2020年01月03日

1月3日(金)#ajpw・全日本プロレス@東京/後楽園ホール~NEW YEAR WARS


【第1試合】
イザナギ
UTAMARO
vs
田村男児
三富政行
▼イザナギが先発の田村を痛めつける。
田村も何とか打開すると、替わった三富が勢いよくUTAMAROに突っかかり張り手
イザナギにもネックブリーカードロップを見舞うと、UTAMAROをイザナギの上にフラップジャックで打ちつける

5分経過
田村との連携狙いをUTAMAROが阻止
それでも替わったイザナギに田村がタックルで倒してサイドスープレックス。
しかしダイビングボディプレスは回避されてしまう。それでもスクールボーイで起死回生を狙ったが、返したイザナギがバズソーキック2連発で3カウント



〇イザナギ
(6分47秒 バズソーキック2連発)
×田村男児






………………………………………………………………………

【第2試合】
秋山準
渕正信
西村修
ライジングHAYATO
vs
大森隆男
大森北斗
青柳亮生
SUSHI
▼かねてからSNS上での舌戦を繰り広げていた亮生とHAYATOが先発で激しくやり合う
2番手の大森と西村。互いにドリーファンク仕込みのエルボースマッシュ合戦を展開。西村がスピニングトーホールドに入ると亮生がカット。これにHAYATOが反応して場外戦へ
3番手の秋山に対してSUSHIが登場。楽しいプロレスを展開しようとするSUSHI。秋山は場外に連行して床へのボディスラム。秋山は渕を呼び込みボディスラムを譲る。渕が応えてボディスラムを敢行したが渕も腰にダメージ
リングに戻るとSUSHIは渕の腰にエルボーを見舞ったが、秋山のカットから渕がSUSHIにボディスラム

10分経過
バックドロップの体勢は総出でカットに入られてしまう。
だが渕陣営もこれに対処すると、渕は改めてバックドロップ!カウント2
ならばとクルリと丸め込み3カウント



〇渕正信
(10分25秒 首固め)
×SUSHI






………………………………………………………………………

【第3試合】
◎新春スペシャル8人タッグマッチ◎
ゼウス
野村直矢
ヨシタツ
KAI
vs
青柳優馬
崔領二
吉田綾斗
ダニー・ジョーンズ
▼ジョーンズとKAIの先発。グラウンドに持ち込んだジョーンズはスリーパーやボー&アローを決めてみせる
崔とヨシタツ。ヨシタツがドロップキックを決めたが崔は受け止めローキック!そしてSTOで叩きつける
替わった吉田もミドルキック、青柳も一撃加え再び崔が攻撃

5分経過
吉田が登場するやヨシタツがバッククラッカー
替わった野村だが吉田がローキック3連発。ランニングローキック狙いは回避した野村がスピアを見舞う
青柳はゼウスに対してフライングボディアタック。バックに廻るが、外したゼウスがフライングラリアット!
ベアハッグからフロントスープレックスで投げ捨てたが、青柳も投げっ放しジャーマンで対抗
するとゼウスに対して連続串刺し攻撃から青柳がジャーマンスープレックス。カウント2
ロックスターバスターは堪えたゼウスがチョークスラム。返した青柳にバイセップスエクスプロージョン。カウント2

10分経過
ジャックハマー狙いは青柳が堪えフロントネックロックへ
耐えるゼウスに腕も極めてグイグイ締めるとギブアップを奪った



〇青柳優馬
(11分28秒 変形フロントネックロック)
×ゼウス






………………………………………………………………………

【第4試合】
◎新春ジュニアスペシャル6人タッグマッチ◎
岩本煌史
阿部史典
フランシスコ・アキラ
vs
ブラックめんそーれ
高梨将弘
Kagetora
▼岩本と高梨の先発。リストの取り合いを展開
2番手の阿部とめんそ~れ。阿部はドロップキックを見舞うがめんそ~れもロープ渡りをみせる
アキラもKagetoraに対してオールドスクール式のアームドラッグから素早いロープワークをみせドロップキック
しかし替わった高梨に痛めつけられたアキラはめんそ~れにもダメージ

