2019年11月04日

11月4日(月・祝)#DRAGONGATE@エディオンアリーナ大阪/前半戦~THE GATE OF DESTINY 2019


【第1試合】
BxBハルク
KAI
ヨースケ♡サンタマリア
vs
奥田啓介
吉岡勇紀
箕浦康太
▼マリアが先発に名乗り出ると、吉岡と箕浦が嫌がり、取り残された奥田が先発。
マリアが胸を押しつけながらヘッドロック。タックルは効かず。奥田はサッカーボールキック。キス狙いのマリアはドロップキックから華麗に起き上がる。
ハルクは吉岡に顔面キック。吉岡もドロップキックで対抗。KAIと箕浦がタックル合戦。箕浦が連発するが、KAIが一発で倒す。
それでも箕浦はドロップキックを連発。串刺し狙いはKAIがハイキックで迎撃。
ハルク&KAIが合体攻撃。マリアはポンパス。ハルクがキック連打からその場飛びヴァルキリースプラッシュ。
KAIはブレーンバスター、逆エビ固め。顔面にマリアが股間を押しつける。箕浦はKAIの串刺しをキャッチして水車落とし。奥田が登場。ハルク&マリアにミドルキック

5分経過
吉岡はハルクにミサイルキック、トペコン。奥田はコーナーでマリアにエルボー連打から顔面踏みつけ、串刺しドロップキック。望月道場が連続串刺し。
吉岡のバックドロップから奥田がPK。箕浦のダブルアームスープレックスから吉岡がフロッグスプラッシュ。
KAIは奥田と吉岡にまとめてラリアット。箕浦にはトラースキック、延髄斬り、バズソーキック。
ハルクはヴァルキリースプラッシュ。KAIが箕浦にカウンターでラリアット。マリアは吉岡にキス。
奥田にもキス。箕浦にもキス。そこから丸め込むがカウント2。逆に直後に箕浦が丸め込みを見せて3カウント。



〇箕浦康太
(7分57秒 バベルギア)
×ヨースケ・サンタマリア


マリアは試合後、八木レフェリーに腹いせのキス。





………………………………………………………………………

【第2試合】
◎10選手参加バトルロイヤル◎
Kagetora
“ハリウッド”ストーカー市川
しゃちほこBOY
松山勘十郎
パンチ富永
問題龍
椎葉おうじ
ドラゴン・ダイヤ
ジミー
ホーホー・ルン
▼市川がみんなから攻撃を受ける。おうじがダイヤにランニングエルボー。
しゃちはパンチにコルバタ。市川のコルバタはなかった事に。市川に全員で串刺し攻撃。
最後のおうじが避けられ、逆に串刺しトレインを食らう。パンチのPTキックからKagetoraが車懸りで3カウント

松山はダイヤの腕を取り、ロープ渡り。Kagetoraにロープを揺らされ、落下し、オーバーザトップロープで敗退。

ジミーとホーホーがスピーディーな攻防から丸め込んでジミーが勝利

その直後、体を入れ替えられてジミーも敗退となる。問題龍はモンニー
しゃちはムーンサルト狙いも問題龍に押し出されて敗退。

市川は619から上半身を脱ぐ。問題龍は世界のランニングネックブリーカー。カウント2。プロブレムはよけられ、バックの奪い合い。Kagetoraのキックは問題龍にヒット。市川がジャーマンで3カウント。

5分経過
パンチが市川にストンピングを連発し、ヘッドドロップもよけられ、市川のマヒストラルも決まらず押さえ込まれて敗退

Kagetoraがパンチを倒し、合体パンチロケットもダイヤはよけてスワンダイブのファイヤーバードスプラッシュ
Kagetoraはアッパーから車懸りを狙うも、かわしたダイヤ。しかしカウンターでの延髄斬りからアッパー。変型みちドラもカウント2で返すダイヤ
一騎当千をかわしたダイヤは飛びつきDDT。最後は高速ウラカン・ラナで3カウント。ダイヤがバトルロイヤルを制した。



〇ドラゴン・ダイヤ
(7分37秒 トリートラナ)
×Kagetora






………………………………………………………………………

【第3試合】
◎スペシャルタッグマッチ◎
YAMATO
Kzy
vs
望月成晃
シュン・スカイウォーカー
▼YAMATO、Kzy、望月、シュンのスペシャルタッグマッチの組み合わせはリング上での公開抽選
封筒を引いた結果、望月&シュンvsYAMATO&Kzyに決定。

