2019年11月04日

11/4(月)#bjw・大日本プロレス@東京/両国国技館/後半戦~両極譚~RYOGOKUTAN~2019


【第7試合】
◎関本大介デビュー20周年記念試合◎
関本大介
ウォルター
vs
岡林裕二
火野裕士
▼岡林とウォルターの先発。身長で勝るウォルターに対し逆水平チョップやタックルで対抗する岡林
グラつかせることに成功したが、ウォルターはリープフロッグからケンカキック
関本と火野は期待に違わぬ肉弾戦。火野の逆水平チョップに後退する関本

5分経過
替わった岡林も逆水平チョップを決めるが関本はフォアアーム。岡林もフォアアームで対抗して場内を沸かせる
岡林は逆水平チョップで関本をグラつかせると、控えるウォルターにも逆水平チョップを見舞い場外に蹴落とす
火野と関本がチョップ合戦。関本が走っても火野は捕まえて裏投げ。それでも関本は強烈なタックル

10分経過
替わったウォルターは岡林との肉弾戦をタックルで制すと、火野にはケンカキック
中央でのブレーンバスターの掛け合いは岡林が制す
替わった火野は逆水平チョップ、ウォルターの逆水平チョップも喰らうが火野は後ろ手で構える
グラつくも倒れない火野に対しウォルターはバイシクルキック。すぐに起きた火野に強烈なチョップでなぎ倒す
替わった関本だが火野の逆水平チョップにグラつかされ岡林はパワースラム
関本を走らせ左腕ラリアットで吹っ飛ばしたが、パワーボム狙いはウォルターがカット

15分経過
火野が入りダブルユウジがサンドイッチ式ラリアット
コーナーに上がるが関本がブレーンバスター。火野が関本にラリアット!ウォルターは火野にラリアットで4者ダウン
関本は岡林にサソリ固め。カット狙いの火野をウォルターが止める。するとウォルターが火野を捕まえ関本が眉山!!
関本は岡林にラリアット。カウント2。ならばとジャーマンスープレックスで3カウント



〇関本大介
(17分27秒 ジャーマンスープレックス・ホールド)
×岡林裕二





………………………………………………………………………

【第8試合】
◎伊東竜二デビュー20周年記念試合~凶器持ち込みタッグデスマッチ Blood&Death History◎
伊東竜二
佐々木貴
vs
葛西純
佐久田俊行
▼伊東と葛西の先発。いきなりの場外戦を展開
葛西は貴を入場口下に設置した机に寝かせる。佐久田が入場口からのセントーン.......だが距離を間違い空爆。腰を痛打してしまう

5分経過
リングに戻ると佐久田が伊東をコーナー際に追いやると、ノコギリボードで殴打
葛西は中央に植木鉢を置き椅子で殴打して砕く
伊東を捕まえキス。破片上へのリバースタイガーを狙ったが伊東はリバース
替わった貴がノコギリで葛西の額を切ってからボディスラム

10分経過
コンクリートブロックをコーナーに設置。貴はブロックの上に剣山を置く
だが葛西が逆に貴をブレーンバスターon the 剣山ブロック
佐久田はスイングDDT。さらに貴の上にノコギリボードを置いてスワンダイブ式スワントーンボムon the ノコギリボード
これを返されるや、電ノコボードを設置してファイヤーバードスプラッシュを狙う
だが復活した貴が佐久田を襲い、椅子を土台にコンクリートブロック、その上に剣山を置き雪崩式ブレーンバスター

15分経過
葛西と伊東。葛西がエルボー連打から延髄斬り
葛西は伊東にカミソリボードを渡しチャンバラ。葛西が打ち勝ちDDT on the カミソリボード
佐久田が619で追撃。そして魚串で襲うも伊東は回避
伊東は注射針を持ち出すが佐久田が奪い伊東の口に注射を刺す。さらには貴の口にも注射
しかし伊東も佐久田の口に魚串を刺すと葛西の口にも
だが逆打ち+リバースタイガーの共演で逆転。佐久田の裏投げから葛西がパールハーバースプラッシュ。カウント2
ならばと佐久田のスワントーンボムもカウント2

貴は葛西の頭部に竹串を刺す。佐久田にも竹串を刺すとDガイスト!伊東がドラゴンスプラッシュで3カウント



〇伊東竜二
(22分15秒 ドラゴンスプラッシュ)
×佐久田俊行



伊東『両国大会ご来場ありがとうございます
無事に20年を迎えることが出来ました。
20年もあれば色んなことがありました
大怪我もあれば、相手が変なとこから落ちたりもする
20年といってもまだまだ通過点です。30年40年50年とやっていきたいと思います 』