5分経過
岩本のカットから闘龍門組を場外に追いやると、アキラがトペ・スイシーダ
リングでは岩本が高梨にバックドロップ。高梨もタカタニックを狙うが岩本は堪える
Kagetoraが出るや阿部がドラゴンスクリュー。ローリングソバットも見舞うが、Kagetoraはカウンターのアパッチパンチ→フライングラリアット
めんそ~れに対してアキラが逆さ押さえ込み狙い。決まらなかったがPKを見舞う
返しためんそ~れはスネークスパイクを決めるが、追撃狙いをアキラが読んでロープ越しのスタナーで3カウント



〇フランシスコ・アキラ
(9分33秒 ダイヤモンドカッター)
×ブラックめんそ~れ






………………………………………………………………………

【第5試合】
石川修司
岡田佑介
vs
入江茂弘
ルーカス・スティール
▼先発のスティールは岡田を軽々と投げる。岡田もドロップキックで場外に追いやると、石川が入江らを押さえつけ岡田がトペ・スイシーダ
リングに戻り岡田がエルボーを見舞うがスティールには通じず。さらには走ったところをイザナギ軍が足を引っ張り阻止
スティールが岡田をボディスラムで叩きつけ、替わった入江がロープの反動を利用したボディプレス
岡田は入江にチョップを連発したが、入江はエルボー一撃で倒す。だが岡田もブレーンバスター狙いを堪えドロップキック

5分経過
替わった石川がフットスタンプ。スタンディングでもエルボー合戦
走った入江に二ーリフトで動きを止めた石川、だが入江もパワーボム狙いをスルー
岡田をおんぶしてボディプレス(=ウルトラトゥンバ)
替わったスティールはエルボーを打ち込むと、石川とのタックル合戦を制す
替わった岡田もランニングエルボーで向かうと、コーナーからの低空ドロップキック→ブレーンバスター
石川との連続串刺し攻撃から岡田がダイビングヘッドバットも投下。カウント2
岡田が走るがスティールはキャッチしてアバランシュホールド
入江も岡田の上に投げつけてダメージを与える

10分経過
入江は石川を場外に分断、スティールは岡田にラリアット。これはカウント2だったが変形チョークスラムで3カウント



〇ルーカス・スティール
(10分57秒 変形チョークスラム)
×岡田佑介



イザナギ『おい大巨人!諏訪魔はどうしたんだ?
初詣か?元旦(正しくは元日)に行けって言っとけ
お前らの持ってるな、ベルトにこの2人で挑戦してやってもいいんだぞ
別にベルトにがっついてる訳ではないんだぞ
なぜなら俺らがベルトを欲しがってるんじゃねえ。ベルトが神に巻かれたがってるんだ。 』







………………………………………………………………………

【セミファイナル】
◎世界ジュニアヘビー級王座決定トーナメント決勝戦◎
横須賀ススム
vs
佐藤光留
▼距離を取りながらタイミングを図る両者。光留がハイキックで牽制
組み合うとススムがロープに光留を振ってタックル。だが光留もすぐに足を取り極めにいく
光留はススムをエプロンに追いやるとランニングローキックで場外へ

5分経過
リングにススムを戻した光留が腕へのローキック連発したが、ススムはドラゴンスクリューで反撃
ススムは光留をロープに固定して足への串刺しドロップキック
アキレス腱固めを決めたススムはクロスヒールホールドに移行。
エスケープされても二ークラッシャーからドラゴンスクリュー!さらに足四の字固めで苦しめる。光留は何とかエスケープ