Kzyvsシュンで試合はスタート。KzyがB-BOY。望月はいきなりYAMATOの顔面を蹴る。
YAMATOのエルボーに望月はローキックで対抗。YAMATOはタックル。望月はサッカーボールキック、ランニングミドル。
シュンはKzyにその場ムーンサルト。エルボー合戦からKzyがロープに走ると望月がカット。望月&シュンで合体エルボー。
シュンのロメロスペシャルから望月がランニングミドル。シュンのダイブ攻撃はKzyが下からエルボースマッシュで迎撃。
YAMATOとKzyは腕狙い。逆転のシュンは望月のサッカーボールキックからシュンがケブラーダ。望月もファンに煽られるが、謝って飛ぶのは拒否。
Kzyは望月にエルボースマッシュ。望月は串刺しを避けて顔面にキック。シュン白紙差しエルボー。望月も追走式で串刺しフロントハイキック
シュンはボディーアタック、ムーンサルトダブルニー。串刺しバイシクルキック2連発から望月が串刺し狙いもかわされ、YAMATOが串刺しドロップキック

10分経過
YAMATOが望月の右腕を蹴り上げ、飛びつき腕十字。シュンがダイビングボディープレスでカット。
Kzyは変型DDTをシュンに決め、望月にエルボースマッシュ。コーナーに上がり、KZ time
望月は膝で剣山から一角蹴り。シュンはダイビングボディープレスも今度はKzyが剣山。YAMATOは垂直落下
ギャラリアの体勢もシュンは丸め込み、バイシクルキック。だがYAMATOがカウンターでキャッチしてギャラリア
望月がフォールをカット。YAMATOが望月にエルボー連打。望月が張り手もYAMATOは延髄斬り
Kzyとシュンでエルボー合戦。Kzyがエルボースマッシュから垂直落下。ランニングエルボースマッシュもカウント2。最後は韻波句徒で3カウント。



〇Kzy
(13分28秒 韻波句徒)
×シュン・スカイウォーカー



望月『おいシュン、たまたま今日、お前と組んだけどよ、まあお前が望月道場をやめて半年か、なんだこのざまは。
威勢よく出て行った割には何の結果も残ってねえじゃねえかよ。
お前にアドバイスする理由は俺にはねえんだけど、最後のアドバイスお前にやるよ。
お前がよ、望月道場やめてBen-Kと組んだよな。Ben-Kがよ、ドリームゲートチャンピオンになって、お前焦ってんだよ。
Ben-KはBen-K、お前はお前だろ。お前らしさ、見失わずにこれからも頑張れよ』



シュン『望月さん、最後のアドバイスありがとうございます。
俺は望月さんから巣立ってこのドラゴンゲートでトップを取ると、そう決めたんです。
俺は今、どうしようもない空回りしてばっかりの状態だけど、俺の夢は、俺の夢は変わってません。
こんな俺でも絶対に諦めません。皆さん俺を見てて下さい。ありがとうございました』






………………………………………………………………………

【第4試合】
ウルティモ・ドラゴン
堀口元気
スペル・シーサー
K-nees.
vs
吉田隆司
ディアマンテ
H・Y・O
KAZMA SAKAMOTO
▼最後にウルティモがコールされると同時にR・E・Dが奇襲攻撃を仕掛け、場外乱闘を繰り広げる。
シーサーをリングに入れたH・Y・Oは踏みつけて観客を煽る。H・Y・Oのエルボーに対してシーサーはドロップキック。
ウルティモはディアマンテを華麗に翻弄。場外に出されたディアマンテはウルティモのトペ狙いを回避。
堀口&K-ness.はH・Y・Oに合体攻撃。吉田には交互にチョップも、吉田は地獄突きを連発し、まとめてパイナップルボンバー。
堀口にはテーピングチョーク。吉田とH・Y・Oは連続セントーン。堀口はコルバタで逆転し、K-ness.はKAZMA、H・Y・Oを蹴散らす。
ウルティモは吉田にバックエルボー。ディアマンテも登場するが、まとめて投げ飛ばす。
ディアマンテはウルティモにドロップキックを決めたが、場外に出され、堀口がトペ・トビウオ。
ウルティモは観客に煽られてケブラーダを狙うが、KAZMAがカット。
シーサーはコーナーに上ったKAZMAを落としてミサイルキック。KAZMAはフェイントキック。R・E・Dが串刺しトレイン。吉田は地獄突きを連発、延髄斬り。KAZMA&H・Y・Oはサンドイッチ攻撃。

10分経過
ディアマンテのみちのくドライバーから吉田はダイビングエルボー。
K-ness.はH・Y・Oに光の輪。ウルティモとH・Y・Oはチョップ合戦。H・Y・Oがキックも連発するが、ウルティモはドラゴンスクリューから足関節のジャベ。
R・E・Dがカットに入り、再び場外戦へ。カウント19でリングに入ろうとしたウルティモだが、赤鬼マスクが足を引っ張り、両者リングアウトに持ち込んだ。