………………………………………………………………………

【セミファイナル】
◎BJW認定世界ストロングヘビー級選手権試合◎
<王者>
佐藤耕平
vs
橋本大地
<挑戦者>
▼ローキックの牽制からグラウンドへ。大地がアームロックにいくが耕平はエスケープ
起き上がり互いにローキック。耕平が足を取りアキレス腱固め。中央で決まるも大地は何とかエスケープ

5分経過
それでも耕平は変形裏膝固め。またも大地がエスケープするが耕平はヒールホールド
敢えて外し大地の打撃を挑発。大地がエルボーを決めても耕平が打ち返しダウンを奪う
跪く大地が起きてもエルボー1発でダウンを奪う

10分経過
耕平はパイルドライバーの体勢にいくが大地はリバース
串刺しシャイニングウィザードを決めるとローキックも見舞う
耕平も膝をつく大地にローキック連打!大地を起こしてファルコンアローもカウント2
耕平のエルボーを回避した大地が回し蹴りからファルコンアロー!
スタンディングでエルボー合戦。大地が手数を連発させ膝蹴り!そして走るが耕平は捕まえ裏投げ。カウント2
ならばと三角絞めで締め上げる。中央でグイグイ締まるも大地は耐える。耕平はパイルドライバーで突き刺したがカウント2
耕平が大地をロープに振ったが大地がバックを取りジャーマン。カウント2
起き上がり大地がハイキック!耕平の背後にシャイニングウィザード→DDT!カウント2
ならばと正調シャイニングウィザードもカウント2。続けてライジングDDTを炸裂させ3カウント



〇橋本大地
(19分41秒 ライジングDDT)
×佐藤耕平






………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合~4ボード・ギガラダーデスマッチ◎
<王者>
木高イサミ
vs
宮本裕向
<挑戦者>
▼グラウンドでの静かな立ち上がり。先ずはイサミがボード上へのボディスラムで裕向にダメージ
さらに有刺鉄線を額に巻きつけ痛めつけると、立てかけてある五寸釘ボードへ叩きつける
裕向も負けじとイサミをガジェットボードへ打ちつける。

5分経過
五寸釘ボードに打ちつけてから剣山ボードにもぶつけていく
裕向はさらにボードから外した有刺鉄線でイサミの額を巻きつけ序盤の仕返し
スタンディングでエルボー合戦から裕向がハンドスプリング式キックを狙ってきたがイサミがキャッチして投げっ放しジャーマン
さらに設置したパイプ椅子への雪崩式フランケンシュタイナーを成功
裕向もイサミを走らせ豹魔殺し。イサミにコーナーに振られたが走り込んでラリアット!そしてムーンサルトダブル二ー

10分経過
ラダーを首に巻きつけ回転する形での攻撃を狙うが、イサミが椅子殴打で迎撃
ギガラダーをコーナー際に設置してダイブを狙うが、裕向が追いつき雪崩式ブレーンバスター
裕向はイサミの額に剣山を刺し込む。そして椅子を4脚設置、中央にイサミを寝かせ椅子を土台に剣山ボードを置く
だがイサミが迎撃すると、ギガラダー上からダイビングボディアタック
さらにダイビング二ードロップwith剣山ボード。
カウント2で返した裕向はファイアーサンダー!返したイサミにはギガラダーからのムーンサルトプレス。カウント2
スタンディングでエルボー合戦。裕向が左右のローキックから延髄斬り
イサミも裏投げで投げきる。走ってきた裕向を五寸釘ボードへのエクスプロイダー
さらに勇脚→絶槍→勇脚・斬!カウント2
裕向がサンダーファイヤーパワーボム狙いはイサミがヨーロピアンクラッチで切り返す
返した裕向が蒼馬刀!カウント2。ムーンサルトもカウント2
ラ・マヒストラルも返したイサミは絶槍!カウント2
ならばと有刺鉄線ボードへの憤怒の罪!返した裕向にギガラダーブレイクで3カウント



〇木高イサミ
(21分5秒 ギガラダーブレイク)
×宮本裕向



イサミ『(中途半端な“イサミ”コールに )止めんなよ。2階席さぼってんだろ!

ありがとうございます。
最強の最高の挑戦者でした
でも対戦相手というよりは、何やっても受け止める母親宮本裕向に抱かれてるようでした
いや、違うな夫婦ですね。これだけ長いことやってると
いやーやりづらかった。全部知ってんだもん 』


(さらに両国メインを任せてくれた登坂社長に感謝の意を唱える
そして次期挑戦者にアブ小を指名)


イサミ『10何年間、同じリングで血を流し合ってる友達、他にいないですよ 』


裕向『その気持ちは俺も同じだ 』


最後は“俺たちは....強い”で締めた




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

robeshisyo at 18:41│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字