10分経過
スタンディングでエルボーの打ち合いからススムが走ったが、光留は懇親のジャンピングハイキックをヒットさせる
さらにミドルキックを連発、二ーリフトからコーナーに振って張り付けにしてのミドルキック
水車落としから腕十字にいくもススムはエスケープ。それでも腕へのミドルキックを見舞うが、ススムはカウンターで低空ドロップキック
そして足横須賀を敢行すると、背後からしジャンボの勝ち!
串刺しジャンボの勝ち!も決めるとコーナーへ光留をあげる
雪崩式エクスプロイダーが決まるがカウント2。横須賀カッター狙いは光留が切り返し腕十字へ
これは堪えるススムに足を狙いにいく。そして延髄斬り→ランニングローキック

15分経過
捕獲式腕十字はロープ際だったためにバックドロップ!そして腕十字を決めにいく
クラッチを外さないススムと決めにいく光留。何とかクラッチが外れたがエスケープ
光留は延髄斬り2連発。3発目はススムがジャンボの勝ち!で迎撃→横須賀カッター。カウント2
膝立ちでのエルボー合戦から光留がミドルキック5連発。
ススムもジャンボの勝ち!2連発。3発目は光留が前蹴りで迎撃
それでもススムは頭突き→ジャンボの勝ち!。カウント2。ならばとサポーターを外してジャンボの勝ち!を決めると3カウントが入った



〇横須賀ススム
(19分50秒 ジャンボの勝ち!)
×佐藤光留



イザナギ、めんそ~れ、阿部史典、アキラがススムを囲む



ススム『ちょっと待って下さい。
お前(イザナギ)は誰だ?
もう21年プロレスやってるんでこういうの慣れてます
彼らは次のチャレンジャーに名乗り出た選手達です
いま、トーナメント決勝戦終わったばかりです。

君、アキラて言うの?Nice to meet you.
全日本プロレスのファンの皆様が、アキラを推すと言うなら
次のチャレンジャーはYou

後はスケジュールの方、調整お願いします
ということでお引き取り下さい。

改めまして、世界ジュニアヘビー級ニューチャンピオンの横須賀ススムです

取り敢えず全日本プロレスさんには感謝しています
そして、他の団体にも関わらず暖かく見守ってくれたファンの皆様にも感謝しています
青木選手の件があって·····僕がベルトを巻いた訳ですけども小さいから見ていたベルトです
安心してください。僕がチャンピオンになったからには、(価値を)落とすことはしません。必ずベルトを上げてみせます
皆様、よろしくお願いします』







………………………………………………………………………

【メインイベント】
◎三冠統一ヘビー級選手権試合◎
<王者>
宮原健斗
vs
ジェイク・リー
<挑戦者>
▼ゴングが鳴るや宮原が走るも、透かしたジェイクがPKを放つも宮原が回避
ロックアップからジェイクが押し込むもブレイク。間を開けてから宮原がジェイクを場外へと連行。鉄柵が無いためにすぐにリングへ戻す
ジェイクが足を取りにいくが宮原は対応。ジェイクは距離を取りランニングローキックで宮原を場外へ

5分経過
しかし宮原はジェイクを抱え南側鉄扉へ突き落とす
ヘッドバットを決めた宮原。フロントハイキックも見舞いリングへ
宮原はジェイクをロープにへの字に凭れかけさせドロップキック
コーナー串刺しフロントハイキックも決めたが、追撃を回避して宮原をポストに自爆させる

10分経過
場外に追いやり蹴りを見舞ったジェイク。リングに戻したが再度場外に追いやる
宮原が待ち受けていたがジェイクはミドルキック連発で追い込んでいく
リングに戻しコーナー際で蹴りこんでいくジェイク。ロープに振ってビッグブーツを見舞うがカウント2
宮原もカウンターで低空ドロップキック、さらに片足ドロップキックでダメージを与える
串刺しジャンピングエルボーも決めるとヘッドバット!ジェイクもキックで対抗