×ウルティモ・ドラゴン
(14分0秒 両者リングアウト)
×H・Y・O


納得のいかないウルティモ組に対してR・E・Dは勝ち誇る。






………………………………………………………………………

【第5試合】
◎オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合◎
(王者)
横須賀ススム
vs
石田凱士
(挑戦者)
▼ロックアップから始まるが、石田は先制のレッグラリアット!場外のススムへエプロンPKを狙うがススムはドラゴンスクリュー
鉄柱に足を打ちつけ椅子でも殴打したススム。足横須賀も決める
石田が走ってエルボー連打したが、走ってきたところを再び足横須賀
逆片エビ固めで締め上げSTFへと移行。トーホールドだけ外さず苦しめる
さらに二ークラッシャーで叩きつける。石田が逆水平チョップを決めてもススムはドラゴンスクリューからシットダウン式足横須賀
アキレス腱固めで苦しめると対角線コーナーに振る。だが石田はジャンピングハイキックで迎撃。場外エスケープしたススムにはエプロンPKを決めてトペ・スイシーダ
リングに戻すとハーフハッチスープレックス。カウント2

10分経過
ススムはカウンターでポストへのエクスプロイダー!
コーナーに座らせ雪崩式エクスプロイダー狙い
堪える石田にはショートレンジラリアット→雪崩式エクスプロイダー!カウント2
ラリアットとキックの相討ちから石田が旋風脚→ジャンピングハイキック→投げっ放しジャーマン
返したススムにスピンキックを決めたがカウント2
ローキック連打するもススムは受け止める。石田が足の痛みから崩れ落ちる
サポーターを外したススムがジャンボの勝ち!を連発。しかし石田もカウンターのレッグラリアット、ススムもすぐにジャンボの勝ち!

15分経過
横須賀カッター狙いは着地されたが直ぐにジャンボの勝ち!。さらにジャンボの勝ち!もカウント2
ならばと横須賀カッターが決まるもカウント2。夢限パッケージ狙いは着地した石田
ススムのハーフネルソンスープレックスを起き上がり石田がジャーマンスープレックス。カウント2
ならばとハーフタイガースープレックスも返されるやバズソーキックから正調タイガースープレックスで3カウント



〇石田凱士
(17分48秒 タイガースープレックス・ホールド)
×横須賀ススム



石田『やっと、やっとベルト取れました
ここまで、辛いこととか苦しいこともいっぱいあったけど、プロレスやってて良かったです
でもまだまだ通過点なんですよ
僕はまだまだ上を見てるんで。皆さんこれからの石田も期待しといて下さい。
まだまだ上を目指していく僕のこと、そしてドラゴンゲートのこと、みなさんこれからも応援お願いします!』




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

robeshisyo at 19:28│Comments(14)

この記事へのコメント

1. Posted by あ   2019年11月04日 19:36
石田よかったね
2. Posted by KINGレオ   2019年11月04日 19:49
おめでとう❗️これからどんどん防衛したいってください。
3. Posted by ひろひろ   2019年11月04日 20:20
すまん石田‼️
正直、ススムに勝てるとは思わんかった‼️
おめでとう❗
4. Posted by 紫園   2019年11月04日 20:27
石田がススムから真正面からピンフォール勝ちはかなり殊勲だぞこれ!
maximumこれは相当大きい追い風なるでしょ!
石田!おめでとう!
5. Posted by KINGレオ   2019年11月04日 20:29
正直なところ、ススムは全日に意識がいっていたのかも・・・
6. Posted by 鷹木信悟   2019年11月04日 20:36
石田ナイス!
7. Posted by うーん   2019年11月04日 20:59
>>5

くだらねーこと言ってんじゃねぇよ

石田おめでとう❗
シュンも負けずに頑張れ❗
8. Posted by あか   2019年11月04日 22:46
>>5
全日で優勝出来るならチャンピオンでいいと思うけど
多分そうはさせてくれないからベルト剥がされたのかなと

まあ石田も格上げしないといけないから
これでいいんじゃないですか?
9. Posted by ヘンリー   2019年11月05日 00:44
何気にダイヤは初ピン?
ジャイアントキリングおめでとう!
10. Posted by 中村伸能   2019年11月05日 01:31
MMM、戴冠は石田だけか。
多分次の土井ちゃんもBen-Kのかませ犬になりそう。
そうなると石田がMMMを離脱する可能性はあるんだよな…。
是非シュンと新世代軍組んでほしい。

あと赤鬼はマリア、緑鬼はカゲ
11. Posted by 名無し   2019年11月05日 03:26
ドラゲーってエンターテイメント感が強すぎて全てがシナリオ通りって感じ。
12. Posted by 名無し   2019年11月05日 08:05
石田が3カウント取ったときの興奮と会場のお客さんの大歓声は凄かった。
現地で観て良かったと思えました。
防衛ロードに期待します!
13. Posted by 何   2019年11月05日 09:09
>>10
それはないから
14. Posted by 中村伸能   2019年11月05日 17:13
>>13
お前が決めることじゃねぇよ脂身野郎

コメントする

名前
 
  絵文字