2019年11月27日

11月26日(火)#DRAGONGATE@兵庫/神戸サンボーホール~THE GATE OF EVOLUTION 2019


【第0試合】
吉岡勇紀
ホーホー・ルン
vs
問題龍
ジミー
▼問題龍と吉岡がレスリングの攻防。ジミーは軽やかな動きを見せ、ホーホーはドロップキック。
吉岡はエルボー、ジミーは駆使し攻撃からスタナー、変型アトミコ。
エルボー合戦からロープに走るも、問題龍がロープギロチン。ジミーの攻撃を挟んでモンネルを決める。
吉岡はミサイルキックを避けられるも、ブレーンバスター。ルンは問題龍に対してミサイルキック。ジミーには串刺しエルボー。
吉岡も串刺しで続き、ホーホーの膝蹴りから吉岡がバックドロップ、ホーホーはバズソーキック。ジミーは吉岡のバックを奪い、旋回キック。
フィニッシュを狙うが、吉岡は切り返してグローザ。カウント2で返されるも、最後はフロッグスプラッシュで3カウント



〇吉岡勇紀
(4分55秒 フロッグスプラッシュ)
×ジミー






………………………………………………………………………

【第1試合】
吉野正人
石田凱士
vs
BxBハルク
Kagetora
▼石田vsKagetoraの先発で第1試合が開始。石田がローキックを放って先制すると、素早い中で互角の展開。
吉野はハルクに先制のランニングキックを狙うが、ハルクはかわし、フェイントからのミドルキック。
そのまま石田にも襲いかかり、Kagetoraは足狙い。脱出した石田のタッチを受けた吉野はバックエルボー!石田と共にコーナーから腕に攻撃
Kagetoraと石田は逆水平の打ち合い。ハルク&Kagetoraは連係を見せ、更にハルクはキック連打
石田は串刺しをかわし、走り込んでミドル。吉野はKagetoraにドロップキック。Kagetoraは膝立ち状態にさせて顔面キック。
チョップ合戦は吉野が優勢。ハルクは連係を掻い潜り、キック連打。吉野にはミサイルキック。

10分経過
Kagetoraは串刺し狙いも、吉野がかわし、石田がハイキック。バックを奪う石田だが、コーナーに叩きつけられ、ハルク&Kagetoraがサンドイッチ攻撃。
石田はKagetoraに延髄斬りからミドル連打、スクリューキック。吉野のトルベジーノから石田がジャーマンで3カウント



〇石田凱士
(12分4秒 ジャーマンスープレックス・ホールド)
×Kagetora







………………………………………………………………………

【第2試合】
奥田啓介
vs
ヨースケ・サンタマリア
▼望月が「自分のペースでいけよ」と奥田にアドバイス。マリアはマイペース。
奥田は間合いを取り、キス狙いは頑なに拒む。胸をどつかれて変態コールを起こすマリア。
続いて自らの胸に顔を押し当てる。奥田はサッカーボールキック、PK。更にもう一発サッカーボールキック。
右腕にミドル連打。チョップをかわすと脇固め、腕固め。
エスケープされると「本当に気持ちわりーな」と言いつつ、コーナーに追い詰めてエルボー連打からドロップキック。
挑発する奥田に対して豹変したマリアがチョップ、ドロップキック、ストンピング。
ブレーンバスターも耐えるとラブリーアローを決める。キス狙いで突進も奥田はパンチ。
コーナーでハイキックから雪崩式狙いも、マリアは「サイテー」と張り手。それでも奥田はひるまず、そのまま丸め込み式デンジャーゾーンで3カウント。



〇奥田啓介
(5分10秒 丸め込み式デンジャーゾーン)
×ヨースケ・サンタマリア



試合後、マリアもキス







………………………………………………………………………

【第3試合】
ジェイソン・リー
vs
ビッグR清水
▼ジェイソンが奇襲を仕掛け、ペースを掴む。清水はコスチュームを着たままの状態でもジェイソンは構わずに攻める。
清水はカウンターでのショルダータックルで逆転し、場外乱闘でジェイソンを痛めつける。リングではボディースラムから踏みつけフォール。

5分経過
ロープを1往復してOTAKEBI。ジェイソンはチョップ連打で反撃も、仁王立ちの清水は「どうしたジェイソン」。そして強烈な逆水平。
ジェイソンは串刺しをかわすと、コーナーからダイブ。清水はキャッチして肩に担ぐが、脱出してドロップキック。
カンフーナックルからダイヤモンドカッター。串刺しをキャッチした清水はネックハンギングボム。
コーナーからOTAKEBIも決めるもカウント2。砲丸投げスラム狙いも、ジェイソンは延髄斬り、顔面蹴りで回避。
だが、清水はベイダーアタック。これに対してジェイソンは死亡遊戯もカウント2。
清水はカウンターのラリアットからライガーボム。カウント2。最後は砲丸投げスラムで3カウント



〇ビッグR清水
(9分1秒 砲丸投げスラム)
×ジェイソン・リー






………………………………………………………………………

【第4試合】
Kzy
横須賀ススム
堀口元気
vs
吉田隆司
ディアマンテ
H・Y・O
▼R・E・Dには赤いマスクがセコンドに。
当然のように場外乱闘で始まり、リングでは吉田がススムにタックル。
H・Y・OとKzyはタックル合戦。Kzyがロープに走ろうとするとH・Y・Oがカット。だがKzyは変速ロープワークからエルボーを決めてタックル。
ススムはキチンシンク。堀口はスイングDDT。Kzyのシルバーブレッドから堀口と連係。堀口がロープに走ると吉田がカット。
場外で痛めつけてリングでもいたぶる。ディアマンテは足攻め、H・Y・Oはセントーンから逆エビ固め。
堀口の逆転後、ススムがジャンボの乱れ打ち。ディアマンテにはエクスプロイダーを決め、Kzyがミッションインポッシブル。
Kzyは吉田を抱え上げようとするが、耐えた吉田はPOWPOWから地獄突き連打、延髄斬り。だがKzyはカウンターでエルボースマッシュ。
ススムはH・Y・Oは髪の毛を掴んで投げ飛ばす。H・Y・Oはアトミックドロップキックからスタナー
吉田はKzyと堀口に交互に地獄突きを連打し、パイナップルボンバー。堀口にR・E・Dが串刺しトレイン。
ディアマンテはリフトアップスラム。H・Y・Oは踏みつけから吉田と合体セントーン。
吉田もセントーン。H・Y・Oはススムを場外に落としてコーナーへ。
だが、ススムがすぐに追いついて雪崩式エクスプロイダー。Kzyは串刺し2連発。ススムは串刺しジャンボ
。トップからの雪崩式エクスプロイダーからKzyがダイビングエルボー。さらにローリングエルボー。
ディアマンテがカウンターで風車式バックブリーカーを両回転。そこから更に場外乱闘へ。
カウントが進む中、堀口がリングインを狙うが、吉田に阻まれ、H・Y・Oが戻ってリングアウト勝ち。



〇H・Y・O
(13分30秒 リングアウト)
×堀口元気




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

robeshisyo at 17:27│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字