15分経過
ジェイクは宮原をエプロンに上げて、下から蹴りあげる。自身もエプロンに上がりパワーボムを狙う
堪えた宮原がフロントハイキックから逆に抱えんとする。何とか抱えパイルドライバーon the エプロン
ジェイクをリングに戻した宮原は串刺しブラックアウト。正調ブラックアウト狙いはジェイクが迎撃。ジャンピングハイキックをぶち込み両者ダウン

20分経過
起き上がりエルボーをゆっくり打ち合う両者。ジェイクは膝蹴りで制す
宮原が起き上がり胸を突き合わせるが、ジェイクはミドルキック3連発。リストロックしてのミドルキックも決める
ランニングローキック2連発から連続エルボーを見舞うが、捕まえた宮原がブレーンバスター
起きた宮原が高速バックドロップ→ブラックアウト!
ジェイクも二ーリフト→DDT。バックドロップ狙いは宮原が翻す
背後からブラックアウト→ジャーマンスープレックス・ホールド。カウント2

25分経過
シャットダウン・スープレックスを狙うが、振りほどいたジェイクがカウンターで膝蹴り
そしてジャイアントキリング→ドクターボム。カウント2
宮原がカウンターのブラックアウトを決めたがジェイクは倒れずジャイアントキリング!
ジャイアントキリング狙いは宮原が回避してジャパニーズレッグロールクラッチにいくがカウント2。ジェイクはすかさずスリーパーホールド
ジェイクは投げっ放しドラゴンスープレックス→ハイキック。カウント2
宮原を起こしてバックドロップが決まるもカウント2。もう一度フォールにいくもカウント2
改めてバックドロップにいこうとしたが、切り返した宮原がシャットダウン・スープレックス狙い
堪えられるやブラックアウト!そしてシャットダウン・スープレックスを狙う

30分経過
ガッチリ決まるがジェイクが外す。ジャイアントキリングからバックドロップ狙いはブラックアウトで阻止した宮原。
そして改めてシャットダウン・スープレックスを決めると3カウント



〇宮原健斗
(31分4秒 シャットダウン・スープレックス・ホールド)
×ジェイク・リー



青柳優馬がリングインして宮原を強襲



青柳『チャンピオンお疲れー
もうな、アンタのタイトルマッチを下で見てるのは飽きた
2020年、そろそろ新しいもんみたいと思いませんか?
次、アンタのベルトに挑戦するのはこのオレだ
この後、“最高ですかー!?”てゆっくりやってりゃいいさ。
最後になるかもしれないからな』



宮原『おーい、おーい。
どういうことー?どういうことー?
何となく薄らマイク聞こえてたけど
遅えよ、青柳優馬!何度かお前にボール投げてたぞ

ただ、2020年やる事がいっぱいあるんだ。
今日、7割がジェイク・リーが勝つと思ってただろ?入場した瞬間にそれは感じてた
宮原健斗が自他共に認めるエースということは皆様ご存知の通りですが、2020年は自他共に認める全日本プロレスのシンボルになる

人望ないなー。
満場一致で人望のないオトコ、宮原健斗です
俺は2月に.......デビュー12周年を迎える
青柳優馬、お前にプレッシャーを与えてやろうか!?
今日、オレは9度目の防衛を果たした。次、勝てば10回目で歴代1位(タイ)だ。
俺を止めて見ろ
(この後、“最高劇場 ” で締めた) 』




プロレスランキングへ

スポーツランキングへ

robeshisyo at 14:41│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by マグナム   2020年01月03日 15:46
ススム全日でやりましたね!とっても嬉しいです!
2. Posted by うしお   2020年01月03日 19:45
ブレイブ捨てたのはこのため??
3. Posted by ニャー   2020年01月04日 00:33
ドラゲーでの 防衛戦は有るのかな?| ᐕ)⁾⁾??

コメントする

名前
 
  絵文字