻してロープ越えの二ードロップ。追走式キチンシンクからブレーンバスター
スリーパーでも絞めあげ首への二ードロップ。後藤が起き上がってエルボーを見舞っても鷹木が打ち勝つ
だが後藤もカウンターのショートレンジラリアットで打開。村正→バックドロップで反撃

10分経過
後藤はさらにスリーパーで締めても、鷹木は裏熨斗紙。そしてパンピングボンバー→正調熨斗紙
MADE IN JAPAN狙いは後藤が鷹木の髪を掴み叩きつけて阻止
コーナー上での攻防になると、鷹木が雪崩式ブレーンバスターを出したが後藤は直ぐにバックドロップ!だが鷹木もバックドロップ。これで両者ダウン
起き上がりラリアットは相討ち2連発。ショートレンジでのラリアットも何発も相討ち。追走ラリアットも打ち合い、鷹木がバックエルボーでリズムを変えたが後藤がラリアットで倒す
さらにラリアットで倒したが、牛殺し狙いを着地した鷹木がMADE IN JAPAN!カウント2

15分経過
起き上がりパンピングボンバーをぶち込むがカウント2
雄叫びをあげた鷹木はフィニッシュを狙うも、後藤がエルボースタンプで阻止して牛殺し。そして裏GTR。カウント2
ショートレンジでローキック連打した後藤。捕まえにかかったが、鷹木は切り返し完成形鷹木式GTR!そしてパンピングボンバーが決まるもカウント2
ラスト・オブ・ザ・ドラゴン狙いは着地。ブレーンバスター狙いも後藤が着地して昇天・改
後藤がローキックを決めるとGTR狙い。着地されても改めてGTR。もう1発GTRで3カウント



〇後藤洋央紀
(20分27秒 GTR)
×鷹木信悟






………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎IWGPインターコンチネンタル選手権試合◎
<王者>
内藤哲也
vs
ジェイ・ホワイト
<挑戦者>
▼内藤が場外で呼吸を整えるもジェイは背中を見せ隙を作る
ようやくリングで絡むと、内藤は丸め込み連続でスタミナを奪いにいく
ジェイが場外エスケープしても、内藤は腕時計を指すジェスチャー(が通じるのか不明だが )でジェイを急かし戻ってくるとガットショットを見舞う

5分経過
一方のジェイも内藤の攻撃を透かし鉄柱に誤爆させる。場外でも鉄柵に何度もぶつけダメージを与える
リングに内藤が戻ってもキャメルクラッチで絞りあげる。内藤がエスケープしても場外に連行して鉄柵に腰を打ちつける
リングに戻り内藤がエルボーを連打するが、ジェイは髪を掴み叩きつける

10分経過
内藤もガットショット連発からアームドラッグ。さらにアームドラッグ→バックエルボー。そしてスライディングキック
内藤はグロリアで叩きつけるがカウント2。バックに廻ると後頭部を膝に打ちつけ首と肩を締め上げるジャベ
ジェイもビッグブーツを出すが、内藤がキャッチしてエルボー。しかしジェイは追撃を防ぎDDT
さらにハーフハッチスープレックスを2連発。クラッチを外さないまま内藤をロープに固定してエルボースマッシュ連発
続いてグリーンキラーで突き刺すがカウント2。

15分経過
内藤のフォアアームをキャッチしたジェイがコンプリートショット!そして投げっ放しジャーマンスープレックス
内藤を起こしてポストに叩きつけるジェイ。何度も何度も叩きつける
肩を組んで友情をみせるような仕草からの高速バックドロップも決めるジェイ
さらにエルボースマッシュで追撃したが、内藤はカウンターのスーパーケンカキック!
さらにジェイの突進をスパインバスター!コーナー際で裏DDT→コーナーに上げて雪崩式フランケンシュタイナーを決めるとグロリア。カウント2

20分経過
エプロンでのリバースDDTも決めた内藤。だがジェイはカウンターのコンプリートショットon the エプロン
さらにジャーマンも狙うが、堪えられるや単純に叩きつけた
そしてパイルドライバーon the エプロン狙いは内藤がリバース。それでもジェイは下から内藤を抱えエプロンへの投げっ放しパワーボム
リングに戻しても高角度ロックボトム。キーウィクラッシャー狙いは内藤が反動を利用してDDT

25分経過
内藤がエルボーで打ち勝つと、コーナー際に追いやるが外道が忍び寄り椅子攻撃
ジェイはキーウィクラッシャーで突き刺す。カウント2
ブレードランナー狙いを防いだ内藤がフライングフォアアーム。外道がエプロンに来たが、内藤は外道に集中かと思いきや外道を蹴ってジェイをスイングDDT
ジェイもジャーマンスープレックスを決めると、内藤のコリエンド式デスティーノ狙いを切り返しSSS
もう1発SSSが決まるも内藤はリバースDDT。コリエンド式デスティーノを強引に決めたがカウント2
互いにデスティーノとブレードランナーの読み合いから内藤がグーパンチ。そしてデスティーノにいくも切り返したジェイはブレードランナーを炸裂させ3カウント



〇ジェイ・ホワイト
(29分47秒 ブレードランナー)
×内藤哲也



ジェイは“ブエノスノチェス、コーベ ”とL.I.Jの決め台詞から始まり、BULLET CLUBのメンバーをスペイン語風に言って真似てみせる

インターコンチのベルトを戴冠したジェイは、次なる目標のIWGPヘビー級王座を争うオカダとSANADAの名前を出す


そこへ後藤洋央紀が花道を歩いてくる
ジェイは『次の相手はお前じゃない 』とマイクするが、後藤は構わずジェイをエルボーで倒す



後藤『オレは、アイツに負ける気がしない
2冠×2て盛り上がってるけどよ、他の誰でもない俺が2冠を狙ってやるよ
以上 』




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

robeshisyo at 19:14│Comments(8)

この記事へのコメント

1. Posted by 酷い   2019年09月22日 19:17
セミ、メインまでの試合が10分未満とか思いっきり手抜きしてんなあ
2. Posted by !?   2019年09月23日 06:57
特に第5試合目8人タッグで3分ちょっとって...
3. Posted by ひろ   2019年09月23日 07:48
神戸ワールド記念ホールの利便性が悪いから2時間ぐらいで終わらないと車で来たファン以外は帰れなくなるから仕方ないよ。
それは選手のせいじゃなく、興行の進行上の事だから悪く言わないであげて。
4. Posted by ???   2019年09月23日 09:59
いやいやこんなクソ塩試合でメジャーと言われても…
5. Posted by maga   2019年09月23日 17:30
良い意味でも、悪い意味でも、後藤には注目してます。
トップ戦線にしっかりと絡んで欲しいけど、
やっぱりねって感じで取り残されるのかなぁって。
年末までに、ここまでのマイナス面を払拭して、
タイトルマッチに絡めるといいけど…。
6. Posted by あ   2019年09月25日 22:20
>>2
乱闘→鬼神ライガー→反則の流れで10分越えたらおかしいやろ
7. Posted by ああ   2019年09月27日 22:14
>>6
そうなん?新日ファン様はさすがだなあー
8. Posted by か   2019年10月09日 12:24
>>1
ドラゲーの大会もセミメインまで10分未満で草

コメントする

名前
 
  絵文字